流行解説

10月11月に売れてるトレンドアウターってどれ?ZOZOTOWNランキングから見る人気アウター解説・紹介

 

スポンサーリンク

 
 

今回はZOZOTONWの売り上げランキングをチェック。秋冬シーズンが本格始動しそろそろアウターが気になる季節。巷ではどんなアウターが動いているのかチェックしてみましょう。

 

※10月10日付ZOZOTOWNアウター売れ筋ランキングから抽出しています。

 

アウター人気1位.ローズバッドの3WAYミリタリーコート

 

7853035B_8_D_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/035/7853035/7853035B_8_D_500.jpg

 

ブランド:ROSE BUD COUPLES/ローズバッドカップルズ
ユニセックス MANY WAYS N-3B型 ミリタリーコート[N-3B×MA-1] 19,980円

 

大規模閉店&大規模リストラで一大ニュースとなったアパレル大手TSIホールディングス傘下のブランドローズバッド。親会社のリストラなどどこ吹く風かレディース市場では人気上昇中のローズバッド。2014年度の売上も前期比成長率110%越えと好調。いつの間にか「ローズバッド・カップルズ」なんて名前でメンズラインも始めていました。

 

レディースブランドがメンズ服を始めて成功を収めるケースは近年少なくなく、バロックジャパンリミテッドの「AZUL by Moussy」などが典型例。イオンなどの大規模ショッピングモールに多く出店しているブランドだけに「親子連れ」「カップル連れ」の客層が多く、かつそういったショッピングモールではメンズファッション店舗の出店が寂しく市場に穴が空いている状態。そこを埋めるかのようにメンズラインを始めて売上を伸ばしているブランドが増えてきています。

 

img_75019_2
Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/19257/img_75019_2.jpg

 

最近では渋谷109にて伝説的な売上を叩き出したモード系レディースブランドの代名詞「EMODA」がユニセックスライン「SHARED/シェアード」をスタート。イオンなど大規模ショッピングモールに狙いをさだめて穴の空いたメンズ市場向けに展開していく様です。

 

 

これらレディースブランドは既に生産背景がある程度整っている会社が多いのです。

20,30台向けに新宿ルミネエストなどを中心に展開する「トレンド追従型レディースブランド」などは特にそう。H&MやZARAが日本進出し、数多くの安価なトレンド追従型ブランドが駆逐されてしまいました。「今流行のものが着たい!」という女子の願いを中程度の価格帯で叶えていたブランドは、H&MやZARAなどの「超格安でトレンド品が手に入るファストファッションブランド」の猛勢で壊滅状態に。

 

世界規模で展開するH&MやZARAなどのファストファッションは、商品企画からわずか数週間で商品を作りお店に並べることができる超スピードの生産背景を持つもの。「今着たい」というトレンドに関してはこれ以上なく的確な供給が可能なのです。

 

それらに揉まれつつも未だに生き残っているブランド達は、ファストファッションの勢いに負けまいと必死で自社の生産背景を構築したところばかり。格安で迅速にトレンド品を供給できる体制やまたそれに次ぐ何らかの優位性を備えたブランドが多い。

そういったブランドがメンズをスタートすれば当然、生産背景が整っている分「良いものを手頃に」作りやすい。メンズファッションのノウハウや動向を読めるかどうかがキーポイントですが、ベーシックアイテムなどはレディースと同じようなもの。手頃で良品を作ればある程度の売上は期待できるでしょう。

 

このローズバッドもその類でしょう。賢いのは「ユニセックス」としてメンズもレディースも同デザインの多サイズ展開で作っているところ。こうすればメンズアイテムの生産ロットが少なくともレディースと一緒くたに作ってしまうため、値段を下げることが出来る。アパレル以外でもそうですが「モノは多く作れば作るほど安くなる」のが通例です。

 

ローズバッドはまだユニセックスラインを展開する店舗は2店舗のみ。売上で言えばおそらくレディースの30%にも満たないまだ小さな市場でしょう。しかしこうした安価で提供できている理由は、ファストファッションに揉まれることで洗練された生産背景と、レディースと合体させてモノ造りをしているあたりです。

 

また以前まではレディースの方がメンズよりも1,2シーズンほどトレンドが早い、なんて言われてきましたが。最近ではメンズとレディースのトレンドに差がなくなってきています。そのあたりもユニセックスで展開できる追い風となっているのでしょう。

 

さて肝心のこちらのミリタリーコート。見れば見る程おっそろしいほどにコスパが良い。単純にメンズ・レディース共通のトレンドである「ミリタリー」を意識しているだけでなく・・・

 

7853035_b_69_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/035/7853035/7853035_b_69_500.jpg

 

まずフードをとればトレンドのノーカラーアウターに。

 

7853035_b_70_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/035/7853035/7853035_b_70_500.jpg

 

そしてなんと着脱式のライナーが内側についており、単体で着用するとこれまたトレンドアウターである「MA-1」になる仕組み。どこまでトレンド追いかけるねん。

 

こういった「2WAY」「3WAY」といったアイテムは実際は「2種類3種類で区別して着る」ということはあまりしません。気に入った一種類の着こなししかしない人が多いですが・・・(リバーシブルもそうですね)、着るか着ないかは別としてここまで考えて作って19,980円という破格を打ち出しているのは凄い。

 

良いか悪いか、お洒落か否かは別としてこの値段は単純に驚くものがあります。これはZOZOにて人気1位も獲るワケです。

 

 

アウター人気4位.ナノユニバースレザーライダース

 

8433950B_8_D_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/950/8433950/8433950B_8_D_500.jpg

 

nano universe(ナノユニバース)
リブブルゾン 15,000円

 

同じくTSIホールディングス傘下のナノユニバースのレザーブルゾンが人気4位にランクイン。

 

今期メンズファッション(レディースもそうですが)ではあまりレザーは盛り上がっていない模様。例年以上に各ブランド展開数が少なく、またリリースしているアイテムも市場であまり受け入れられていないようにも感じます。

 

このレザーが受けている理由はただ1点、「値段」でしょう。なんせ15000円。通常であればこの10倍してもおかしくないアイテムだけに破格です。しかし「ビニールっぽい艶だなあ」と思って素材名をよく見ると「合成皮革」。そりゃそうですね。15000円でリアルレザーのわけもない。

 

ただ学生や若い方などの「フェイクでも良いからレザーを着てみたい」という要望には応えられているでしょう。型もトレンドに則したMA-1タイプになっています。

 

レザーライダースは普通、ZIPやスナップなどの金具が多いもの。

 

3818556_8_D
Photo by http://imgc.zozo.jp/goodsimages/3818556/3818556_8_D.jpg?w=500&h=600

 

これら装飾が多いほど「カジュアル」な印象を与えてしまいます。今回のナノユニバースのレザーはZIPは目立たないように黒をチョイス、スナップなどの金具は抑えて、デザインもシンプルにまとめているので、特にあれやこれやと考えずともテキトーに羽織るだけでもそれなりに見えるところがポイント高い。

 

これで15000円ならまあコスパは良いかもしれませんね。ただ艶感が完全にナイロンですが・・・。

 

 

アウター人気11位.UPSTARTのMA-1

 

8937633B_8_D_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/633/8937633/8937633B_8_D_500.jpg

 

UP START(アップスタート)
ポリツイル袖迷彩MA-1 8,532円

 

こちらは11位にランキングしているUP STARTのMA-1。一昨年くらいから「メンズのトレンドアウターはMA-1が来る」と騒がれていましたが、一昨年去年といつまで経ってもトレンドが来ない。今年はついに来るか?と思ったら案の定、ZOZOのランキングでもMA-1が上位独占。50位までのラインナップで10点がMA-1。ようやくトレンドが来たんです。MA-1の老舗アルファなどはさぞかし喜んでいることでしょう。

 

こちらのMA-1。「ミリタリーだから迷彩だろう」と単純な発想で袖を迷彩に切り替えたなんとも派手なデザインにしてあります。

 

「ドレスとカジュアルのバランス」について未読の方はまず下記記事を読んで頂きたいのですが・・・MA-1はミリタリーに源流を持つ「カジュアルアイテム」です。

 

 

※「ドレスとカジュアル」についてはこちらの記事をご参考ください。
【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

 

ただでさえカジュアルなアイテムをカラフルな迷彩柄の袖切り替えでデザインしているため、カジュアル感が強すぎて少々子供っぽいイメージ。バランスを綺麗にとってコーディネートするにはかなりハードルが高いアイテムです。

 

8937633_b_11_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/633/8937633/8937633_b_11_500.jpg

 

値段は手ごろで買いやすいですが、洋服の着こなしに自信がない人には少し難しいアイテムかもしれません。MA-1トレンドで多くのバリエーションが生まれていますがこんなアイテムも出てきていますね。最初の一枚はシンプルで着まわしやすいものをオススメします。

 

 

毎週配信のメルマガでは格安価格で買える着まわし抜群のアウターから、高価格ハイブランドのアウターまで幅広く紹介。洋服で悩みがちなこの時期の指針となるでしょう。興味ある方は是非。

 

 

 

 

あなたの人生をほんの少し楽しくしてくれる「おしゃれ」をマスターするメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、上記の様な具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 

 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第4位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年「まぐまぐ大賞」も受賞。多くの方に支持されています。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 連載媒体mine、4月1日より値上げします!!読むなら今がオススメ!!
  2. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. メルマガ告知

    特大プレゼント「松・竹・梅」をご用意!!「Tシャツ一枚コーデの作り方解説」!!
  2. 魔王は服の着方がわからない

    10月22日、紀伊国屋ららぽーと豊洲店にてトークショー&サイン会を行います!
  3. メルマガ告知

    全男性必見!!「読者が選ぶ2015年度のマストバイ総括」!!ユニクロからハイブランドまで!!【メールマガジン2015年12月28日号紹介】
  4. メルマガ告知

    数千円のファストファッションから、30万円のハイブランドまで。「高い服が何故高いか、何故それでなくてはならないのか。」教えます。
  5. ユニクロで買えるオシャレアイテム

    【オシャレエリートも認めざるを得ない】ユニクロの「スウェットフルジップパーカ(長袖)」と「スウェットプルパーカ(長袖)」のスゴさ!
PAGE TOP