アクセサリー編

小物使いが上手な男はモテる!?人気企画「コモノノチカラ」今年もやります。

 

スポンサーリンク

 

都内は暑いですねえ。

 

GW中は26度だか28度まで気温上昇する日があるそうな。
このくらいの気候だと日中は羽織ものが必要ないですね。カットソーやシャツ1枚で過ごせそう。特にGWは行楽日和、開放的にいつもより「ちょっとカジュアルめ」にコーディネートを組むのも良いですね。

 

さてそうなると・・・

 

FullSizeRender

 

こんな感じのコーディネートで過ごすことに。
上はカットソー1枚。下はワイドシルエットのスラックス。どちらも決して高いものではありません。
足元は 前回 紹介したユニクロルメールのコラボスリッポンですね。2990円でこのデザインは他に無いです。

 

「ドレスとカジュアルのバランス」から考えればまあバランスがとれていなくもないスタイル。
ボーダー柄のカジュアルなカットソーに、ツヤのあるドレスなスラックスを合わせています。
足元は前回紹介した通りややドレスライクな印象を持っているスニーカーですから、GWらしいちょいとだけカジュアルよりな印象の好バランスコーディネートです。

 

※「ドレスとカジュアルのバランス」に関して未見の方は下記記事を一読ください。メンズファッションの大原則が理解できます。
【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

 

 

 

またシルエットは「Aライン」にしています。
KnowerMagを熟読している人なら理解済みでしょうが人間の体型を綺麗に見せてくれるシルエットは3種類です。

Yラインシルエット(上が太く、下が細い)
Iラインシルエット(上が細い、下も細い)
Aラインシルエット(上が細い、下が太い)

以上の3つですね。上下のメリハリをつけるか、上下とも細くまとめるかの3パターンです。
ここを徹底すると、日本人らしい胴長短足体型を隠すことが出来、欧米人のような海外スナップのような美しい身体に見せることが出来ます。

 

「体型を綺麗に見せるテクニック」はオシャレを助けてくれます。

「かっこいいヤツは何着てもかっこいい」現象ですね。

 

 

いかにロジックが優れていて方程式として「オシャレ」が成り立っていたとしても体型が整えられていないとなかんか格好良く見られ無いものです。私たち日本人がオシャレをする時は特に、この「体型を綺麗に見せるシルエット作り」を意識するとさらにオシャレが加速するでしょう。
(このあたりより詳しく解説を知りたい人はメルマガを是非ご購読ください)

 

 

さて上述のコーディネート。
これはこれで良いのですが・・・ただトップス1枚・ボトムス1枚だとどうしても「地味」なスタイルに見られてしまう。
もちろん「脱地味」を意識してトップスを無地にせずボーダーにしているのですが・・・それでもちょっとシンプルですね。

 

 

そんな時は「小物の力」を使いましょう。

 

 

小物は「モテ要素」

 

「春夏は使うアイテムが少なくなるから小物の重要度が高くなる」

 

なーんて言葉は散々雑誌でもどこでも言い古されたものですが・・・
実は「小物の力」を実感できている男性は少ない様に思います。
街を歩いていても小物を上手に使えている人は少ない。
せっかくバランスが良いコーディネートを実践しているのに小物を無視するばかり「シンプル地味」なスタイルに落ち着いてしまっていて・・・「もう一歩ですんごい格好良くなるのにな」と、もったいなく思える人が多いです。

 

 

それと「小物はモテ要素」に繋がるものです。

 

あなたが女性から服装を褒められない理由は・・・実は「小物」にあるかもしれません。

 

何故か。
それは「小物」が異性に褒められやすいアイテムだからです。

 

あなただってそうでしょう?女子のファッションを褒めろと言われてもどこを評価していいのかわからないでしょう?
女子は男子のファッションを、男子は女子のファッションを全くと言って良いほど知らないものです。
無知だからこそ褒める引き出しが存在しない、評価の基準がない、だから「なんとなく格好良い」「なんとなくかわいい」と思えても「言語化して褒める」という行為にまでたどり着きにくいのです。

 

 

 

ところが小物は違います。

あなたは「女子を褒めて」と言われたら、迷った末、靴かカバンか小物を褒めることをするでしょう。
それは何故か?「小物」は自分も使うものであり引き出しが存在するからです。

 

靴もマフラーも帽子もバッグも男女共通のデザインのものが多いですね。
お店に行くとメンズコーナーとレディースコーナーの中間に小物コーナーがあることが多いでしょう?
言わずもがなですが、あれはどちらも共通して使えるからです。

 

引き出しがあるから、評価の基準があるから、褒めやすいんです。

だから「小物を使う男子」は女子に褒められやすいんです。
もちろんシルバーアクセをジャラジャラとつけるような「小物使い」は違いますよ。「小物が褒められる」からといって過剰に小物をジャラジャラつけては単なる嫌味なスタイルになってしまいますから。それは避けるべき。
しかし「褒められたい」のであれば意識的に小物を使うことは有効です。

 

「”モテる”っていうか”褒められる”ってことか。」

と思ったかもしれませんが、「褒められ」れば「会話」がスムーズにつながります。
褒められたことでこちらもテンションが上がり饒舌にもなるでしょう。褒められることでマインドが変わり、会話が変わり、チャンスが生まれやすくなります。「モテ」に繋がると言ってもさほど過言ではないはずです。

 

 

小物だけでコーディネートは激変する

 

実際小物を使うとどんな風にコーディネートが変化するのか・・・

 

FullSizeRender

 

こんなシンプルなコーディネートも・・・

 

FullSizeRender 2

 

こんな風に。

ここではちょっとカジュアル寄りにしてみました。キャップとカラフルなクラッチバッグを使ったスタイル。
カジュアル感がプラスされがちなので首元にはスカーフを巻いています。(このあたり詳しい説明はメルマガをご購読ください、ここでは説明しきれません。)

 

10,20代くらいの若い子ならこんなコーディネートも良いでしょう。

 

 

 

逆に・・・

大人っぽくドレスライクにまとめることも「小物の力」で可能です。

 

 

FullSizeRender

 

これが・・・

 

FullSizeRender 3

 

こんな風に。
とりわけ効果的なのは「帽子」「靴」です。(今回靴は特に変更を加えていませんが)

 

頭のてっぺんである「帽子」と、足の先である「靴」。
この二箇所は視線が集まりやすいため、ここに使うアイテムは慎重に選ぶ必要があります。

 

キャップにすればグッとカジュアルになりますし、
ハットにすればグッとドレスになります。

 

逆に言えばコーディネートを組んで「なんか子供っぽいかな」「なんかサマになってないな」と思ったら
ハットをかぶると簡単にドレスライクに大人っぽくなったり。

逆に「キメすぎかな」「気合入ってるって思われるかな」と思ったら
キャップやニット帽をかぶると簡単にカジュアルライクな要素がプラスされます。

 

小物一つで随分印象は変わるものです。
メルマガでは毎年この時期「コモノノチカラ」と題して、小物の活用方法、オススメ小物などを紹介しています。
興味ある方は是非。「モテ要素」としても「バランサー」としても超有効な「小物」。是非春夏のシンプルスタイルの時期にマスターしてみてください。まわりのみる目が変わりますよ。

 

 

6000人以上が購読している日本最大の「おしゃれ」をマスターするメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第3位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年、2015年部門別「まぐまぐ大賞」も受賞。なんと6000人以上の読者を抱えています。多くの方に支持され絶賛配信中です。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?
  2. 連載媒体mine、4月1日より値上げします!!読むなら今がオススメ!!

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. シルエットの基本

    「ジャストサイズを選べ」は間違っている!
  2. シューズ編

    ローファーの起源は?どんな印象?リーガル、ハルタ、バスなどの老舗ブランド紹介
  3. オシャレになる前の基礎知識

    「何を買うか?」ではなく「どう着るか?」【アパレルは消費から学習へ】
  4. アパレル業界裏話

    洋服の原価っていくらなの?なんでレディースよりメンズの方が値段が高いの?アパレルの疑問Q&A
  5. オシャレの秘伝

    あなたのコーディネート間違ってませんか?初心者にも出来る上級ワントーンコーディネートの着こなし【白?黒?緑?青?何で統一すればいい?】
PAGE TOP