ユニクロでオシャレをする!

【ユニクロはアリ?ナシ?】現役バイヤーが解説する「ユニクロを選ぶ理由」とは?【賢く安価でオシャレになる】

 

スポンサーリンク

 

「ユニクロなんてロクなもの無いよ」
「ユニクロで買うくらいなら、ちょっと金貯めて良い服選ぶ」

・・・と思っている方は多いかと思います。
しかし本当にそうでしょうか?

 

b0104523_23302215

 

世界に複数あるファストファッションブランドの中でも
ユニクロの品質は間違いなくトップクラス。

 

またH&MやZARAなどが「来るたびに商品が変わる」という
激しい入れ替え戦略を行っている中(まさに”ファスト”ファッション)、
ユニクロは同じ商品を長い期間売り続ける「”スロー”ファッション」戦略をとっています。

 

そんな他ファストファッションブランドと比べて異色な存在のユニクロ。
今日は「ユニクロ」で買うべき商品、買ってはいけない商品を論理的に解説します。

 

 

「スローファッション」を貫くユニクロ

 

「ユニクロが他ブランドと比べて、長い期間同じ商品を販売する」
というのは前述の通り。

ユニクロが理想としている商品は、
「低価格・高品質」
「どんなスタイルにも部品として合わせて着ることのできるベーシック・カジュアル」

という理念に基づいている。
これは「見せかけのお題目」ではなく商品開発において本当に実践しています。

 

1023_Umeda_2

 

ユニクロは他ファストファッションブランドと比べ、
商品の開発期間が圧倒的に長い。

 

素材開発では「東レ」など他メーカーとの協業により、一から開発することも多い。

 

H&MやZARAは「商品企画から店頭に届くまで数週間」

という驚くほど短いスパンで生産体制を整えます。
一般的にアパレルの商品開発は「商品企画から3ヶ月〜半年」と言われていますから、
驚異的な開発期間の短さです。

文字通りの「ファストファッション」を徹底して貫いているわけです。

 

それだけにトレンドをいち早く抑え、市場が求める洋服を求めている時期に届けることが出来る。
それが強みなのです。

 

しかしユニクロは「ファストファッション」ではなく実は「スローファッション」。

開発に何ヶ月もかけて、
低価格で良質なアイテムを作ることに力を注ぐ。

事実、代表アイテムである「フリース」などは毎年数千万枚単位で販売が出来ている
長ロングヒット商品に成長させています。
「デニム」もそう、「カシミアニット」もそうです。

 

ユニクロは自社の洋服を
「部品としての洋服」として見ています。
要するにコーディネートの主役としてではなく、(別に主役でも良いんでしょうけども)
ベーシックでいつまでも使える「部品」として提案したい、という考えですね。

 

そのため長く使える品質と、
トレンドに左右されない「誰もが納得できる」デザインとシルエット、
そのあたりを長い開発期間の中で策定していく戦略です。

 

「H&Mはペラペラの素材ばかり」
「ZARAはカッコイイけど長く着れない」

なんて声はよく聞きますが、「ファストファッション」なので当然。
商品開発も「今が旬のものを手頃な価格で素早く提供」ということを重視していますから。
「なんとなく今っぽい」ものを選ぶには重宝したとしても、
長く愛用できるベーシックアイテムには構造的に成り得ないのです。

 

ベーシック重視のメンズファッション

 

さて、商品目線での各ファストファッションの違いは理解できたかと思いますが、
続いてはオシャレ目線での解説。

 

メンズファッションにおいては、
H&Mの様な「トレンドアイテム」を重視すべきなのか?
ユニクロの様な「ベーシックアイテム」を重視すべきなのか?

 

これはもちろん「どちらも大事」というのが一つの答えではあるのですが・・・

どちらかといえば「ベーシックアイテム」が重要です。

 

Unknown

Unknown-1

ユニクロでもベーシックスタイルは構築可能

 

メンズファッションはレディースファッションに比べて、
コンサバティブ(保守的)です。

 

使うアイテムの数もレディースよりもグッと少ない。
(スカートとか無いしね)

流行はもちろんありますが、
「白シャツ・デニム」「ジャケット・デニム」などの
基本スタイルは毎年実はほとんど変わりません。

 

流行をガンガン追いかけたスタイルも勿論カッコイイですが・・・

ベーシックなデニム、ベーシックなシャツを使いながらも、
程よく流行のアイテムを1点2点取り入れる〜

そんな着こなしで十分すぎるほどオシャレが成立するのがメンズファッションなのです。

 

女性はベーシックアイテムでも「半年に一回買い換える〜」なんてことも多いですが、
メンズファッションの場合はシルエットの流行やデザインの流行の移り変わりが
そこまで早くないです。

 

なので、必要なベーシックアイテムをベースに、
トレンドアイテムを何点かプラスする、そんな風に流行と付き合うのが最も賢いのです。

 

もちろんベーシックアイテムも10年使える訳じゃありません。
時には買い替えも必要です。
ですが、そんなに激しく変わるものではなく、
比較的長く愛用できるものが多いのがメンズファッションの特徴です。

 

狙うは「大型店舗限定商品」

 

ただしそんなユニクロも良い面ばかりではありません。
「万人が満足できる服」を目指すだけに
「形が惜しい」ものが多いのです。

 

デザインも素材も良くても、
「おじさん」も「中学生」も着ることができる形に仕上げなくてはいけないので、
肩幅や身幅が少しゆるめだったり・・・。
「いかにもユニクロ」といった無難な形に落ち着くことも多いです。

 

しかし「大当たり商品」があるのも事実。
ここで注目して欲しいのが「大型店舗限定商品」です。

 

69_128444

 

オンラインストアで商品の左上に表示される
「大型店特別商品」。これらです。

 

ユニクロが展開する商品は実は店舗毎に異なっており、
ある規模を超えた店舗は「大型店舗」(超大型店、大型店など細かく区分アリ)と指定され、
他店舗にはない「大型店舗」ならではの限定商品を展開することがあるのです。
これが「大型店舗限定商品」。

 

「大型店舗限定商品」は
大型店だけに様々なニーズを持った客層が来店することを意図して、
ファッション感度の高い優れたアイテムを少数ながら導入しています。

 

普段数万円の洋服ばかり買っているファッションピープルなどにも
「・・・あれ??ユニクロだけど・・・イケてるじゃん」
とふと思わせる様な「仕掛け商品」が展開されています。

 

狙うはこの「大型店舗限定商品」。
世界的なトップデザイナー「ジルサンダー」とのコラボライン、
「+J」シリーズの中にもこの大型店舗限定商品などがありました。

普段ユニクロに興味を持たないおしゃれさんを引きつけるように、
安く買えるオシャレアイテムを揃えた「大型店舗限定商品」。

賢く手ごろな出費でオシャレになるには最適なラインナップです。

 

具体的なユニクロのマストバイはメルマガにて

 

「じゃあ具体的にどのユニクロのアイテムがオススメなの?」

という疑問に対しては
このサイトKnowerMag内でも幾つか語っていますが、
多くは毎週日曜に発行しているメールマガジンで紹介しています。

 

毎週30,000〜50,000文字以上の超特大ボリュームで、
上記の様なファッションのセオリーはもちろん、「コレとコレとコレを合わせれば完成」という
すぐに実践できる具体的な内容も解説しています。
毎週展開している「ファッション基礎講座」ではモノの選び方・・・
例えば「テーラードジャケットを買う時はどこを見ればいいか」などもお教えしています。

 

月540円でファッションの勉強が出来ます。雑誌を一冊買うよりもずっと手頃です。
私はこれで日本のファッションを底上げします。
そのくらいコンテンツに自信あり。誰もが納得できる論理的な内容にまとまっています。
初月は無料。
試し読みをして気に入らなければ初月解約で構いません。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」からどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. メルマガ告知

    最後の夏物から秋物までZARAマストバイを紹介!
  2. メルマガ告知

    2016年春にヘビーユースしている「MBの偏愛アイテム」を紹介します。【ユニクロからMARNIまで】
  3. ユニクロでオシャレをする!

    ユニクロでオシャレをする「ファストファッションマストバイ」!!
  4. アウター編

    【Pコートとは】メンズの定番アウターPコートの着こなし、特徴、由来、オススメブランド
  5. オシャレの秘伝

    【レザーライダースジャケットの着こなし成功例】メンズファッションの肝である「バランスをとる」という考え方
PAGE TOP