ユニクロで買えるオシャレアイテム

2019秋冬ユニクロ×エンジニアドガーメンツ全型レポートします!

 

スポンサーリンク

 

2019秋冬ユニクロ×エンジニアドガーメンツ全型レポートします!

 

 

というわけで本日10月11日「ユニクロ・エンジニアドガーメンツコラボ第二弾」が発売となります。

 

 

今回のコラボはボアフリースに着目したカプセルコレクション。たった4型ではありますが全てボアフリースに焦点を当てて展開。ボアフリースといえば今年のトレンド素材。無地でも地味になりにくい立体的で凹凸のある素材が「ボア」です。

シンプルなデザインでもシンプルなコーディネートでも地味にならずトレンドライクに見える今年マストな素材。
そしてデザインは世界的に評価の高い日本人デザイナーである鈴木大器氏。
そしてプライスは安心のユニクロ価格。

これで悪いモノなんて出来上がるわけがない!・・・とは思いますが、さて実際そう上手くいくものか???

 

というわけで今週はメルマガの予定を急遽変更して(なんとか時間を取れそうなので緊急性の高いこちらを優先しました)、ユニクロエンジニアドガーメンツ全型レポート&着こなし速報をお届けします。

 

そして声もありましたので、本日発売日に急遽簡単なレビュー動画などをYoutubeでお届けできればと思っております。着こなし方法や詳細解説はメルマガ、簡単ではありますが速報はYoutubeにて。是非ご期待ください!

 

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

最も早くオシャレになる方法KnowerMag マガジン|MB|note
毎週日曜18時頃更新!現役メンズファッションバイヤーであり、書籍累計100万部を誇る日本を代表するファッション著者であり、ファッションHOWTOサイト KnowerMag運営者...

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 大学生や初心者のためのファッション講座

    【大学生がするべき着こなし】正しいスウェットパーカー、テーラードジャケット、ブルゾンの選び方、着こなし方を教えます!!【オシャレ初心者必見!!】
  2. ユニクロでオシャレをする!

    UNIQLOでオシャレが出来る理由。靴小物含めて【全身1万円】でも「街で振り返られるオシャレ」が作れる!!
  3. アウター編

    スタジャンってどう着ればいいの?おすすめ着こなし,合わせ方のセオリーを解説!
  4. 服を着るならこんなふうに・補足

    「服を着るならこんなふうに」最新話更新されました!「スニーカーで酒を飲む男」の話。
  5. アイテムの基礎知識

    【MONCLER/モンクレール?DUVETICA/デュベティカ?】ダウンジャケットのオススメと歴史とコーディネートの考え方
PAGE TOP