KnowerMagへようこそ

おかげさまで関連書籍累計10万部突破。「ファッション」を論理的に分かりやすく説いています。

 

スポンサーリンク

 


私の本「最速でおしゃれに見せる方法」(扶桑社)は

過去10年間発売されたメンズファッション書籍(雑誌除く)の中で

最も売れているそうです。

 

分かりにくい「センス」なんて言葉で表現されがちな不明瞭で不親切なファッションの世界を全力で分かりやすく解説し、

読者さんが超簡単に周りから「おしゃれだね」と言われるように、活動しています。

 

一人で、多方向から、アプローチしています

 

本サイト「最も早くおしゃれになる方法KnowerMag」は運営開始からすでに3年が経過しました。スタート当時は1日のアクセス10件だったこのサイトも今では1ヶ月で100万PVを記録するようになりました。

また本サイト以上に評価されているのが毎週配信しているメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」。日本のメールマガジン配信の最大手である「まぐまぐ」で過去に類をみないほどの読者増化率を記録し、運営から2年足らずで6000人もの読者を獲得。

メルマガ配信者の代表である堀江貴文さんに次いで人気3位となっています。2014年2015年と二年連続でまぐまぐ大賞も受賞しています。

 

それらが評判となりフジテレビ「ノンストップ!」を始めTVラジオなどのメディア出演、2015年には2冊の書籍と監修する漫画の発売、「週刊SPA!」や「メンズジョーカー」などの雑誌各種連載、単独で100名以上を集めるトークショーを複数回こなし、直接着こなしやビジネスマインドなどを指導する「MBサロン」運営・・・と現在では多岐にわたり活動をしています。

 

 

 

第1作目の自著がこちら。
扶桑社から出版された「最速でおしゃれに見せる方法」。
発売直後から大反響を得て発売から半年ほどで9度目の増刷を達成。

amazon全体のランキングでは第3位を記録。

(当時又吉さんの「火花」が一位でした)

 

 

評判の大きかったメルマガを再編集再構成したのがこちら「Men’sファッションバイヤーが教える 「おしゃれの法則」 」。宝島社さんから出版。こちらも5度目の増刷を達成。amazonファッション部門の上位常連となっています。(ファッション部門最高人気1位獲得)。

 

 

 

さらにこちらは私のファッション理論と蓄積を漫画としてまとめた新機軸。KADOKAWAから出版されている「服を着るならこんなふうに」。きゃわいい妹ちゃんが服に興味のなかった兄を優しく無理なく導いていくサクセスHOWTOストーリー。
こちらも1、2巻ともに増刷を重ねており、想像を絶する大反響を得ています。いよいよメディアミックスも現実的に・・・!!

 

 

1冊目である「最速でおしゃれに見せる方法」は今の所の集大成です。10年間蓄積したものを体系的に綺麗にまとめており、まずこちらを読めば・・・読むだけであなたの服装が激変するでしょう。文章だけでなく画像による着こなし例なども豊富に含んでいます。

読者さんの声で一番多いのが「こんな本今まで無かった!!」というもの。

未だかつてなかったメンズファッションの教科書。日々の売上にばかり目を向けて「おしゃれの方法」を教えてくれないファッション業界やショップスタッフに全力で喧嘩を売っている革命の書です。。。が、長い歴史の中で実に様々な問題点と独りよがりなサービスを提供し続けているアパレル業界。案外反発は少なくどのメーカーさんも好意的に受け止めてくれているのが有難い。
そもそも私も「業界を潰そう」などと思ってる気ではなく、「ファッションの楽しさを純粋に伝えたい」「洋服がわかれば人間関係は異常に円滑になる」という意図でファッションの世界を広めるべく活動していますから、きちんと理解すればアパレル全体のためになることばかりなのです。

 

 

2016年度も現在4冊ほどの書籍出版計画が進んでおり、またTV出演も増え、活動は更に激化。今日本で最も忙しいファッションブロガー/情報配信者/作家となっています、多分。

 

「数学のように論理的に理解できる”オシャレ”」

を語ったのはどこを切り取っても「初の試み」。分かりにくく感覚的なファッションの世界を翻訳したことが支持されています。

 

 

いつまでもオシャレでいられるように毎週サポートしています

 

と、書籍は確かに支持されているもののファッションは水モノ。
常にトレンドは移り変わるものです。

 

またいくら概念的に優れた定理を教えたとしても、

「手持ちのこの洋服はどう定理を当てはめれば良いか??」

などの具体的な疑問は尽きないものです。

 

体型の問題もありますし、好みの問題もあります。
それらを定理にいかにして当てはめながらオシャレを構築するかは、Q&Aや季節別トレンド別体型別などのケーススタディも必要です。

 

それを毎週日曜日配信のメールマガジンでサポートしているわけです。

 

 

毎週5万文字程度の特大ボリューム、着こなし例も掲載し、ユニクロなど格安で購入できるアイテム指南もあり、
読者さんからの質問に答えるQ&Aがあり、読者さんのコーディネート診断コーナーがあり、
さらには読者限定で購入できる定理法則を駆使して作った超クローズドな「MBアイテム」もあり、
雑誌より遥かに濃い内容で遥かに安い月額500円で配信。
初月は無料で試し読みして気に入らなかったら解除すれば1ヶ月分はタダで読める。

 

これで
「おしゃれをしてみたいけど何から揃えればいいかわからない」
「今更誰にオシャレを聞けばいいかわからない」
「なるべくお金をかけずに周りにカッコイイと言われたい」
「モテ服を追求したい」
などの悩みや要望に応えています。

 

 

なんでファッション業界ってこんなにも排他的なんでしょう。

「ステンカラー」「テーパード」などのアイテムの名前はどの雑誌も「知ってる前提」で語りだすし、
「メランジ風の」「シボ感ある」などのアイテム説明が説明になっていないECサイト、
挙げ句の果てには「今年は青が気分」「白で統一するとイケてる」などの論理性も何もなくどう理解すればいいのか不明確な
一見さんを全開で放置する態度。

 

「説明するのが格好悪い」ってのはもちろん理解できますが、
誰もきちんと説明しないこの状況はいくらなんでもおかしいでしょう。

 

「ファッションは詐欺」
「オシャレなんてくだらない」
「結局高いものを買えばいい」

そんな歪んだ認識が出てきてファッションから遠ざかる人が出てくるのも納得です。

 

しかし100人いれば100人とも洋服を着るわけで、世の中に服を買わない人はいないわけです。
同じようにおカネを払うなら、どうせならおしゃれになれれば最高です。

同じ1000円で買う服も、実はちょっとの意識と工夫で、すれ違う人が振り向くおしゃれができるんです。

 

だったらそれを広めない手はない。
おしゃれをすれば自分に自信も生まれるし、気分も前向きになれる。どんな自己啓発よりも簡単に自分を変えられます。

 

そう思い、書籍・メルマガなどで情報配信をしています。
興味ある方は是非。同じお金を使うならオシャレになる方が良いです。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. メルマガ告知

    生デニムを楽しもう!!秋の着こなしの幅を広げるカジュアルアイテムの使い方指南!【メールマガジン2015年10月25日号紹介】
  2. 告知

    8月4日18時、なんばパークスにMBがやってくる!
  3. MBラボ

    ATTACHMENTなどの高級ブランドが90%OFFで買える「MBサンプルセール」開催
  4. MBの思考

    キムタクは常に悪人なのか?あなたが見るべき「文脈」と「目的」
  5. アクセサリー編

    春夏に「ブレスレット」をつけない人は、損をしています。
PAGE TOP