ユニクロで買えるオシャレアイテム

男性はピンク色をどう着ればいい!?ユニクロのシャツで解説!

 

スポンサーリンク

 

 
今回もユニクロのアイテムを使っておしゃれの話をしていきます。取り上げるのはエクストラファインコットンブロードシャツのピンクカラーです。
 


UNIQLO
エクストラファインコットンブロードシャツ(ボタンダウン・長袖) 1,990円


 

相変わらず早口言葉みたいな名前ですが・・・エクストラファインコットンブロードシャツについては別の記事やYouTubeチャンネルで何回か説明しているので気になる方はぜひご覧になってください。
今回取り上げるのはピンクのシャツです。ピンクのシャツというと結構難しいイメージがありませんか。
こうした刺激の強い色の展開はユニクロにたくさんありますが・・・どう着こなしていいのかよくわからなくてタンスの肥やしになっている方も多いはず。
なので今回は派手な色のシャツを簡単に着こなす方法をレクチャーします。
 

扱いにくいカラーシャツをおしゃれに着こなすには?

 


 

まずはダメな例からいきましょう、こんな感じでわかりやすいですね。ピンクのシャツにチノパンを使ってスニーカーで合わせている着こなしです。
このコーディネートの何が悪いのかというと全てカジュアルアイテムであること。
私の媒体で何度も話している通り、おしゃれというのはドレスとカジュアルのバランスを取ることで作られます。
 

おしゃれな着こなしをするには、スーツで使うようなドレスアイテムとそれ以外のカジュアルアイテムをうまく織り交ぜないといけません。
その前提でこの着こなしを振り返ってみましょう。このブログや動画を見てくださっている方はもうおわかりかと思いますが、チノパンは誰が考えてもスーツで使うようなアイテムではないのでカジュアル。そして足元のスニーカーももちろんスーツで使われるものではないのでカジュアルアイテムです。
そして疑問が残るのはシャツですね。「え、シャツってスーツで使うじゃん」と思うかもしれませんが、今回使っているのはピンクのシャツ。
 

そのためデザイン自体はシャツなのでドレスライクではありますが、色がピンクなのでカジュアル要素が強くなっています。
この色に対する考え方もぜひ覚えてほしいのですが、スーツのことを思い浮かべてみてください。
特に冠婚葬祭で着るフォーマルなスーツは、黒・白・グレーなどのモノトーンが多い。この3色は無彩色とも表現されますが、スーツはこうしたモノトーンつまり無彩色がベースとなります。仮に色味が入るとしてもダークネイビーなど黒に近いような色しか使わないのがフォーマルスーツの基本です。
逆にカジュアルというのは、チェックシャツやインディゴデニムなど色味を使ったものが多い。コンビニに行くとカラフルなパーカーやデニムを着ている人をよく見かけますよね。
なので色を使うとカジュアルになり、色を使わずモノトーンに近づくほどドレスライクになると覚えてみてください。
 

そう考えるとシャツがいくらドレスライクなデザインであったとしても、ピンクのような刺激の強い明るいカラーのものを選ぶとカジュアルに寄ってしまうわけです。
そのためピンクのシャツ、チノパン、スニーカーと全てカジュアルなので子どもっぽく見えてしまいおしゃれにならない。
こうした理屈になっているわけですね。ではこれをどう変えると大人っぽくおしゃれに見えるのでしょうか。
 


 

こんな感じで非常に簡単ですね。カジュアルに見えるピンクのシャツがあるから黒スラックスと黒の革靴を合わせる。本当にシンプルなドレスとカジュアルの理論なのですが、一つポイントとして覚えてほしいのは、こうした刺激の強い色や明るすぎる色、扱いにくい色はコーディネートの中で面積を小さくしてあげるのがポイントだということ。
 

ではこの着こなしで何をしているのかというと、シャツをタックインしてパンツの中に入れています。
タックアウトしてシャツの長い着丈がびろーんと出ているとピンクの面積がコーディネートいっぱいに使われてしまいます。
当たり前のことですが、コーディネートにおいて面積が大きければ大きいほど当然そのアイテムの印象は強くなる。つまりピンクのシャツが全面に出ていれば出ているほど全体の印象としてはピンクのシャツに引っ張られて子どもっぽくなってしまうわけです。
 

では逆にこのピンクのシャツをコートのインナーに使うとどうなるかというと、面積が小さくなるので全然問題ありません。
それと同じようにピンクのシャツをスラックスの中にタックインすると着丈が短くなってピンクの面積が小さくなるわけですから、カジュアルな印象が抑えられます。

このように派手な色や柄は面積を抑えてあげるとちょうど良いアクセントアイテムとなるので、ワードローブの中になぜ買ったのかわからないような派手で使いにくいアイテムがあるとしたら、着こなしの中で面積を抑えるとすごく使えるアイテムに変貌するかもしれません。
 

カラーシャツの様々な活用法


 

タックイン以外にも例えばニットの中に柄シャツを入れてあげるという方法もあります。派手な色で使いにくいなら、重ね着をして柄シャツが首元と袖の部分からちらっと見える程度にすると面積が小さくなるため、このようなレイヤードスタイルを利用するのも有効です。
こうしてピンクのシャツは着こなすわけですが、もう一つだけ例を挙げるとしたらこちら。
 


 

これも先程と全く同じ考え方です。スラックスと革靴を使っていますがタックインはしていません。ではピンクの面積をどうやって抑えるのかというと、肩掛けで面積を抑えているわけです。
このようにニットやストールの肩掛けでもいいし、冬ならマフラーでもいいし、先程のようなタックインでもいいのですが、いずれにしろ派手すぎる色や柄、明るすぎる色はどうにかして面積を抑えてカジュアルな印象を少し下げてあげましょう。

そうして目立たないようにすると派手な色柄のアイテムも意外とちょうど良く使えるのでぜひ参考にしてみてください。
 

ちなみに肩掛けは派手な色柄の面積を抑えるために行っているため、ニットに派手な色使ってしまうと当然カジュアルな印象を抑えられません。なので肩掛けには例えば落ち着いた色味のダークネイビーやモノトーンである白などモノトーンに近いフォーマルな色のアイテムを使いましょう。
 

ピンクやイエローのシャツなどの刺激が強い色はなかなか使いにくいと思いますが、意外とタンスの中を見てみるとこういうアイテムが必ずと言っていいほど1枚は出てきますよね。
しかしうまく使えず持て余してしまい結局タンスの肥しになっている方も多いと思うので、そんなときは肩掛けやタックインで取り入れて面積を抑えるとアクセントとしてちょうど良い存在になるのでぜひ意識して使ってみてください。
 

ということで今回はピンクなどの刺激の強いカラーシャツについての着こなしをお伝えしました。
毎週日曜日に配信しているメルマガではこうした内容をさらに拡大し、5万文字の分量でお届けしております。月額550円ですが、まぐまぐで登録すると初月無料なためちょっと読んで気に入らない場合はすぐ解約するとお金もかからないのでよかったら試してみてください。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. 雑記

    海外通販サイト【BUYMA/バイマ】にて不定期連載開始します!!
  2. 服を着るならこんなふうに

    ZOZOTOWN以外の通販サイトって何があるの?
  3. シルエットの基本

    「胴長短足体型、スポーツ体型はスキニーを穿くな!!」は本当か??日本人の悩みを解決するOラインシルエットとは!?
  4. シャツ編

    「ベースボールシャツ」をオシャレに合わせている男子は少ない。
  5. オシャレの秘伝

    【レザーライダースジャケットの着こなし成功例】メンズファッションの肝である「バランスをとる」という考え方
PAGE TOP