パンツ編

2000円台でも買える!!何でも合わせられる万能パンツ「ウエストにゴムが入ったスラックス」をGETしよう!!

 

スポンサーリンク

 

 

着まわしやすいウエストゴムのリラックス・スラックス

 

gantz0628-img600x450-1450927270yct6035372
Photo by http://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/ra177/users/2/3/1/9/gantz0628-img600x450-1450927270yct6035372.jpg

 

最近巷でよく見かける「ウエストにゴムが入ったスラックス」。レディース市場ではかなりの勢力でどのお店どのブランドに行っても1型は必ず見かけるほどです。

 

CELINE-2012-PRE-FALL-04
Photo by https://www.wwdjapan.com/collection/wp-content/blogs.dir/3/files/celine-2012-pre-fall/CELINE-2012-PRE-FALL-04.jpg

 

このトレンドは元々レディースのハイブランドとして人気が高い「CELINE/セリーヌ」から流れてきたもの。ウエストにゴムを入れて腰周りにたっぷりと布を使いボリュームを出したフォルム。リラックス感たっぷりのジャージパンツライクなデザインです。
しかし裾はスッキリと細くテーパード(先に行くほど細くなる形のこと)させ、また素材は布が余ってもシワのつきにくい「落ち感」のあるものを使うことで、「リラックス感はあるけどカッチリとした綺麗な印象も残したバランス」を表現できているわけ。ドレスライクだけどリラックス感がありカジュアル、そんな「ドレスとカジュアルのハイブリッドさ」が人気を呼びました。

 

※「ドレスとカジュアルのバランス」に関して未見の方は下記記事を一読ください。メンズファッションの大原則が理解できます。
【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

 

ジャージパンツやイージーパンツなどは「とにかくリラックスさせたラフなものを」とやみくもに着心地優先で作るメーカーも少なくありませんが、CELINEの様にヒットするもの着まわしやすいものはどこかドレス感があるものです。

muji001
Photo by http://image1.shopserve.jp/dj-dreams.com/pic-labo/muji001.jpg

 

こんな感じのラフなスウェットパンツやジャージパンツなどはどう着こなしても「コンビニへ行く途中」に見られがち。カジュアルやドレス、いずれかの軸によりすぎると「着まわしやすさ」が遠のくのです。

 

スウェットパンツやジャージパンツを選ぶ時ポイントとなるのが「素材」と「裾の細さ」です。
素材はなるべくシワがつかない「落ち感」あるものを選ぶことがまずポイントです。

 

 

「落ち感」とは何でしょうか。要するにパンツがウエストから裾までの間に「シワ」が生まれにくい素材のことを、まっすぐ上からストンと落ちているように感じるため「落ち感がある」と表現します。
例えば代表例はスラックスなどに使うウール素材ですね。

 

LE-UZL4028_2015-a
Photo by http://ths-net.jp/img_server/co_img1/ths-net/images/lecoqcare/LE-UZL4028_2015-a.jpg

 

スラックスなどのスーツスタイルは基本的に「シワが禁忌」です。高級スーツは仕立てで身体にフィットする形を目指します。「いかにシワが出ないか」を追求したものがスーツなのです。素材も同様でシワがつきにくくストンと落ちるような、さらりとした風合いのウールを使うものです。手持ちにスラックスがあれば確認してみてください。基本的にスーツ用のウールスラックスはシワが出ないものです。

 

逆に「落ち感がない」ものは例えばデニムなどですね。

pm-2196_1
Photo by http://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/luxstyle/crooz/pm-2196_1.jpg

 

デニムはシワが生まれやすいものです。厚手でゴツゴツとしており表面には微妙な凹凸が存在します。それだけに着用時にシワが生まれ、デコボコとした男らしい質感が生まれます。またこのデコボコのシワにそって色落ちが生まれデニム特有の「ヒゲ」と呼ばれる味ある表情に育つわけです。

 

ここまで説明すれば理解できるかと思いますが、「落ち感があるものがドレスライク」「落ち感がないものがカジュアルライク」なのです。デニムがカジュアルアイテムたる所以の一つがこの男らしいシワ感、落ち感のなさです。クシャクシャとシワ感が生まれることでラフで野暮ったい粗雑な印象を与えそれがまた魅力になっているわけです。また逆にスラックスはシワがなくスッと綺麗な細長ラインを見せることで洗練された大人の印象を作っているわけです。

 

もちろん「落ち感があるものがOK」「落ち感がないものがNG」なわけではありません。それぞれに魅力があり「使い方」が存在します。着まわし次第でどちらも輝くものです。

 

ただしジャージパンツ・スウェットパンツにおいて「落ち感がない」「シワが出やすい」ものだとカジュアル感を強めてしまいます。ただでさえカジュアルな仕様のジャージパンツ、スウェットパンツに、更にカジュアルを強調するシワ感がプラスされてしまえば、「コンビニに行く格好」のような印象が強くなり着まわしにくくなります。

 

CELINEのように落ち感のあるさらりとした素材のジャージ・スウェットを選ぶと着まわしやすくなるのです。

 

 

またもう一点「裾の細さ」もポイントです。

CELINEのパンツを見れば理解できる通りボリュームあるウエストに対して裾はかなり細くなっています。この裾の細さがキーポイント。

 

裾はパンツの印象を大きく左右する箇所です。裾が広がっていればパンツのシルエットは「ブーツカット」になりますし、キュッと足首にフィットする形なら「スキニー」になりますし、真っ直ぐならば「ストレート」になります。この様に裾の形状でシルエットの名前が決まるくらい、パンツのシルエットを左右するものなのです。

 

上述と同じロジックですが、ルーズなジャージ・ルーズなスウェットパンツではカジュアル感が強くなり着まわしにくくなります。ただかと言ってウエストやモモまで極端に細くしてしまうと「江頭2:50」になりがち。ジャージパンツ特有のリラックス感は抜けてしまいます。そこで「裾だけ」細くするのです。

 

すると印象としては「リラックス感がありながら、すっきりと細みで綺麗に」感じるわけです。
このようにカジュアルなアイテムに緻密にドレスライクな印象をつけたものこそが「着まわしやすい」アイテムとして世の中に愛されるわけですね。

 

 

裾の長さを調整できる万能スラックス

 

そんな「ハイブリッドアイテム」である「ウエストゴムのスラックス」。現在どのブランドもリリースしている人気のデザインです。メンズでも今年かなり多くのブランドがラインナップしておりこの春はイージースラックス率がいっそう高くなるでしょう。

 

さて「ウエストにゴムを入れる仕様」には上述のリラックス感などだけではなく、もう一つ大きなメリットが存在します。

 

それは「裾の長さを自由に調整できる」ということです。

 

ウエストがゴムで伸縮が自在・・・つまりお腹あたりまでグッとパンツを上げても良いし、腰骨にひっかけるくらい「腰穿き」しても良い・・・ということ。通常のパンツと違い、ズリ下がることもありませんから、自分の好きな位置でウエストを止めることができるのです。

 

そうすると当然裾の長さが変わります。
9分丈にしたり7分丈にしたりと裾の長さの微調整が可能です。

 

「裾は印象を左右する」
「裾をすっきり見せると全体が綺麗にドレスライクに見える」

なんてことを上で語りました。
だからこそ最近9分丈などの半端なパンツの丈が人気なのです。
靴にパンツの裾がかからないくらい短く仕上げ、いわゆる「クッション」を無くすんですね。
裾にクシャクシャとしたシワがあると途端に野暮ったい雰囲気が加速しますから、半端丈にして短く裾にクッションを与えないというわけ。

DSC00277-6359f
Photo by http://loungelizardsendai.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_e33/loungelizardsendai/DSC00277-6359f.JPG

 

 

しかし実は裾の始末とはなかなか難しいものです。

 

20140814114114453_500
Photo by http://i7.wimg.jp/coordinate/l7rpxa/20140814114114453/20140814114114453_500.jpg

 

例えばこういったオペラシューズやローファーなど高さがない靴を履けばクッションが出なかったとしても・・・

 

111
Photo by http://i2.wp.com/fululuri.net/wp-content/uploads/2015/03/111.jpg?resize=500%2C667

 

こういった高さのあるボリュームスニーカーを履いてしまうと裾にかかってクッションが出すぎたりします。
かといって靴に応じてパンツを何本も持っているのは経済的ではありません。できれば「どんなパンツにも合わせやすい靴」「靴に合わせて裾の長さを微調整できるパンツ」あと有難いもの。

 

そこでウエストゴム仕様というわけです。

 

ウエストゴムのパンツであれば、ウエスト位置を少し上に上げれば裾は短くなります。合わせる靴に応じて裾の長さを微調整することができ、一本のパンツでも実に様々な着こなしに対応できるというわけ。これがここまでウエストゴムパンツが市場に広がった一つの秘密です。着た人にしかわかりませんが実はこんなに優れたメリットがるのです。

 

 

今年はウエストゴムスラックス、おすすめです。「ハイブリッド」的な意味でも、「クッションを出さない微調整が可能」という意味でも欠かせないアイテムです。

そして実は2月21日のメルマガではわずか2000円台で購入できる超名作ウエストゴムスラックスを紹介予定。実際の着こなし画像などを織り交ぜながら紹介します。既に私も手に入れて愛用していますが・・・これコストパフォーマンスとんでもないです。気になる方は是非お楽しみに・・・。

 

 

 

 

5000人以上が購読している日本最大の「おしゃれ」をマスターするメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第4位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年、2015年部門別「まぐまぐ大賞」も受賞。なんと5000人以上の読者を抱えています。多くの方に支持され絶賛配信中です。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. メルマガ告知

    真夏に必須のアイテム「プリントTシャツ」特集&40代向けイタリアンファッション解説!!【メールマガジン2015年8月2日号紹介】
  2. オシャレの秘伝

    【半袖を上手に着る方法】体型が悪くても大丈夫!!たくましく長い腕を実現する簡単な着こなし法【Tシャツでもシャツでも】
  3. ユニクロで買えるオシャレアイテム

    ユニクロ夏の名作「スイムアクティブショーツ」が復活。陸でも海でもラフに使えるアイツ。
  4. アクセサリー編

    メガネの選び方、ブレスレットの重要性・・・夏に必須な小物を語る!!
  5. ユニクロでオシャレをする!

    【ユニクロはアリ?ナシ?】現役バイヤーが解説する「ユニクロを選ぶ理由」とは?【賢く安価でオシャレになる】
PAGE TOP