ユニクロで買えるオシャレアイテム

ユニクロの2,990円のエクストラファインメリノウールと、30,000円ほどの高級ブランドのニットは一体何が違う??

 

スポンサーリンク

 

3000円のユニクロと30000円の高級ブランド品

 

 

左が某ブランドの27000円ほどのニット。
右がユニクロの2990円メリノウールニット。

今回はこの10倍も価格差のあるニットを比べてみましょう。

 

ぶっちゃけパッ見た印象は何も違わない。
違うのは私が購入する時に間違えたネックの種類くらいなもんだ。

 

 

素材はどうかと比べてみますが・・・これを写真で表現するのはとても難しい。
ZOZOTOWNの売上ランキングの上位にはいつも超低価格のブランドが並んでいるけれど・・・ランキングを参考にして注文して届いた結果、満足している人がどれだけいるのかたまに疑問になります・・・。3000円とかでレザーも買えるようなあの手のブランドは写真では格好良く見えるかもしれないが、手元に届くとガッカリすることが多い。

もちろん通販など「手に取ったことがないから質感もシルエットもよく分からない製品」を想像上で美化しちゃうのはどこも同じ、ある程度仕方のないことだけど・・・ZOZOのランキング上位ブランドのものは特別ひどい。もちろん全部が全部そうじゃないけど手元に来た時に「コスプレの衣装か!!」と突っ込みたくなるような風合いのものもあります。

 

写真で素材を説明するのは難しい・・・だから素材は粗悪でも商品ページ上でそれなりに見えれば良い、というZOZOランキング上位の様なブランドが出てくるのだと思います。最もそういったブランドも「オシャレへのハードルを低くする」という一定の役割があると思うので全否定はしませんが!!(でもそれならユニクロかGUを買うかな・・・)

 

体型を出すか、ツヤを出すか

 

 

んで「写真じゃ素材は説明しにくい」ながら頑張りますが・・・ユニクロの方はちょっと色むらがありわずかに粗い、高級ブランドの方は色むらがあまりなく目が細かい素材になっています。が、素材単体で見ればほとんど差は分からないでしょう。

ただ質感は違います。触り心地はユニクロの方がザラザラしており、高級ブランドはシルクの様にしなやかです。2つともウール100%ですが、触り心地だけは明確に違います。

 

たとえ「パッと見」が同じでも、
この「素材の柔らかさ」は実は結構重要。

素材が柔らかいと体にフィットしやすく、ニットのツヤ感がヌメっと綺麗に出てくれます。
逆に素材が硬いと体にフィットしにくいため体の曲線とぶつかって変なシワを生んでしまう。艶のあるハイゲージニットの風合いを最大限生かしたいのなら柔らかい素材を選びシワを出さない方がより高級感ある見た目となるでしょう。

 

ただし体にコンプレックスのある方、例えばお腹が出ている、ムチムチしているなどの場合はあまりフィットさせるとそれらを過剰に主張してしまうことにもなります。「柔らかければ良い」というよりも「目的次第」と言えるでしょうから、これもまた「高級ブランド>ユニクロ」という簡単な構図では説明できません。

 

機能性を取るか、シルエットを取るか

 

 

もう一つ明確に違う箇所は裾の「締め付け感」。

ニットの多くは画像のようなリブ編みになっており、キュッと腰にフィットさせて風の侵入を防いでくれます。

もちろんリブはキツめの方が防寒性は高く、機能的には優れていますが、その一方であまりにも締め付けが強いと・・・裾の締め付けの反動でお腹周りに「ポコッ」を膨らみを作ることとなり、それが「中年太り体型」の様にちょっと見苦しく感じることも。

 


Photo by http://www.gap.co.jp/webcontent/0013/710/456/cn13710456.jpg

 

この「ポッコリ」感、気になる人も多いです。
またこうしてポッコリさせてしまうと「ここが腰だよ!ここから下が脚だよ!ここから上が胴だよ!」と腰の位置を主張させることにも繋がります。日本人の多くが胴長短足を宿命として抱えているわけですから、「ポッコリ」はほどほどにしないと体型はあまり綺麗に見えないでしょう。(体型に自信がある方なら良いけどっ!!!!)

 

この辺は要するに「機能性」と「見た目」のせめぎ合いなわけです。
リブをきつくすれば機能性は上がる、お腹は冷えなくなるでしょう。でもきつくすればするほど「ポッコリ」が目立ちちょっと見苦しい・・・。

高級ブランドとユニクロの違いはここにもありました。
ユニクロはリブが「ややキツめ」、高級ブランドはリブが「ややユルめ」でした。もちろんこれもまたどちらが優れているというわけじゃないのですが・・・機能性なのか見た目なのか、どちらに重きを置いているのかの「バランス」でしかありません。ただ少なくとも体型が汚い私にしてみたらここは「高級ブランド」の方が好みではあります。

 

筋骨隆々とした肩まわりか、無理のない肩まわりか

 

 

また肩幅も違いますね。
高級ブランドの方は肩がグッと狭くなっている作り、ユニクロの方は一般的な余裕ある肩幅の作りです。

 

 

わかりにくいですがこんな感じ。

 

 

洋服をあまり知らないスタッフさんは「肩幅をジャストサイズで合わせよう」としますが、肩幅は別に「合っていれば良い」というわけではありません。スーツの場合は肩幅が足りない場合も余っている場合も余計なシワ感が生まれてしまいますので、肩のサイズをきちんと合わせる必要があります。スーツの場合シワ感は大敵、フォーマルな印象を「シワ」というカジュアル要素で崩してしまうことに繋がります。

しかし街着のカジュアルの場合は肩幅をきちんと合わせなければいけない、というルールはありません。デニムのアタリと同じで「シワを楽しむ」という文化さえあります。

 


ニットやTシャツなどは特に「肩が少しせり出している」方が外人らしく筋骨隆々とした腕回りに見えるものです。
この高級ブランドのニットはややゆったりめのサイズを選んでも肩がせり出した状態に見えて、腕回りが男性的にたくましく感じます。

 

「わずかな差」といえばそれまでですが、このあたりにもユニクロとの意匠の違いを感じることができます。万人向けにモノ作りをせざるを得ないユニクロとは考え方が少し違いますね。ユニクロでコレをやったら「なんだこれ?肩が窮屈だなあ」となり、大勢の人には受け入れられないでしょう。

 

 

他にも袖のリブの長さが違ったり。
袖リブが長いと手首回りがスッキリと見え、「くびれ」が服の上からでもわかりやすくなります。手首は上半身の中で最も細い部位です。最も細い部位が強調されればゆとりのあるサイズ感でもスッキリと細身に感じられるもの。ユニクロのリブの長さではあまり手首回りの細さが伝わらないのでやや「ゆったり」とした印象に。これもわずかな差でしかありませんが、比べてみると違うものです。

 

10倍の違いなんてない

 

さてこうした細かい部分はあるものの「写真」として全体を収めると正直ユニクロと高級ブランドに大きな違いは出せませんでした。
もちろんちゃんとしたカメラマンが撮影したら違うでしょうが、私のiPhoneでは「10倍」もの価格差を実感できるほどの違いは出せませんでした。

 

ハッキリ言って「パッと見」の印象はやはり同じです。10倍も金額を払う分「見た目も10倍変化するか」と言われると疑問です。

 

しかしだからといって「高級ブランドが詐欺だ」と言うのもあまりにも乱暴ですね。
要するに目的次第です。「職場や学校など身の回りコミュニティの中で一番オシャレになる」つもりならユニクロで十分すぎます。しかし「南青山で一番オシャレになる」つもりなら細かな部分まで気配りをしなければ実現できない、ユニクロだけでは心もとないかもしれません。

 

正解主義の現代では「どっちが優れてる」「どっちが正しい」という論じ方になってしまいがちですが、要するに目的次第です。
今回のニットだって体型を隠すならユニクロの方が優れているし、安物コートの中に入れて少しでも高級感を与えたいならブランドものの方が上です。


こうした「取捨選択」ができるのが本当にオシャレな人ではないでしょうか。
海外のファッショニスタはユニクロでもH&Mでもディオールでもマルジェラでも御構い無しにミックスしますが、日本人はどうも「ブランド品のアウターにはブランド品のインナーを合わせないといけないのではないか」と考えてしまいがちです。その背景には自分の審美眼や取捨選択に対する自信のなさが見え隠れします。

論理的に合理的に自由自在に、モノ選びを行える人こそが本当にオシャレな人ではないかと思います。ユニクロにも良いところがあり、高級品にも悪いところはあります。このごく当たり前のことがイマイチ日本ではまだ浸透していないのではないかなと感じます。

毎週のメルマガではこうした「審美眼」を養うべくコンテンツを盛り込んでいます。興味がある方は是非読んでみてください。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. ストール編

    年末年始の帰省時に有用!!冬は「ストール」を持ってないと損をする!!
  2. オシャレの秘伝

    あなたのコーディネート間違ってませんか?初心者にも出来る上級ワントーンコーディネートの着こなし【白?黒?緑?青?何で統一すればいい?】
  3. 雑記

    9月17日書籍発売!!、雑誌メンズジョーカーでの定期執筆、連載がスタート!、池袋三省堂さんにてサイン会開催!【告知】
  4. 雑記

    「ジェーンスー生活は踊る」放送アーカイブ聴けます!!
  5. 雑記

    ATTACHMENT×MARCOMONDE×MBのトリプルコラボスカーフ31日の昼12時から一般販売します!!
PAGE TOP