アクセサリー編

メンズファッションにおける「アクセサリー」。装飾品はつけるべきかつけないべきか??

 

スポンサーリンク

 

今回は「アクセサリー」について。

 

装飾品とメンズファッション

 

0433
Photo by http://www.pro-dotto.com/0433.jpg

 

帽子やネックレスやメガネやマフラーやバッグ・・・
ファッション小物は世の中に沢山あれど、どこかトップス・ボトムスなどに比べて重要性は薄く感じるものです。トップスやボトムスは「無いと困るもの」です。「ファッション観点」と言うより社会的にも必要なものです。トップスもボトムスもどちらか一方でも無かったら男性なら警察が・女性なら身の危険が待っています。しかしながら上述のアクセサリーはどれも「あってもなくても良いもの」です。

 

「あってもなくても良い」なんて曖昧なことを言われるととても困ってしまうものです。つけていいのか悪いのか、どのアクセサリーを買えばいいのか判断に困ってしまいます。
またファッション中級者レベルでもなんだか雑多にアクセサリーをつけすぎて「やりすぎ」になっている人はよく見かけます。そうならないためにもここで一度アクセサリーについて考察してみましょう。

 

上述の通りですがそもそも「アクセサリー」は不必要なものです。トップスやボトムスは防寒面などを考えても必須なものですが、アクセサリーはあくまで「装飾」が目的です。

 

何度かこのKnowerMagや毎週配信のメルマガでも語っていますが、メンズファッションは「カッコつけすぎ」が禁物です。これにはロジックもあるのですが世間の反応を意識する方が話が早いです。

 

92bcda2a4be5c9739b179df9a7b3b260_15522
Photo by http://up.gc-img.net/post_img_web/2014/12/92bcda2a4be5c9739b179df9a7b3b260_15522.jpeg

 

「アクセサリージャラジャラ」つけた装飾全開のスタイルをオシャレだと思う人はそういないでしょう。(無論、元が良い人・・・顔が良いなど特殊な例は除いて考えましょう)
メンズ服とレディース服を見比べればすぐに分かるのですが、メンズ服は極端に装飾を避ける傾向にあります。特にここ数年その傾向は強く、「いかに自然でいかにナチュラルに格好良く見せれるか」がメンズファッションの一つの条件とも言えます。きらびやかな宝飾や装飾などでオシャレに見せるのはメンズ服の歴史の中ではあまり見られません。女性は化粧が一般的ですが男性は特殊な例でしか見られません。このあたりも装飾と非装飾といった男女差を象徴するところでしょう。

 

しかしそんなメンズでも一点だけ必須な装飾品があります。それは「時計」です。多くの男性が時計を着けており・・・今ではそんな風潮も少なくなってきているかもしれませんが、昔は社会人でスーツを着て時計を着けていないと上司に怒られたものです。「時計つけてないって・・・お前常識ないな」と怒られた経験、私にもあります。

男性誰もが着けている腕時計。なぜ装飾的でないメンズ服の中で時計だけはここまで認知されているのか。それは「時計」に機能的な理由があるから。「装飾品」としてではなく「実用品」として認識されているからです。

 

「時間を知る為に着けている」という機能的な理由があるわけです。洋服も「体温調節のために着ている」と機能的な理由がありますがそれと同じですね。時計は時間を知る為の「実用品」だから装飾性が多少あっても嘘くさい不自然さを感じさせないのです。

 

しかし他のアクセサリー、リングやネックレスやブレスレットなどは「装飾目的」以外有りえません。だからこそ過剰に目立つものを避けないといけないのです。

 

 

「夏の手首」に注意!

 

「装飾品がダメならアクセサリーを何も着けなくてもいいってこと?」と思うかもしれません。
もちろんアクセサリーがオシャレの絶対条件ではありませんから、答えとしては「別に着けなくても良い」となるわけですが。・・・しかし何も無いと「寂しい」と感じることも。

 

特に「夏の手首」などはアクセサリーが無いと極端に寂しく感じます。

 

3180203570
Photo by http://image.rakuten.co.jp/h-zenmall/cabinet/15m3b/3180203570.jpg

 

首・手首・足首の3箇所は[3首]と呼ばれており視線集中のポイントです。体の先端部分のため視線が止まる箇所であり、この3箇所の印象が全体を左右することも多々あります。なのでこの3箇所だけは「何もない状態」だと他部分よりも少し寂しく感じさせやすいものです。(だからこそアクセサリーのほとんどはこの3箇所につけるものばかりのはずです。ネックレス・ストール/マフラー・ブレスレット・アンクレット・・・など。)

 

・・・ただ首と足首はそれでもそこまで気になりません。
ガバッと胸が開いたネックなどであれば首元も寂しく感じるでしょうが、今のトレンドだとクルーネックや浅めのVネックなどが主流です。ネックレスなどをつけなくても首回りに布がある状態なのでそこまで「寂しく」感じないでしょう。

 

足首もそうですね。靴やパンツの裾が近くにありますからそこまで「寂しく」感じないでしょう。ショーツスタイルで靴下も見せないスタイルなどだと「寂しく」感じることもあるでしょうが、ほとんどの場合はアンクレットなどをつけずとも基本的には気になりません。

 

ただし「夏の手首」は違います。
半袖を着用した状態だと腕から指先まで何も服が無い状態になります。長袖や七分袖の場合はそれでも手首近くに服がある状態となりますが、半袖だとはるか遠くにしか無く、ことさら「寂しく」感じます。

 

そこで夏の手首にはブレスレットが必須です。
何もデコラティブな目立つものじゃなくて構いません。そもそもが視線集中のポイントである「3首」の一つなわけですから。細い華奢なブレスレットをするだけでも十分です。

 

o0580043511689697620
Photo by http://stat.ameba.jp/user_images/20111224/01/sjewelry/38/f4/j/o0580043511689697620.jpg

 

こんなアイテムで良いでしょう。
「たったこれだけで印象が変わるわけがない」と思う人は是非半袖Tシャツに、何もつけてない腕の状態と、華奢なブレスレットをつけた状態で印象の変化を確認してみましょう。鏡を見れば一目瞭然です。「たったこれだけの華奢なブレスでここまで印象が変わるものか」と驚くはずです。

 

アクセサリーをつけなくてもオシャレはできます。・・・が、「夏の手首」だけはアクセサリーを着けた方がオシャレに見えやすいでしょう。何もない手首はあなたが思う以上に目立つものです。華奢な細いブレスレットで構わないので用意すると良いでしょう。

 

 

「ノームコア」スタイルに注意!

 

また「夏の手首」ではないですが、他にも「アクセサリーを着けた方が良い」例もあります。
それは「地味なスタイル」です。

 

ここ数年「ノームコア」トレンド、「普通の服をオシャレ着として着こなす」「スタンダードな定番服」などが流行として挙がっていたため、「無地シンプル」なコーディネートがオシャレの基本でした。

 

しかし2016年春夏になり、新しいトレンド「タッキー」が登場しました。「悪趣味な」という意味の言葉である「タッキー」。ノームコアの反動から柄を使ったり、派手な色を使ったりする着こなしが少しずつ注目されています。・・・と言ってももちろんギンギラギンに派手になっているわけでなく、まだ「無地ばかりじゃなく柄も使ってみよう」「派手な色を一色混ぜてみよう」などですが。

 

こういったトレンドの波がやってきており、「無地」「シンプル」なスタイルに少し飽きがきているのです。実際去年無地・シンプルな着こなしを行っていた人は「今年はちょっとだけ柄物やアクセントが欲しいな」といった気分になっているでしょう。トレンドの波とは結局人々の気分を反映したものですから。

 

と言ってもやはり柄物・色物に抵抗を感じやすいはず。無地シンプルスタイルからいきなり柄物などへ進むのは扱い方も分かりにくく「浮いていないか」不安なはずです。

 

そこで一つ、アクセサリーを使ってあげるのが吉です。

 

7238968B_65_D_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/968/7238968/7238968B_65_D_500.jpg

 

服で柄物や色物を取り入れようと思うとなかなか抵抗を感じるものですが、例えば「柄のクラッチバッグ」などであればさして抵抗を感じないはずです。これは、特にバッグなどは、コーディネートから一歩離れたものとして認識されているからです。

 

クラッチバッグなどは特にそう。クラッチバッグはストラップがなく体にかかる部分がありません。手に持つだけで体に接触していませんから、そもそも構造的に「コーディネートから浮いている」ものなのです。だからこそ色物や柄物を使ってもあまり抵抗を覚えません。

 

お店で派手なクラッチなどを見かけたら是非鏡で合わせてみてください。無地・地味なスタイルの印象を変えてくれますが、決して「浮いている」様な印象にはならないはずです。ノームコアトレンドにどっぷりだった人は今年は柄物色物のバッグなどを選ぶと良いでしょう。去年のスタイルが簡単に今年っぽくまとまります。

 

 

「アクセサリー」、初心者にとってはするべきかしないべきか、悩ましいところではありますが。
「手首」や「シンプルスタイル」などに限っては取り入れるのが良いでしょう。ご参考に・・・。

 

 

 

6000人以上が購読している日本最大の「おしゃれ」をマスターするメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第3位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年、2015年部門別「まぐまぐ大賞」も受賞。なんと6000人以上の読者を抱えています。多くの方に支持され絶賛配信中です。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 連載媒体mine、4月1日より値上げします!!読むなら今がオススメ!!
  2. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. メルマガ告知

    セットアップの着こなし編&ついについに書籍が発売します!!【メールマガジン2015年9月13日号紹介】
  2. MBの薄毛対策

    ハゲ/薄毛に悩むMBが「湯シャン」を試してみた第1回
  3. MBの思考

    連載媒体mine、4月1日より値上げします!!読むなら今がオススメ!!
  4. 色彩について

    もう二度とコーディネートで困らない!!「センスの良い配色」を簡単にマスターするたったひとつの注意点!!
  5. メルマガ告知

    70%OFFで買ってしまった「粗悪セール品」の唯一無二の活用方法とは!!
PAGE TOP