ユニクロで買えるオシャレアイテム

【これ買っとけ!】UNIQLOユニクロ春のマストバイ!

 

スポンサーリンク

 


 

今回はユニクロ春の新作の中からイチオシアイテムをご紹介します。
 

コーディネートの提案までしているので是非最後までご覧ください。
 

今から使える春用シャツアウター

 


UNIQLO
オーバーシャツ ジャケット(ジャージー) 3,990円


 

今回おすすめするアイテムはこちら。
全4色のうち購入したのはトレンドのエクリュカラー(オフホワイト)とブラックとブラウンの3色。
 

このアイテムの良いところまず1つ目は今から着られるということ
 

おそらく皆もう冬物のアウターにすごく飽きていると思うんですね。
冬物の厚手のウールコートやダウンジャケットってまだ寒いから着てはいると思うけれど
 

「もういい加減飽きたな」「新鮮さに欠けるな」
 

と思っている人はすごく多いはず。
でも今から春物のアウターを着ようとしても薄手すぎてなかなか使いにくい。
だから今の時期って納得いかない格好で外に出ている人が多いと思うんです。
 


 

しかしこのオーバーシャツジャケットは「オーバー」という名前通り、身幅や肩幅がかなり広く取られている。
なおかつ生地が春物にしてはそこそこ厚手でハリがある生地。
だから春はこれ1枚で使って、Tシャツと合わせて袖をまくれば夏直前まで使える素材感ではある。
 

ただオーバーサイズで厚みのある生地なのでインナーを入れ込めるし、そうすれば今の時期からでも使えるんです。
 

もちろん裏地がついていない1枚仕立てなので春用であることは間違いありません。
ただ実際私は既にもう使っています。
春用アウターなので比較的薄手ではあるけれど中にインナーダウンや厚手のニットを入れればある程度の防寒性は担保できる
さすがにまだ夜は寒くてアウターとしては使えないけれど、昼間ならこのアイテムの中に厚手のニットを入れてマフラーを巻けば問題なく使えます。
 

繰り返しになるけれどこの時期は冬物を我慢して着ている人が多いと思うんですね。
でも寒いからまだ春物のジャケットやミリタリーアウターは着られない、というどっちつかずな状態。
でもこれなら中に着込めるし、しかも身幅や肩幅はそれなりにゆとりがあるから中に着こんでもそれほど着膨れしない。
そして中に着こんだものの線が出ない硬くて厚手な素材感。
 

だから今の時期は厚手のニットと一緒に着て、春になったら中をシャツだけにして、夏になったら袖をまくって半袖Tシャツとショートパンツで合わせる。
そう考えると今2月で6月辺りまでは使えると思うのでかなり息の長いアイテムです。
 


 

そして春夏感の強い麻素材だと秋に使いづらいけれど、このアイテムは硬めのジャージー素材。
「ジャージー」と聞くとやわらかいスポーツジャージを連想する方がいるかもしれませんが、そうではなくかなり硬めのジャージー素材なので秋にも問題なく使えます
 

そういうわけでこのアイテム春、初夏、秋にはアウターとして、冬にはコートの中にインナーとして着られる。
真夏以外の3シーズン使えて3,990円はかなりお得だと思います。
 

「シャツアウターなら大体どれでもコートの中に着られるでしょ」
と思うかもしれないけれど、シャツアウターって割と襟の大きいものが多い。
で、襟のサイズが大きいシャツアウターをコートのインナーにすると、襟周りがゴワゴワして着づらいと感じてしまう。
 


 

でもこのシャツジャケットなら襟周りがコンパクトなのでコートの中に入れても違和感はありません。
そして春先や秋口にはアウターとして使えて真冬はインナーにしても着膨れしない、柔らかすぎず硬すぎないベストバランスな素材です。
 

このジャージー素材はユニクロが今年から始めた新しい素材です。
ユニクロは去年もこのシャツジャケットと同じようなジャージー素材のシャツブルゾンを展開していましたが、去年はもっと柔らかく頼りない素材でした。
真冬のインナーとしてなら良いけれど、春先のアウターとして着るには若干安っぽさが出てしまうので実はあまり好きではなかったんです。
 

しかし今年新たに開発されたジャージー素材は厚手になったのでアウターとして使ってもきちんと高見えします
是非騙されたと思って1度手に取ってみてください。
印象としては3,990円どころか3万円くらいのブランド品として並んでいて個人的には違和感がないくらい。
 

まあ強いて不満点を言うならプラスチックのボタンが安っぽいくらい。
それ以外はバランスも素材感も良いし ポケットもついていて機能性も高く色展開も男性的なカーキ(オリーブ)や何にでも合わせやすい黒、今年らしいエクリュカラーなどが種類も豊富。これで3,990円はかなりお得だと思います。
 

コーディネートは「パンツのシルエット」がカギ

 

続けてこのオーバーシャツジャケットのコーディネートを紹介していきます。
 


 

まずは黒のワイドパンツを合わせてドレスとカジュアルのバランスを整えたスタイル。
 

私は普段から「ドレスとカジュアルのバランス」と説明していますが
カジュアルなアイテムにはドレスライクなアイテムを混ぜて大人っぽさと子どもっぽさ、ドレスな印象とラフな印象を併せ持ったスタイルに見せることが大切です。
 

カジュアルなアイテムとはスーツでは使わないもののこと。
Tシャツ、スウェットパンツ、デニム、スニーカー、パーカーなど普段着で使うもの。
こうしたカジュアルなアイテムで全身をまとめると、近場のコンビニに出かけるようなスタイルに見えてしまう。
子どもっぽさが強く野暮ったい雰囲気になってしまい、大人っぽいスマートさが足りない印象になってしまう。
 

対してドレスライクなアイテムとはスーツで使うもののこと。
ジャケット、シャツ、ネクタイ、スラックス、革靴など。
これらだけで全身をまとめると、仕事に行くようなスタイルに見えてしまう。
かっこいいのは間違いないけれど、普段着のおしゃれとはちょっと話が違ってくるわけです。
 

そういうわけで
メンズのおしゃれはのドレスな着こなしとカジュアルな着こなしのちょうど中間に存在する
んですね。
 

ドレスとカジュアルのバランスが取れた状態というのが、キメすぎでもラフすぎでもない、大人っぽすぎず子どもっぽすぎず万人に褒められやすい着こなしになるわけ。
 


 

今回ご紹介しているオーバーサイズシャツジャケットはどちらかと言うとカジュアル寄りなアイテム
 

ミリタリー ライクな素材感でどのカラーも色落ちしている古着っぽい風合い。
そのためこのアイテムにデニム、スニーカー、キャップと、どんどんカジュアルなアイテムを積み重ねていくと子どもっぽさが強くなってしまう。
 

だからこのようにスーツライクな黒の細身パンツや黒スラックスを持ってくると大人っぽさがプラスされ、ドレスとカジュアルのバランスが取れます
 

そして足元もできれば革靴やブーツ、ローファーといった大人っぽいアイテムをプラスするとより大人っぽさがプラスされてバランスよく仕上がります。
さらにレザーバッグを持つとドレスライクな印象が強くなるので、デートスタイルで大人っぽくしたいときなどに良いですね。
男友達と遊びに行くような場面ならそこまで気にする必要はないからリュックでも良いと思います。
 

このようにTPOに合わせてドレスとカジュアルのバランスを考えてみてください。
 


 

「黒スラックスだとちょっとキメすぎない印象になるし、できればデニムで合わせたい」
「もう少し崩してカジュアル寄りなコーディネートしたい」

という方はこちらの着こなしを参考にしてみてください。
 

オーバーサイズシャツジャケットとインディゴのデニムを使った着こなし。
こちらは上下ともカジュアルなアイテムなので子どもっぽい印象が強くなりがちなのでせめて足元は革靴にしましょう
足元を革靴にするだけで随分印象が変わります。
 

デニムを穿いたらどうしてもスニーカーを合わせたくなる気持ちはすごく良くわかるけれど・・・あまりにカジュアルなアイテムを重ねすぎると子どもっぽさや野暮ったさが強くなり褒められにくい着こなしになってしまう。
だから革靴を入れてメリハリを出し大人っぽさを加えると褒められやすいおしゃれな着こなしができます。
 


 

もう少し説明するとこの着こなしで使っているデニムは見ての通り割と細身。
そしてスラックスの特徴であるセンタープレスという折り目が真ん中に入っている。
こうしてスラックス仕様のデニムを使って、カジュアルになりすぎないよう大人っぽさを少し上げているんですね。
 

ここまで細かく考えなくても
「カジュアルなアイテム同士を合わせるときはボトムスのシルエットは細身を選ぶ」
と覚えておくだけでバランス良くコーディネートがまとまります。
 

シルエットを細くするだけで大人っぽさはぐっと上がるんです。
というのもスーツで使うアイテムは基本的に細いでしょう。
対してスウェットやパーカーなどのカジュアルウェアはゆったりしたものが多い。
だから同じデニムパンツでも細身のものを選んで革靴を合わせると、こうしたカジュアルな着こなしもやや大人っぽくバランスの取れたコーディネートになるので是非参考にしてみてください。
 

実際に私はこのオーバーシャツジャケットにマフラーを巻いて中にニットを入れる着こなし、すでにやってます。
もちろん夜や寒い日はこれだと冷えるので上からウールコートを着ますが、3,990円で今の時期から真夏の前まで長く使えるのでかなりおすすめです。
 


 

ちなみに私は175cm68kgで4XLサイズを着用しています。
このアイテム「オーバー」という名前の割にはそこまで大きく作られていない。
普段ユニクロではLがジャストサイズなのですが、Lサイズで着るとアウターとしてはゆとりが足りないなと感じたのでせめて1サイズくらいは上げてみてください。
 

なぜ大きめの4XLサイズにしているかというと、オーバー気味に着た方がユニクロバレしにくいから
サイズの話はこれまで何度もしてきましたが・・・4XLと聞くとびっくりする人も多いと思います。
 

「いや4XLなんておすもうさんが着るサイズでしょ」と思っている方もいるかもしれませんが、ユニクロの4XLサイズと日本のデザイナーズブランドの Lサイズの実寸を冷静に比べてみると実はそれほど変わらないんです。
肩幅や身幅など大して変わらないので過剰に敬遠しなくても大丈夫です。
 

4XLにするとリラックス感が強くなりカジュアルに見えるので、先程説明した通りデニムを合わせるならスラックス調のものにするなどどこかでバランスを取らないといけません。
でもそうやってバランスさえ取れば大きいシルエットなのでユニクロっぽく見られないし、何よりインナーに着こめる。
今の時期からアウターとしてガンガン使えるということで4XLをおすすめします。
 

最近は
「ユニクロのアウターは4XLで着るとユニクロバレしにくい」
「デザイナーズブランドっぽく見える」

ということで4XLサイズの需要がかなり高まっています。
このアイテムも4XLは在庫薄になってきているので気になる方はなるべく早めにチェックしてみてください。
 

もちろん4XLではなくて3XLでも十分大きいと思うので「4XL」という数字にこだわる必要は全くないのですが・・・ ただこのアイテムはジャストで着るよりも大きめの方がサマになるので1度試してみてください。
 

といことで今回はユニクロのオーバーシャツジャケットを着こなしまで含めて紹介しました。
 

着こなしを見てもユニクロには見えないでしょう。
コーディネートで使ったデニムは古着で数千円くらいの安いものですが、それほど安っぽさも出ない。
こうしてお金を無理やり使わなくてもこれくらいのおしゃれはできるので是非参考にしてみてください。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月550円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. 雑記

    ZOZO総合ランキング1位獲得しましたー!
  2. 流行解説

    PVCバッグが大流行!!なんで皆透明のバッグ持ってるの??
  3. アイテムの基礎知識

    【ニットが持つ魅力】メンズのニットのおすすめは?ハイゲージ?ローゲージ?
  4. おすすめブランド

    最強のメンズ短パン発見した!水着にもなってバッグにもなる!?
  5. 告知

    ハイブランド並のクオリティ!MBアイテム史上屈指の名作「レザートラベルバッグ」再発売!
PAGE TOP