服を着るならこんなふうに・補足

男性の正しいスカーフの巻き方は??GUで買えるスカーフもオススメ【服を着るならこんなふうに第40話補足】

 

スポンサーリンク

 

服を着るならこんなふうに 第40話|ヤングエースUP
服を着るならこんなふうに 第40話を無料で公開中!基本がわかれば、オシャレはきっと楽しくなる!

 

今週は私が監修を務める「服を着るならこんなふうに」(KADOKAWA)の更新日。最新話40話が配信されております。是非ごらんください。

 

ちなみに40話までが第5巻の内容。第5巻は「結婚式の二次会って何着て行けば良いの?」問題を核に、「痩せ型&太り気味体型を誤魔化すコーディネート術」「最新トレンド服情報」など様々なトピックを取り上げてきました。最終話である40話はトラブルがあるものの二次会をおしゃれに終えることが出来、無事チャンチャンと。(次回からは41話、さらに物語は加速します!!)

 

日常的にも使って欲しいスカーフ

 

 

さて今回の40話では「スカーフ」が話題にあがります。主人公祐介は結婚式二次会当日になって「赤を入れろ」というドレスコードに気がつきます。このドレスコードカジュアルパーティーでは結構定番ですね、二次会で「赤を入れろ」「金を入れろ」などは割と良く見かけます。皆考えることは似てますな。

 

当日に気がついてしまってどうしようかと迷った挙句、いつもの通り本作の「ドラえもん」的役割である環ちゃんが登場。「GUの190円スカーフ」を提案します。

 

 

無事「赤」を自然に取り入れることができた祐介ですが、実はこの「スカーフスタイル」は二次会スタイルに止まる話ではありません。日常的なカジュアルシーンでも是非使っていただきたい。

 

 

ドレス感を与えてくれる便利な小物

 

 

洋服の本場であるフレンチスタイルの定番である「スカーフ」。私が配信するメルマガでは時折登場する定番アイテムです。上の画像の通り、私はパーティーシーンだけでなく普段からスカーフを使っています。

 

スカーフは首まわりに配置されるちょっとした小物。ネクタイと同様に首に巻くアクセサリーだけに、またパーティーシーンなどでも活用される通り、「ちょっとドレスライク、大人っぽい」印象を与えてくれる小物です。

 

特に春から夏にかけての薄着の時期に私はよく使います。Tシャツなどの薄着になる時期はどうしても使えるアイテム数が少ない。夏になればなるほど短パン・Tシャツ・サンダルとどうしても子供っぴアイテムばかりを集積しがちです。そんな時に使えるのがスカーフ。

 

ネクタイ代わりにと首元にまくだけで随分大人な印象に感じられます。またスカーフは柄があるものが多いため、「無地ばかりで地味」という印象も緩和することができる便利アイテムです。

 

 

ほんのわずかな面積ではありますが、まわりから頭一つ抜けておしゃれに見えます。
Tシャツ・短パンなどのカジュアルスタイルでもスカーフ一つ入ることで「ドレス要素」が加わり、全体が大人っぽく引き締まるのですね。

 

 

巻き方は極めて簡単!!

 

「でもスカーフなんて巻いたことがない、巻き方がわからない。」

と思う人も簡単です。漫画の中で環ちゃんも説明していますが・・・

 

 

まず正方形のスカーフを三角にたたみます。

 

 

次にくるくると細巻きにしてあげます。
この時なるべく細くまくとスカーフが目立ちにくくなります。

 

 

首に巻いて・・・

 

 

一回結びます。

 

 

一回結んだだけでは解けてしまうので、もう一度結びます。

 

 

あとは形を整えてトップスの中に入れるだけでOKです。

 

 

「スカーフはちょっと巻いたことなくて恥ずかしい」という人もいますが、一度巻いたらその抵抗感はなくなるはずです。

 

何しろスカーフは「ほとんど見えなくて良い」のです。

 

顔の近くにあるスカーフはほんのわずかに見えるだけで十分アクセントになるものです。顔の近くは視線を集めるもの、少しでも色や柄があるだけで注意を引くものです。抵抗がある場合は「本当に見えるか見えないかくらい」の面積で構いません。それでもちゃんと目に付くため「わずかな大人っぽさ」「地味な印象の払拭」に貢献してくれるはずです。

 

 

この画像もスカーフが入っています。平面的な写真だとどうしても視線誘導が働きにくいので実感しにくいです。是非鏡の前で試しみてください。ほんのこれだけの面積でもちょっと印象に変化が生まれるものです。抵抗を感じる人は無理に見せなくても大丈夫ですよ。

 

 

 

もちろん私は夏場シンプルすぎるスタイルにおいては、時折こんなふうにあえて出して使うこともありますが。基本的には面積小さく隠してあげるくらいがちょうどよいです。

 

 

こんな感じでね。

 

 

こうして隠した祐介の行動は実は正解。スカーフは「隠す」くらいがちょうど良いです。

 

また「夏場にスカーフは暑いんじゃないか??」と思う人もいるでしょうが、実際に使ってみれば納得するはずです。スカーフの多くはシルクやポリエステルなどの水分を吸いにくい素材のものばかりです。加えてテロッとした高密度なものが多く、肌当たりが涼しいものが多い。

ゆるめに巻いてあげれば首回りを刺激することもなくさして暑苦しいこともありません。もちろんわずかでも布を取り払いたいくらいの真夏日にするのは難しいかもしれませんが、真夏日でも夜なら、また6月7月や9月頃の初夏&晩夏においては十分使えるアイテムです。

 

もちろん上の画像の通り、シャツなどに合わせて春や秋にも使えますね。しかも漫画で語っている通りGUなら500円以下で買えるものもあります。「ちょっと無難な組み合わせばかりでたまに違うものを試したい」なんて人には特にオススメ。チャレンジしても500円ならさして痛くも無い。使って気に入らなかったら母ちゃんにプレゼントすりゃOKです。

 

「スカーフかあ。。。俺に似合うかなあ・・・。」

そんな風に抵抗を感じるのもわかりますが、まあ500円ですしね。試しに試着室で巻いてみるのも良いでしょう。たまに冒険だと思って是非挑戦してみてください。渋い大人とフランス人のお供「スカーフ」、個人的にはとてもオススメです。

 

おしゃれは幸福度を底上げしてくれるツール

 

 

「二次会なんて別にスーツにネクタイでええやん」

と思う人もいるでしょう。もちろんスーツにネクタイで全然構いません。TPO的にも問題ないでしょう。

 

・・・ただ「俺は今日ちょっとおしゃれだ」と思える服装だと、テンションも上がるもの。

あれだけあたふたしていて二次会にネガティブだった祐介ですが、最後はこんなにも楽しそうです。

 

「おしゃれ」をすると自分に自信がつき、積極的に人と話せます。誰もが経験していることだと思いますが、新しい服を買った時、これはイケてる!!と思えたスタイルで街を歩く時、妙に積極的になるものです。

おしゃれをすれば一人でバーに行くのも躊躇しない、女性と話す時も堂々とできる、レストランでウェイターさんを呼ぶ時も大きな声で「すみませーん」と言える。そんな力がおしゃれにはあります。それが仮に薄っぺらな自信であっても十分じゃないでしょうか。

 

どうあっても友人の結婚式二次会なんて楽しいものです。皆でお酒を飲んでワイワイ祝えば存分に幸せな気分でしょう。しかしそこに「おしゃれ」が加わると2倍は無理でも1.5倍は楽しくなります。そんな人生の幸福度を底上げしてくれるのが「おしゃれ」です。こうした喜びを少しでも世の中に伝えていくことが社会的使命だと思って活動しています。

 

結婚式の二次会、ちょっとの工夫で楽しさは増します。予定がある方は是非5巻の祐介を参考にしてみてくださいね。

 

 

 

言い忘れた。
スカーフ、バックポケットに入れて後ろ姿のアクセントにするのもオススメです。夏場はお尻が見える服装も多いですからね。こんな着こなしもご参考に。

 

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. スーツについて

    【クールビズ用マストバイ!!】スーツセレクトの28000円スーツでビジネスもカジュアルもオシャレになれる!!
  2. 雑記

    あなたの行動は全て把握されている?Tポイントカードや顧客分析用店内カメラによる店舗運営効率化【VMDは必要なくなる?】
  3. アパレル業界裏話

    あなたが今着ている服は「高級ブランドの模倣品」かもしれない??ファッションのコピー品について。
  4. メルマガ告知

    優勝者は誰だ!?1万人の頂点が10月1日に決定する!!
  5. 服を着るならこんなふうに・補足

    革靴が雨に濡れたらどうすればいいの??永久保存版「超簡単!!靴のケア方法」【服を着るならこんなふうに・MBの補足】
PAGE TOP