アウター編

【メンズファッション海外スナップ】ロングコート、アウター、モッズコートの着こなし徹底解説!!ケーススタディ編

MBです。
前回の投稿に引き続き、アウターについてお届けします。

 


 

前回はアイテム別の解説でしたが
今回は実際に着こなしについてケーススタディで解説。

海外ファッションスナップを用いて好例を徹底分析していきましょう。

こちらはミリタリーコートの着こなし。
モッズコートのようですが、
おそらく通称ジャーマンパーカーというドイツ軍のアウターをモチーフにしたものです。

 

よく見るモッズコートよりもシンプルなディティールで
大人っぽく感じます。

 

ごくごくシンプルですし、カジュアルです。
何の複雑性も無いコーディネートです。

しかしカジュアルなコーディネートの割には
スッキリと大人っぽい印象に見えますね。

その理由の大きなところはシルエット作りです。

 

まず細長いアウターのシルエット。
ライナーもあるボリューミーなコートですが
細身をチョイスしており、スッキリと見せています。

また首元が高く設定されているアイテムのため
ストールやマフラーを巻かなくてもバランス良く見えます。

このへんは前回の記事でも解説しましたね。
参考にしてください。

 

またデニムも破れたカジュアルなものですが
細身ストレートのシルエットを選び、
更に足下にシワや垂みをつけないようにロールアップしています。

パンツは裾にシワや垂みをつけると
足の長さが分かってしまうため、(日本人は特に)短足がバレてしまいます。

今年は特に、
丈が短過ぎるくらいで合わせた方がバランス良く見えます。

このようにロールアップで垂みを見せないのがオススメです。

 

ジャーマンパーカー、白T、デニムなんて
猛烈にカジュアルな合わせです。下手すりゃ中学生でもやる合わせかも。

でもシルエットにこだわるだけで
ここまで綺麗に見せる事が出来るんです。

 

すぐ
「外人には負けるよ」
「そもそも顔が違うから」
「そもそも体型が違うから」

とネガティブなことを言う人がいますが。
だったら外人さん以上に工夫すれば体型なんてカバー出来る訳ですから。

ネガティブな事があったら愚痴を言う前に
ポジティブに問題解決するのが大人です。

負けごとを言うのは誰にでも出来ます。
でも工夫してそれを克服して、はじめて他と差がつくのです。

「他人の芝生は青く見える」ものです。

ビジネスもファッションも同じだと思いますが、
問題があればそれを認識して、ポジティブに解決策を探るのが肝要です。
「駄目だ駄目だ」と諦める人はいつまでも他と同列になるのです。

 

私も足が短く、体型は悪いです。

学生時代は随分バカにされたものですが、
今は「足長いよね」と言われることが非常に多いです。

 

見せ方でどうにでもなるんですよ。
人間の視覚なんぞ知れたもんです。

 

さて、次へ行きましょう。

3人とも凄く参考になる着こなしですね。

奥の方はツイードっぽいロングコートをニット×シャツでコンサバティブ(保守的)に合わせてます。
正統すぎるような組み合わせですが
襟を立たせてローカットのスニーカーを合わせること
バランスをグッとカジュアルに寄せてます。

「ドレス」と「カジュアル」の好バランスです。
KnowerMagでも散々提唱している論理です。

ただもうちょっとだけカジュアル感をプラスした方がオシャレですね。
ちょっとだけ「ドレス」に寄り過ぎな感があります。
例えばニットのインナーをシャツじゃなくてTシャツにするのも良いかも。
そのくらいで完璧になる気がしますね。

 

中央の方は
ミリタリーライクなディティール盛りだくさんのPコートを着ています。
ポケット使い、ステッチング、派手なマスタードカラーなどカジュアル寄りなアウターです。

そんなカジュアルなアウターをグッとドレスな着こなしで合わせてバランスをとってます。
インナーはショールカラーのニットにストール。
ボトムはスッキリとした細身のスラックスにレザーシューズ。

あまり日本人では見ないような合わせ方ですね。

 

例えば、1枚目のジャーマンパーカーなどを
こういったドレスライクな着こなしでまとめるのも良いですよ。

ジャーマンパーカーやモッズコートを
スキニー黒パンツ、レザーシューズ、ニットなどでドレスライクに合わせると
ドレスとカジュアルのバランスが取れます。
もちろんアイテムのデザインにも寄りますが。

結構「カジュアルにはカジュアル」「ドレスにはドレス」と
頭の固い合わせから抜け出せない方が多いんですが
是非実践してみてください。

これ真ん中の人物、確認してないんですけど…スタイリストの大久保さんかな?

 

注目して欲しいのは左の方。
ダブルのコート、シャツ、レザーシューズとカッチリな合わせかと思いきや、
デニムとインナーのスウェットでカジュアルダウンしています。

 

今期のメンズファッショントレンドの一つ、
シャツ×ニットじゃなく
シャツ×スウェットという合わせ。

ニットのドレス感をスウェットでカジュアルダウンする着こなしです。
ロングコートを着てシャツ×ニットだと
どうしてもドレス感が強くなってしまうんですが、
スウェットならかなり緩和されます。

 

スウェットライクな杢グレーカラーを選ぶと
なお良しですよ。

 

 

さてさて。
今回はここまで。
アウターの着こなしの参考になりましたでしょうか?

 

ではでは次回をまたお楽しみに。

 

 

ではでは。

MB


ピックアップ記事

  1. 連載媒体mine、4月1日より値上げします!!読むなら今がオススメ!!
  2. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 雑記

    ショップ店員に話しかけられるのは苦痛でしかない?
  2. ユニクロで買えるオシャレアイテム

    世界最速レポート!!ユニクロアンドルメール2016春夏の出来を語る!!
  3. 書籍「Men'sファッションバイヤーが教える 「おしゃれの法則」」

    自著、Men’sファッションバイヤーが教える 「おしゃれの法則」が発売いたしました!!
  4. アウター編

    ステンカラーコートやチェスターコートをビジネス用に見せない方法(ユニクロUやイネスのコートなど)
  5. オシャレの秘伝

    【洋服は他人のためのもの】下着や部屋着や靴下はどこまでこだわるべきなのか
PAGE TOP