ファッションスナップ

【メンズファッション海外スナップ】色や素材でカジュアルダウンする方法【デザインだけじゃない!】

こんにちは。
MBです。

advertise

サイト開始以来、やたらと好評の海外ファッションスナップ特集
今回も解説付きで行います。

何度も書いてますが…

間違いなく雑誌よりも役に立ちます。

海外のオシャレさんは研ぎすまされていますからね。
やっぱり餅は餅屋ですよ。
なにせ「洋」服ですからね。

私達よりも遥かに優れた感覚を持ってます。

体型とか顔とかじゃなくて、コーディネートやアイテム選びが素晴らしい。
参考にしましょう。

さて、では。
今日は枚数少なめですが・・・

対象は左側の方ですね。

全身が見えてませんが、注目すべきはベースボールキャップです。

近年メンズファッションにおいて、
じわじわとベースボールキャップやワークキャップの需要が高まってきています。

テーラードアイテムなどカッチリとしたアイテムのカジュアルダウンとして
ベースボールキャップやワークキャップなどを取り入れる例が多いです。

写真はカーキのPコートにスヌード、ボトムはデニムのスタイル。

Pコートが「ダブルブレスト」でドレス寄りの印象なので、
(※過去記事「【Pコート?モッズコート?どんな形?どんな着方がいいの?】アウター、コートの基礎知識」参照)

カジュアル寄りの色落ちデニムでカジュアルのバランスを取っています。

ドレスとカジュアル、良いバランスが取れているので
正直キャップまでいらないんじゃないかな、とも思います。
この人に限ってはベースボールキャップ脱いだ方がいいかもしれませんね。

最近のトレンドとしては
テーラードジャケットや細身の黒ボトムなどカッチリと全身をキメて
帽子で一気にカジュアルダウンする、という合わせが多いです。

NEW ERAのベースボールキャップやワークキャップを使う例が多いです。
(※過去記事「【外人さんが大人っぽくオシャレに見えるのは何故?】秘訣はドレスとカジュアルのバランスに有り!海外ファッションスナップ特集」参照)

形も素材も良く、値段も手頃ですからね。

慣れない人には抵抗を感じる、ちょっとハードルの高い合わせかもしれません。
興味ある人はベースボールキャップは人を選ぶので、ワークキャップを試してみてはどうでしょう。

私もテーラードスタイルにNEW ERAのワークキャップよく使ってますよ。
オススメです。

カジュアルダウンの方法として「色でハズす」なんてのもアリです。

ブラックやホワイトなどのモノトーンはドレス感が強く
色彩が強いほどカジュアル感が強くなる傾向があります。(例外もありますが)

チェスターコートにインナーはシャツ、細身のボトムとドレス感強めですが
ベージュカラーでカジュアルに仕上げています。

この方は
シャツをだらしなくボタンを開けたり、
ニットキャップをかぶったり小技もプラスしてありますが。

アイテムのデザインだけでなく
色や素材でドレス感をプラスしたり、カジュアルダウン
したりすることもできるんです。

このへん今後詳しく語りますが、
結構重要ポイントですので覚えておいてください。

例えば
カッチリアイテムの代表格、テーラードジャケットも
ライトグレーなどであれば「ややカジュアル寄り」の印象になったりします。

ドレス感の強い黒のテーラードジャケットのバランスを取るために
カジュアル感の強い色落ちのデニムを合わせるのはアリ。
でもジャケットの色をライトグレーにしたら意外と上手くいかない・・・なんてことも。

デザインやシルエットだけで全てが決まるわけじゃないですから
素材や色にも注目してください。

そんな話の後にちゃんと
ライトグレーのジャケット×デニムの成功例を持ってきてたり。
出来た管理人でしょ(笑)

このスタイルでもしジャケットが黒だったら。
ちょっとカッチリしすぎな気がします。

黒にしたらインナーはカットソーとかの方がいいかもしれませんね。
それか先述の通り、色落ちのデニムにするとか。

このスタイルは黒よりもややカジュアルなライトグレーだから
ちょうどいいバランスに落ち着いているのです。

それとライトグレーカラーと、ノンウォッシュのインディゴカラーは大変相性良い色合わせです。
是非取り入れましょう。

トレンチコートをカジュアルダウンさせる方法として
インナーにデニム素材を入れるのはよくある方法です。

トレンチコートの中にインディゴのGジャンを入れるなんてのは
トラッドカジュアルのセオリー的スタイルです。

雑誌Beginなどの読者さんにはおなじみでしょう。

この女性もそんな感じ。
インディゴデニムのオーバーオールでトレンチコートのカッチリ感を打ち消してます。

デニム素材はカジュアルの代表です。
ドレススタイルに合わせるとちょうどよくバランスが取れます。

例えば黒のテーラードジャケットに黒のスキニー、
インナーにインディゴのデニムシャツなど合わせたりしてもカッコいいですよ。
ドレススタイルを一気にカジュアルダウンしてくれます。

しかし大分メンズライクな着こなしの女の子ですね。
なかなか出来ないコーディネートですよ。素敵です。

さてさて、今日はこんなところです。
次回はホワイトマウンテニアリングの続きを書きますので乞うご期待!

 

 

ではでは。

advertise

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. メルマガ告知

    「ユニクロU」誰も気付けない”目からウロコ”の「マストバイアイテム」をお教えします。
  2. 服を着るならこんなふうに

    おしゃれになりたいわけじゃない!バカにされない普通の服装を教えてくれ!
  3. 40代50代のためのおしゃれ指南

    中年太りでもオシャレに見せる唯一の方法「Yラインシルエット」。
  4. スーツについて

    「ユニクロのセミオーダースーツ」を画像加工ナシで徹底レビューする
  5. メルマガ告知

    優勝者は誰だ!?1万人の頂点が10月1日に決定する!!
PAGE TOP