アウター編

MA-1とは?歴史やデザインを徹底解説!「ユニクロのMA-1」で良い理由とは?

 

スポンサーリンク

 

ユニクロのMA-1が超絶進化した!

 

UNIQLO
MA-1ブルゾン 3,990円

【ユニクロオンラインストア】MA-1ブルゾン
伝統的な素材やシルエットを継承しつつ、トレンドスタイルに合うシルエットにアレンジ。

 

毎年毎年必ず展開されるユニクロのMA-1。
今年も同じようにサラッと展開されているんですが・・・実は今年のモデル、ユニクロMA-1史上過去最高傑作です。

 

こう言っちゃあナンですが・・・

昨年までのユニクロのMA-1は本当に酷かった。
いやシルエットはいわゆるミリタリーのMA-1と異なりスリムサイズでモダンで綺麗だった。撥水性もあり軽くて着心地も良かった。そのあたりはさすがユニクロ・・・なんですが、いかんせん素材がペラペラすぎた。

 

薄いナイロン系の素材使いで、楽天の激安店や地方の量販店に売ってるような質感で「お金に困った大学生でも選ばない」くらいの安っぽさ丸出しの風合い。例えるなら・・・


Photo by https://www.l-m.co.jp/item/3522.html

イベントスタッフが着てるジャンパーみたいな素材感。
ペラペラ&テカテカで、ミリタリー由来のMA-1が持つ「重厚感」ゼロ。近年洋服好きからも認められてきたユニクロ製品ですが、コレだけは総スカンされていた様に感じます。

 


Photo by https://www.uniqlo.com/jp/gu/item/307705

しかし!そこをすかさず突いてきたのがGU。
シューズ類といいバッグ類といいユニクロが手薄になっているところを突くGU。昨年出したGUのMA-1は本家ユニクロ越え、ミリタリーのMA-1のような重厚な素材感で人気を博しました。メンズだけでなくレディースでも人気が出てあっという間に完売。様々なインフルエンサーが着こなしを披露したりと大ヒットしていました。

 

そして今年。昨年の反省を活かしたのか、ユニクロ今年のMA-1はミリタリー由来のMA-1として有名なアルファ社のものに近いような印象。重厚で高級感ある風合いに進化しています。今年こそ!今年こそはユニクロでMA-1買っても大丈夫ですよ!!!

 

そもそもMA-1って何?なんで裏がオレンジなの?

 

そもそも「MA-1」とは何なのか?


Photo by https://www.ikokuyaretro.com/html/ma.htm

元々は1950年代に開発されたアメリカ軍用のフライトジャケット。モッズコート、トレンチコート、カーゴパンツなど軍由来のアイテムが普段着として取り入れられるケースは枚挙に暇がないですが・・・MA-1もその一つ。MA-1が普段着として取り入れられた経緯は色々ありますが…映画「トップガン」でトムクルーズがフライトジャケットを着用しており、そこから普段着のフライトジャケット着用が一気に加速したことが一つ大きい。(ただ実はこの映画でトムクルーズが着てたのはMA-1じゃないんですが…この映画で「フライトジャケット」そのものの知名度が広がって結果一番安価で手に入りやすいMA-1が大きく浸透したという)

 

元々フライトジャケットはレザー製品が多かったのですが、時代が進みプロペラ機からジェット機になり高高度を飛行する様になるとジャケットに付着した水分が氷結し動きにくくなるという事態が発生。それを解消するために撥水性の高いナイロン素材を使ったMA-1が開発されました。


Photo by https://ja.wikipedia.org/wiki/MA-1

MA-1といえば襟もないポケットも少なめデザインがほぼ無いシンプルな顔が特徴です。
トレンチコートやモッズコートなど他のミリタリーアイテムと比べてもずいぶんシンプルな顔であることが理解できます。これにはちゃんと理由があって「狭い航空機の中では計器に服がひっかかることが多かった」から。シンプルなデザインにして引っかかる箇所を作らないことがMA-1の命題でした。

それが現代の普段着においては「シンプルでアクがなく、着まわしやすい」とどのトレンドにおいても好まれるようになったのだから世の中わからんもんです。機能性を追求したデザインが、結果的に美しさにもつながってるわけですね。

 


Photo by https://wowma.jp/item/387557926

さらにMA-1の裏側はオレンジ色になっているものが多いのですが、これにもちゃんと理由があります。オレンジは救助隊の制服からも分かる通り世界的に定められた国際救難色、「レスキューオレンジ」「エマージェンシーオレンジ」などと呼ばれています。

MA-1の裏側がオレンジなのはそのため。
海上などで支援を待つ際、裏返しにして着用していれば救助を待つ信号として見なされるわけです。ちなみに自然界の中でオレンジは特に目立つ色合いであり、登山着なども遭難防止としてオレンジカラーを差し色に使ったりもします。あのオレンジカラーにはちゃんと意味があるのですね。

 


Photo by https://www.yoshidakaban.com/special/tanker35th.html

余談ですが多くの日本人が使っている吉田カバン「PORTER」の人気バッグ「タンカー」は元々MA-1の素材でバッグを作ったのが着想点。頑丈で撥水性の高いMA-1素材を使うことで耐久性の高いバッグを実現したわけですが、MA-1の名残からPORTERのバッグは裏側もしっかりレスキューオレンジになってたりします。モノにはちゃんと意味があるのです。

 

またMA-1は着丈が変わったデザインになっており、後ろが短く前が長い作りになっています。これもちゃんと意味があり、航空機で着席した際にお尻でジャケットを挟まないため。想像すれば分かる通りですがお尻でジャケットを踏んじゃえばいざという時、迅速に動きにくくなります。踏まないように後ろだけ短くなっているのですね。

 

他にも袖先や裾に伸縮性の高いリブがついているのはもちろん防寒性を向上させるため。風や冷気を取り込まないようにフィットさせるわけです。また中綿が入ったボリューミーなデザインも高高度の極寒に耐えるためです。

世の中に長く流通しているデザインには大概こうした理由があるわけですが、細かく見ていくと結構面白いでしょう?

 

ユニクロのMA-1が高そうに見える理由

 

 

さて、ここで話をユニクロに戻します。
昨年のユニクロのMA-1が何故安っぽかったのか?
何故今年のユニクロのMA-1が高級感ある本物っぽい様に見えるのか?

 

その理由の一つは上記で並べた「MA-1の原型」からハズれているからです。
見ていった通りですがデザインにはちゃんと理由があります。MA−1が中綿入りでボリュームあるのは防寒性のためだし、ツルッと撥水性のある重厚なナイロンにしているのは水分の付着と氷結を防ぐためです。

昨年のユニクロのデザインはこれを無視したような、ツルツルテカテカの薄っぺらい素材感になっていました。結果MA-1の原型から離れてしまい「理由のない素材」になってしまいました。

 

メンズファッションは「理由のないデザイン」を嫌う傾向があります。
例えばゴテゴテとして意味のないシルバーアクセサリーを重ね付けすると途端に安っぽい印象になるし、楽天の格安店や量販店で売られている「理由のないデザイン」がこれでもかと詰め込まれた服はどこか「大学デビューのイモっぽい印象」が含まれるでしょ??ベルトループがカラフルで山ほどついてるやつとかね。


Photo by http://img05.shop-pro.jp/PA01017/369/product/11216201.jpg

 

「理由のないデザイン」だったり
「見慣れた原型から離れすぎたデザイン」だったりすると
安っぽさが出てきてしまうことが多い。

ユニクロの昨年までのMA-1はこうした印象も手伝って「イマイチ」に見えたわけです。
(もちろん「理由のないデザイン」でも高級感を出すこともできますが・・・それはメルマガなどで以前も説明していますので興味あれば是非購読してみてください。)

 

で、今年のユニクロのMA-1が何故良いか。
それは軍モノのMA-1に素材や作りの印象が近いからです。「本物」感があり、理由のあるデザインがちゃんと残っている。本物同様にボリュームのある楚材になっているし、細かい部分まできちんと作り込んである。昨年と比べて圧倒的に「安っぽさ」が消えました。

 

ただし軍モノのMA-1ってどうしてもサイズ感が日本人似合わないのですね。
腕回りが太モモのように太いアメリカ人と違い、我々の体は華奢でスリム。原型であるMA-1がいかに格好良くてもサイズ感が合わないためなかなか着まわしが難しい・・・そこでユニクロでござんすよ。

ユニクロの今回のMA-1は素材感やデザインは原型に近いものにしているけれど、シルエットは日本人の体型に合わせてスマートに作られている。腕回りは特にリサイズしてあって、本家MA-1と比べてかなり細め。身幅や肩幅は広く本家と似たような印象ですが、袖をキュッとスリムにしてあるため「外人が着た時のMA-1の印象」に近くなっています。ボリュームは残したままスマートになっている、これが大当たりです。

 

本物っぽい高級感だけどサイズ感は日本人向けにしっかり整えたもの。これが3990円で買えるなんて・・・。

 

着こなしは案外スラックスや革靴などに合わせると良い

 

MA-1と聞くとついつい「インディゴデニムとレッドウイングっしょ!」とアメリカ人のように合わせたくなります。もちろんそれでも良いのですが、できればもうちょっと大人っぽさを付け足してほしい。

ミリタリー由来のヤンチャな印象が強いからこそ、スラックスやニットウェアなどドレスライクアイテムを混ぜてあげると大人っぽさが足されておしゃれな印象が作れます。

【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

画像のようにスラックスやニット、革靴などで合わせて「ヨーロッパ風」に着てみるのが今年はおすすめ。
ちなみに上の写真パンツもユニクロです。上下ユニクロでもこなれた印象を作れるように・・・ほんと良い時代やで。

 

そんなわけでユニクロMA-1、今年の秋のラインアップの中では指折りでおすすめです。是非チェックしてみてください。

 

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

最も早くオシャレになる方法KnowerMag マガジン|MB|note
毎週日曜18時頃更新!現役メンズファッションバイヤーであり、書籍累計100万部を誇る日本を代表するファッション著者であり、ファッションHOWTOサイト KnowerMag運営者...

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. アクセサリー編

    春夏に「ブレスレット」をつけない人は、損をしています。
  2. MBラボ

    MBラボ発となる「MBセレクト古着屋さん」「ラボの拠点MBBAR」「ハイブランドを気兼ねなく試着できるSHOWROOM」などが一斉OPENします!!
  3. 雑記

    ホリエモンこと堀江貴文さんと対談してきましたー!!しかも先週二回も笑。
  4. メルマガ告知

    第3回コーディネート大会・結果発表!!
  5. オシャレの秘伝

    【狙うべきはブーツ!!】男同士で居酒屋に飲みに行った時に「コイツおしゃれだな・・・」と一目置かれる方法【褒められるためのファッション講座】
PAGE TOP