アウター編

あなたは「スウィングトップ」と聞いてすぐに形を思い出せますか?春用ショートブルゾンのオススメ!

 

スポンサーリンク

  

今回は春用ショートブルゾンのお話です。
「MA-1、スカジャン・・・春はどれを着ればいいか分からない!!」

そんな人は是非読んでみてください。

 

2016年、世の中に溢れる「ショートブルゾン」

 

mig
Photo by http://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F10%2F20111107%2F14750%2F79%2F600x900xa01b87881a5ae7fbdca2d7cd.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

 

春になると例年必ず出てくるのが「ショートブルゾン」の流れ。
ロングコートなどの重量感あるアウターが多い秋冬スタイルに飽きて、反動で「春は軽い印象が良いな」と思う人が多いためですね。3月くらいになるとお店に一気にサックスブルーだったりピンクベージュだったり秋冬では絶対使わないペールトーンが出てくるのと同じ現象です。

 

今年は昨年から続く「MA-1」のトレンドが尾を引っ張っており、市場にはMA-1がまだまだ多め。春用にライトウェイトにしたMA-1や、また新しいトレンドであるスカジャンなども目立ちます。何度かこのKnowerMagでも述べましたが、今年はちょうどトレンドの転換点とも言える時期。今まで「ノームコア(普通の格好)」のトレンドが主流だったのですが、今年に入って「タッキー(悪趣味な格好)」のトレンドが混じってきたため、相反する2つのトレンドが共存するちょうど転換点とも言える時期です。それだけに市場は実に様々なアイテムが流通しており、ファッション好きとしては目移りしがちなシーズンでしょう。

 

5214074B_b_20_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/074/5214074/5214074B_b_20_500.jpg

そんなわけでショートブルゾンもこういったMA-1だけでなく・・・

 

louis vitton1
Photo by http://www.vogue.co.jp/uploads/media/2015/06/27/louis%20vitton1.jpg?1435333515

こんな風に派手な刺繍を施したスカジャンもあれば・・・

 

733-OR161-1031_12010_l
Photo by https://mensjoker.jp/shop/image/product/733-OR161-1031/733-OR161-1031_12010_l.jpg

 

MA-1とスカジャンの「良いとこ取り」をしたこんなアイテムもあったり。素材はテカリがあるスカジャンライクなものですが、デザインや形はMA-1といったもの。「どっちの需要も拾っちゃえ!」という欲張りさんなアイテムです。

 

4350_1
Photo by http://bitter-store.jp/shop/item/bitter/picture/goods/4350_1.jpg

他にもコーチジャケットなどもじわりじわりと勢力を増してきています。
コーチジャケットに関してはまた別のトレンド「アスレジャー」というトレーニングウェアを日常着として使うNY発の流行が影響しているもの。「ショート丈」というか「ミドル丈」くらいのものも少なくないのですが。比較検討にはこちらも挙げられるでしょう。ただしスポーツテイストが強いアイテムがやや多いのでオシャレに着るのは少しハードルが高いかも。

 

 

「春用のブルゾンが欲しいんだけど、どれを買えばいいか分からないよ!」
「他人よりオシャレになりたいけど、どれもなんだか同じに見えて・・・選ぶのが難しい!」

 

そんな人に一つヒントをあげましょう。
今年は流行通りにMA-1やスカジャンに手をつけるのももちろんオススメですが、比較検討リストの中に是非このアイテムも入れて頂きたいのです・・・。

 

それは「スウィングトップ」です。

 

 

実はオススメなブルゾン「スウィングトップ」

 

「スウィングトップって何だ??」

と思う人も多いでしょう。スポーツのポジション名っぽいですけど洋服の分類の名前です。
聞いたことがある人でも「スウィングトップ」と文字を見てパッと形を連想させにくいかもしれません。ここ数年の日本では着ている人をあまり多く見かけないし、市場でもさほど取り上げられていないデザインの様に思います。

 

ただだからといって「トレンドから外れている」わけでもなく定番としてずーーーっと認識されている様に思います。クラシックな洋服が好きな人には馴染み深いアイテムでしょう。

 

large-51f091fb25c7f1
Photo by http://original-shisyu.com/wp-content/uploads/2013/10/large-51f091fb25c7f1.jpg

 

「スウィングトップ」とは主にこんなものを指します。
着丈の短いショートジャケットで、首元が高く立ち襟になっているものが多いです。
元々「スウィングトップ」は日本のブランドVANが命名したもの。「ドリズラージャケット」とも呼ばれます。このあたり言葉の定義が曖昧なのはアパレルあるあるです。「カットソーとTシャツ」みたいな関係ですね。便宜的なものでしかないのであまり気にせず。

 

スウィングトップ(というかドリズラー)で有名なブランドに「バラクータ」があります。1930年頃に創業したイギリスの老舗ブランド。スティーブマックイーンの着用が有名でしょう。俳優兼レーサーだった彼はファッションアイコンとして洋服の世界にも多大な影響を残しています。パンツの短丈スタイルや膝上丈のコートなども彼のアイコンスタイル。当時は革新的だった様です。現代でも彼の服装は十分参考になりますから是非画像など色々調べてみてください。

 

3826c35a
Photo by http://livedoor.blogimg.jp/lrsb/imgs/3/8/3826c35a.jpg

 

バラクータのスウィングトップ、代表作は大きく2つあり「G9」と「G4」です。

 

14011650000830_dm_1
Photo by http://images.style-cruise.jp/itemimages/i/14/011/650/14011650000830_dm_1.jpg

 

これがG9。袖先と裾がリブになっておりやや短めの着丈が特徴です。

 

baracu-brcps0002_c
Photo by http://image.rakuten.co.jp/crouka-lr/cabinet/bdw_4/baracu-brcps0002_c.jpg

 

これがG4。リブが排され、着丈もその分少し長めになっています。

 

これを原型として現代では様々なブランドが都会的に洗練したスウィングトップをリリースしています。従来のバラクータのモデルはややアームがゆったりしていたりと少し「オジサマ」的な印象を受けるものも少なくありません。もちろんそれが魅力でありそれを上手に着こなしてこそですが・・・初心者がバラクータのスウィングトップを考えなしに着用して、オシャレになる確率が高いかと言われたら、、、そりゃ違いますね。初心者には都会的にブラッシュアップされたモデルの方がオススメです。

 

collection_2016spring_Images016
Photo by http://loungelizard.main.jp/_wp/wp-content/uploads/collection_2016spring_Images016.jpg

 

例えばこんな感じ。
アームもしっかり細くスッキリとしたシルエットに整えたものの方が現代のファッションにはよく馴染むでしょう。

 

 

・・・さて「ショートブルゾン」の話で

なぜここまでスウィングトップをオススメするのか??

 

それは首回りが高いからです。
MA-1もスカジャンもスタジャンもそうですが概ね皆「襟が寝ている」状態のものばかりです。首回りは実はコーディネートの中で最も注目される部分の一つです。首・手首・足首などの3箇所は「3首」といい、スタイリストなら誰でも知っている印象を決定づける重要ポイントです。なおかつ首は顔に近く視線が集まりやすい箇所。

「Vネック、クルーネック、Uネック」などのネックの違いや
「ストール、マフラー、スヌード」などの首回りのアクセサリーなど
とにかく首回りを差別化するアイテムが多いことからもその重要性が伺えます。同じ素材・型でタートルネックバージョンとクルーネックバージョンとVネックバージョンがある・・・なんてカットソーの展開をしているブランドも少なくないですね。首だけで印象って大きく変わるのですよ。

 

でショートブルゾンの「襟が寝ている状態」。これは「目立つ位置に何もない」状態に違いありませんから、コーディネートが極端に寂しく感じてしまうのです。

 

buy150096_sty1
Photo by http://image.rakuten.co.jp/spu/cabinet/revo/buy150096_sty1.jpg

 

MA-1やスカジャンなどをお店で試着しても「ピン」とこない人は多いと思います。それは襟がないから。インナーにシャツ襟のあるものやタートルネックやハイネックなど、「高さのあるもの」を選ばないとなかなかサマに見えないものなんですね。

なのでMA-1やスカジャンは着こなしが少しだけ難しいのです。首回りをスッキリさせた状態でサマに見せることはなかなか難しく、結果タートルやシャツなどに頼ることになるわけで、合わせる服が制限されてしまう。

 

ところが同じショート丈のブルゾンでもスウィングとトップなら「立ち襟」で首回りに印象があるわけです。どんなインナーを持ってこようが印象が寂しくならず簡単にサマに見せることが出来るのです。

 

31bfmsIUfyL
Photo by http://ecx.images-amazon.com/images/I/31bfmsIUfyL.jpg

 

なおかつスウィングトップの多くは襟が顔近くまで到達していることが多いため、小顔効果も強いです。写真を撮る時、女の子が顔の近くでピースサインを出すのと同じで、顔の近くに”何かがある”と顔は対比効果で小さく見えるのです。スウィングトップ一番のメリットはココですね。

 

春に向けてアウター探しをしている方も多いでしょう。トレンドから考えるとスカジャンやMA-1も多いですし、もちろんそれらも非常に魅力的です。ですが是非比較検討の中にスウィングトップも入れてみてください。意外と羽織った時に「あ!これ良い!」とあっさり感じやすいものです。是非お試しを・・・。

 

 

毎週末配信のメールマガジンでは具体的なブランド名を挙げて紹介し、着こなし方法を画像でも解説しています。興味ある方は是非購読ください。

 

 
 

 

5000人以上が購読している日本最大の「おしゃれ」をマスターするメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第4位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年、2015年部門別「まぐまぐ大賞」も受賞。なんと5000人以上の読者を抱えています。多くの方に支持され絶賛配信中です。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?
  2. 連載媒体mine、4月1日より値上げします!!読むなら今がオススメ!!

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. アウター編

    2015-16年秋冬はどのPコートを買えばいい!?WEGOのPコートとBEAUTY&YOUTHのPコートを比べて見えてくる「素材の差」
  2. シューズ編

    【MB愛用スニーカーBEST3・その3】靴は「微細な差」が印象に大きな違いをもたらす(UNIQLOキャンバススリッポン)
  3. やっちゃいけないNGファッション

    ファッションで勘違いしがちな10のこと(後編)【裾折り返すとチェックが出てくるパンツはオシャレ??】
  4. ショップ紹介

    福岡で行くべきメンズ・セレクトショップ3選
  5. ニット編

    2015〜2016年秋冬はニットフィーバー!!ケーブルニットやタートルネックニットなど今年の注目株3選を解説!!
PAGE TOP