オシャレの秘伝

「素材」は何を基準に選ぶべきか?洋服上級者でも理解していない人が多い素材の基本である「シワとツヤ」

 

スポンサーリンク

 

今回は・・・

「素材をナメちゃいけません」

という話。

 

 

素材だけでモノを選べという話ではありません

 

いや、「素材」と言うと勘違いされそう。
正しくは「素材感」かな。

 

何も今回の話は「素材信仰になれ」と言うのではありません。
極上の希少高級素材を求めればオシャレになるなんて、宗教的な主張をするつもりはありません。
「信じるものは救われる」的な?
素材信仰はメンズファッションにまだまだ根強く残っています。

「高級素材だからオシャレ」
「冬山でも堪えられるプロユースのスペックだからオシャレ」
「良い素材のものほどオシャレ」

なーんて主張をしてくるショップスタッフはまだまだ絶えないですが、ちょっと考えればいかにも馬鹿らしい話です。

 

客観的に判断されるものであるはずの「オシャレ」が
説明しなければ伝わらないような「素材の良し悪し」で決定されるなんて
小学生でも理解できるごくシンプルな矛盾です。

 

もちろん「見た目に影響する」素材の良し悪しというなら別ですが、
耐水性がどうだとか、希少素材だとか、そういった「説明しなければ分かるはずがない素材の良し悪し」はオシャレとは全く関係ないものです。一部の服マニアだけに通じる思想なだけです。

 

ちなみにごくごく一部のマニアにとっては夢も希望もない話ですが、生地屋さんに精通している人なら知っていることかもしれませんが、「ユニクロ」の素材って極端に良質なものを使っています。中程度の価格レンジのブランド・・・例えばシャツやデニムが1-2万円程度くらいの価格帯のブランドならば、物にもよりますがユニクロの方が良質素材のことも少なくありません。

 

20160128172039
Photo by http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/O/OKP/20160128/20160128172039.jpg

 

素材信仰者なら今年出た「ブロックテック」の凄さは簡単に理解できるはず。
他ブランドなら3万円ほども出さないと買えないスペックのアウターですよ。ヨーロッパではかなり売り上げ好評の様ですが、日本では「ユニクロ=実用品」のイメージも根強いので「高い」と言われて売れてないみたいですが。単純なスペック比較、素材比較ならはっきり言ってユニクロ以上のコスパは存在しません。

 

 

・・・で、今回はそういう話じゃなく。

「素材感」の話です。

 

 

素材感で印象はまるで変わる

 

アイテムを見るときにきちんと「素材感」も意識しましょう、という話。

 

洋服に慣れてない人は、コットンだろうがレーヨンだろうが「同じTシャツ」として認識しがちですが、

実は素材感や風合いが異なるだけで印象に雲泥の差がつくのです。

 

4048529B_18_D_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/529/4048529/4048529B_18_D_500.jpg

 

例えば同じTシャツでも、
こういった杢調の素材感と・・・

 

16-4-27MrMBTsM-06

 

こういったツヤ感をつけたシルク調の素材感とでは
受ける印象がまるで異なります。
例えシルエットもデザインも全く同じだったとしても受ける印象はずいぶん異なるものです。

 

上の例で比べると、なんとなくツヤのある風合いのものの方が「大人っぽく」「カッチリ」した印象に感じませんでしょうか。・・・まあ同じ人間が着ているわけではないので比較検討しにくいかもしれませんが。

 

「素材感で印象が変わる」・・・これ是非ご自身で試着して確かめてみてください。
例えばユニクロでも・・・

 

17_164179
Photo by http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/164179/item/17_164179.jpg

 

ツヤ感の強いスーピマカットソーシリーズと・・・

 

69_182110
Photo by http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/182110/item/69_182110.jpg

 

ツヤの全くないポケットTシャツのシリーズとでは印象が異なります。

 

 

では・・・
どんな風に印象が異なり、どんな使い分けをしたら良いのか。
簡単に説明します。

 

 

「シワ」と「ツヤ」

 

まず

「ツヤ」のあるものはドレスライクであり、

「シワ」のあるものはカジュアルライクです。

 

スーツで使うアイテムのすべてを思い起こしてみてください。

ジャケットやスラックスは高密度のウールでツヤを求めますね。
高級スーツであればあるほど細い糸を使いツヤ感を重視・珍重します。

 

またシャツもカジュアルはシワ感が強くつくオックスフォードなどを用いますが、スーツではツヤが強いブロード素材などを用います。タンスの中にあるカジュアル用のシャツとスーツ用のシャツを見比べてみてください。おのずと理解できるはずです。

 

1411010848663
Photo by http://img.u-note.me/note/uploadimage/1411010848663.jpg

 

sim
Photo by http://auctions.wing.c.yimg.jp/sim?furl=auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/ra127/users/5/7/3/0/lovepeace_lovejp13-org-145245229135892321366685&dc=1&sr.fs=20000

 

ネクタイはカジュアルな「ニットタイ」などであればツヤはありませんが、
礼服や普段使うようなドレスなネクタイであれば通常シルクを使っており、はっきりくっきりと「ツヤ」が出ているものばかりです。

 

スーツ用の革靴は出かける前に何をしますか?
磨いてピカピカにツヤをつけますよね?擦り付けるように磨いてツヤを際立たせるのがシューケアです。一方でカジュアルなスニーカーは「ツヤがあると格好悪いから」と新品を踏みつけて汚したりシワをつけたりしますね。

 

ドレスとカジュアルは対極にあり、ドレスは「ツヤ」をカジュアルは「シワ」を重んじるものなのです。
これは部分を切り取った話ではなく実は何から何まで全てそうなのです。

 

 

※「ドレスとカジュアルのバランス」に関して未見の方は下記記事を一読ください。メンズファッションの大原則が理解できます。
【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

 

そしてこれはTシャツなどのカジュアルウェアの中での話としても同様に作用します。
ドレスとは大人っぽさの象徴であり、カジュアルはラフさ子供っぽさを象徴します。

つまりツヤがある素材は大人っぽく

シワがある素材はラフに感じさせる効果があるのです。

 

 

例えば先ほどの例に戻ると、同じTシャツであっても・・・

 

4048529B_18_D_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/529/4048529/4048529B_18_D_500.jpg


 

こういった杢調でツヤがなくシワがよく見られる素材感のものはラフに感じやすいものです。
大人っぽく見られたい、落ち着いた印象にまとめたい、そう思うならこういった素材感のものは避けた方が良いでしょう。

 

逆に・・・

 

16-4-27MrMBTsM-06

 

シルクの様な風合いのある素材。特にこのTシャツは「シルケット加工」というツヤが際立つ加工を施しています。
こういったツヤが強調されているものであれば大人っぽくドレスライクな印象を与えることができるのです。

 

 

よくこの時期になると
「夏場はTシャツだけになり、どうしてもドレスライクな印象が作れません。」
「どうやったらTシャツでも大人っぽく格好良い印象になるのでしょう」

などの質問が来ます。(毎週末配信のメルマガではQ&Aコーナーを設けているので)

 

ですが同じ「Tシャツ」であっても「素材感」次第で印象は全く変わるのです。

素材感がツヤあるものか、シワあるものか。そういった目線でモノを選ぶともっと選択肢や着こなしの幅が広がり、ファッションが楽しくなります。

 

 

例えば「スラックス」も同じです。
「スラックス」と聞くと・・・

 

285236_0_10
Photo by http://www.llbean.co.jp/img/goods/10/285236_0_10.JPG

 

こんな風なビジネスライクなものばかり想像しがちですが・・・

 

439093-05_1
Photo by http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/stylife/cabinet/item/093/439093-05_1.jpg

 

同じスラックスでもシワの入りやすいこういったコットンピケなどの素材を選べば、カジュアルな雰囲気を入れ込むことができます。

「スラックスを日常着として使うのは抵抗がある」
「ビジネス用に見られるんじゃないかと・・・」

なんて思う人はこういった素材の風合いの差で、ドレス感をあえて落とす方法もあるのです。

 

 

私たちはついつい洋服の印象を「デザイン」にだけ求めてしまいがちです。
ある程度洋服を知っている人でもそこに「シルエット」が加わるくらいで、「素材の風合い」まで見る人はそこまで多くありません。

 

しかし素材の風合いで印象が変わることを認識すると、着こなしに幅が生まれます。
「あの人、なんか普通のTシャツ着ているだけなのにオシャレに見える。。。」と思わせることができます。

 

これからの時期、特に重ね着ができなくなりファッションコーディネートの選択肢が減っていきますから、
是非「素材感」を意識して洋服を選んであげてみてください。
オシャレが加速しやすくなります。ご参考に。

 

 

6000人以上が購読している日本最大の「おしゃれ」をマスターするメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第3位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年、2015年部門別「まぐまぐ大賞」も受賞。なんと6000人以上の読者を抱えています。多くの方に支持され絶賛配信中です。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. メルマガ告知

    コーディネート総選挙結果発表!!!
  2. 雑記

    【まとめ記事】「袖まくりの正しいやり方」から「クールビズで使う正しいスーツ選び」まで
  3. 流行解説

    「靴下チラ見せ」コーディネートはどうすればオシャレに見える?「ソックスを見せればいい」訳ではない!着こなしを論理的に解説!!
  4. シューズ編

    【MB愛用スニーカーBEST3・その3】靴は「微細な差」が印象に大きな違いをもたらす(UNIQLOキャンバススリッポン)
  5. 告知

    12月20日八重洲ブックセンターにてトークショウ&サイン会を開催します!!
PAGE TOP