2016年度メンズはどんなネックレスを選ぶべき?春夏にオススメのネックレスはこれだ!

2016年3月18日



 

スポンサーリンク

  


 

これから夏になりTシャツ一枚、カットソー一枚で過ごす機会が増えてきます。そうなるとどうしても「カットソー1枚だけだとなんだか物足りない・・・」とネックレスに手を出す人も増えてくるでしょう。今日は「ネックレス」について少し考えましょう。


 

シルバーネックレスが嫌われる時代


 

47517208_o1
Photo by http://img05.shop-pro.jp/PA01017/369/product/47517208_o1.jpg?20120820153340

 

まずネックレスが配置される「首元」について。「首元」は目立つ箇所です。顔に距離が近く視界に入りやすい首元はそれだけ重要度が高いです。

「クルーネック」「タートルネック」「ボートネック」「Vネック」・・・などなど首元の種類は挙げればキリがないほど多いのですが、「広い身幅」「狭い身幅」など身幅の種類には特に名前がありません。ここからもそれだけ首回りが重要視されているというのが理解できますね。


 

英語に味を表す単語が少ないのと同じです。

日本語は味覚表現が400語以上ありますが英語は70語程度と言われています。「イギリスのメシはマズイ」なんて揶揄されますが、言語はそれを使う人たちの感性や志向を端的に表すものです。身幅に専門用語が少なく、首回りには沢山ある。何気ないことですがここからも首回りの重要性が理解できるのです。

 

さてそんな重要位置に鎮座するネックレスですが、今メンズファッション市場ではネックレス不況。ネックレスがここ数年ヒット商品が出てきていません。

 

原因の一つは本KnowerMagでも何度か説明している「ノームコア」などのトレンドのせいですね。ここ近年「ナチュラル志向」のファッション・・・いわゆるフレンチカジュアルなどが台頭しており「自然志向」「肩肘張らない服装」が市場に好まれています。「Tシャツにデニムをカッコ良く着るのが一番オシャレじゃん!!」と言わんばかり。装飾的なデザインやアイテムは避けられる傾向にあります。

実際ZOZOTOWNでブランドモノを見ても無地シンプルなものばかり。こりゃユニクロが日本のアパレルの10分の1を売ってしまうわけです。シンプルでそこそこ形の良いものならばユニクロで十分ですから。

 

話が逸れますが、ともかくナチュラル志向が好まれています。・・・ということはいかにも装飾的で作為的である「アンチ・ナチュラル」なネックレスなどは嫌われているということです。トレンドに反しているんですね。

 

220px-ギャル男の典型的ファッション
Photo by https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f9/ギャル男の典型的ファッション.jpg/220px-ギャル男の典型的ファッション.jpg

 

実際5,6年前などはまだギャル男などのファッションが多かったこともあり、街中で首元にゴツめのシルバーネックレスをぶらさげた男性もよく見かけました。ギャル男までいかなくとも小ぶりのネックレスくらいなら多くの方が着用していましたね。

 

ところが今は原宿で1日ヒューマンウォッチングしているとわかりますが、ネックレスの着用率は極端に低いです。女子は古今東西ネックレスなどの装飾品が定番として人気ですから着けている人は多いですが、男性は本当に少ない。着けていたとしても小ぶりなものばかりです。

 

いや、もちろん「シルバーアクセ」を否定するわけではありません。私自身クロムハーツとスーツの組み合わせが好きです。(コムデギャルソンの川久保玲やユナイテッドアローズが広めたスタイルですね)使い方次第ではゴツゴツしい装飾のあるシルバーアクセサリーも素晴らしい魅力を放つものです。何事も着こなし次第です。

 

それと、もちろん「趣味」としてシルバーを好む気持ちもよくよくわかります。単品で綺麗なシルバーアクセサリーは集めたくなりますし、集めてしまうと着用したくなるものです。

 

ただ・・・今回は客観的な見た目のオシャレで言えば、という話です。
トレンドが違う方向に向いており、世の中の多くの人の価値観をそぐわないのだから、客観性を意識するのであれば着用は慎重にならなければ、という話です。シルバー全否定話ではありません、誤解なきよう。

 

 

さて、そんな今のトレンド「アンチ・シルバー」的な流れの中では何を着けるべきでしょう???

 

小ぶりで華奢だけど「程よく目立つもの」とは?


 

_MG_3365_2
Photo by http://www.anotherlounge.jp/blog/WindowsLiveWriter/ampjapan2_E810/_MG_3365_2.jpg

 

一つが小ぶりのネックレスです。目立ちにくい小ぶりのヘッド、華奢なチェーンのものを選ぶことです。

「こんな小さいの着けてて分かるかな?」

と思うでしょう。確かにいかに首元が目立つ箇所だと言っても「小ぶり」で「華奢」ともなるとなかなか印象を与えることはできません。なので小ぶりのものを選ぶ時はチェーンが光を反射するものなどを選ぶと良いでしょう。

 

a1038-14
Photo by http://www.rakuten.ne.jp/gold/silvercross-catalog/image2/a1038-14.jpg

 

普通のボールチェーンなどではなかなか光を反射してくれませんが、一つ一つのボールをカットしてあるものだと光を反射しやすいものです。

 

beaddiamondcutchain004
Photo by http://nature-guidance.jp/pic-labo/beaddiamondcutchain004.jpg

 

こんな感じ。
要するに球体ではなく、平面になっているものを選ぼう、という意味です。自前で小ぶりのネックレスなどを持っている人は「カットボールチェーン」などで検索したり問い合わせたりすれば手に入るはずです。シルバー製のものでも案外手頃に買えるものもありますから・・・もし「小ぶりのものを持っているけど目立たないからつけてない」というのであれば、チェーンを反射するものに変えてあげるのも良いでしょう。

 

64fef923
Photo by http://livedoor.blogimg.jp/bluecrystal77/imgs/6/4/64fef923.jpg

 

ゴツゴツしい装飾たっぷりのシルバーアクセサリーではやはり「やんちゃ」「怖そう」な印象が目立つ首元だけに先行してしまいます。面白いことに・・・

 

65ab5f9f468e071009f1519571b29da6
Photo by https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/65/ab/5f/65ab5f9f468e071009f1519571b29da6.jpg

 

こういった何気ないTシャツ一枚のスタイルも・・・

 

pm-3525_cd
Photo by http://image.rakuten.co.jp/lux-style/cabinet/product/21/pm-3525_cd.jpg

 

シルバーアクセサリーが入ると急に同じTシャツでもやんちゃで怖そうな印象に切り替わるものです。プレーンなTシャツなどのスタイルであればあるほど、首元の印象で全体が引っ張られてしまいます。黒のTシャツなど一枚で着れば何気ない印象ですが、ゴツめのシルバーアクセサリーが入ったとたんにどんなに綺麗な顔でも「龍が如く」ライクになるのです。

 

 

だからこそシルバーアクセサリーは小ぶりで華奢なものを選ぶこと。しかしそれではあまりにも目立たないので、反射するものをあえてチョイスすること。このへんを意識してみてはどうでしょう。

 

 

唯一売れているメンズネックレスは「ビーズ」


 

p1330838
Photo by http://image.rakuten.co.jp/crystaltec/cabinet/2013/1307/hg-gb-nc_no4/p1330838.jpg

 

またもう一つオススメしたいのがビーズネックレス。アクセサリー不況のメンズファッションの中で唯一売れているカテゴリがこちらです。

 

シルバー素材ではなくオニキスなどの天然石を使ったネックレス。シルバーではないためやや大ぶりでもギラつくことなくやんちゃな印象が少なめです。

 

SSC_00192
Photo by http://s.blog.nanouniverse.jp.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/sendai01/files/2015/03/SSC_00192.jpg

 

自然な印象でつけられるためノーカラーなどのトップスに合わせる人が年々増えています。ノーカラーは「襟」がないという意味。シャツでも襟が削いであるものや、Gジャンやブルゾンでも「襟なし」のものが最近は多いです。上述の「ナチュラル志向」の表れです。重厚感のある襟を取り除いて気の抜けたノーカラーに、というトレンドですね。

 

ただし上で書いた通り首元は重要ポイントですから、「何もない」状態だとことさら寂しく感じるもの。ですからノーカラーに自然につけれるビーズネックスを合わせる人が多いんですね。

 

8-eight_oz298_1
Photo by http://item.shopping.c.yimg.jp/i/l/8-eight_oz298_1

 

目立つ様に長めのサイズで赤色などを好む人も多いですが・・・

 


s-b-n
Photo by http://i2.wp.com/xn--bckc6dk0c9bvdydva9dygg.jp/wp-content/uploads/2015/07/s-b-n.jpg?resize=300%2C360

 

短めで黒でも十分印象は変わります。むしろ30歳以上の大人男性ならこのくらいさりげない方が良いでしょう。上述の通りですがただでさえ作為的で装飾的に見られるネックレス、「少し目立つくらい」が程よいさじ加減です。

 

ネックレス、これからの時期に向けて欲しがる人も多いですが、選び方は慎重に。目立ちすぎないものを選ぶのがポイントです。毎週配信のメールマガジンでは各種具体的なブランド名の記載や、写真で合わせ方の解説なども行っています。気になる人は是非ご登録ください。


 

 



 

6000人以上が購読している日本最大の「おしゃれ」をマスターするメルマガ


 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 


試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第3位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年、2015年部門別「まぐまぐ大賞」も受賞。なんと6000人以上の読者を抱えています。多くの方に支持され絶賛配信中です。


 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 



 

スポンサーリンク