オシャレになる前の基礎知識

「デニムが一番使いやすい」は嘘?あなたがオシャレになれない3つの理由

 

スポンサーリンク

 

 

「大衆は常に間違う」
という言葉があります。

優れた結果を出すのが、一部の人である以上、
確かに「大衆は常に間違っている」ことになります。

 

例えば仕事もそうですね。
おやすみの日に1日遊んで、夜はビールを飲んで寝っころがるのは普通の行動ですが、
その時間を学習したり努力したりすることで、他の人と違う成果を出せるわけです。
休みの日に学習するのは「普通じゃない」行動ですが、
「普通じゃない」行動だからこそ「普通じゃない」成果を出せるのです。

 

他人と違う結果は、他人と違う行動によってもたらされます。
それは仕事でも勉強でも全て同じです。
すべからく「大衆は常に間違う」となるのです。

 

実はコレ、ファッションもそうです。
おしゃれも「大衆は常に間違」っているのです。
多くの人がやりがちな「ミス」があります。

おしゃれになろうと思ってやっていることなのに、
実はそれが裏目に出ているという例はよくあります。

 

今日はそんなお話。
あなたはやっていませんか?
誰もが陥りがちな罠。「あなたがおしゃれになれない3つの理由」を解説します。

 

 

おしゃれになれない理由1.「トップスから揃える」

 

「気分一新!新しく洋服を揃えよう!」
「大学生になったから大学デビュー!これからおしゃれを始めよう!」

 

そんな風におしゃれのスタートラインに立つ、もしくは
心機一転しておしゃれをスタートする、といった時に間違いがちなこと。

 

それは・・・

トップスから買ってしまうということです。

 
 

実はトップスに幾ら良いものを買っても、
幾ら高いアウターを買っても、
ボトムスとシューズが整っていなければオシャレにはなりにくいものです。

 

ljk1

せっかく良いテーラードジャケットなどを買ってもボトムスがダメだと・・・

 

トップスの役割は「印象を変える」ことです。
パッとアウターを羽織った時、確かに印象は変わります。
顔に近い位置にあるトップスはその人の見た目を簡単に変えてくれます。
一番はじめに揃えようと思うのも理解できます。

 

しかしトップスは「印象を変える」だけです。
ボトムスには「印象を整える」役割があります。

 

コーディネートとは全身の印象です。
インパクトのある完成度の高いアウターだけでは、どうにもサマにはなりません。
ボトムスという土台が無くてはどうにもなりません。

 

そこで一番はじめは

細く綺麗な「ボトムス」を手に入れて

印象を整えることをオススメします。

 
 

その理由を一つお教えすると「シルエット」にあります。
メンズファッションで体型を綺麗に見せる基本のシルエットは3つです。

Aライン(トップスが細く、ボトムスが太い)
Yライン(トップスが太く、ボトムスが細い)
Iライン(トップスもボトムスも細い)

この3つです。

 

シルエットを考えると・・・
ボトムスを細く綺麗なものを揃えて印象を整えておけば・・・

上に太いものを持ってこようが、

細いものを持ってこようが何でもOKということになります。

YラインかIラインになるからです。

 

しかし太めのルーズなシルエットではAラインしか選べません。
また太くもない細くもないパンツなど半端なシルエットでは、上記3つにあてはまらず、
なかなかサマに見せることはできないでしょう。

 

トップスから買い揃えるとなかなか上手くいきません。
手持ちのボトムで細く綺麗なものがあるならば良いですが、
多くの人は半端な太さのものか、ドスンとルーズなパンツなどしか持っていないものです。

 

・・・というのも日本のメンズファッションは「アメカジ文化」が根付いています。
アメリカの影響で、ルーズでラフなアメリカンカジュアルのアイテムばかりが市場には溢れています。

インディゴデニムやスウェットパーカーやプリントTシャツやチェックシャツなどですね。
カジュアルシーンでスラックスやドレスシャツやツヤのあるニットなどはあまり見かけません。
(もちろん存在しますが、市場に占める割合は圧倒的に低いです)

 

そこで細身のパンツから揃えることをオススメします。

トップスは印象を変えるもの

ボトムスは印象を整えるもの

服を揃え始める際はボトムスから揃えることをオススメします。

 

※参考記事
【ユニクロのスキニーを1万円のパンツに見せる裏技】テーパードパンツの着こなし!!肝はロールアップと”あるお直し”にあり!!

 

おしゃれになれない理由2.「スニーカーばかり選ぶ」

 

日本人はスニーカー大好きです。
街で見かけるほとんどの人はスニーカー。
革靴を街着で使っている人は割合としては圧倒的に少ないです。

 

もちろん私も例に洩れずスニーカー大好きですが、
街着においてもワードローブに必ず一足は「革靴」を持っておかなければ、
なかなかオシャレにはなりにくいでしょう。

 

メンズファッションの大原則は「ドレスとカジュアルのバランスをとる」ということです。
スーツスタイルに代表される「ドレス」、
リラックススタイルに代表される「カジュアル」、
この2要素を上手く織り交ぜることが大原則です。

 

テーラードジャケットにスラックスに革靴ではスーツスタイルですが、
テーラードジャケットにデニムに革靴といった「カジュアル」を差し込んだ時に、
ドレスとカジュアル、「緊張感」の中に適度な「余裕」が加わったときに、
オシャレな雰囲気が生まれるのです。

 

これはおしゃれを実践するにあたって最も重要なポイントですので、
下記未読の方は是非一読ください。

※参考記事
【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

 
 

そして「靴」・・・「足元」はコーディネートにおいて視線を集めるポイントの一つです。
「先端」は目がとまりやすく目立ちやすい箇所です。
裾や靴などの「足元」はコーディネートにおいて印象を左右する重要ポイント。
そこでスニーカーを使ってしまうと、大きくカジュアルに舵取りされることになり、
他部分でドレス要素を上手く組み込まなくてはいけません。

 

上記参考記事でも書いてある通りですが、
日本人は欧米人に比べて幼く見えがちです。
大人っぽさを担保する意味でも「ドレス度」をやや高めに調整する必要があります。
簡単な指標を与えるならば「ドレス:カジュアル=7:3」くらいでしょう。

 

そこで目立つ箇所である足元にスニーカーというカジュアルアイテムを持ってくると、
他部分で頭をひねる必要があるのです。
初心者においてはハードルがやや高い。

 

なれないうちは、はじめのうちこそは、
周りの皆に流されず、足元は革靴をチョイスすることがオススメです。

 

上述の通り、細身のパンツと革靴をセットに使えば、下半身が「ドレス寄り」になるので、
トップスにTシャツを合わせようが、パーカーを合わせようが、サマに見えます。

 

t-skinny167
Photo by http://skinnymaster.info/img/t-skinny167.jpg

細身パンツと革靴を持っていると、Tシャツ一枚だけでも意外とサマになるもの

 

tumblr_meurjqNdVF1qift7ko1_500
Photo by http://www.neqwsnet-japan.info/wp/wp-content/uploads/2013/01/tumblr_meurjqNdVF1qift7ko1_500.jpg

 

手持ちの野暮ったいシルエットのミリタリーコートなども行き返ります。

 

tumblr_nq1v8z1KbF1qargt4o1_500
Photo by http://40.media.tumblr.com/3e3650dd3041e23184028d9be1aebacc/tumblr_nq1v8z1KbF1qargt4o1_500.jpg

 

スウェットなども大人っぽい印象に「整う」のです。

 

 

何もスニーカーを否定しているわけじゃありません。
ただはじめのうちは安易にスニーカーを選ばず、エイヤッと革靴を選ぶことが大事です。

初心者ならば、革靴の方が

絶対にコーディネートをオシャレに整えやすいはずです。

 

おしゃれになれない理由3.「”インディゴデニムは使いやすい”の謎理論」

 

「インディゴデニムは誰でも似合うし、何にでも合いますよ」
「一番最初はインディゴデニムがおすすめですー」

 

・・・と何の論理性も説明せず、感覚でオススメしてくる販売員さんは多いですが、

一体何を根拠に

「インディゴデニムが使いやすい」と言うのでしょうか?

 

誰でも似合うなら「スーツが似合わない人」はいないのだから、
「スラックス」の方が万人向けであるはずだし。
色もネイビーよりも黒の方が汎用性が高いことは、感覚的にも分かるはず。

 

何より、「ドレスとカジュアルのバランス」を考えれば、
黒スキニーデニムが最も使いやすいはずです。

 

4645172_33_D_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/172/4645172/4645172_33_D_500.jpg

 

インディゴデニムは誰がどう見てもカジュアルなアイテムです。
色落ちしたものであればなおさら。アメリカンカジュアルの象徴的なアイテム。
野暮ったい近所の兄ちゃん的なスタイルならば作りやすいですが、
大人っぽさをもったオシャレなスタイルはなかなか作りにくいもの。
(もちろん合わせ方次第なので、インディゴが悪いわけではないですが)

 

IMG_1790

 

一方の黒スキニーデニムはというと、
「デニムなんだから、スキニーだってカジュアルだろう?」と思うかもしれません。
が、洋服の印象は3つの要素で決定されます。

 

1.デザイン
2.シルエット
3.カラー

この3つです。

 

「デニムパンツ」というカジュアルなデザインであったとしても、
シルエットがドレスのように細く、カラーがドレスのように黒であるから、

「黒のスキニーデニム」はドレスともカジュアルともとれる

「ハイブリッド」なアイテムなのです。

 

t-skinny167
Photo by http://skinnymaster.info/img/t-skinny167.jpg

 

カジュアルなTシャツをトップスに持ってきた時は
ドレス要素として機能してくれ・・・

 

tumblr_mghjhj0iwC1rldsgeo1_500
Photo by http://mensclassby.dothome.co.kr/xe/files/attach/images/1168/528/008/b8e5bf5dd900b614589bcdffc2d7b565_2.png

 

ドレスなジャケットをトップスに持ってきた時は
カジュアル要素として機能してくれる、万能なハイブリッドアイテムです。

 

「インディゴデニムは一番はじめに買うべき」
なんて言葉は、都市伝説の様にまことしやかに語られているものですが・・・
「大衆は常に間違える」のです。

 

 

無料で試せる特大ボリュームのメールマガジン

 

「じゃあ具体的にどんな組み合わせがオシャレなの?」

 

そんな具体的なアイテム指南、コーディネート指南などは、
毎週日曜配信のメルマガの登録をオススメします。

 

メールマガジンではファッションの定理や方程式に加えて、
おしゃれになる具体的な方法、買うべきアイテムなどを紹介しています。

さらには読者さんの服装をチェックしてくれる「コーディネート診断」
悩み相談を受け付ける「Q&A」も備えたもの。

量も毎週30000〜50000文字程度の超特大ボリュームとなっています。
(月間20万文字近く!ファッション雑誌を一冊買うよりも圧倒的に多い文字量です。)

 

 

さらにメルマガ内コーナー「ファッション初心者向け! オシャレになるためのSTEP UP講座」では、
完全初心者向けに、具体的に何を買って、どのように合わせれば良いのかを毎回順を追って説明していきます。(このコーナーは2015年6月から配信開始しています)

 

もちろんオススメするものはユニクロや無印良品など低価格なものも多め。
お金もセンスも必要なく、簡単にオシャレになれる「論理と方法」をあなたに伝授するものです。

おしゃれは感覚的なものではなく、論理的に構築可能なのです。
それをメールマガジンでお届けします。

 

 

単なる読み物としても十分に満足できる内容です。
毎週展開している「ファッション基礎講座」ではモノの選び方・・・
例えば「テーラードジャケットを買う時はどこを見ればいいか」「どこの何がオススメか?」などもお教えしています。

 

月540円でファッションの勉強が出来ます。雑誌を一冊買うよりもずっと手頃です。
私はこれで日本のファッションを底上げします。
そのくらいコンテンツに自信あり。誰もが納得できる論理的な内容にまとまっています。
初月は無料。
試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第4位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年「まぐまぐ大賞」も受賞。多くの方に支持されています。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」からどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?
  2. 連載媒体mine、4月1日より値上げします!!読むなら今がオススメ!!

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 告知

    2017年10月1日、都内ビル1棟借り切って「MB SHOWROOM-jamboree-」開催します!!
  2. ユニクロでオシャレをする!

    UNIQLOでオシャレが出来る理由。靴小物含めて【全身1万円】でも「街で振り返られるオシャレ」が作れる!!
  3. 大学生や初心者のためのファッション講座

    ダサいアイテムは何故「ダサい」のか?野暮ったくみえる理由を論理的に考察してみた。
  4. アクセサリー編

    【2017年メンズ流行のロングベルト】大人が選ぶべきはWEGOのガチャベルトではない。小物は「満足度の日割り計算」を意識しよう。
  5. メルマガ告知

    MBおすすめ!!ハイブランドと遜色ない「アンダー1万円のレザーシューズ」!!
PAGE TOP