オシャレになる前の基礎知識

「服を買いに行く服が無い・・・」オシャレ初心者が感じる3つのこと。

 

スポンサーリンク

 

 

今回は私が学生の頃、まだまだオシャレに疎かった時代に思っていたことを挙げてみます。

「これからオシャレをはじめよう」
とする人は共感できることばかり
かと思います。是非。

 

服を買いに行く服がない・・・

 

i-031_trim
※私が監修する漫画「服を着るならこんなふうに」第1巻より

 

これは学生の頃は何度も何度も思いました。
「おしゃれになりたい!」と思っても

「服を買いに行く服が無い」のです。

 

私が学生の時代にはまだまだ通販なんてのは無かった時代です。
(「A.P.C.」だけがデザイナーズブランドの中で唯一カタログ通販を頑張っていたけれど)

オシャレになりたい、服を買いたいと思ったら
どうしてもお店に足を運ばなければいけませんでした。

 

さらに当時の接客スタイルはそれはそれは威圧的で・・・泣
今でもそういったお店は一部あるとは思いますが・・・

 

・一見さんだと接客してくれないどころか「いらっしゃいませ」も言ってくれない

・お店の前で常連さんと楽しそうにタバコを吸っていて気まずくて入れない

・上から目線の言葉をかけてくる

 

当時はまだまだ通販が無かった分、店舗の売上が立っており、そこまで店員さんも必死じゃなかったんですよね。むしろ「オシャレなお店のショップスタッフ」ということが店員さんにとってのステイタスでもあったので、悪く言うと「調子にのった」店員さんが今よりもずっと多くいました。

 

ガラスのハートだった内気な私はどうも洋服屋さんの接客が苦手でした。

「よし!今日は貯めたお金で頑張ってコートを買いに行くそ!!」と意気込んでも、
お店の前でオシャレな常連さんとスタッフさんがタバコを吸いながら談笑していると・・・
どうしても入店できずに前を通り過ぎてしまっていました。。。

 

その時私は
「ああ。。。自分はなんてダサい人間なんだろう。」
「いつか堂々と入れるようにオシャレになってやろう。」
とよく思っていたものです。

 

 

その当時は「通販がない」分、
「服を買いに行く服が無い問題」を解決する手立てはありませんでした。

どうにかしてお店に行って、時に威圧的な接客にも耐えて、なんとか一式服を揃える必要がありました。
昔ですからユニクロや無印良品などの服もありません。
セレクトショップの高い洋服を貯めて頑張って買う・・・一式揃ってようやく「繁華街に買い物に行く服を手にいれた」状態になったものです。ドラクエのレベルUPの様です。

 

しかし今は通販があります。ユニクロなど気負わず入店できる格安服もあります。

「服を買いに行く服がない問題」は容易に解決できます。

 

このKnowerMagや毎週配信のメールマガジンでは
「ユニクロで何を選んでどう着ればオシャレになるか」などを限りなく具体的に写真と解説を交えて
語っています。「なぜオシャレになるのか」という論理を解説するので再現性100%。

「これをこう合わせると脚が長く見えるので」
「これをこう合わせると大人っぽいドレスな印象が生まれるので」
「これをこうまくると色気がプラスされるので」

などなど細かい指示まで徹底して書いています。

 

私が当時苦しい想いをしながら解決していた

「服を買いに行く服がない問題」は

今ではとても簡単に解決できるんです。

 

 

何を着ても似合わない気がする・・・

 

SH380327
Photo by http://blog-imgs-42.fc2.com/g/e/n/gentle525/display100208-1.jpg

 

これも学生時代何度も思いました。
周りには「私よりも大して服にお金を使ってないはずなのに明らかに私より格好良い人」がいました。

 

これはなんとも悔しかったです。
私は顔も整っていないし、髪も若ハゲの部類だし(中学生の一時期のあだ名は”ハゲ”でした!!今考えると本当にひどい!!)、短足具合は皆のネタになるほどでした。

 

でもそんな私だからこそ「格好よくなりたい!!」と服にお金をかけるわけです。
私の家は極貧でしたからおこづかいはかなり少なかった。でもお昼ご飯代にもらった500円をお昼を食べずに貯めて、親戚のうちに行ってお年玉やおこづかいを集めて、なんとかやりくりして服に投資していました。

 

でも「バスケ部のイケイケ男子」「サッカー部のワイルド男子」
古着のスウェットやジーンズメイトで買った格安Tシャツでも「格好良い」のだから本当に悔しかった。
結局顔や体型が綺麗な人にはどうあがいても勝てないんじゃないか・・・と心から思っていました。

 

 

しかしだからといって諦めることもありませんでした。

「自分は顔も整ってない、体型も綺麗じゃない」
「だからこそ、どうすれば彼らのように格好よくなれるか努力と工夫をする必要があるんだ」
と考えました。

 

一体どうしたら「雰囲気イケメン」になれるのか。
一体どうしたら「胴長短足」を誤魔化せるのか。
一体どうしたら「若ハゲ」を隠せるのか。

 

そういったことをとことん考えていました。
もともと研究肌だった私は、思いついたことはノートにまとめ、ショップスタッフさんには恥を忍んで山ほど質問をしてそれをメモりました。20歳の頃にはショップスタッフのバイトをエイヤッ!と始めて、そこで学んだことはすべてアーカイブしました。

 

「自分がショップスタッフなんて出来るわけがない」
とは思っていましたが、でも同時に「ショップスタッフになれば飛躍的にオシャレに近づくはずだ」と
思っていたので、地元で一番オシャレなショップに電話をかけて「どうか雇ってください!なんでもやります!」とお願いして採用してもらいました。(募集をかけていないお店でした)

 

バイトながらブランドの展示会に連れていってもらって一流のデザイナーさんのお話しを聞いたり、
モデルさんやスタイリストさんと会ったらとにかく恥を忍んで質問をぶつけまくったり・・・
そうする中で・・・

 

一体どうしたら「雰囲気イケメン」になれるのか。
一体どうしたら「胴長短足」を誤魔化せるのか。
一体どうしたら「若ハゲ」を隠せるのか。

 

ここに関する答えがいくつか生まれて、それをひたすらまとめることを繰り返しました。
繰り返すこと10年・・・

私が悩んでいた「何を着ても似合わない」は勘違いだとわかりました。

 

 

「似合う様に着こなす方法がある」というのが結論です。

 

格好よく見える人も実はよくよく見ると「イケメン」でも「体型が綺麗」でもなかったりします。
実際にその時に会ったスタイリストさんやデザイナーさんはそういったケースが多かった様に思います。(失礼。)

彼らは顔も体型も「それなり」なのにどうして格好よくなれるのか?
それは「格好よくなる着こなし法」を会得しているだけだったのです。

 

諦めなければ道はありました。
そしてそれを今では論理的に体型的にまとめて、
みなさんに提供することをお仕事としているわけです。

私の半生は「服のこと」で埋め尽くされています。

 

 

なんでオシャレな人って、人のこと見下すんだよ!!

 

supreme-spring-2016-drop-street-style-feature
Photo by http://static.highsnobiety.com/wp-content/uploads/2016/02/19012122/Supreme-Spring-2016-Drop-Street-Style-feature.jpg

 

もうこれは学生の頃さんざん体感しました。
上述の通り、当時のショップスタッフさんの一部(もちろん全員なんかじゃないですよ?)は
ひどく高圧的で・・・見下す様なことを何度も言われました。

 

ショップスタッフとして内部に入ってみれば

「”カッコ悪い”ってことを自覚させて売れ」
「ある程度見下すくらいじゃないと、ナメられる」

なんてことも言われました。
その時はショップオーナーに言われたんですが「本当にそうだろうか・・・」と抵抗が強くありました。

 

元々私は内気な人間でオタク気質です。
あまり積極的で活発な人間ではないので、どうもそういった「唯我独尊」な態度をとることができません。
自分に自信がなく気が弱かったんです。

 

だからこそ、「見下すような態度」にいたく傷ついたものです。

「オシャレな人はなんでこう見下すような態度になるんだよ!!」
といつもいつも疑問でした。

 

だからこそ自分は・・・

「オシャレになっても優しい態度でいよう、それが一番かっこよくね?」

と思ってました。

 

 

「差別化」を意識せざるをえないオシャレの世界。
オシャレな人がオシャレじゃない他人を見下しがちなものであることは理解しています。

 

しかしこう考えてみてはどうでしょうか。

オシャレなんて「たかが洋服のこと」なんです。

 

私は人生をかける価値のあるものだと自覚していますが、
それでも世間一般では「たかが洋服のこと」で良いのです。

だって洋服よりも、日常生活や仕事や恋愛のほうが、多くの人にとっては大事でしょう??
だったら洋服で他人を見下したり、洋服で調子に乗ったりすることが
いかにくだらないことか理解できるはずです。

 

もちろん格好よくなり、日々の生活に自信をつけるのは良いことです。
オシャレをすると外に出たくなるし、
自信がつけば女性と話す時堂々と目を見て話せるし、
レストランでウェイターさんを呼ぶのにオドオドしません。

 

洋服が素晴らしいものであることは誰よりも私が理解していますが、
ですが同時に「たかが洋服のこと」でもあるのです。

 

だから他人を卑下したり、無為に傷つけたり、ネガティブな言葉を安易に放ったりするのはやめましょう。

 

それに

「優しいオシャレさん」が世の中で一番格好良いのですから。

 

7000人以上が購読している日本最大の「おしゃれ」をマスターするメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第3位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年、2015年部門別「まぐまぐ大賞」も受賞。なんと7000人以上の読者を抱えています。多くの方に支持され絶賛配信中です。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 流行解説

    「ノームコア」とは?一体どこから来たのか?デニムを穿けばいいの?着こなしは?2015年春夏メンズファッショントレンドを徹底解説!!
  2. セール情報

    2017年ナノユニバースの福袋を購入して中身を確認してみた。
  3. 告知

    福岡のトークショーではなんとプレゼント20点用意して行きます!!!!!
  4. ユニクロでオシャレをする!

    ユニクロU2018夏物がついに全型発売!!レビューと着こなし徹底指南を行います!!
  5. メルマガ告知

    5月-6月のメルマガは「最速でクールビズをおしゃれに見せる方法」「ワイドパンツ攻略」「格安ショップでおしゃれになろう第二弾」他豪華プレゼント企画アリ!!
PAGE TOP