雑記

AGA日記に、エバーレーンの話。1月は面白い記事がてんこ盛りでした。

 

スポンサーリンク

 

今回は2018年1月に反響の大きかった記事を順にまとめてみました。
かなり面白い内容が多かったと自負しておりますので、お見逃しのないように・・・。もちろん全部無料で読めます。

 

絶望を希望に変えてみせる!!「MB実践!!AGA育毛日記」始まるよ!!

 

絶望を希望に変えてみせる!!「MB実践!!AGA育毛日記」始まるよ!!

 

猛烈な勢いで反響があった回。
ハゲを晒し「ハゲを克服してやるぜ」と決意表明した回。

 

 

 

 

 

 

ラジオパーソナリティ・作家のジェーンスーさんが大きく反応してくれてラジオでも熱弁いただいたことからさらに反響は拡大。多くの人の期待を一身に背負って現在治療開始しております。結論としては「イケる」と確信しております。
薬事法的に言えないことが多いだけで、実はすでに技術として確立している?このあたりは次回のAGA日記(近日公開予定)で書きますのでご期待ください。

 

現在お薬を複数種類飲んでおります。さらには注入治療も今月から開始します。詳しくはまた後日更新の「AGA日記」にて。

 

ファッションを語るMBがハゲを晒した、というのがまた衝撃が大きかったのかもしれません。本来格好つけなければいけない業種の私が、最も格好悪い姿を晒しているわけですから。
しかしそもそも「ファッションロジックを語る」というのも同じ原理です。私は「格好悪かったから」ファッションロジックなんてものを体系化したわけで、それにより私と同じように「格好悪い」「自信がない」人を救う結果となっています。

この様にビジネスとは本質的に「誰かを救う」「社会を助ける」ために存在しているものであり・・・自分自身で絶望(格好悪い)を希望(おしゃれ)に変える行動が取れた時、自分と同じように絶望を抱えている人を救う力を得るわけであります。

 

お医者様に命を救われた方が医療の道に進むのと同じような話で(命のやりとりで例えるのは大変おこがましいですが)、私はおしゃれに人生を救われたから同じように他の人を助けたいし、AGAでハゲを救われたら同じように他の人を助けたいと思っています。それが綺麗事でもなくビジネスとしても正しいともまた同時に思っています。実は根本的な社会構造は「多くの人を助けた方に見返りがくる」様になっているとても優しいものなのです。私はただこの原理原則に従っているだけで。

 

別に「自らハゲを晒す趣味がある」わけじゃなありません。私だって嫌ですけど笑。それで誰かが救えるのなら良いかなと思ってしております。今後もご期待ください。生えるまでやります。

 

人生が変わる「おしゃれの効能」

 

人生が変わる「おしゃれの効能」

 

 

この投げかけをしたところ、本当に多くの方からRT頂きました。

 

 

こうした直球で理解できる経済的なメリットから・・・

 

 

仕事や生活に大きな変化が訪れた人も多数いらっしゃいました。

 

 

女性からほめられた、彼女ができた、結婚できたなどは多数ありました。
もちろん「彼女ができた」ことが全ておしゃれのせいだとは思っていませんが、「助け」となったのならこれ以上嬉しいことはありません。

 

 

著名なFPの中嶋よしふみさんも反応。ご著書でも紹介頂きました。

 

 

実はグッと心を鷲掴みにされたのがこのツイート。
おしゃれのおかげで「つまんない日がなくなった」。

 

服は365日誰もが必ず着用するもの。衣食住の一つで考えてみるとここまで毎日人から見られて人に判断されて、コミュニケーションなど実生活に影響を及ぼすツールは他にありません。そんな「衣」に楽しみを見いだせればたしかに「つまらない日」は無くなるでしょう。

 

今日はあの人と会うから・・・褒められる様にどんな服装をしてみよう?と考えたり、
電車の中にいても他人の服装をみて「あの人おしゃれだな」「あの時計どこのなんだろう」とヒューマンウォッチングしてみたり、
洋服を覚えると確かに毎日が彩ります。何しろ人類のほとんど全てを毎日巻き込んでいる唯一のカルチャーですから。

 

各ツイートは熟読させて頂きました。どれも感動的です。是非ご覧ください。

 

新ブランドSOCIAL WEAR(ソーシャルウェア)をレビュー!アパレルの商習慣を破壊する「エバーレーン」の日本輸入版!

 

新ブランドSOCIAL WEAR(ソーシャルウェア)をレビュー!アパレルの商習慣を破壊する「エバーレーン」の日本輸入版!

 

「洋服はなぜ高い?」

この疑問を説明しながらも、実は「こんなことをやって値段を落としているブランドがある」と紹介しているのがこちらの記事。

 

洋服の値段が高くなる理由は複数あるのですが、一つに「在庫」が挙げられます。どんな優れたPOSシステムでもどんな優れたバイヤーがいても必ずシーズン終わりに売れ残りは発生します。それは洋服というジャンルそのものが比較検討して買うものであり「幕の内弁当」的な売り方でないとお客様が反応しないからです。お店は多種多様な洋服を揃えて自店で比較検討頂き、そうして買っていただくのが基本の流れだけに、必要以上に品数や種類を揃えねばならずその結果として在庫が残るわけです。(少々極端ですが基本的にはこの通りです)

 

日本の洋服の実に5割は売れ残りであると言われています。生産したうちのなんと半分は売れ残り。環境に優しくない洋服屋さんですが、この半分のせいで「売れているもう半分の値段が高くなる」構造もご理解いただけることでしょう。

 

残った洋服は当然なにかしらの方法で廃棄・投げ売りするわけですが、ここで出た損失を含んでも利益が出るような構造を会社は作らなければならない。そうなると当然「売れ残りコスト」を定価に転嫁して然るべきですね。ここに洋服は高くなる要因が一つあるのです。

 

そしてそれを解消するのが「完全受注生産」。これをおこなうことで単品の価値以上に価格を高く設定せずに済むわけです。それを実践して反響を得ているのがアメリカの「エバーレーン」。ファーストリテイリングが日本上陸を恐れている「エバーレーン」ですが、そのビジネスモデルを踏襲し日本版をSTUDIOUSが作りました。それが「SOCIAL WEAR」です。

 

モノとしては確かに安い。まだブランドとしてスタートしたばかりで今後が期待されますが、本記事ではそのあたり詳しく突っ込んで書いています。是非お読みください。

 

 

ちなみにこれ全身「SOCIAL WEAR」でござんす。

 

ユニクロの2,990円のエクストラファインメリノウールと、30,000円ほどの高級ブランドのニットは一体何が違う??

 

ユニクロの2,990円のエクストラファインメリノウールと、30,000円ほどの高級ブランドのニットは一体何が違う??

 

たまにやる比較記事。
以前は12万の高級デニムとユニクロのデニムなどを比較したものをUPしましたが、今回はニット。かわいそうだったのでブランド名は控えておりますが、ユニクロと1品3万円ほどもする高級ニットを比較しております。

 

結論としては確かに差はありますが、それが価格差ほどの満足度があるかどうかは極めて難しいところ。そしてこの記事、実はブランド批判でもユニクロ賞賛でもなくて、最終的な結論は「自分が何を目的に服を選んでいるか」
という話なのです。

 

確かに差はありますが、どこまでいっても「ハイゲージのグレーのニット」という大枠では同じわけです。風合いの差によるシルエットの出方の違いなどは確かにあるし、比べてみれば「あー、こっちの方が格好良いな」と間違いなく思えます。ただそれを求めるかどうかです。

 

自分のコミュニティ・・・例えば同じ職場で褒められたい、同じ友人同士で褒められたいくらいならユニクロでも問題ないでしょう。しかし洋服屋さんに褒められたい、南青山で振り返られたいと思うなら話は違ってくるでしょう。さらにパリコレ会場でスナップを撮られたいでもまたさらに話は変わります。

 

洋服とは「誰にどこでどのように褒められたいか」というTPOに基づくものです(もちろん自己満足的に洋服を愛する人もいますが、基本的には客観的視点により評価されるものであるはずです)。
だとすると自分がどこの誰にどように褒められたいか、ということが最も重要でありそれが答えであるはずです。それに基づいたモノ選びをすることがその人自身の正解となるはずです。

 

だから記事では明確な結論を出していません。明確な結論を出して「ブランド品なんて高いだけでクソ!ユニクロで十分だよ!」と書けば反響は大きいのでしょうが、それは本質ではありません。

 

どこがどう違い、誰に向けたものなのか、それがこの記事で理解されればと思っています。洋服は多様性があるから面白いのであり、「コスパ」だけで語るべきものでもないと私は思っています。

 

ファッション初心者が最初に買うべき革靴「パドローネ・ダービープレーントゥ」「GU」「HARUTA・スポックシューズ」

 

ファッション初心者が最初に買うべき革靴「パドローネ・ダービープレーントゥ」「GU」「HARUTA・スポックシューズ」

 

実は1月2月などの時期は「小物」が充実して展開されるタイミングです。
ここに合わせてファッション初心者に向けて靴の指南記事を書いておきました。安いものから高価なものまで解説しています。

 

もうコートは買うな!ユニクロの「ウルトラライトダウン」と「カシミアマフラー」で今を乗り越えろ!

 

この記事でも触れているし、今週末のメルマガでも突っ込んで解説していますが・・・洋服は「全てにお金を使う」必要などありません。我々は三次元であり二次元ではありませんから、視線は均一に働かず必ず「目立つ部分と目立たない部分」が存在します。

 

であるならば「目立つ部分」にお金を投資し、そこに高級な印象のあるものを持ってくることで、あとは安物でも十分おしゃれにハイエンドに見せることができるのです。

 

デニムもトップスもアウターも安っぽいものでもマフラーだけは「カシミア」を使う・・・とかね。靴もまたそれと同じで体の先端だけに視線が止まり目立つもの。ここに良いものを持ってくる投資するのが大変賢い選択だと思っております。

 

こちらの記事ではそんな重要な「靴」を語るもの。初心者ほど目を通して頂きたい。是非ご覧ください。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 女子にモテる服装

    【まとめ記事】アイドルの握手会で褒められる着こなしはコレ!!女子にモテるファッション必見5記事!!
  2. MBの思考

    どうして私は”MB”になれたのか。その考え方と仕事術と方法論を語ります。
  3. メルマガ告知

    ユニクロU世界最速レポート・シャツ部門に実は100点満点のアイテムがあった!?
  4. アウター編

    タンスの中に眠っているロングコートを蘇らせる、カッコ良く見せる3つの方法
  5. 告知

    STUDIOUS/ステュディオスと動画を撮ってきました
PAGE TOP