流行解説

2017年春夏メンズファッションのトレンドを5分で理解できる記事

 

スポンサーリンク

  

前回お話しした2017年トレンドの「ギークスタイル」
ギークとは「海外のヲタク」を表す言葉。コンピューター知識に富んだ人を指す言葉です。
自宅のPC前でだらしない服装をしているギーク達。この春夏はそんな「着崩し方」をカジュアル要素として取り入れると最先端トレンドとしての差別化が進むでしょう。概要は前回の記事をまず参照してください。

 

※参考記事
ファッション考察:2017年春夏トレンド「ギークスタイル」とは何か?

 

では今回は、より具体的に「ギークスタイル」などの2017年春夏のトレンドスタイルを語っていきましょう。

 

 

トレンドカラーはサーモンピンク

 

vallisbyfactotum_2017ss_001
Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/26175/VALLISbyFACTOTUM_2017SS_001.jpg

 

dieselblackgold_2017ss_mens_065
Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/24273/DIESELBLACKGOLD_2017ss_mens_065.jpg

 

毎シーズン発表される「トレンドカラー」は複数ありますが、その中でもテキスタイル(素材としての生地のこと)ベースに落とし込まれて日本のファッション市場に流通される「実際のトレンド」となる色味は限られているもの。今年はホワイトやマスタードカラーやベージュなど春夏らしいペールトーンを中心に色々なカラーが流通しそうではありますが、中でも「トレンドカラー」としてファッショニスタ達が反応しているのが「サーモンピンク」カラー。

 

08101846_57aaf80ec1d95
Photo by http://d3e2idhyhxbzvy.cloudfront.net/product/552_644/5/9/08101846_57aaf80ec1d95.jpg

 

既にレディースではこの秋冬からトレンドカラーとして流通しており、セレクトショップなどではピンクカラーのニットなどが人気です。メンズとはミスマッチかとも思われるピンクカラー、「ピンクなんて所詮一部の服ヲタクの中だけの理解不能なスタイルだろう?」とも思うかもしれませんが実はちゃっかりユニクロなどの量販店も既にピンクカラーの新作をメンズでリリースしていたりするのです。抵抗を感じる人もいるかと思いますが・・・「ノームコア」時代から長らく続いたモノトーンのトレンドにそろそろ飽き出した人も多いはず。「黒白も飽きたしピンクもたまにはいいのかもな」と案外広く受け入られるトレンドカラーではないかと思っています。(実際各ブランドカットソーやニットなどですがピンクカラーの展開は今年かなり多い!!)

 

2375f69c631498287be5b2d5de862625
Photo by http://woman-lifeinfo.com/wp-content/uploads/2015/02/2375f69c631498287be5b2d5de862625.jpg

 

「ピンク」と言うとこういったビビッドなピンクを連想するかもしれません。色彩強いこういったピンクも流行色の一つではあるのですが、最も注目してほしいのはあくまで「サーモンピンク」。鮭の様な薄いペールトーンのピンクのこと。色彩は基本的に強くなるとカジュアル感が強く、子供っぽい印象が際立つので「大人っぽさ」が重要なキーワードとなるメンズファッションにおいては扱いにくくなるものです。今回のトレンドも同じピンクでも扱いやすいペールトーンである「サーモンピンク」が人気となるでしょう。

 

16-12-27mrmb364

 

1月中旬のメルマガではこういったサーモンピンクの着こなしに早速触れています。上はメルマガで紹介する画像をちらりと先に見せてしまっていますが・・・どうでしょうか。このくらいの「ピンク具合」なら取り入れやすいでしょう?

ピンクといっても薄いサーモンカラーのものを選ぶといわゆる「ヌードカラー」に近くなる。日本人の肌の色に近づくためまるでヌードの様な印象となり絶妙な色気を感じるものです。ちなみにカジュアルなカラーですから、なるべくドレスライクなアイテムで取り入れるのが最も簡単です。上の画像も「ドレスライクなニット」でサーモンピンクを使っています。

 

そしてピンクニットは来年の象徴的な「ギークスタイル」。「母親が買ってきてくれたヲタク的なアイテム」とも言えますし、またよりトレンドライクに着るには上の画像でもそうですが、少しオーバーサイズで着用するのが肝。ゆったりとしたサイズ感とナードなピンクの色使いで「ダサっぽい」アイテムにするのがポイントです。

 

もちろん「ダサっぽい」アイテムをジーンズやチノパンなどで「本当にヲタク」的な着こなしをしてはいけません。

「ダサかっこいい」なんて矛盾感のある言葉がありますが、ファッションは「バランス」が重要です。「かっこいい」アイテムだけで集積すると「キメすぎ」に「嫌味」になるものです。「かっこいい」アイテムや「かっこいい」着こなしの中で、「ダサい」「気が抜けた」アイテムや着こなしを適度に入れ込むことで「余裕のあるオシャレ」が生まれます。ダサっぽいギークなピンクニットはかっこいい着こなしやアイテムを加えつつバランスをとるのがポイントです。少し難しく感じるかもしれませんが、こうした着こなしをマスターすると来年の春夏は街でも目立つオシャレさんとなるでしょう。

 

adidas-nmd-r1-salmon-pink-1
Photo by http://sneakerbucks.com/wp-content/uploads/2016/11/adidas-nmd-r1-salmon-pink-1.jpg

 

ちなみに服だけでなくスニーカーもピンクが登場。「まっピンク」のスニーカーではなく、一部色使いにピンクを混ぜていたりするものが中心ですが。もし「服でピンクはちょっと抵抗が・・・」と思う人はスニーカーや小物などでプラスするのも良いかもしれません。

 

 

ヴェトモンから始まった「肩を抜いて着る」スタイル

 

463300078
Photo by http://img.acodesign.jp/upload/save_image/vinvan_add15/463300078.jpg

 

こちらは「アイテム」のトレンドではなく、「着こなし」のトレンドです。
少し説明が難しいのですが・・・やや大きめのトップスを「後ろにズラして」着用する着こなし。

「肩を抜いて着る」などと表現したりします。

 

vetements-po-f15-010_rect490
Photo by http://img.ellegirl.jp/var/assets/storage/images/media/images/vetements-po-f15-010/860962-1-jpn-JP/Vetements-PO-F15-010_rect490.jpg

vetements-po-f15-020_rect490
Photo by http://img.ellegirl.jp/var/assets/storage/images/media/images/vetements-po-f15-020/860967-1-jpn-JP/Vetements-PO-F15-020_rect490.jpg

 

このトレンドの源泉は今世界のファッショントレンドを牽引しているブランド「VETEMENTS/ヴェトモン」。90年代から活躍し煌びやかな「ハイブランド」のラグジュアリーな世界に古着やデストロイなどを浸透させた革命的ブランド「マルタンマルジェラ」のデザインチームで活躍したデザイナーが手がける新ブランドがこの「VETEMENTS/ヴェトモン」。

 

特に注目されているのが上の画像でも見られる「肩を抜いた」着崩し方。

90年代のストリートスタイルを彷彿とさせますが、やや大きめなトップスを肩を抜くように後ろにズラして着用する「だらしない」「ギーク」な着こなし。これが海外を中心に大流行。とりわけ新しいもの好きなパリのファッションでは広く受け入れられている様です。

 

日本でもレディースを中心にこの着こなしが今年秋冬大流行。上のシャツなどもそうですね。

 

463300078
Photo by http://img.acodesign.jp/upload/save_image/vinvan_add15/463300078.jpg

 

ゆったりとしたシャツやニットなどを「ちゃんと着る」のではなく海外のヲタクのように少し肩を抜いてズラして着る着用方法。こうすることでトップスのボリューム感がプラスされるだけでなく、シャツやニットなどの「ドレスライク」なアイテムに少しのカジュアル感を足すことが出来ます。シャツにスラックスなどのカッチリとしたアイテムを集積してもこうして着崩すことで「キメすぎ」を避ける着こなし方。少し難しいですが、1月中旬のメールマガジンではこの「肩を抜く」スタイルについてもう少し深掘りして解説と着こなし方の紹介を進めていきます。

 

 

オールドスクールな「チルデンニット」・・・などなど

 

discoverd_2017ss_037
Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/26706/discoverd_2017ss_037.jpg

 

今年春夏のトレンド、他にも色々解説したいものがありますがざっと紹介します。
まずチルデンニット。胸回りにラインが入ったディティールのオールドスクールなニットですが、まさにギークスタイルを象徴するようなアイテム。「お母さんが買ってきたニット」の様なイメージの品があるアイテム。これを少し大きめサイズなどで着崩すのが2017年流。上の画像は実はニットではなくスウェットですが、こんな風に「素材をカジュアルに」するのも面白いかもしれませんね。

 

raf0323
Photo by http://wp1-content.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2016/05/RAF0323.jpg

 

メンズ最強のデザイナー、Diorのデザインも務めるラフシモンズでは今年さっそくチルデンが印象的に使われていました。この流れを組んで来年春夏は日本のブランドでもチルデンデザインが多く見られます。「シンプルすぎる無地スタイルはもう飽きた」という人にも丁度良いでしょう。チルデンは全体に柄を使うわけでもなく色を面積広く使うわけでもありませんが、首回りの目立つ位置に象徴的なデザインを置くことで「脱地味」につながります。無地スタイルに飽きたけど柄モノは派手で使いにくい・・・そんな痒いところに手がとどくデザインアイテムとして幅広く市場に受け入れられるでしょう。

 

 

lanvin_2017ss_051
Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/27831/lanvin_2017ss_051.jpg

 

アウター系はブルゾントレンドがおさまらず。昨年からMA-1が人気ですがこの流れはとまらず。ただしこの春夏は「エリのついたブルゾン」が多い印象でした。MA-1の様なミリタリーモノでも襟のないノーカラーではなく、襟のついたやや品良い仕様が人気になるかと。もちろんロングコートも引き続き人気ではありますが、この秋冬もロング丈は多かったので反動でショート丈志向が強まるでしょう。

 

 

「ギーク」らしく刺繍の入ったブルゾンや、ロゴプリントの入ったコーチジャケットなども人気。癖の強いアイテムを望むならそのあたりチェックしてみましょう。

 

 

look-117
Photo by http://clane-design.com/look_image/look-117.jpg

 

また一番「ギーク」らしいのかもしれません、パジャマスタイル。ペイズリーなどのパジャマ風総柄や、レーヨン素材などを使ってパジャマを連想させる風合いなどのアイテムがチラホラ。この秋冬も多く見かけましたが、こういったパジャマ柄トラウザーなどを白のまっさらなドレスシャツなどに合わせるとバランスがとれて色気が生まれます。

 

 

他にもサンダルなどのトレンドもありまだまだ語りきれないところではありますが、長くなってしまったのでこんなところで・・・。次の春夏は様々なトレンドが入り混じり例年にない面白いアイテムが市場を盛り上げてくれます。「秋冬の服装に飽きたな」「無地スタイルはもういいかなあ」と12月頃は何かと「おしゃれに飽きる」ものですが、大丈夫。来月にはまたファッション熱を刺激するアイテムが数多くリリースされますよ。散財に注意して来年も楽しみましょう。

 

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第3位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?
  2. 連載媒体mine、4月1日より値上げします!!読むなら今がオススメ!!

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. ユニクロで買えるオシャレアイテム

    UNIQLO/ユニクロルメールのキャンバススリッポンは5年に一度のマストバイアイテム!!
  2. 服を着るならこんなふうに

    史上初のメンズファッション漫画「服を着るならこんなふうに」第1巻12月10日発売します!!
  3. 雑記

    10月28日29日グランフロント大阪でのトークショー、大盛況でした!
  4. メルマガ告知

    「サングラスのおすすめは何?」疑問質問に一挙回答する「Q&A特集」!!
  5. 雑記

    2016年10月13日宝島社より、MB新刊「Men’s ファッションバイヤーが教える 「普通の服」でおしゃれに見せる方法 」が発売されます。
PAGE TOP