服を着るならこんなふうに

おしゃれになりたいわけじゃない!「普通」で良いんです!

 

スポンサーリンク

 

「おしゃれ」じゃなくて「普通」でいい!

 

 

私が企画監修する漫画「服を着るならこんなふうに」最新話が更新されました。この話で9巻分終了かな。次回からいよいよ10巻目の内容に突入。「服着る」も気がつけば10巻ですよ…。

 

さて今回の話は「秋冬の装い」について。
トレンド話も入ってますが、今回は「THE普通」を目指す話。
以前春夏の着こなし(大学デビュー)を教えた大学生である大翔くんに今回は秋冬の着こなしを教える回です。本記事ではこちらの内容の補足をしていきます。

 

真夏に秋服を見る理由

 

 

おしゃれになりたいわけじゃない!バカにされない普通の服装を教えてくれ!

 

前回春夏モノの着こなしを中心に勉強した大翔くん。彼が上で語っている様に、多くの人が「おしゃれじゃなくていい、普通でいい」と思っているのですよね。しかしながらその「普通」がなかなか理解しにくく難しいのがファッションの世界。前回の話ではこの普通を教えることをしました。

 

そして今回は秋冬編。
無事「普通」になれてホッと安心している大翔くんですが、春夏は分かったけど今度は秋冬の装いが不安。というわけで秋冬の着こなしをいつもの女子3人にレクチャーしてもらう回です。

 

 

「え?秋冬って何言ってんの・・・?まだ夏にもなってねえよ。」

と思うかもしれませんが、ここ実は注意。ファッションはなる早で動くのが基本です。
実はこれ古くから続くアパレルの慣習で…秋冬品の立ち上がり(最初に発売される日のこと)は7月か8月が普通です。つまりクッソ暑い中、汗だらだら垂れ流す時期に秋冬品が販売されはじめるわけですが・・・もちろんココには理由があります。

 

良いものが欲しければなるべく早い段階で動きましょう

 

理由の1つは「売り期の短さ」にあります。
アパレルは百貨店を始め多くのお店がセールを行っています。かつで冬のセールは1月2日からが基本でしたが、最近は徐々に早まっており12月にはほとんどのお店がセールを始め、早いところではプレセールとして11月末からスタートするところすらあります。

セールが12月からスタートし、その多くが30%OFFとなります。
つまり販売側からすると定価で販売できるのは12月まで、ということ。ファッションは食品のように時間経過とともに価値を失うのが通例となっているのです。
当然売り手側はより多くの利益を確保するため、また売り期をなるべく長く確保し売れ残りを防ぐために「なるべく早い時期から発売する」ことをするわけです。

 

また理由のもう1つは「利益確保」にあります。
上記でもわかる通りですが夏のセールは7月8月が普通です。つまり7月8月はあまり利益が確保できないのですね。だからこそこの時期に定価で販売できる秋冬の新作を並べるのが通例になっています。そして利益を確保したいからこそ、この時期は確実に売れる「今期の目玉品」などを並べることが多いです。秋冬の立ち上がりには顧客が殺到します。

 

「セールでもどうせ利益確保できるだろ?」
と思っている人は大間違い。洋服の原価はデザイナーズブランドの場合は30%程度が普通。ブランドから服を買って販売しているセレクトショップなどの場合は定価の60%で仕入れて、40%が粗利になっています。つまり30%OFFすると諸経費などが10%ほどかかると考えるともうこれで利益は出ないことになります。洋服屋さんは定価販売の時期にいかに消化するかがビジネスの肝となっているのです。そのため「プロパー(定価のこと)消化率」などをどの店でも必ず出しています。

 

「いやそもそもセールしなきゃいいだろ?」
と思っている人は正しい。その通りなんですが、大手はどこもセールをやっているのでなかなかその商習慣に抗うことができないのも事実。アパレルはどこも皆「セールをやめたい」と思っているけど余程プロパー消化に自信あるお店やブランドでもない限りセールはやらざるを得ません。セールがあるから夏に秋冬モノを売るなんてことにも繋がるわけだし売り期も短くなるしブランド価値も落ちるし消費者は混乱するし・・・良いことなんて何もないんですけどねえ。。。

 

ともあれそんなわけで7月8月に「秋冬の売れ筋品」が並ぶことが多いのです。
そして常連顧客は当然それを知ってるわけで・・・反面普通の人は「夏に秋物なんて」と思うから見向きもしない。つまり「既におしゃれな人がより良いものを獲得でき、これからおしゃれを目指す人は残りものから選ぶしかない」というなんとも皮肉で閉鎖的な構造が出来上がってしまっているのです。

 

「追加生産すりゃいいじゃん」
と思うかもしれませんが、これも以前説明した通り無理。追加生産にクイックに対応できるアパレルメーカーなんてほんのわずかしかありません。アパレルは素材屋さん、縫製工場、パーツ屋さん、売り子さん、デザイナーさんそれぞれまったく別の会社であることが多いのでモノを作るためには周到な準備をしなければならないのです。「売れちゃったからまた作りたい」と言っても魔法みたいにすぐ作ることはできません。大体3か月くらいかけて追加生産するわけですが、8月に売り切れたものを追加で作ると11月、もうセールになるから作っても利益出せないから意味ないでしょ?だから追加生産って基本どこもやれないのです。

 

・・・というわけでこの話で伝えたいことは「良いものが欲しければなるべく早い段階で動きましょう」ということ。クソ暑い中秋の装いなんて想像もできないかもしれませんが、せめてセール品を見に行った際に「秋冬の新作」にも目を向けてみてください。そうして少し意識を向けると徐々に慣れて来て良い品を早い時期に獲得することができるようになりますよ。

 

ロングカーディガンはメンズの強い味方!

 



nano・universe/ナノユニバース
ミラノリブ着流しカーディガン 4,406円(セールになってました!)

 

まず最初、奈那が提案するのはミラノリブカーディガン、ナノユニバースのものです。
これが結構使える一枚。ほどほどの肉感で防寒性はちゃんとあり羽織として使えますが、暑すぎないためコートのインナーなどにも使える2WAYなアイテム。秋や春はアウターとして、冬はインナーとして使えるためとにかく便利です。またジャケットほどカッチリとした印象ではないので大翔くんのような「普通」を目指す人にはもってこい!

さらにお尻まで隠してくれる着丈のため体型がすっぽり分かりにくくなるため、痩せ型太っちょ体型などコンプレックスを抱える人にもおすすめ。

 

そしてこの奈那の意見は貴重!
結局冬にはアウターを買うことになるのだから、秋は少しだけ消費を抑えておくことが大事。社会人であればボーナスがあるからまだしも、大学生は倹約して貯めておかないと冬に困ることになります。アウターはいくら安くても1万円くらいは覚悟しなければならないので秋はほどほどにとどめておくのがミソです。

 

このカーディガンも2年前のナノユニバースのものかな。
同じような形とデザインですが、本当に便利です。細身のパンツをちょいと合わせるだけで簡単に「それっぽく」なる。「むちゃくちゃおしゃれ」じゃないかもしれませんが「普通」くらいにはか〜んたんになれます。とりあえず「普通」で良いですもんね。

 

黒スキニーがダメなら黒ジャージはいかが?

 

adidas/アディダス
トラックパンツ [SST TRACK PANTS] アディダスオリジナルス 8,629円

 



UNIQLO
オックスフォードシャツ(ボタンダウン・長袖) 1,990円

【ユニクロオンラインストア】オックスフォードシャツ(ボタンダウン・長袖)
オンでもオフでも着回し自在。昔ながらの素材感やディテールにこだわったシャツの大定番。

 

最近多いこの格好。
前回「スキニーパンツ」を却下されてしまったので、今回は同じような黒の細身を選ぶものの今度は履きやすいジャージ素材を選択した環ちゃん。

 

このアディダスのジャージパンツは極細シルエットでスキニー並みに体型が綺麗に見えるけれど、ジャージ素材なのではき心地良くストレスレス。値段も高すぎず便利なアイテムです。

 

ちょっと秋冬の装いになりますが、コチラが実物ですね。
通常のジャージパンツよりグッと細くてスタイリッシュなシルエット。スキニー並みに綺麗です。

 

ただしシルエットが綺麗だと言ってもカジュアルなジャージパンツに変わりないのでトップスは白シャツでおとなっぽくまとめるのが吉。一般的な大学生のスタイルですが、それでも都会的でちょっと垢抜けて見えますよ。スキニーより上級者感があるところも良いですね。

 

男子はやっぱりセットアップでしょ!!

 



MAISON SPECIAL/メゾンスペシャル
“洗えるTECH SUIT” ワーカーズSOLOTEX/ソロテックスセットアップ 15,984円

 

 

まだまだセットアップに抵抗を持っている人も少なくないかと思います。

「仕事帰りに見えるでしょ?」
「気取ってる印象があってなんか嫌だ」

なんとなくそう思うのも理解できるんですが、一度着出すと本当にクセになりますよ。だってだってコーディネート考える手間がないでしょ?上下もう決まっちゃってるんだから、インナーと靴を考えれば良いだけ。これほど楽チンでこれほど格好良くまとまる服はメンズにはありません。個人的にはセットアップを拒否している人はファッションの3割くらいを無視しているのと同じくらいだと思います。是非喰わず嫌いをやめて試して見てほしい!(それでもダメならしょうがないけど!)

 

大翔くんには少々抵抗感もあるでしょうが、リカは「是非!」とイチオシ。個人的にもセットアップを選ぶのが良いと思うなあ。最近のセットアップは耐久性も高くイージーケアで値段も手頃なものが多いので、長く使えてケアいらずです。大学生の生活スタイルには案外マッチすると思うんだけど・・・。

 

今回選ばれたのは・・・

 

というわけで今回選ばれたのは環ちゃん。
悔しがる奈那にも必見。本編も是非読んでみてくださいね。

 

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

最も早くオシャレになる方法KnowerMag マガジン|MB|note
毎週日曜18時頃更新!現役メンズファッションバイヤーであり、書籍累計100万部を誇る日本を代表するファッション著者であり、ファッションHOWTOサイト KnowerMag運営者...

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. MBの思考

    9月26日「もっと幸せに働こう-持たざる者に贈る新しい仕事術-」発売します!
  2. シューズ編

    【実は3000円でも購入可能!初心者が選ぶべき革靴とは?】おしゃれになるために「靴」をどうするか?:後編
  3. メルマガ告知

    セール品大特集!!1700円で買える海外セレブ愛用のブレスレット【メールマガジン2015年7月5日号紹介】
  4. 素材について

    「落ち感がある」服ってどういう意味?どんな効果があるの?
  5. 短パン

    ユニクロのステテコを外出着として使っちゃいけない理由。
PAGE TOP