大学生や初心者のためのファッション講座

【大学生がするべき着こなし】正しいスウェットパーカー、テーラードジャケット、ブルゾンの選び方、着こなし方を教えます!!【オシャレ初心者必見!!】

今回は「大学生」の方に向けた記事。
大学生やファッション初心者、必見です!

大学生がするべきスタイル、大学生がするべきオシャレをお教えします!

ad

街で見かける大学生はこんな感じ…

大学生にありがちなスタイルと言えば…

インディゴブルーのシャンブレーシャツ…

ベージュのチノパンツ…

ティンバーランドのブーツ…

こんな感じのアイテム合わせが多くありませんか?

 

細かい着こなしとしては、
チノパンツの裾をティンバーランドのブーツにクシャクシャと被せたり…
トートバッグを持ったり…
アウターはフードのついたショート丈のものを選んだり…

そんな感じが多くありませんか?

 

大学生の方は容易にイメージできると思います。

 

購入するショップの多くは…
RAGE BLUE/レイジブルー…
楽天市場などの激安通販サイト…
丸井ビルなどに入ってるブランド(JUNMENやABAHOUSEなど)…

などでしょうか。
(別にこれらのブランドを否定しているのではなく、あくまで「多いのでは?」という話です)

 

カジュアルが台頭し過ぎている日本のメンズファッション

まず上述の大学生スタイルを考察すると、「カジュアルすぎる」印象があります。

 

シャンブレーシャツやチノパンやワークブーツなどカジュアルなアイテムが多く、
また色使いもブルーやベージュなどカジュアルです。

 

何度かこのKnowerMagで説明していますが、
日本人のメンズファッションはアメリカンカジュアルの影響を強く受けており、
カジュアルスタイルが非常に多いです。

 

デニム、チノ、ワークブーツ…などなど。
アメリカナイズされたカジュアルアイテムが非常に多いです。

 

メンズファッションにおいて簡単にオシャレに見せるコツは
「ややドレス寄りで大人っぽく見せる」ということ。

 

男性を最も美しく、オシャレに見せるのは「ドレススーツ」です。
メンズファッションの究極系として疑う人はほぼいないでしょう。

「スーツを着た男性は素敵に見える」なんてのは巷でよく聞く話です。

 

ではスーツを着ればオシャレか?と言われれば、
スーツはあくまで「ドレス」であり、街着ではない訳です。
カジュアルとは別物です。

 

そこで

「ドレスが最も男性を美しく見せる」
「街着でのオシャレ」

この2つを満たすものは
「ドレス寄りのカジュアル」となる訳です。

 

例えば
ドレスライクなテーラードジャケットに
カジュアルライクなデニムを合わせたり…。
このようなドレスとカジュアルのバランスがメンズファッションにおける最大の肝です。

 

このへんは本KnowerMag内で口を酸っぱく、何度も記載していますので…
読者さんは了承済みの内容かと思います。

 
 

さて、で日本人のスタイルは
この理屈に逆行するようにカジュアルスタイルが非常に多いです。

 

アメリカンカジュアルの影響が非常に強く、
デニム、チノパン、スウェット…などカジュアルなアイテムが市場には目白押しです。

 

街で道行く人のスタイルを見れば納得ですが、
ドレスを感じさせるスタイルをしている人はほとんどいません。

 

彫りの深い顔立ちで、
イカつい身体のアメリカ人ならいざ知らず、
童顔で胴長短足な幼く見える日本人がカジュアルな服装をすれば、
それはダサッぽく、子供っぽく見えてしまうでしょう。

 

シャツ×スラックスのドレススタイルを、足下の肌見せや袖のロールアップ、またスニーカーでカジュアルに見せている。

スーツスタイルを白Tシャツでカジュアル化。
またスニーカーやニットキャップなどの小物でカジュアルに見せている。

シャツ×ハイゲージニットといったドレスなスタイルを
スニーカーとワークキャップでカジュアルに見せている。

 

などなど。
海外のファッションスナップを見れば一目瞭然ですが、
ドレスとカジュアルのバランスがきちんと取れている人がオシャレに見えます。

 

日本人はと言うと…
色落ちのデニムにスウェット…
チノパンにワークブーツ…
インディゴシャツにミリタリーブルゾン…などなど。

 

ジャケットやシャツやハイゲージニットやスラックス…
細身シルエットやモノトーン…などといったドレスライクな要素から
とにかく疎遠なのです。

そこを改善することが、
ドレス寄りに服装を改善することが、
まずはオシャレへの第一歩、「秘訣」です。

ドレス寄りのバランスを取る秘訣

話を大学生に戻します。
大学生も上述の通り、アメリカンカジュアルスタイルが非常に多いです。

 

大学で注目されるくらいオシャレになるためには…
カジュアルから離れてドレスライクなスタイルに近づける必要があります。

 

ただしドレス寄りにしすぎても困りもの。
ジャケットにスラックスにシャツなど、本当にドレスになってしまったらNG。
それはドレスであり街着としてのカジュアルではありません。

あくまで両者の「バランス」が大事なのです。

 

そこでコツを幾つかお教えしましょう…。

 

①色はモノトーン+1色を心がける

基本的に色彩のある色を多く使えば使う程カジュアルに見えてしまいます。
グリーンやブルーやレッドなど色彩の強い色だけでなく、
ベージュなどの薄い色も同様です。
色彩の無い色、モノトーンならば大人っぽく落ち着いた印象を与えてくれます。

 

しかし「色彩を抑えて着てください」というも具体性に欠けるので、
おすすめとしては「モノトーン+1色」に必ずする、というルールを作ることがオススメです。

 

ブラック、ホワイト、グレー以外は1色しか使わないというルールですね。

 

例えば、
ジャケット…ブラック
デニム…ブラック
インナー…ホワイト
ストール…ベージュ
などです。

 

少し地味かな?と思うくらいの色合わせをしましょう。
そちらの方が落ち着いて見えます。
慣れる内はこのルールに従ってみてください。

 

慣れてきたらこのルールから離れて色々な合わせを楽しめば良いでしょう。
てっとり早くオシャレに見せるためには、まずこのルールを推奨します。

 

②ドレスライクなアイテムを最低2点取り入れる

デニム
スウェットパーカー
Tシャツ
スニーカー…など
カジュアルアイテムももちろん結構なのですが、
カジュアルアイテムだけでオシャレに見せるのはハードルが非常に高いです。

 

そこで簡単なルールを。
「ドレスアイテムを最低2点取り入れる」というものです。

 

「どれがドレスアイテムか分からないよ!」という方は
スーツを連想してください。

 

テーラードジャケット
白シャツ
細身パンツ
革靴
などです。

 

自分の手持ちのアイテムのどれがドレスアイテムかカジュアルアイテムかどうしても分からない!
という人は、KnowerMagメールマガジンのサービスをご利用ください。

画像添付などでアドバイスをします。
詳細は上メニューの「メールアドレスはこちら」をご覧ください。

 

③細身スタイルになるように心がける

基本的には
ルーズであればあるほどカジュアルに
シャープであればあるほどドレスに見せることができます。
(例外もあります)

 

てっとり早くオシャレに見せるためにはシルエットをシャープにすることです。

 

またルーズなボトムは全体の印象をカジュアルにしてしまいがちです。
ボトムは細身のものを選びましょう。
お金がないなら、ユニクロのスキニーデニムなどが良いでしょう。数千円で購入でき、学生さんにも優しいです。

 

では続いて
大学生が選びそうなカテゴリ別に
アイテムの選び方やオススメの着こなしなどを書いていきましょう。

テーラードジャケットの選び方、着こなし方

大学生が誰しも手を出すテーラードジャケット。
合コンの定番アイテムですね。

 

私の大学生時代、合コンに参加した男性陣全員がテーラードジャケットだったことがあります(笑)

 

テーラードジャケットを選ぶ際に気をつけて欲しいのが、
カジュアルなものを選ばないこと。

 

コットン素材や大きめのポケットなどワーク調の要素が入っていると、
テーラードジャケットのドレス感が無くなってしまいます。

 

手に入れるべきはウール素材のシンプルなもの。

 

このようなワーク調の色、素材、デザインを選ぶのではなく…

このようなドレス調の色、素材、デザインのものを選びましょう。

 

またジャケットのインナーはカットソーが良いでしょう。
画像のように白などモノトーンカラーのカットソーなどを入れると
セクシーで大人っぽいスタイルになります。

 

ボトムは細身のデニムなどが良いでしょう。

 

ブルゾンの選び方、着こなし方

こちらも大学生が選ぶ定番ですね。

何故かブルーやグリーンなど原色のキツい色を選んだりしがちですが、
基本的にアウターはモノトーンをチョイスするのがオススメです。

 

アウター、インナー、ボトムスの基本3要素の中で、
最も視覚に入る面積が多い、つまり印象が強いものがアウターです。

 

そこに色を使ってしまうと一気にカジュアルな印象が強くなってしまいます。
慣れていない内はモノトーンか落ち着いたダークカーキなどの色を選ぶと良いでしょう。

 

またブルゾンはミリタリー系のものがオススメです。

ミリタリーアイテムは元々「軍用」にデザインされたものですから、
基本的にシンプルです。軍人がミッションで使う訳ですから、余計なデザインなど入れる余地がないのです。

 

シンプルで大人っぽいミリタリーアウターを選ぶと良いでしょう。
例えば…

このフランス軍のF2ブルゾンなどが良いでしょう。
フランスらしいスッキリとした印象で大人っぽく着れます。

 

古着でも数千円で購入できますので大学生にも優しいはずです。

 

また、ブルゾンを選ぶ場合はインナーはシャツが良いでしょう。
テーラードジャケットなどに比べて、カジュアルな印象が強いので、
インナーやボトムはなるべくドレスライクな印象にまとめるべきです。

 

スウェットパーカーの選び方、着こなし方

こちらも大学生の定番アイテム。
カジュアルアイテムの筆頭です。
シルエットやデザインを間違えればすぐに「パジャマ」に見えてしまう危険なアイテムです。

 

スウェットパーカーはシルエットに徹底的に気を配りましょう。

このようなルーズなシルエットはNGです。
細身のパンツで合わせてYラインで綺麗に見せることももちろんできますが、
ややハードルが高いので、まず慣れてない内は細身のものを選びましょう。

このように細身でスッキリとしたものをチョイスすれば、
ドレスライクなシャツをインナーにもってきても相性良く合わせることができます。

 

ad

 

スウェットやジャケットなど、多くの大学生が着用していると思いますが、
オシャレに見せるための選び方、着こなし方のポイントが少し分かったかと思います。

 

「具体的に何を買えばいいの?」
「どのアイテムがオススメなの?」
「言われた通りにやったけど本当にオシャレかどうか判断できない!」

などあれば、
KnowerMagメールマガジンサービスを利用下さい。
メルマガ内で「これがマストバイです!」といった具体的なおすすめを書いています。
更に個別の質問や問い合わせも可能。専属スタイリストを雇うイメージです。

 

初月無料ですので是非ご利用ください。
上の「メールマガジンはこちら」から登録できます。

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 雑記

    新潟市の老舗料亭「鍋茶屋」さんでお座敷遊びを体験してきました
  2. アクセサリー編

    夏に欠かせない帽子の基礎知識!!ハット・ニット帽・ベースボールキャップ・ジェットキャップどれがオススメ??
  3. MBの思考

    目指すは冴羽獠。メルマガ「MBの思考」に込めた意図。
  4. MBラボ

    MBラボによる「パーソナルスタイリングサービス」スタート!!
  5. 魔王は服の着方がわからない

    「魔王は服の着方がわからない」amazon予約開始しております!!
PAGE TOP