オシャレになる前の基礎知識

【時代が生んだファッションアイコン達】ロバート・デ・ニーロのM65、マイケル・ジャクソンの白ソックス、ジョーストラマーの黒スキニー

 

スポンサーリンク

 

 

今日は「ファッションアイコン」について。「この着こなしならこの人!」というアイコン的なファッショニスタは歴史上多く存在します。本サイトKnowerMagらしい「ファッションの方程式」的な内容ではありませんが、知識の幅を広げるためにも是非ご参考ください。

 

M65:「タクシードライバー」でのロバート・デ・ニーロ

 

uemura20120229a002
Photo by http://www.us2000.jp/blog/2012/02/29/uemura20120229a002.jpg

 

ミリタリージャケット「M65」。今やメンズカジュアルの定番中の定番アウターとなりましたが、その一翼を担ったのは間違いなく映画タクシードライバーでのロバート・デ・ニーロでしょう。他ミリタリージャケットと比べても、どことなくアウトサイダーな匂いのするM65。ロバート・デ・ニーロは首元を開き肌を見せ、パンツは色落ちしたデニムといういかにもラフでカジュアルな出で立ちを見せた。現代のおしゃれ視点で特別優れている〜というワケではありませんが、M65が持つ「ワルさ」を引き出したまさにキャラクター的な着こなしです

 

M65はおそらく歴史上最も多くのコピー品を生んだミリタリージャケット。機能的なポケット配置や首元に収納できるフードの仕様など原型となるM−1943からの修正を繰り返した結果、軍モノとしてもデザインモノとしても卓越した完成度を生みました。

 

Ak-men-s-clothing-2012-winter-font-b-m65-b-font-cotton-jacket-male-thickening-top
Photo by http://i00.i.aliimg.com/wsphoto/v0/744798240/Ak-men-s-clothing-2012-winter-font-b-m65-b-font-cotton-jacket-male-thickening-top.jpg

 

M65のポケットは全てスナップで開閉するもの。ですが実はスナップ自体が外見上わからないように、全てのポケットがフラップで隠されています。現代のファッション的にはこの「フラップによるボタン隠し」のお陰でミニマルでシンプルな印象を生み、大人っぽい洗練された雰囲気を作り出しています。が、実はこれは「デザイン上の理由」などではなく、スナップやボタンが前面にあるとほふく前進の際に障害物に引っかかりやすいという声を受けて修正されたもの。機能性がデザイン美を生んでいる好例と言えるでしょう。

 

PENTAX DIGITAL CAMERA
Photo by http://i00.i.aliimg.com/wsphoto/v0/744798240/Ak-men-s-clothing-2012-winter-font-b-m65-b-font-cotton-jacket-male-thickening-top.jpg

 

ちなみに同様にアメリカ軍のミリタリーウェアでありベトナム戦時に活躍した「ファティーグジャケット」などはフラップの上にボタンがついている仕様のものもあります。同じミリタリーでも用途や型により様々なのです。

 

・・・すっかり話が逸れてしまいました。M65といえばロバート・デ・ニーロという話でしたね。ところで劇中に着ているM65には見慣れないワッペンがペタペタと貼ってありますが、これは実は架空のもの。ベトナム戦争で活躍した部隊を想定して映画オリジナルで作ったものだそうです。豆知識ですが・・・。

 

 

白ソックスとローファー:マイケル・ジャクソン

 

MJ-s-beat-it-live-michael-jackson-20922215-787-1200
Photo by http://images4.fanpop.com/image/photos/20900000/MJ-s-beat-it-live-michael-jackson-20922215-787-1200.jpg

 
「ファッションアイコン」の話ならばこの方は紹介しない訳にいきません。私の中でも永遠のファッションアイコンです。KING of POPマイケルジャクソン。

 

多くの印象的な衣装は街着としてのカジュアルファッションにも多大な影響を与えましたが、中でも際立って影響を感じる着こなしは「白ソックスにローファー」の組み合わせではないでしょうか。

 

124613740805116223973_style7
Photo by http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/015/006/89/N000/000/002/124613740805116223973_style7.JPG

 

dance-michael-jackson_602722
Photo by http://harunorei.net/active/wp-content/uploads/2014/09/dance-michael-jackson_602722.jpg

 

煌びやかなジャケットにスラックス、インナーにはシャツと「ドレス」をたっぷりに意識したスタイル。そこに白ソックスというミスマッチとも言えるカジュアルなアイテムを組み合わせることで絶妙な「色気」を生み出しています。メンズファッションは「ドレス」と「カジュアル」のバランスでおしゃれを感じさせることが出来ます。ドレスは緊張を示し、カジュアルは緩和を示すものです。その二つが7:3程度で織り交ざる時に、かっちりとした緊張感の中にわずかな余裕が生まれ、それが「色気」として昇華されます。これがおしゃれの大原則であり、最も心がけなければいけないルールです。マイケルジャクソンのスタイルはまさにそれ。ステージ衣装なのだから「完璧なドレス」でも良いところを、少しのカジュアル要素で「色気」を感じさせています。意識的にか無意識的にかはわかりませんが、マイケルの、溜息をつくような「色気」はこういった細部からも繰り出されるものなのです。

 

「ドレスとカジュアルのバランス」について未読の方はこちらを。全男性必見の内容です。読むだけで今日からカジュアルへの考え方が変革し、手持ちの服が蘇るはずです。是非。

※参考記事
【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

 

ちなみにこの白ソックスにローファーの出で立ちは20世紀を代表するダンサーでもある「フレッド・アステア」へのオマージュであるという。

 

spats_astaire
Photo by http://blog-imgs-41-origin.fc2.com/s/t/r/strongerthanparadise/spats_astaire.jpg

 

 

黒スキニー:ジョーストラマー

 

img20081225_p
Photo by http://yaplog.jp/cv/touen/img/1436/img20081225_p.jpg

今やメンズファッションに欠かせないアイテムである「スキニーデニム」。日本以上に海外のカジュアルシーンでは欠かせないアイテムとなっています。裾野が広がっているため「ファッションアイコン」も多く存在しますが、「スキニー」のアイコン的存在を語るならUKのパンクムーブメントには触れなくてはいけないでしょう。私がオリジナルで製作した「MBスキニー」もUKパンクバンド「The Clash」のJoe Strummerが頭の片隅にありました。

 

ダブルのライダースにピタピタのスキニーデニム、Drマーチンのブーツなどを着用したパンクファッション。ワルそうだけど、どこか紳士的な印象を感じさせるような洗練されたシルエットや配色は、スーツの起源であるUK特有のドレス感がありました。

 

テーラードジャケットではなくダブルライダース、スラックスではなくスキニー”デニム”、ドレスシューズではなくワークブーツ・・・反骨的な着こなしながらスーツスタイルへの敬いも感じさせるパンクファッション。「ドレスとカジュアル」の視点から見ると非常に納得できる着こなしです。

 

 

「ファッションアイコン」は時代ごとに存在します。ここに挙げただけではまだまだ不十分すぎますが、歴史の一端と洋服の奥深さを感じてもらえれば幸いです。毎週配信のメールマガジンでは「ファッション基礎講座」と銘打ち、アイテムの歴史から着こなし理論や具体的なオススメアイテムまで指南するものとなっています。興味ある方は是非ご購読ください。

 

 

「おしゃれの正解」を具体的な商品名や着こなしまで教えちゃう!2014年まぐまぐ大賞受賞の人気メールマガジン

 

「どのブランドのどんな服を選べばいいの?」
「全身ユニクロでも、どんな着こなしをすればおしゃれに見えるの?」

そんな疑問はメルマガで解決します。

 

毎週日曜日発行しているメールマガジン「最も早くオシャレになる方法&コーディネート診断」では、
詳細な解説付きでおしゃれになる方法を配信しています。

 

また「オシャレの論理」や「オシャレの方程式」はもちろん、
メルマガで紹介されたものをそのまま購入してしまえば即時オシャレになることも可能です。
紹介するものはユニクロや無印良品などのアイテムも多く、お金もかかりません。
実際の着こなし法などを写真も踏まえて紹介するので、より具体的に理解しやすく整えてあります。

 

1309

 

こちらは2015年8月16日配信号の写真。着用しているシャツなどはファストファッションブランドのものです。手頃な価格の洋服でもオシャレは十分可能なのです。

 

さらには読者さんの服装をチェックしてくれる「コーディネート診断」
悩み相談を受け付ける「Q&A」も備えたもの。

量も毎週30000〜50000文字程度の超特大ボリュームとなっています。
(月間20万文字近く!ファッション雑誌を一冊買うよりも圧倒的に多い文字量です。)

 

おしゃれは感覚的なものではなく、論理的に構築可能なのです。
それをメールマガジンでお届けします。

 

また毎週のコーナー「MBの思考」ではビジネスマインドなども語っています。

 

単なる読み物としても十分に満足できる内容です。
毎週展開している「ファッション基礎講座」ではモノの選び方・・・
例えば「テーラードジャケットを買う時はどこを見ればいいか」「どこの何がオススメか?」などもお教えしています。

 

月540円でファッションの勉強が出来ます。雑誌を一冊買うよりもずっと手頃です。
私はこれで日本のファッションを底上げします。
そのくらいコンテンツに自信あり。誰もが納得できる論理的な内容にまとまっています。
初月は無料。
試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第4位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年「まぐまぐ大賞」も受賞。多くの方に支持されています。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

 

また私の自著「最速でおしゃれに見せる方法」(扶桑社)ですが、お陰様で異例の発売前増刷が決定!amazon予約ランキングも常に上位をキープしており大変に大きな反響頂いております。かつてなかった「おしゃれの教科書」。法則や方程式などの教科書的内容はもちろんたっぷりと、さらにコーディネート写真や偏愛アイテム解説などを交え、また業界裏話なども書いた「全部入り」の内容となっております。発売時には品薄になる可能性もあります。是非ご予約ください。
 

51-Wo2GnlFL

「最速でおしゃれに見せる方法」(amazon販売ページ)

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. アイウェア編

    レイバンはもう要らない!?1500円で買えるユニクロ版レイバン!!
  2. ユニクロでオシャレをする!

    GUメンズが少しずつ良くなっている・・・けれどまだまだ玉石混交状態です。
  3. メルマガ告知

    【メルマガ告知】1万円台で購入できるロングコート!!&ユニクロでオシャレになれる「ユニクロtheマストバイ」!!
  4. オシャレの秘伝

    「UNITED TOKYOリブジップアップニット」をオススメする理由。これ1つインナーに入れるだけで印象激変しまっせ。
  5. 旅ファッション

    【今年の夏は一人旅に出よう!!】機能的かつ色気のある「男の一人旅ファッション」のススメ
PAGE TOP