オシャレの秘伝

メンズの無地ベレー帽ならコレで決まり!!格安で良品が手に入る「ミリタリー小物」に注目!!

 

スポンサーリンク

 
 

メンズファッションでは定番中の定番「ミリタリーアイテム」。

ミッションのために必要最低限だけに削いだデザインは機能性だけでなくシンプルで力強い、男性が憧れる「華美にならない見た目の美しさ」を備えています。

実は多くのデザイナーズブランドやトップメゾンなどもミリタリーアイテムをモチーフにしてアイテム製作をしています。「”モチーフ”ってだけでしょ?」と思うかもしれませんが、実は面白いことにトップブランドになればなるほどミリタリーデザインを特に変更させず、デザインそのままで形を現代的にしたり、シルエットを整えたりしてリリースしているアイテムが多いんです。

 

楽天などで見る格安900円などでシャツが買えるようなブランドは意外にも「ミリタリーモチーフ」で、ごちゃごちゃとポケットをつけたりベルトを足したりスワロフスキーを入れたりといじり倒すものですが・・・。例えば誰もが認める海外のトップメゾン、マルジェラなどはドイツ軍のスニーカー「ジャーマントレーナー」などをほぼそのままの形で出したりも。

 

20120311_2273789
Photo by http://img-cdn.jg.jugem.jp/85f/1920649/20120311_2273789.jpg

こっちがマルジェラのジャーマントレーナー。

 

glassnoheart6066-img600x523-14359258206p4swf8436
Photo by http://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/ra121/users/5/1/7/0/glassnoheart6066-img600x523-14359258206p4swf8436.jpg

こっちがドイツ軍が実際に使用していた実物。
ほとんどデザインに違いはありません。このほかにもアウターやカットソーやパンツなど多岐にわたりミリタリーアイテムは「ほぼそのままの形」でファッションアイテムとしてリリースされていたりするのです。

 

「・・・じゃあ軍実物の古着を買えば安くておしゃれになるじゃないか!」

 

と思うかもしれませんが、

全くその通りです。

 

01
Photo by http://www.nakatashoten.com/shop/ameyoko/01.jpg

日本で一番有名なミリタリーショップ上野アメ横にある「中田商店」にはミリタリーマニアやサバイバルゲームファンなどだけでなく、スタイリストやデザイナーなどファッション関係者もこぞって来店しているのです。

 

デザイナーズブランドがリデザインしたものではないため、シルエットが少しゆるかったり、素材が安っぽかったり色々ですがそれを補って余りある魅力が詰まっています。リデザインせずともそのままでも十分オシャレに着ることが出来るアイテムが盛り沢山。しかも軍卸し物の大半は一般的なブランド品などに比べると格段に手頃なもの。アウターで1万円以下、カットソーなら千円程度、パンツも数千円ととにかく安い、ユニクロ並み。

 

しかも去年今年などはメンズファッションはミリタリーブームときた。格安でプロが認めるくらい格好良く、なおかつ今年のトレンドとあれば、セレクトショップはさておいて中田商店などのミリタリーショップで揃えるべき!!

 

というわけで今回はミリタリーアイテムを幾つか紹介します。

「M65とかMA-1とかモッズコートでしょ?知ってるよ!」

と思う人もいるでしょうから、今回はあえて「アクセサリー」を3つほど紹介いたします。
ほとんどの人が軍物として認識していないアイテムのはず、ミリタリーなら格安で良品が手に入るんです。是非参考に。

 

 

「細身グローブ」はミリタリーにあり!

 

IMG_2222
Photo byhttp://img01.militaryblog.jp/usr/okinawa/IMG_2222.JPG

 

ノーメックスグローブ。

難燃性素材を使った米軍のグローブ。「難燃性」とは読んで字のごとく「燃えにくい」素材です。レザーとウールを切り替えて作ったデザイン性のあるアイテム。まるでファッションアイテムの様ですが、実際に米軍のほぼ全軍で使用されていたものです。(「ノーメックスグローブ」と一口に言っても色々ありますがここではウールとレザーコンビのモデルを指します)

 

このグローブ何が良いのか?
もちろんウールとレザーの切り替えデザインも魅力ですが、声高に主張したいのはそのシルエットの良さ。

 

aw-09-06
Photo by http://8-eight.jp/pic-labo/aw-09-06.jpg

 

一般的にグローブは防寒性を考えて厚手で作るもの。
またあまりに細身にしてしまうと指が入らず多くの人が着用できなくなってしまう。
結果どのブランドもグローブは「ちょいユルシルエット」になりがち。お店に並んでいる時はレザー素材で格好良いけれど実際着用してみるとなんだか「キャラクターの手」みたいに大きく見えて不恰好・・・そんな経験をしたことはありませんか?

 

実は「細身のグローブ」って探してもなかなか無いものです。お金を出してグローブの老舗、イギリス製のブランド品などを探せばもちろんありますが、1万円超えがザラ。高いと3万5万も珍しくありません。手頃で探そうと思うとなかなか見つかりません。どれも指周りが特にブカッとしており格好悪い。

さらに困ったことにオンラインサイトのグローブ画像はどれも巧妙。「奇跡の一枚」的に細身に見せているものばかり。「あれ?これ細身でいいじゃん」と思って届いたものをはめるとやはりユルめで不恰好・・・そんなのばかりです。

 

3120a596fc90e133579fe5699e437502
Photo by http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/70/7e/3120a596fc90e133579fe5699e437502.jpg

 

ところがこのノーメックスグローブは元々パイロット用のグローブとして開発されたものだけに、指先のフィーリングが伝わりやすくなるよう細身に作られているのです。その分防寒性はやや劣りますが日本の気候なら十分でしょう。細身でキレイなシルエットのグローブは探さずとも軍物でOKなんです。

値段はお店によって差がありますが、概ね2000〜5000円くらいでしょう。色も黒やカーキなど様々なカラーがあります。グローブはコートと色を合わせてあげると手がが長くスタイル良く見えるもの。

 

01_rect480
Photo by http://www.mensclub.jp/var/mensclubjp/storage/images/fashion/snap/firenze135_11_0117/01/76540-1-jpn-JP/01_rect480.jpg

 

何色を選んでいいか分からない、という人は手持ちのコートの色と合わせてあげると良いでしょう。

 

 

1000円で格安ワッチキャップが手に入る

 

img60845025
Photo by http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/yamamotojp/cabinet/00482121/img60845025.jpg

 

ワッチキャップ。

巷でもよく見かけるシンプルなニット素材のワッチキャップ。元々は軍隊のアイテムです。
言葉の通り「Watch cap」ですね。”見張り(watch)”のために作られたキャップがこちらです。
見張りに就く軍人に通常使われるツバ付きの帽子をかぶせたんじゃ視界が悪くて仕方ありません。そこで視界を妨げるツバを取り除いたのがワッチキャップ。落ちないようにフィットする伸縮性あるリブ素材を使い、耳まで隠せて防寒性も高い。

 

seabees_14073133_1
Photo by http://item.shopping.c.yimg.jp/i/l/seabees_14073133_1

 

ちなみに巷で良く見かけるこの「ネームタグ」がついたもの。これも元々は軍隊の仕様。1940年代頃のワッチキャップには官給品であることを証明するタグをつけたものが多く見られた様で、多くのブランドはこれをトレースしているものと思われます。

 

ブランド品を買おうとすればシンプルなワッチキャップでも4000、5000円とするものも多い。下手すりゃ1万円もするアイテムも少なくはありません。しかし軍卸物の米軍実物ワッチキャップなら1000円程度がザラ。決して粗悪品なこともなく素材も頑丈で形もキレイ。深すぎず浅すぎず程よい形で使用になんらネガティブなポイントはありません。強いて言えばカラーバリエーションが少ないということくらい。黒かカーキかネイビーくらいしか選択できないのでそこだけマイナスでしょうか。

 

 

トレンド最先端の「ベレー帽」もミリタリーなら格安

 

0bc33dab
Photo by http://livedoor.blogimg.jp/second_b/imgs/0/b/0bc33dab.jpg

 

最近トレンドのベレー帽。

 

e0152373_1951689
Photo by http://pds.exblog.jp/pds/1/201208/25/73/e0152373_1951689.jpg

 

昨年のトレンドはツバ広のハットでしたが、ここから徐々にトレンドはベレー帽に移行しています。

 

item_a565_3
Photo by http://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/near/accessory/item_a565_3.jpg

 

もちろん「ハットはもうNG」なんてことはありませんが、「かぶりすぎて少し飽きちゃった」なんて人も多いでしょう。そんな人は今ベレー帽がオススメです。(これはレディースでも同じ流れを汲んでおり、ハットとベレー帽はいずれもレディースで多く見られたアイテムです。流行は概ねレディースの後にメンズに流れてくるものです。)

ハットほど「キメてる」印象もなく、キャップほど「カジュアル」な印象もない。程よいバランスのベレー帽は「ドレスとカジュアルのバランス」(下記記事参照のこと)を崩すことなく単なる表情づけのアイテムとして機能してくれます。考えてコーディネートを作ったけど「ちょっと地味になっちゃったかな?」なんて時は最後の味付けにベレー帽を使うと良いでしょう。バランスを崩すことなく表情をつけてくれます。

 

※「ドレスとカジュアルのバランス」に関して未見の方は下記記事を一読ください。メンズファッションの大原則が理解できます。
【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

 

 

そんなベレー帽、メンズは特に流行り始めたばかりのため良品が市場でそこまで多くありません。「無地のベレー帽が欲しいけど、見つからないからしょうがないワンポイント入ってるものでも良いか・・・」と

 

65536716
Photo by http://img02.shop-pro.jp/PA01173/629/product/65536716.jpg?20131020183530

 

KANGOLなどを選ぶ人も少なくないはず。(別にKANGOLのワンポイントが悪いわけじゃありませんが、「無地の方が良い」という需要は多いはずです)

 

そんな時に軍物です。

 

hab-market_nrf88u6aaa
Photo by http://item.shopping.c.yimg.jp/i/l/hab-market_nrf88u6aaa

 

フランス軍やドイツ軍、アメリカ軍と様々な軍隊で採用されているベレー帽。
「画家」のイメージもあるベレー帽、元々の出自はミリタリーではありませんが、第二次大戦頃からエリート向けにベレー帽が採用されて次第に普及していった様です。

 

軍モノのベレー帽はワッペンなどが付いているものもありますが、無地のものも多いです。ミリタリーショップに探しに行けば無地の黒やカーキのベレー帽が山ほどあるはず。サイズ感も素材感も特に際立って悪いわけではありません。しかも値段も市場で売られているベレー帽よりもはるかに格安です。最先端のトレンド品もミリタリーで揃えられる。「メンズファッションは軍物がベースになっている」と言っても過言ではないほどです。

 

 

この様に格安手頃で良品が揃えられるミリタリーアイテム。毎週配信のメルマガでは1月度も「1万円程度で購入できるデザイナーズもビックリのオシャレ防寒アウター」などを紹介したばかり。アイテム紹介だけでなく実際に私が着用してコーディネートした画像に加え、コーディネート構築のポイントまで論理的に説明した内容となっています。興味ある方は是非ご登録ください。

 

このほかにもミリタリーアイテムはまだまだ良品が沢山あります。近くのミリタリーショップ、セレクトショップ周りをする前に一度覗いてみることをオススメしますよ。

 

 

 

5000人以上が購読している日本最大の「おしゃれ」をマスターするメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第4位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年、2015年部門別「まぐまぐ大賞」も受賞。なんと5000人以上の読者を抱えています。多くの方に支持され絶賛配信中です。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 素材について

    なぜ昔の貴族は召使いに着替えを手伝わせていたのか?
  2. 女子にモテる服装

    クリスマスデート向け!女性にモテる着こなし方法【褒められるためのファッション講座】
  3. ユニクロで買えるオシャレアイテム

    【ユニクロのスキニーを1万円のパンツに見せる裏技】テーパードパンツの着こなし!!肝はロールアップと”あるお直し”にあり!!
  4. 雑記

    週刊SPA!にて好評連載中。今日も都内でロケでした。
  5. 告知

    5月31日 NST(新潟地方局TV)の「八千代ライブ」に出演いたします!!
PAGE TOP