お金をかけないオシャレ

【洋服は買うな?】ファッションでお金をかけるべきポイントは3つ【超論理解説】

 

スポンサーリンク

 


 

今回は「最も賢くおしゃれになる方法」について。
 

実は多くの方が思いきり間違えている「お金のかけどころ」を整理してお伝えします
 

ファッションでは〇〇にお金をかけてはいけない?!

 

これはどんな仕事にも通ずることですが基本的に会社というのはどんな事業にでも投資するわけではないでしょう。
結果が伸びやすいところにリソースを入れて結果が伸びにくいところは諦めて損切りするのが当たり前。
しかしことファッションに関しては「どこにお金をかけるべきか」論が存在しない
そのため今回はファッションにおける有効な投資の仕方、賢くおしゃれになるための方法をお伝えします。
 

まず出費を抑えてなるべく安くおしゃれをしたい人がお金をかけてはいけないポイントは洋服全般です。
Tシャツ、シャツ、ニット、パンツ、アウターなどは基本的に全てお金をかけなくてもOKです。
もちろん洋服が好きならお金をかけることに何の問題もありませんが・・・洋服の優先順位がそこまで高くない人ははっきり言って洋服にお金をかけるべきではありません。
 


Photo by https://image.uniqlo.com/UQ/ST3/AsianCommon/imagesgoods/429067/item/goods_37_429067.jpg?width=1194
 

例えばユニクロのエクストラファインメリノウールのニット。
3,000円ほどで買える代物ですが、正直2万円ほどのニットと比べても見劣りはしません。もちろん違いはあります。が、普通に着用するならほとんど分からないレベルの品質です。
 


Photo by https://image.uniqlo.com/UQ/ST3/AsianCommon/imagesgoods/418911/item/goods_68_418911.jpg?width=1194
 

さらにユニクロのデニムはハイブランドでも使われているカイハラ社のもの。
カイハラの会長は以前インタビューで「ハイブランドとユニクロのデニムの違いは?」と聞かれ「何も変わりません」と答えていました。
もちろん厳密に言うと異なる部分はあります。ただはっきり言ってよほどのアパレル専門家でもない限りその違いはほとんどわかりません。
はっきり言ってユニクロ、GU、ZARA、H&M、無印良品、ワークマンなどで洋服を揃えれば着こなし方次第でいくらでもおしゃれになれます
 

だからおしゃれにそこまで興味がないならセレクトショップやハイブランドで洋服を買う必要がありません。
ファッション雑誌にはそうしたところで洋服を買わないとさもおしゃれになれないかのように書かれていますが、全くそんなことはない。
はっきり言って洋服にはお金をかけなくても構いません。
 

ではどこにお金をかけるべきなのかと言うとポイントは3つ
 

まずお金をかけるべきポイント1つ目は「靴」
これは一番重要なところ。
ただもちろん数千円で買えるGUの革靴やコンバースのオールスターなどが悪いと言っているわけではありません。
そういうものでも全然構いませんが、靴はたまにドカンと投資しても大丈夫です。
 

なぜかというとはっきり言って靴には大きなトレンドが存在しないから。
そうは言ってもスニーカーはトレンドが結構強い方ですが、こと革靴に関して言うとトレンドがないと言っても過言ではない。
 

だから1度投資して高いものを買えばかなり長い期間使えるんですね。
 


Photo by https://www.yoox.com/images/items/11/11844950_14_f.jpg?width=306&height=390&impolicy=crop&gravity=Center
 

例えばこれはプレミアータというイタリアブランドの革靴。
こうしたストレートチップで細身、薄いソールというデザインのシューズは正直10年以上前から高級品として売られています。
 


Photo by https://saint-laurent.dam.kering.com/m/6f2d999e9a861c60/Small-632388AKP001000_A.jpg?v=3
 

あとはこうしたシンプルなドレスブーツ。
サンローランで展開されているドレスブーツは毎年デザインがほとんど変わりません。
ヒールの高さは変わるけれどこれは本当に定番でずっと使えてますし、こういうシャープなサイドゴアブーツはサンローランでなくとも山ほどある。
本当にド定番なデザインで昔からドレスシューズとしてあるデザインなので、値段は10万円くらいしますが10年ほど使えます。
 

なぜ革靴はトレンドが回らないかというと値段が高くて皆買わないから
男性が買うアイテムは結構限られており、例えばTシャツやデニムなどは買い替える人も多いけれど普段着用の革靴を買う人は本当に少ない。
普段着用の靴というとスニーカーやサンダルを履く人が圧倒的に多いんです。
 

「いやそんなことないでしょ」と思う人は服好きの人だけ。
革靴を履くのは基本的にビジネススタイルだけという人が圧倒的に多く、実は普段着で革靴を履く人はまだまだ多くないんです。
スニーカーやサンダルの方が楽だし革靴は値段も高いから皆なかなか買わない。
だからトレンドが回らないんです。
 

アイテムというのは1度購入して時代遅れになるまで寿命がある。
バブル時代の洋服や2000年代前半のギャル男スタイルを今着るとおかしいでしょう。
洋服には絶対にトレンドがあり時代遅れになるポイントがある
もちろん一部当てはまらない長く着られるアイテムもありますが・・・基本的に洋服の90%ぐらいはトレンドがあり時代遅れになるタイミングが必ずあるんです。
 

ではなぜそんなことが起こるのかと言うと、トレンドが気分によって構成されているから
 

そもそもおしゃれというのは皆と着こなしやアイテムのどこかが違うから「おしゃれ」だと区別される
だから皆と違うことがおしゃれの前提条件。これは疑いようがないことだと思います。
だって皆と同じならそもそも区別すらされないわけでしょう。
 

だから差別化というのがおしゃれのポイントなのですが・・・残念ながら差別化されてトレンドとなったものは時間が経つと一般化してしまうんです。
 

例えばアーリースターターが「これおしゃれだな」と思って見つけたシャツを着ていると、それを見た周りの人が「かっこいいな」と思いそのシャツを買ってマネをする。
そのマネをした人を見た一般の人が「あのシャツかっこいいな」と思ってさらにマネをする。
こうして段々と広がっていくのがトレンドです。
アーリースターターが着て、そこからだんだんと広がってマス層に広がり、最終的には量販店で販売されるようになると一般化されて差別化が効かなくなるわけ。
 

アーリースターターが見つけた段階では差別化ができていたんです。
けれどどんどん広がっていき、10人中9人が着るようになると差別化できていないからおしゃれになれない。
もちろんおしゃれはモノの価値だけでなく着こなしの価値もあるのでモノだけで差別化が決まるわけではない。
ただモノの価値に関してはやはり時間が経つごとに一般化して、既視感が出てだんだんと飽きられて時代遅れになっていく。
 

しかし革靴にはそうしたトレンドの流れがほぼないんです。
なぜかというと先程言った通りほとんどの人が買わないから。
50,000円以上の革靴ってほぼ売れないんですよ。だからトレンドが回らない。
逆になぜスニーカーはトレンドが回るかというと、スニーカーは皆が買える金額だから。
 

けれど普段着の革靴はほとんどの人が手を出さない。
だから1回買うとすごく長く使えるんですね。
どんな革靴でもある程度の長い期間使えるので、ある程度の金額を投資していいところ。
5万円以上の金額を出して10年使うのは個人的にすごくおすすめ。5万円を10年で割ったらすごく安く済むのに満足度も高いでしょう。
 

なぜ靴にお金をかけるのかというと目立つ所だから
体の先端部分である足元は絶対に視線が留まる場所なんですね。
画像や動画など2次元の世界では異なりますが、3次元の世界だと人は視線を動かしなら相手のことを確認しています。
で、視線が動くということは当然視線が留まる部分もある。
 

その視線が留まる部分はどこなのかというと体の先端なんですね。
顔周り、腕の周り、足の先。この3つの先端部分で視線はピタッと留まるんです。
だから視線が留まる目立つ部分にお金をかけるのは効率が良い。
冒頭で言った会社の話と同じで、投資効果があるところにリソースをかけるのは当たり前のことでしょう。
しかしなぜか皆自分の感覚や価値観でTシャツだけすげごくかっこいいものにしたり、アンダーウェアにすごくお金をかけたりしてしまうわけ。
もちろん趣味としてはそれで良いけれど、他人が見ておしゃれかどうかを考えるなら目立つところにお金をかけるのが一番賢い考え方です。
 

その上で靴に投資をしましょうという話。
そして靴はトレンドが回りにくいから1度買えば10年くらいは使える。
なおかつ10年使えれば高くても年で割ればかなり安いし、なおかつ満足度はすごく高いものになる。
そして目立つからこそ靴に投資をすれば他をケチっても高級感のあるおしゃれができる
だから私は靴に投資をした方が良いと思いますが・・・ただいきなり5万円、10万円の革靴を買うのもなかなかキツイものがある。
だから今年は安いものを買っておき2年間はそれで我慢して、その間にお金を貯めて5万、10万の革靴を買うのも良いと思います。
 

ストレートチップやブーツなど長く使えそうなシンプルなデザインの良い革靴を一足持っておくと非常に便利です。
 

ファッションでお金をかけるべきアイテムはコレ!

 

お金をかけてもいいポイントの2つ目は「バック」
 

理由は先程の靴の話と同じなのですごく簡単。
まず男性はほとんどバッグを持ち歩きません。街で歩いている男性を見てみると手ぶらで歩いている人がかなり多い。
普段からバッグを使う男性が少ないため、メンズでバッグにお金をかけている人なんてほとんどいないんです。
そのためトレンドはほとんど回らず1度良いバッグを買えば長く使えます
 


 

こうしたシンプルな肩掛けのレザーバッグでもいいですし、手持ちのルイ・ヴィトンのトラベルバッグはずっと使っています。
ルイ・ヴィトンは150年間ずっと同じバッグを売り続けているけれど、それでも入荷待ちで買えないくらい人気なんです。
このようにバッグはトレンドが全然回っていないので1度投資して良いものを買えば一生レベルで使えます。
 

なおかつ先程も言った通り先端部分は目立つ所
頭の先、足の先、そして腕の先。そしてバッグは基本的に腕で持つものですよね。
 


 

あと肩にかけるボディバッグは体の前にもってくるでしょう。
するとアウターやトップスの面積をおさえてバッグが目立つようになる。
このようにレザーのボディバッグは意外と目立つので良いものを持っているだけでユニクロの服がユニクロではないような着こなしができる。
良いレザーバッグなんて探せばいくらでも出てくるので、自分の個性に合わせて本当に納得できるものを是非探してみてください。
 

ではいくらくらいのレザーバッグを買えばいいのか・・・メンズはそもそもバッグを買う人口が少ないから、顧客単価を上げるしかない。だから値段が高くなりがち。
目安としては4~5万くらいならすごく良いのが買えるし、本当に投資してもいいなら10万円くらい出せばかなりの期間使えるものが手に入ります
 

GUのコートを高級コートに買える優れもの

 

そして最後にお金をかけるべきポイントは「ストール」
これも靴、バッグと同じ話。
皆さん人と話すときはどこを見て話しますか。大体相手の顔辺りを見て話すでしょう。
そう考えると顔周りの小物はすごく大切でここにお金をかけるのはすごく大事なこと
だから1つでいいのでアルパカやウールなど良い生地のストールを買っておきましょう。良質でシンプルな大判の無地ストールを1つ持っておけば高見えするし長く使えます。
 

革靴とバッグも長持ちするし、ストールも首に巻いているだけだから大きなダメージを受けにくく長持ちしやすい。
だから良いものを1つ持っておくのはとてもおすすめです。
なおかつストールは首元に巻くことで小顔効果が出る。
顔が小さく見えると対比で手足が長く見えて、スタイルがよく見える
だからモデルは顔が小さい人が選ばれます。
 

ストールを巻いて小顔効果が発揮されるとスタイルが良くみえて意外と何でもサマになる。
なおかつ首元にアルパカやウールなどの高級素材を置くと全身が一気に高見えします。
以前メルマガで検証したことがあるのですが、GUのすごく安いペラペラのナイロンコートにカシミヤのマフラーを入れるだけで一気に高級感のあるコートに生まれ変わります。
だからマフラーはケチらない方がいい。
値段の目安として2~3万円くらいのストールを5~6年使えば洋服は高いものを買う必要はありません
 

まとめると革靴、バッグ、ストールの3つに投資すればしておけば安い洋服を高見えさせられます。
ファッションというのは好きな人がお金をかけて、そこまでならなるべくお金をかけずになるべくかっこよく見せることを目指せば全く問題ありません。
是非参考にしてみてください。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月550円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. 告知

    ホリエモンとファッショントークしてみた。
  2. アクセサリー編

    【前編】「サコッシュ」は何故流行ったのか?今年もまだ使えるか?
  3. メルマガ告知

    最後の夏物から秋物までZARAマストバイを紹介!
  4. アイウェア編

    レイバンはもう要らない!?1500円で買えるユニクロ版レイバン!!
  5. オシャレの秘伝

    メンズの無地ベレー帽ならコレで決まり!!格安で良品が手に入る「ミリタリー小物」に注目!!
PAGE TOP