未分類

古着MA-1を3万円のブランド服に見せる裏ワザ

 

スポンサーリンク

 
 

去年あたりから「ミリタリーがトレンド」と言われていますが
今年の冬はさらに加速しており・・・街ではファッションエリートなオシャレさん達がこぞって
MA-1やM-65やミリタリージャケットなどを着用しています。

 

多くのブランドもミリタリーアイテムのリリースを強めており、
どれを買おうか目移りするくらいです。

 

でも今年買うなら・・・ぶっちゃけ・・・2万3万4万と高価なブランドモノも良いですが・・・

数千円で購入できるミリタリーアウターがあるんですよ。

 

 

ミリタリー古着をGETすべし

 

20140119_967323
Photo by http://img-cdn.jg.jugem.jp/1de/1633290/20140119_967323.jpg

 

数千円で購入できるミリタリーアウター、それは「古着」や「デッドストック(使われなかった新品のこと)」などの軍卸しモノです。
なぁんだ、と思うかもしれませんが、まぁ最後まで話を聞いてみてください。

 

 

まず多くのデザイナーズブランドが手がける「ミリタリーアイテム」は当たり前のことですが全て「軍モノ」にデザインのルーツがあります。

 

12846935b_22_d_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/935/12846935/12846935B_22_D_500.jpg

 

こちらはウン万円するブランドのMA-1フライトジャケット。

 

275911-0076_1
Photo by http://otokomaeken.com/wp-content/uploads/2015/08/275911-0076_1.jpg

 

こちらは軍モノのMA-1を実際に作っていたアルファインダストリーズのもの。
新品でも1万円台、古着なら数千円で購入できる軍モノです。
ほとんどデザインに違いはありません。(ちなみに腕のリボンは取れます)

 

 

「え??変わらないなら安い方でいいじゃん!」

と思うかもしれませんが、残念ながらそこまで話はウマくはありません。
ブランドモノと軍モノの大きな違いに「シルエット」があるからです。

 

 

軍モノのMA-1はアメリカ軍兵士に支給するために作られた実用品です。
どうしたって彼らは日本人よりも腕回りが太く肉肉しいもの。
腕回りなどは大きくサイズが異なり、ずいぶんルーズなシルエットになってしまうものです。

 

 

f0103923_19241267
Photo by http://pds.exblog.jp/pds/1/200712/07/23/f0103923_19241267.jpg

 

なので、実際に古着などで軍モノを手に入れても、ダボダボになってしまうんですね。
いくらデザインはブランドものと同じでも、シルエットに大きな差があるため

見た目にオシャレになりにくいわけです。

 

 

大きなサイズも「2つの攻略法」を使えばブランド物と同様に!

 

tumblr_o1bdovh4gp1tnzvzio1_500
Photo by http://66.media.tumblr.com/4ef45df0e7ae63c0356e42e476a6e1fd/tumblr_o1bdovH4gp1tnzvzio1_500.jpg

 

しかし!!
この2016年は「ビッグシルエット」のトレンドがあります。

 

普段のサイズよりも大きめのものを着る「ビッグシルエット」の着こなし。
体型をすっぽり隠してくれるため老若男女問わず幅広く支持されています。
ユニクロやGUなどの量販店でも「ビッグシルエット」を打ち出している始末。
今後はさらに加速していくでしょう。

 

「じゃあ古着の軍モノもビッグサイズのトレンドだから許されるってことか・・・!」

と思うかもしれません。
確かにもちろんトレンド的には合っているのですが・・・
そうはいっても「ダボダボのミリタリーコートを着たら誰でもオシャレになる」というわけじゃありません。

 

どの時代もそうですがトレンドアイテムは「それを着れば全てオシャレになる」なんて免罪符のようなものはなく、「きちんと綺麗に見える、おしゃれに見える着こなし法」が必ずあるのです。

 

今のトレンドはビッグシルエットですから「ビッグシルエットに合わせる着こなし法」「ビッグシルエットに合わせるアイテム」などが実は今市場には多く溢れているのです。

 

 

そうです。
つまりその「大きなサイズでも綺麗に見える方法」「大きなサイズでも野暮ったく見えない合わせ方」を正しく認識してしまえば・・・・

古着の数千円のミリタリージャケットなども、

ウン万円のブランドモノと同様に美しく見せることが出来るのです。

 

 

ではその「大きなサイズでも野暮ったく見えない合わせ方」はどんなものでしょうか?
それは大きく2つあります。

 

 

「シルエット作りのワザ」を使う

 

まず一つは「Yラインシルエット」です。
体型が綺麗に見えるシルエットの作り方は主に3つです。

 

Iライン(上が細く、下も細い)
Yライン(上が太く、下は細い)
Aライン(上が細く、下は太い)

 

以上3つです。上下とも細くするか、上下でメリハリを出すかですね。

 

鏡の前でやってみりゃわかるんですが・・・
上下ゆったりとしたリラックスシルエットだと、どうしたって野暮ったく子供っぽくなってしまいます。
大人の服を借りてきた子供みたいにダボダボとした雰囲気に。
どうしても子供っぽく未熟な体型に見えるため、上下ゆったりでオシャレを実現するのはなかなか難しいのです。

 

しかし、例えば上着をゆったりサイズにしても、

下半身さえキュッと細くしてしまえば

体型は綺麗に見えるのです。

 

16-8-15mrmb-548

 

ごくごく分かりやすい様に上下組み合わせてみました。こんな感じです。
上はこちら古着です。海外の古着ですからかなりサイズはデカイです。
袖もゆるゆり、着丈も長く、身幅も異常なほどゆるいです。

 

しかしどうでしょう・・・子供っぽい印象ありますか?
野暮ったいどころかとても綺麗なバランスに見えるはず。

これが「Yライン」の力です。

 

特大オーバーサイズのアウターに対して、細身の下半身を作っています。
こうすることで上下にメリハリが生まれ体型が綺麗に見えます。
「体型が綺麗に見える」という内容をもう少し細かく言うと・・・

上はオーバーサイズのため体にフィットしませんね、すると上半身の体型が「いったいどんな体つきなのか」がわかりにくいわけです。対して下半身は細身でフィット感があるので体型がなんとなく伝わります。
そして下半身はただでさえ細身で合わせているのに上半身の対比も手伝って「一際細く」見えるのです。

 


上半身=体型が見えない

下半身=ただでさえ細い上に、上半身との対比でひときわ細く感じる

 

という図式が成り立つため、結果的に身体全体が均整が取れているかの様に綺麗に見えるのです。

 

 

ですから、古着のミリタリーコートなどもこうして「Yライン」を意識してあげると良いでしょう。
すると野暮ったい大きなサイズ感も上手に着こなすことができます。

そして先ほども書いた通りですが、「ビッグシルエットがトレンド」だからこそ今市場には「いつもより極細のパンツ」が溢れています。

 

例えばユニクロでも「ジョガーパンツ」などがこれでもかというほど打ち出されていますが
あれもこの流れの一環。スキニーパンツなどと同様に「裾幅を極端に細くしたもの」がジョガーです。
極細の下半身シルエットを作るのが量販店レベルのマス市場でも展開されているのです。

 

 

「袖先マジック」を使う

 

古着のミリタリーコートなどを攻略するにはもう一つポイントがあります。

それはアウターの「袖」です。

 

アウターのシルエットはどこが最も重要だと思いますか?
それは実は「袖」です。

 

身幅や肩幅ばかりに気をとられがちでしょうが、実は身幅肩幅は多少合っていなくてもあまり気にならないものなのです。それよりも重要なのは「袖」です。

 

なぜならば「袖」はトップスの先端部分です。先端部分であるからこそ視線が止まりやすく、そこの印象が全体の印象を左右する結果となるのです。

 

 

normal
Photo by https://jooy.cdn-dena.com/images/274842/170117354-young-female-winking-gettyimages.jpg/normal?1469284957

 

いくら身幅が細くても、肩幅がジャストでも、
袖がゆるく「萌え袖」状態になっていると「ルーズ」に感じるものなのです。
世代によっては全く伝わらない例えですが「オバQのハカセ」状態ですね。

 

 

逆に言えば袖先がキュッと細くなっていれば身幅肩幅がゆるくても「スッキリ」とした印象を与えることができるのです。

 

ですから、袖の始末で古着のミリタリーコートをうまく扱えるかどうかが決まります。


 

m11

 

例えばこの写真。
こちら上着はまさにミリタリーのものです。
(スノボウェアの原型にもなったアメリカ軍の寒冷地用アウターです)

 

このアウター実は袖はダボダボのルーズなものなのですが袖先に「ベルクロ」がついているのです。

 

いやこのアウターに限らずほとんどのミリタリーアウターは袖先にベルクロなどの機能がついています。

 

efe40c69
Photo by http://livedoor.blogimg.jp/osu2012-furuitate/imgs/e/f/efe40c69.jpg

 

こういうヤツですね。

 

もう言わんとしていることは分かりましたね。
そうです、ルーズなサイズのミリタリーアウターを着る際は
「袖をキュッと細く調整してあげる」のが肝なのです。

 

すると大きなサイズでも「スッキリ」見えるので子供っぽい印象が減ります。
結果うまく合わせることが出来るでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。
古着で形のくずれたミリタリーアウターでも、上記の2点を守ってあげることで
デザイナーズブランド顔負けの見た目に変化するのです。

 

 

毎週配信しているメールマガジンではこの様なロジックの解説に加えて、
「これとこれとこれを買えば再現できる」「写真のアイテムはこれとこれとこれ」という
具体的なアイテムの指定まで行っています。

 

もちろん全て新しい服で揃える必要もありません。
オシャレは「服」と「着こなし」の二軸で実現されるものですから、
「服」が頼りない不完全なモノであっても、実は「着こなし」でかなりのレベルをカバーできるのです。

 

 

興味ある方は是非お読みください。
おしゃれはお金も時間もセンスもいらない、知るだけで実践できるのです。

 

 

7000人以上が購読している日本最大の「おしゃれ」をマスターするメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第3位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年、2015年部門別「まぐまぐ大賞」も受賞。なんと7000人以上の読者を抱えています。多くの方に支持され絶賛配信中です。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 雑記

    男性の4分の1が洗顔料を使っていない!?おすすめのスキンケア法は単純シンプル「洗顔・保湿」!あれこれ買う必要はない!
  2. MBの思考

    コンテンツはディスられないと面白くない
  3. 雑記

    「ファストファッションマストバイ」「ZOZOTOWNマストバイ」などなど。夏のコーディネートを徹底サポート!!
  4. スニーカー編

    【論理的なファッション解説】ハイテクスニーカー?ローテクスニーカー?違いは何?オススメの着こなしは?
  5. 告知

    10月1日、八重洲ブックセンターでトークショーを行います!なんと偶然にもMBの誕生日!
PAGE TOP