オシャレの秘伝

日本人はショートパンツが似合わない?短パンを上手に着こなす3つの裏技

 

スポンサーリンク

 
 

「セールでショートパンツを買ったけど、どうも子供っぽく見えちゃう。」

「足が短いせいかな・・・?ショートパンツが苦手だ・・・。」

 

そんな人は多いと思います。
今日はそんな「ショートパンツ」に使える着こなし法を教えましょう。

 

人は「似合わない」をどこで判断しているのか?

 

実は上述のようにショートパンツの着こなしで困る人は多いです。
というのもメンズはショートパンツを意外と穿かないもの。

 

「ショートパンツは子供っぽく見える」
「俺みたいなオッサンが穿くとかっこ悪い」
「男のショーツは難しい」

などなど抵抗を感じる人が多いです。

近年メンズのショーツはブランド側が「流行らせよう」という意向も多く、
市場に多く流通しています。ところがそういった先入観を持つ人も多く、定価時期ではなかなか売れない。

 

で、今の時期。
6月7月とセールが始まる時期になると、今年出たショーツなども30%OFFと手頃に買える様になる。
すると今まで抵抗を持っていた人も
「お、安いし今年はチャレンジしてみようかな!」と手を出してみたりするもの。

 

・・・ところが家に帰って穿いてみると、やっぱり穿き方が分からない!と困る人も多いのです。

 

41pYxHsCqAL._SX342_

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41pYxHsCqAL._SX342_.jpg

 

・・・まずショートパンツが似合わない!サマにならない!のは理由がきちんとあります。

 

それは足が短く見えるからです。

「スーツが似合わない」「デニムが似合わない」なんて言葉は全く聞かないのに
なぜか「ショートパンツは似合わない」という言葉はよく聞く。
これっておかしいと思いませんか?

 

似合う似合わないはどこで判断しているのでしょう?
そこで人に・・・
「ショートパンツのどこが似合わないと思うの?」と問いかけると多くの人が、

「足が短いからだよ」
「体型が悪いからだよ」

と答えます。
稀に「毛深いから」という人もいますが、すね毛を梳くグッズは100円ショップでも売ってますから、
それはすぐに解決できるはずです。

 

・・・でまあ、多くの「ショートパンツが似合わない」と公言する人は、
足が短く見えなければ似合うわけです。

では足を長く見せるor足の長さをごまかせば良いのです。

 
 

足を長く見せる2つの裏技

 

まずショートパンツにおいて足を長く見せる方法の基本は、

「露出している足の部分をなるべく広く見せること」です。

 

これに関しては以前に本KnowerMagで解説しましたので、
詳しくはこちらをご覧ください。

 

※参考記事
【ショートパンツ&ハーフパンツ】子供っぽくないオシャレに見せるショートパンツの穿きこなし法、着こなし法【視覚効果で脚長に!】

 

詳細は上記記事に譲るとして、内容を簡単に解説しますと。
私たちは他人のショートパンツ姿を見て、一体「どこを見て」足が短いか判断しているか?というと、
露出している足の長さなワケです。

 

ショートパンツの先から、靴下の先までの素肌部分。
この長さを足の長さとして認識します。

 

なのでこの部分をなるべく長く見せればいいわけです。
そのためには2つポイントがあり、

 

①膝上丈を選ぶこと

②ソックスを見せないこと

この2つです。

 

 

053

http://kurumani.com/wp-content/uploads/2014/05/053.jpg

 

こんな感じですね。
「①膝上丈を選ぶこと」は当然ですね。
膝下を選ぶより膝上の方が露出する素肌部分は長く見えるでしょうから。

 

しかし「あまり短い丈だと恥ずかしい・・・」と抵抗を持つ方もいるでしょうから、
膝に近くても構いません。ただ膝よりほんのちょっとでも上にある様にしてください。
これだけで随分印象は変わります。

 

また「②ソックスを見せないこと」これもまた同様です。
ソックスが見えていればその分素肌の面積は短くなります。

 

cr4-e1369773829612

http://www.nikeshopaus.com/wp-content/uploads/2013/05/cr4-e1369773829612.jpg

 

こんな感じでソックスがあると、その分素肌の部分は短くなりますよね?

 

驚くべきことに海外ファッションスナップで、靴下を使ったショーツスタイルはほとんど出てきません。
靴下を使ったショーツスタイルで出てくるのは日本人ばかり。
もちろん靴下を絶対使っちゃいけないワケではありません。
「ドレスとカジュアルのバランス」において、カジュアルに見せるために使うのはアリでしょう。

 

※参考記事
【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

 

しかし「体型を綺麗に見せよう」「足を長く見せよう」と思うのなら不向きです。
上述の通りですが、ショートパンツに抵抗を感じる人の多くが「足の長さ」などを要因として、
ショーツが似合わないと考えているわけです。
だとすると、まず足を長く見せる方法でショーツを合わせるのは賢い着こなし方でしょう。

とりわけ私たち日本人は胴長短足が多いもの。
上級コーディネートはまず、「体型を綺麗に見せる」という基本的なことをクリアしてからでも良いはずです。
慣れないうちはまず、足を長く見せる着こなし法を会得しましょう。

 

 

日本人が「タックイン」が似合わないワケ

 

さて、上記2つのポイントに加えて、
ショーツを穿いても足を長く見せる着こなし法のもう一つが・・・

 

「腰の位置を隠す」というものです。

 

足の長さは素肌の露出部分で決まると上で述べましたが、
腰の位置がバレてしまうと、いくら素肌の露出部分を長く見せても、
おおよその足の長さがわかってしまいます。

 

これを言えば納得だと思いますが・・・
カジュアルでの「タックイン」スタイルに挑戦した人は割と多いかと思います。
「タックイン」とは・・・

 

photo87

http://kurumani.com/wp-content/uploads/2013/02/photo87.jpg

 

こういった「シャツをパンツの中に入れる」スタイルのことです。
海外スナップでは見かけますが、日本人のスナップではあまり見ません。
見かけたとしても・・・これはちょっとダサいんじゃ・・・と思えるくらい、
足が短く見えるものしかありません。

 

試したことのある方は納得でしょうが、
どう頑張ってもなかなかうまくキメられないのがこの「タックイン」スタイル。

 

何故外人は似合うのに、日本人は似合わないのでしょうか?

これは「腰の位置が丸わかり」だからです。

 

腰の位置が丸わかりになるタックインスタイルは、
足の短さ、胴の長さがパッと見で分かってしまうのです。

 

なので私の様な胴長短足、典型的な日本人体型の方は、
タックインスタイルがどうにもうまくサマにならないのです。

 

 

そして実は、タックインでなくとも・・・
短い着丈のトップスを着てしまうと腰の位置が丸わかりになってしまいます。

 

夏のTシャツなどの多くは着丈が短いものです。
(長いと暑いので当然短いものが市場に増えてきます)

 

何も考えなしにTシャツとショーツを合わせてしまえば、
ただでさえ足が短く見えやすいショーツに、
腰の位置がわかりやすいTシャツが加わるので、

いつも以上に短足に見えてしまい・・・

「あれ?俺はショーツが似合わないのか」
と結論づいてしまうワケです。

 

 

で、これまた実に見事に。
日本人のファッションスナップで、腰の位置をある程度隠せているショーツスタイルは、
wearなどアパレルスタッフらしき人以外はほとんど見かけません。

 

ほとんどの人が短いTシャツなどにショーツを合わせてしまっており、
体型が野暮ったく見えてしまっています。

 

_1430381477_2136

http://image.kaumo.jp/element/m/_1430381477_2136.jpg

 

654

http://kurumani.com/wp-content/uploads/2014/07/654.jpg

 

こういった腰の位置をある程度隠すくらいの
着丈の長いトップスを選ばなければ、私のような体型は隠せないんです!

 

 

「着丈の長いトップスなんて持ってないよ!」
と思うかもしれませんが・・・
大丈夫です。

シャツでいいんです。

 

DSC_1614-001

http://blog-imgs-44-origin.fc2.com/s/h/i/shinsakuman/DSC_1614-001.jpg

シャツは「ラウンドカット」と言って、
裾が曲線を描いた形のものが多いです。

 

この形だと前と後ろの着丈がカットソーやTシャツなどよりも長くなっているので、
ショートパンツの腰の位置を隠すのに最適というワケです。

 

またKnowermagで何度も述べているメンズファッションの大原則、
「ドレスとカジュアルのバランス」においても、
ショートパンツはカジュアルアイテムの代表格。

コーディネートを作る時は他アイテムで「ドレス要素」を入れる必要があります。

 

KnowerMag読者ならば言わずもがなですが、シャツはドレスアイテムの代表格。

「ドレスとカジュアルのバランス」的にもショートパンツとシャツは、

理にかなった論理的な組み合わせなのです。

 

※参考記事
【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

 

 

無料で試せる特大ボリュームのメールマガジン

 

「じゃあどのショートパンツがオススメなの?具体的な商品やブランドを教えて!」

「どのショートパンツとシャツを組み合わせれば正解なの?」

 

そんな具体的なアイテム指南などは、
毎週日曜配信のメルマガの登録をオススメします。

 

メールマガジンではファッションの定理や方程式に加えて、
おしゃれになる具体的な方法、買うべきアイテムなどを紹介しています。

さらには読者さんの服装をチェックしてくれる「コーディネート診断」
悩み相談を受け付ける「Q&A」も備えたもの。

量も毎週30000〜50000文字程度の超特大ボリュームとなっています。
(月間20万文字近く!ファッション雑誌を一冊買うよりも圧倒的に多い文字量です。)

 

 

さらにメルマガ内コーナー「ファッション初心者向け! オシャレになるためのSTEP UP講座」では、
完全初心者向けに、具体的に何を買って、どのように合わせれば良いのかを毎回順を追って説明していきます。(このコーナーは2015年6月から配信開始しています)

 

もちろんオススメするものはユニクロや無印良品など低価格なものも多め。
お金もセンスも必要なく、簡単にオシャレになれる「論理と方法」をあなたに伝授するものです。

おしゃれは感覚的なものではなく、論理的に構築可能なのです。
それをメールマガジンでお届けします。

 

 

単なる読み物としても十分に満足できる内容です。
毎週展開している「ファッション基礎講座」ではモノの選び方・・・
例えば「テーラードジャケットを買う時はどこを見ればいいか」「どこの何がオススメか?」などもお教えしています。

 

月540円でファッションの勉強が出来ます。雑誌を一冊買うよりもずっと手頃です。
私はこれで日本のファッションを底上げします。
そのくらいコンテンツに自信あり。誰もが納得できる論理的な内容にまとまっています。
初月は無料。
試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第4位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年「まぐまぐ大賞」も受賞。多くの方に支持されています。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」からどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 幸服論

    「幸服論――人生は服で簡単に変えられる」amazon予約購入特典がスゴすぎる!!
  2. シューズ編

    【実は3000円でも購入可能!初心者が選ぶべき革靴とは?】おしゃれになるために「靴」をどうするか?:後編
  3. ショップ紹介

    東京都内で「怖くない・緊張しない・店員がウザくない」セレクトショップ
  4. 告知

    チャリティーTシャツを製作しました。収益を全て重い障害のある子供のために寄付します。
  5. シルエットの基本

    【ショップスタッフのようにサマにならない!!】ブルゾン、ジャケットの着こなしのコツはインナーの着丈にあり!!【春のアウタースタイルに!!】
PAGE TOP