オシャレの秘伝

「冬に白パンツって変?」「春に買ったスウェットを冬に使ってもいいの?」そんな疑問を解決します!冬の着こなし指南!!

 

スポンサーリンク

 

 

今回は「冬の着こなしの疑問」を解決します!

 

「冬に白パンツ」って変??

 

00_135742_model
Photo by http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/135742/item/00_135742_model.jpg

 

雑誌を見ると白パンツを冬スタイルに組み込んでいる着こなしをたまに見かけます。しかし白パンツは合わせるハードルが難しいと感じるもの。本当に冬穿いて良いものか悩んでしまいますね。

 

まずどうして白パンツは着こなしが難しいのでしょう?

 

それは「目立ちすぎるから」です。

 

冬のスタイルでは特にダークトーンが多いもの。アウターは多くのブランドがブラックやダークグレー、ブラウンなどを打ち出すもの、靴や小物もメンズにおいてはダークトーンが圧倒的に多いです。セレクトショップなどのお店が買い付けるアイテムの6,7割は「黒」です。そのくらいメンズでは黒が支持されます。

 

そんな黒のアウターや黒のアイテムが多い中で、色の明度が真逆の「最も明るい色」である白を持って来れば目立つのは当然です。特にボトムスはアウターに次いで面積広く見える部分。インナーのチラリ見える部分や小物程度ならともかくコーディネートの広い部分に「明るい白」を持ってくるのですから目立つのは当たり前ですね。

 

では何故「目立つこと」が「着こなすのが難しい」となるのでしょうか?
それは「脚の長さがありありと分かってしまうから」です。

 

日本人は胴長短足体型が多く、脚の長さがありありと分かる着こなしを実践するとどうしても子供っぽい体型に見えて、幼稚でサマに見えにくいものです。脚の長さがハッキリと目立ってしまう「白」を使ってしまうといくらロングコートでサマに見せても、未熟な体型に感じさせてしまうことに。

 

「俺は足が長いぜ!ふふん!」
と自負する人ならともかく、普通の、一般的な日本人体型の方は「白パンツが難しい」と感じるはずです。いくら雑誌の通りに真似てみても鏡を見れば「なんか違って見える・・・」「格好悪い・・・」と思うはず。

それを「似合わない」という一言でまとめてしまうのはとても簡単ですが、それではあまりにも芸がなく進歩がありません。「似合わない理由」を考えて解決策を見出せれば雑誌のモデルの様に上手に使いこなせるはずです。ここでいう「似合わない理由」は「脚が短く」見えることなのですから、「脚を長く見せる」工夫をすれば良いのです。

 

20151029201504653_500
Photo by http://i7.wimg.jp/coordinate/mcwai1/20151029201504653/20151029201504653_500.jpg

 

一つ効果的なのが「境界線をぼかす」という作戦。足元の靴とパンツを同じ白色にすることで靴とパンツが一体化して見えるため、靴の分だけ脚を長く感じさせることができるのです。

 

20151029154734655_500
Photo by http://i7.wimg.jp/coordinate/e3iigf/20151029154734655/20151029154734655_500.jpg

 

同じ理屈でインナーとボトムスの色を同じ白にするのも効果的です。白が繋がって見えるため脚がどこから始まっているのか分かりにくくなります。

また靴を同じ色に合わせずとも・・・

なるべく近い色、「白に薄い茶色の靴」などの方が脚が長く見えます。

 

「黒と白」は明度が真逆の色であり、色のコントラストが最も激しい組み合わせです。それだけにお互いの境界線がハッキリと浮かび上がってしまいます。なるべく脚長に見せたいのなら、なるべく色を合わせることをオススメします。

 

冬に白パンを穿くこと自体がNGではありませんが、上記の様な工夫が少し必要ということ。それを覚えておけば冬の白パンスタイルもマスターできるでしょう。

 

 

「ロングコートにリュック」っておかしいのかな・・・?

 

815M2tCnU2L._UL1484_
Photo by http://ecx.images-amazon.com/images/I/815M2tCnU2L._UL1484_.jpg

 

大人っぽい印象のロングコート。初めて購入した人によくありがちな疑問だと思います。

「格好良いけどカバンは何を持てば良いんだろう・・・?」

 

特に大学生や私服出勤の方などは、毎日持つ荷物も多いはず。財布や携帯だけならポケットだけで収まりますが、資料や手帳などがある場合は手ぶらという訳にもいかない。大容量の荷物が入るバッグといえば「リュック」となりますが、「ロングコートとリュック」という組み合わせに疑問を覚える人も少なくないでしょう。

 

結論としては「ロングコートにリュック」はNGな組み合わせではありません。

 

20151129181912970_500
Photo by http://i7.wimg.jp/coordinate/hr4trv/20151129181912970/20151129181912970_500.jpg

 

仮に「大人っぽいロングコートには大人っぽいアイテムしか合わせちゃいけない」となるのであれば、ボトムスにはスラックスを持ってこなければいけないし、足元は革靴しか持ってきちゃいけない、インナーはシャツにニットしか許されない・・・と限りなく選択肢が狭まることになります。

 

スポーティーなジャージやワークウェアなデニム、ミリタリーなMA-1やドレスなテーラードジャケットなど。幾つかの異なるジャンルをミックスして着用するスタイルが本来の街着の在り方です。「街着用」として作られたアイテムは実はほとんどありません。同一カテゴリではなく、実は「ミックス」こそすべきなのです。

 

そして「ミックス」するからこそ「バランス」が重要になるのです。人が「おしゃれ」と感じるミックスの仕方にはある一定の法則があり、そこには「正解のバランス」が存在します。ここに関しては下記記事を一読ください。

 

※「ドレスとカジュアルのバランス」に関して未見の方は下記記事を一読ください。メンズファッションの大原則が理解できます。
【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

 

 

「ロングコート」というカッチリとした印象をカジュアルに「バランス」をとるには、むしろリュックが最適です。ロングコートにレザーバッグにスラックスに革靴を合わせたらビジネススタイルと間違われますから。「適度なカジュアル感」を保つのにリュックはむしろ好相性と言えるでしょう。

 

春に買ったスウェットを冬に使っちゃダメ??

 

冬はお金を使う機会が多いもの。コートにブーツにバッグにパンツに・・・。夏使っていた薄着のカットソーやパンツが寒くて使えなくなってしまうので、とにかく服を揃えるのにお金がかかります。

 

また冬コートを一枚買うとどうしても「手持ちのパンツじゃ合わない!」「手持ちの靴じゃ満足できない!」とあれやこれやと欲しいものが生まれてしまい、連鎖的に消費を重ねてしまいます。そうするととてもじゃないけど、コートに隠れて大して見えないインナーまでお金を回せないもの。

 

特に冬のインナーである「ニット」は高いものばかりです。布帛の素材を縫い付けるカットソーと異なり、編みあげて作るニット素材は手間と時間がかかるもの。その分単価はどうしても高くなります。

 

そこで活用できるのが「スウェット」です。

 

スウェットは多くのブランドから安価でリリースされており、シンプルなものであれば1000円未満で購入できるものも。またすでに手持ちで持っている方も多いでしょう。

 

冬場にオススメしたいのが「スウェットをニット風にシャツを入れて着る」着こなし法です。

 

20140926154200208_500
Photo by http://i7.wimg.jp/coordinate/e3iigf/20140926154200208/20140926154200208_500.jpg

 

白シャツをニットの中に入れたスタイルは、スーツのインナーなどでも活用されるドレスな着こなしですが、それをスウェットを使って再現してあげるのです。遠目にはスウェットライクに見えず野暮ったい着こなしにも見えにくいはずです。

 

またスウェットの多くは裏が起毛状態になっており防寒性はカットソーなどよりも高め。ニットの代用品として使っても防寒的にも見た目的にも問題ありません。

 

ただし当然ニットと違い光沢感もなく、カジュアルな印象になりますので、上述の「バランス」が重要となってきます。カジュアルなスウェットにカジュアルなミリタリーアウターにカジュアルなデニムを合わせてしまっては「コンビニに買い物に来た近所の兄ちゃん」状態です。上記画像のようにロングコートやスラックスなどややカッチリ気味なアイテムの中で活用するのが良いでしょう。

 

20140218131331190_500
Photo by http://i7.wimg.jp/coordinate/2xw9v2/20140218131331190/20140218131331190_500.jpg

 

特に白スウェットなどであれば素材感はあまり目立ちませんから、意外とニット風に見えて冬でも違和感を覚えにくいものです。白スウェットをどこで買えばいいかって?ユニクロでも「マックハウス」などの量販店でもいくらでも売っています。しかもどれも2000,3000円くらいで買えるものばかりでしょう。冬にコートやブーツで散財してしまってインナーまで手が回らない人は是非試してみてください。

 

30_146195
Photo by http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/146195

 

ユニクロなら2,490円ですね。もちろんユニクロ以外の他ブランドでも良いものがあります。

 

 

いかがでしたでしょうか。冬の着こなし指南。幾つか注意点を踏まえれば、春に買った白パンツやスウェットなどが冬に使えるようにもなるもの。是非参考に。

 

 

 
 

あなたの人生をほんの少し楽しくしてくれる「おしゃれ」をマスターするメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、上記の様な具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第4位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年「まぐまぐ大賞」も受賞。多くの方に支持されています。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. オシャレになる前の基礎知識

    クルーネック?Vネック?Uネック?それぞれの印象と合わせ方を教えます!!春夏に必須な「カットソー」の基礎講座
  2. MBの思考

    目指すは冴羽獠。メルマガ「MBの思考」に込めた意図。
  3. 体型隠しのセオリー

    痩せ型でも似合う服はどれ!?華奢な人、やせてる人が実践すべき着こなしテク!!
  4. 雑記

    横浜マリンウォークは「行くだけ」でも価値がある。世界観のあるデートスポットです。
  5. 告知

    ニコニコ動画”ニコニコ公式チャンネル”内にて「MBチャンネル」配信開始しました!!
PAGE TOP