アイテムの基礎知識

【チェスターコート?ステンカラーコート?】ロングコートの着こなし、合わせ方、トレンドを徹底解説!!アウターの基礎知識その2

季節はもうすっかり冬ですね。
MBです。

 


 

さて本日は
今期のメンズトレンド、「ロングコート」に焦点を当ててお話しましょう。

 

太めのボトム、ハイテクスニーカー、ベースボールキャップなど
ストリートスタイルのトレンドの中、秋冬はロングコートが注目されています。

 

原宿や渋谷などに足を運ぶとよく分かりますが、
デニム、スニーカー、ニットキャップにロングコートといった
モード×ストリートなスタイルの若者が非常に多いです。

日本の若い子のスタイルは得てして極端で、
あまり好みではないのですが、
今年のトレンドに関しては

「ああ、今の若い子はオシャレだなあ。」
と素直に思えます。

モードとストリートを織り交ぜた適度な「ヌケ感」のあるスタイルは
このKnowerMagでも何度も訴求している部分ですね。
メンズファッションの肝でございます。

 

しかし。やはりやや極端ではあるんです。
デニム、スニーカー、スウェット、ニットキャップ、チェスターコート。
これが今の若いメンズファッションのトレンドスタイルの代表例ですが…

いくらロングコートが「モード感」あるアイテムだとしても
もうちょっとモード感のあるスタイルが良いですよね。
足下をウイングチップシューズなどにするとか。中にシャツを入れるとかね。

 

…ちょっと脱線していますね。

そんなロングコート
解説していきましょう。

 

まずはロングコートの種類から。
ここでは代表的なものだけピックアップして
コンパクトに解説しますね。

 

チェスターコート

ロングコートの代表格であり、
今年度のメンズファッションにおいて猛烈な勢いで流行となっているアイテムです。

 

イギリス発祥のチェスターコート。
元々はチェスターフィールド伯爵が着ていたことから、この名が付いたとされています。

特徴としてはテーラードジャケットを
長い着丈にしたようなフォーマルなデザイン。

正式なものは比翼仕立てであったり、襟の裏に別布をつけていたりしますが、
基本的には
「襟がテーラードジャケットの形をしているコート」
という捉え方で問題有りません。

 

…こういった名称や正式な仕様に関して
別に詳しくなる必要はありません。

そういった学校教育的な詰め込み知識があなたをオシャレにするのではありません。
とりわけこういったことばかり詳しく、頭でっかちになってしまう人が男性は多いですが、
程々にしておいた方がかえって本質を見やすいと思います。

チェスターは
「襟がテーラードジャケットの形をしているコート」
という風に認識しましょう。

 

着こなしのポイントも解説しましょう。
フォーマルテイストが非常に強いのがチェスターコートの特徴。

フォーマルウェアのアウターとしては代表的なものでしょう。
さすがフォーマルの国、イギリス発祥アイテムです。

 

通勤中のオジサンがスーツの上に着てる…
なんてイメージを持つ方も多いと思います。
冬の電車の中では確かによく見かけます。

「フォーマルウェアの代表」と言いましたが
そもそもスーツの上から着用することを想定しているので
身幅がかなり広めにとられています。

 

つまりややルーズなフィット感になっているのです。
もちろん現代においてはシャープに絞ったチェスターコートなどもありますが
基本的には身幅はややルーズです。

 

着用すると「カッチリ」とした印象が非常に強いため
カジュアルウェアと合わせるといささか違和感を覚えることも。
他のロングコートと比べてやや合わせるハードルが高いアイテムでもあります。

 

その理由の一つに襟の存在があります。

 

着比べてみれば納得なんですが
基本的に首元に何かある方が全体に馴染んで見えるのです。

 

チェスターコートやテーラードジャケットのように首元がパックリと開いた洋服は
サマになりにくいのです。
ストールを巻くと急にオシャレに見えたりするのはそのせいです。

これに関しては以前の記事で
論理的に解説しているので
未見の方は是非一読してください。

ストールの簡単な巻き方】ヒートテックマフラーのススメ /ユニクロで買えるオシャレアイテム

自分で言うのもナンですが、分かりやすいですよ(笑)

 

 

さて話を戻しますが、
今期、メンズファッションはチェスターコートがトレンドだと言いました。
そして若い子たちがこぞって着ているのを見て

「ああ、今の若い子はオシャレだなあ。」
と素直に思った

とも書きました。

 

これはですね、
「合わせるのが難しいチェスターコートをよく上手に着こなすなぁ。」

と思ったから、「今の若い子はオシャレだなあ。」と感心したのです。

 

もちろん中には到底褒められないような合わせ方の子もいますが…
上手に合わせている子も多いです。

 

上手に合わせてる子はどんな着方をしているのか?
どうすれば襟元のデメリットを補えるのか。

 

…実は今期チェスターコートと合わせて
もう一つトレンドアイテムがあります。

 

それはスヌードです。

スヌードとは
要は円状になったマフラー/ストールのことです。

 

円状になっているため
スポッと首を通すだけで使える便利なもの。
「ストールの巻き方が分からない!」とか
そんな人でも大丈夫。便利なアイテムです。
首元の収まりに関しては どんなマフラー/ストールよりも優れているので
どんなアイテムとも合わせやすいアイテムなのです。

 

そう。トレンドは上手に出来てますね。
チェスターは首元が寂しい → スヌードを巻けばサマになる。
という発想のもと、メンズファッションではこの二点のアイテムが一大トレンドになっています。

 

こんな感じですね。

ストールを巻けば合わせにくいチェスターコートも楽々。
この写真の方はコートと同色で合わせてますね。

コートと同色で合わせれば統一感があり大人っぽい印象に。
違う色で合わせればややカジュアルな印象に。

ストールの色選びで困ったら
自分のスタイルをどちらにまとめたいのか。カジュアルなのかモードなのか。
そんな考えの元選ぶといいですよ。

 

 

…チェスターコートだけで随分長くなってしまいました…。

 

次へいきます。

ダブルブレストコート。

 

これはチェスターコートの一種なんですが、
かなり印象が異なるので分けて説明します。

前がシングルであるチェスターコートよりも更にフォーマルな印象。
ダブルは肩幅が広く、胸元が強調されるため
逆三角形のメンズライクな印象を与えます。

 

そのため、かなーり合わせにくい。クセものです。
ハッキリとした合わせのイメージがあれば良いですが、
無ければ手を出さない方が無難です。

 

合わせの好例としてはこんな感じでしょう。

ポイントとしては

・襟を立たせて着崩している点
・マフラー/ストールを巻いて首元の寂しさを解消している点
・明るめのボトムやニットキャップでカジュアル感をプラスしている点

などでしょう。
外人さんは白ボトムがよく似合いますが
胴長短足の日本人にはややハードルが高いので
明るめの色のデニムなどで代用すると良いかもしれませんね。

 

ちなみにちょっとしたポイントですが、
マフラー/ストール、スヌードなどの首元の色と
キャップの色を合わせると
小顔効果があり、全体がバランス良く見えますよ。

 

理屈としては非常に簡単。
顔を同じ色で囲むわけですから、顔が小さく見える訳です。
帽子を被らない人なら首元に髪色と同じ黒を持ってくると
バランス良く見えますよ。

ワンポイントアドバイス的なものですが。
ご参考に。

 

さて、長くなったので次で最後。

ステンカラーコート。バルカラーコートとも呼びます。

 

「”ステンカラー”って何ですか?」
と以前誰かに質問された記憶がありますが、
明確な答えを持ってません。

何故、ステンカラーと呼ぶのか、については諸説あるようで
正確には何とも分かりません。
ま、そういった正式名称や意味などに何の意味も無いんですけど。

 

基本的には
「襟のあるコートがステンカラーコートだ」
と認識すればOKです。

ラグラン袖が基本ディティールだったりしますが
ラグランじゃなくてもステンカラーと呼んだりするので、曖昧です。
襟のあるコートは「ステンカラー」で大丈夫ですよ。

 

本日ご紹介した3アイテムの中で最も合わせやすいアイテムです。
首元に襟があるため、ストールやスヌードなどで調整が必要なチェスターコートより合わせやすいです。

また身幅が広く、シルエット作りが難しいチェスターコートと違い
裾に向かって広がっている「Aラインシルエット」が多いです。

 

「Aライン」とは上から下に向かって広がっているシルエットのこと。
ステンカラーは基本的にAラインシルエットです。

「Aラインシルエット」は以前にも紹介しましたが
簡単に身体のバランスを綺麗に見せてくれます。

 

以前の記事を未見の方は是非一読を。

【コーディネートの基本中の基本】Aラインシルエットでデビッド・ベッカムになろう!

 

ステンカラーは全身を包むコートですから、
これを羽織るだけで簡単にAラインシルエットが完成。
非常に楽チンです。

 

このスナップ、以前も紹介しましたね。
こんなイメージです。

 

細身のボトムで合わせるとコートのシルエットを活かすことが出来るでしょう。

 

 

さてさて。
次回以降は

・海外ファッションスナップで見るアウターコーディネートの好例
・低価格で手に入るKnowerMagおすすめロングコート

などを配信します。

 

更新頻度、復活しますんで。
期待していてください。

 

 

 

ではでは次回をまたお楽しみに。

 

MB


ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. ユニクロで買えるオシャレアイテム

    ユニクロの2,990円のエクストラファインメリノウールと、30,000円ほどの高級ブランドのニットは一体何が違う??
  2. オシャレの秘伝

    ユニクロのスニーカーは買ってはいけない?30代以上の男性は特に「ドレス寄りのカジュアルアイテム」を意識せよ!
  3. スニーカー編

    【MB愛用】真冬に使えるスニーカーのオススメ3選【GU、NIKE、moonstar】
  4. メルマガ告知

    ユニクロU2018SSメンズ全型レビューします!
  5. オシャレの秘伝

    【オシャレ初心者はチノパンを穿くな!?】簡単・手頃にオシャレになれる秘訣!!服に困る大学生なども必見の内容!!
PAGE TOP