ユニクロでオシャレをする!

【ユニクロ】メンズの定番「白シャツ」の着こなし5選!

 

スポンサーリンク

 

 

今回はメンズファッションの基本である白シャツについてお話しします。
男性なら1枚は持っているであろう白シャツ。買ってはみたものの、どのように使えばいいかわからない方もいるかもしれません。
そんな方に向けて、白シャツの着こなしについて簡単におさらいしていきます。
 

ドレスライクな白シャツを普段着として着こなすには?

 

まずは・・・何でもいいから白シャツを買ってください。基本的に白シャツは安いです。ユニクロならエクストラファインコットンブロードの白シャツが3,000円くらいで買えますし、GUでも上質なブロードシャツが2,000円ぐらいで買えます。初めはそれで十分です。
一張羅としての白シャツなら、もちろん1~2万円する高いものを選んでも良いと思いますが、基本的にユニクロの白シャツで十分満足できると思います。
なので白シャツを1枚も持っていない方は、ユニクロのエクストラファインコットンブロードの白シャツを手にしてみてください。
 


UNIQLO
エクストラファインコットンブロードシャツ(ボタンダウン・長袖) 1,990円


 

今回登場する白シャツの着こなしも全て、エクストラファインコットンブロードの白シャツを使っているので、コーディネートを参考にしたい場合はぜひこの白シャツを手に入れてみてください。
もちろん私はユニクロから一銭ももらっていないので、無理にユニクロを勧める必要はまったくないのですが・・・値段と質を考えるとユニクロ以上のものがないと判断して、おすすめしています。
 


 

最初にご紹介する着こなしはこちら。シンプルにデニムと合わせるのが一番簡単ですね。
白シャツというのは、スーツで使うドレスなアイテムです。
冠婚葬祭でジャケットを着るときには、中に当然白シャツを使いますよね。
ここからわかる通り、白シャツというのは極めてフォーマルなアイテム。そんなフォーマルアイテムな白シャツに、同じくフォーマルなスラックスと革靴を合わせてしまうと、「今日、仕事だったんだね」と言われかねません。
 

スーツスタイルは確かにかっこいいものですが、普段着としてのかっこいいとはベクトルが異なるもの。いくらかっこいいスーツを着ていても、公園に行くときや休日にデートするときなんかも全てスーツだと、変な人だと思われてしまいます。
このように、ビジネススタイルと普段着のかっこよさは、似て非なるものなのです。
 

普段着を「白シャツ+スラックス+革靴」などの組み合わせでフォーマルに寄せすぎると、キメ過ぎになってしまうため、抜くところを覚えましょう。
「抜く」というのは、カジュアルなアイテムをどこかに入れるということです。
 


 

この着こなしの場合、白シャツ+細身のパンツ+革靴というスタイルではありますが、よく見ると足元はサンダルです。
サンダルをスーツに使う人はいないですよね。よってカジュアルなアイテムに分類できます。
そしてパンツも細身に見えますが、デニム素材を使っています。デニム素材は、基本的にフォーマルシーンではNGな素材。冠婚葬祭でデニムを選ぶ人はいないと思います。
 

この着こなしで白シャツに合わせているアイテムは、カジュアルな印象をもつものばかり。
このように、白シャツを普段着としておしゃれに着るために、スラックスライクな細身で濃い色のパンツはデニム素材を選び、足元にはサンダルを合わせ、カジュアルな要素を含んだアイテムで崩すということを意識してみてください。
 

ロジック通りでもおしゃれにならない理由

 

ただ、「白シャツにスラックスのスタイルがどうしても好き」という方もいるでしょう。
そんな方はとにかく足元だけ注意してみてください。
 


 

この着こなしでは、足元にGUの黒ベルトサンダルを使ってカジュアルに寄せています。
こうすると白シャツ+スラックスでも、そこまでビジネス寄りにはなりません。
 

ただ、白シャツ+黒スラックスだと、どうしても仕事着のように見えるのと同時に、学生服のようにも見えてしまいます。
ここで足元にローファーを合わせようものなら、学生の着こなしさながらなので注意が必要です。
ではどのように学生感をなくすかというと、学生服では絶対に使わないアイテムを取り入れて、イメージを遠ざけましょう。
 
学生も使うローファーではなく、ベルトサンダルを合わせて、着こなしを学生服のイメージから遠ざけることが大切です。
 
私が提唱している「ドレスとカジュアルのバランス」という理屈がありますが、その理屈通りロジカルにコーディネートを組み立てても、おしゃれが成り立たない場合があります。
それはイメージが強いときです。例えばノースリーブのデニムジャケットをどんなにかっこよく着こなしていても、「スギちゃんだ」と言われたら終わりなんですよ。
ストールをねじって首元に垂らせたら、おしゃれかもしれないけれど、「中尾彬じゃん」とつっこまれてしまう。
イメージが強すぎるアイテムや着こなしというのは、そのイメージに引っ張られてしまうため、おしゃれに見せるのは難しいのです。
 

なのでファッションを組み立てるのに「ドレスとカジュアルのバランス」というロジックは非常に大切ですが、それにプラスしてイメージというものに注意しなければいけません。
白シャツ+黒パンツが学生服っぽいと思ったら、そこからなるべく遠ざかるようにアイテムを選んでみてください。
学生服を着るときに、「高校生はまさかサンダル履いて学校行かないよな、サンダルなら学生服感出ないな」と。他にも、ハットを被ったりサングラスを掛けたりと、そうして強いイメージから遠ざける小物を選ぶなどの工夫を凝らしてみてください。
 


 

こちらも白シャツ+黒スラックスの着こなしですが、スラックスにワイドシルエットのものを選んでいます。こうしてシルエットで崩すことも、学生感のある強いイメージから遠ざけるのに有効です。
 

ただ白シャツ+ワイドシルエットのスラックスという組み合わせで、足元を革靴にすると、ヤンキーが着る学ランのように見えてしまうので・・・そのイメージを崩すために、シルバーのサンダルなどおしゃれな印象のアクセントを入れています。
 


 

こちらは先程と同じ白シャツ+ワイドスラックスの着こなし。ただスラックスには、ベージュカラーのものを選んでいます。
少しカジュアルな印象になっていますが、そう思ったときには、ハットをプラスすると簡単にバランスが取れます。

 

なぜハットを被るとバランスが取れるのか。
それはハットが礼服で被るフォーマルなアイテムだから。黒のハットは特にそうです。
麻生大臣のように、スーツを着てハットを被る英国紳士やイタリア人のような着こなしを思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。
ベージュやカーキカラーだと、マウンテンハットやバケットハットのようにカジュアルになってしまうので、おすすめは黒。
黒のハットはフォーマル度がすごく高いのに加え、顔周りで使うアイテムなため、視線も集めやすくとても目立ちます。
 

なので白シャツにベージュカラーのワイドパンツや太めのチノパンを合わせて「ちょっとカジュアルすぎるかな」と思ったら、ハットをプラスすると意外と簡単にバランスが取れます。
 

普段着のおしゃれに重要な洋服の3要素

 

 

あとはこのような、ニット+シャツ+スラックスという着こなしも個人的に好みです。
ニットもシャツもスラックスも、全てスーツで使うアイテムなわけですね。ただ色やシルエットでドレスライクな印象を崩しています。

先程説明した通り、フォーマルなアイテムをたくさん使うとどうしてもドレスな印象に寄りすぎてしまう。抜きどころを作らなければいけません。
なので白シャツ、ニット、スラックスというフォーマルなアイテムに色物を選んでいます。
 

ドレスなアイテムは基本的にはモノトーンです。冠婚葬祭やフォーマルなシーンになればなるほど、色は使わなくなる。スーツは黒になり、シャツは白になり、ネクタイも黒か白になる。
フォーマルになればなるほど、ドレスに近づけば近づくほど、色味は消えていきます。
反対に、色というのは増えれば増えるほどカジュアルになり、ドレスから離れていく。
なのでシャツ、ニット、スラックスとフォーマルなアイテムで寄せたときは、色を使うというのが解決策のひとつです。
 

もしくはシルエット。この着こなしも、パンツにワイドシルエットを選んでいます。
ドレスライクなアイテムであるスーツは、オーダーしてまで細身に仕立てるもの。グッと細いのがスーツシルエットの特徴です。
対してコンビニへ行くときに着るカジュアルなアイテムには、細く窮屈なものを選びませんよね。
パーカーやスウェットパンツなどゆとりのあるものを着ていくと思います。
 

このようにシルエットに関しても「ドレスは細く、カジュアルは太い」と対立構造になっているため、シャツ+ニット+スラックスというフォーマルアイテムの組み合わせでも、ゆったりしたシルエットのアイテムを選ぶとバランスが取れるので、ぜひ参考にしてみてください。
 

「ドレスな印象に寄り過ぎたな」「キメ過ぎたな」と思ったときの解決法は3つ。
1つはアイテムで外すこと。カジュアルなデニム素材のものや、サンダルを使う。
2つ目は色味を使うこと。モノトーンではなく、ベージュやブラウンカラーを使うなど。
3つ目はシルエットで崩すこと。ゆとりのあるものや、ワイドシルエットのアイテムを選ぶ。
 

このように、デザイン・シルエット・カラー(素材)という洋服を構成する3要素のどれかがカジュアルになっていると、意外とバランスが取れます。
白シャツを着た時に「キメ過ぎかな」と感じることは、意外と多いもの。
洋服初心者ほど、白シャツを使っていくと着こなしが意外と難しいことに気づく。白シャツにスラックスと革靴を合わせる着こなしは、ドレスアイテムだけになかなか扱いが難しいときもありますが・・・洋服を構成する3要素のどこかを外してあげると、比較的簡単にバランスが取れて、普段着としてのおしゃれが完成します。
 

メンズファッションの基本中の基本、白シャツの使い方をお伝えしました。
今回使っているユニクロのエクストラファインコットンブロードシャツ。決して高いものではありませんので、ぜひ皆さんも挑戦してみてください。

 

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月550円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. 雑記

    ジェーンスー生活は踊るに出演してきました!放送アーカイブ聴くことができまっせ!
  2. MBラボ

    10月29日21時から日本最大のファッションコミュニティMBラボ第4期生募集開始 !!
  3. やっちゃいけないNGファッション

    どんなイケメンでもこれはダサい!?やっちゃいけないメンズファッション失敗例!!
  4. 告知

    明日のmine更新について
  5. 女子にモテる服装

    握手会やサイン会。アイドルに対する「礼儀」をちゃんと心得てますか?
PAGE TOP