オシャレの秘伝

【低価格で手に入るアウター、ロングコート】秋アウターを冬まで延命させる方法!!ユニクロのウルトラライトダウンを使った着こなし!!

低価格で手に入る防寒アウター

MBです。
前回更新した通りですが、下記のようなメールを頂きました。

「低価格で手に入るKnowerMagおすすめロングコート」を次の更新でお願いします!!

ad

 

前回の更新でも語った通りですが、
このKnowermagでは具体的な商品のオススメなどは極力しません。(たまに我慢できず してますけどね)
そのようなオススメは1月中旬からスタートするメルマガサービスにて行います。

 

しかし!
今回は特別に!(メルマガサービススタート前ということもありますので…)
具体的な商品のオススメなどをしようと思います。

 

さて。

「低価格で手に入るコート」ということですが…。
ロングコート含め、ちょっと色々紹介しますね。
もちろん着こなし含め。

 

 

まずコートのオススメをいくつか書いておきましょう。
メンズ定番モッズコートはどうでしょう?

 

こちらはEditionのもの。
都内ですと表参道ヒルズの2階にあるお店ですね。
個人的にも好きでたまに伺います。
マルタンマルジェラなどのトップメゾンを扱いながらも、手頃なオリジナル商品も展開しています。

バイヤーさんが非常に優秀な方で、センスの良いものばかりです。
今のトレンドもしっかり把握できますし、手に届く手頃なものもちゃんとあります。
都内にいらっしゃる方は是非見てみてください。
凄く良いお店です。

 

ちなみに「Edition」と名がつくお店は全部表参道と同じ展開内容、という訳ではないようです。
私が言及しているのは表参道店のことのみです。他店はセレクトがちょっとズレてるかもしれません。
(大手ショップはセレクトに地域差があるからオススメするのが怖い…)
あしからず。

 

さて、このモッズコートもそんなEditionのオリジナル。
調べたところ既にSALE対象となっており、現在17000円程度。
このクオリティ、シルエットで1万円台ならバッチリでしょう。

 

首元が高く「小顔効果」あり。
小顔効果については下記ストールの記事を参考ください。
首元高いフードでストールの「小顔効果」と同じ様な機能を果たしてくれてます。

【ストール/マフラー】着こなしの重要ポイントはメンズもレディースもストールにあり!!巻き方次第で印象が激変する大判ストール!!

 

長い着丈とスワローテイル型の美しい形で
綺麗なAラインを作り出しています。
Aラインに関しては下記記事を参考ください。前に述べた通りです。

 

またAラインとはトップス×ボトムスの話だけでなく、
Aの形に構築したロングアウターなら羽織るだけで美しいシルエットが実現できます。
このモッズは結構大胆なAラインを構築しているので、十分に美しいシルエットが期待できます。

 

【コーディネートの基本中の基本】Aラインシルエットでデビッド・ベッカムになろう!

 

もちろん価格相応の部分もありますが、
とりあえずは十分な出来でしょう。

 

…え?

「こんな素材が薄そうで心配」

だって?
大丈夫です。ちゃんと考えてあります。

秋アウターを冬まで延命させる方法

海外では星の数ほど見かけるのに
日本では一部のオシャレな人しか実践しているのを見かけない着こなしがあります。

 

それは…

 

そうです。

「アウターの中にアウターを着る」という着こなし。

「そんなの変でしょ!?」
「すごく抵抗がある!」

と言う人もいらっしゃると思いますが…
…実はこれ以上ないほど非常にスタンダードな着こなし。
歴史を辿ればそれはコートはテーラードジャケットの上に着るアウターだからです。

 

海外と我々ではやはり「洋服」に対する理解が違う。
コート等のアウター(外套)とは、ジャケットの上に着るもの。
元々コートは秋用のライトアウターの上に着るものなのです。

だから海外ではそのような着こなしが多く
日本ではコートも秋アウターもどちらも同じ「アウター」と認識しているため
有効な着こなしとして認知されてません。

 

Gジャン
ジャージ
テーラードジャケットなど
春秋用のアウターを冬のコートのインナーに使うのは全然アリです。
上の画像を見ても不自然な感じも無いでしょう?

 

私もトレンチの下にGジャンを入れるなどよく実践しますし(トラッドの非常にスタンダードな着こなしです)
レザージャケットの上にロングコートなどもよくします。

 

「寒かったからアウターをパッと羽織っただけ」

というような、ちょっと気が抜けた雰囲気も構築でき、
重厚で”かっこつけた”雰囲気になりやすいロングコートの着こなしとしては最適です。

 

さて、では中に何を入れるべきか。
そこで防寒性も見た目も価格も最高のインナーアウターをオススメします。

 

それは…

ユニクロのウルトラライトダウンです。

 

ユニクロのアウターに詳しい訳じゃないんですが、
かなり薄手のモデルが確かありました。(通常モデルでも十分薄いですが)
これなら、中に着ても全くかさばらないし、めちゃくちゃ暖かいです。

 

と、首元が高い設計なので、
前述の小顔効果も期待できます。

 

そして何よりこの方法なら、
秋アウターとして買ったジャケットなどを有効活用できます!

 

テーラードジャケットやブルゾンの中に
ウルトラライトダウンなどを入れることで
十分な防寒性と見た目を両立できます。

 

イギリス人はよくこの着こなしをします。
テーラードジャケットの下にジャージなどのハイネックブルゾンを入れる着こなし。

元々古着の文化が強いイギリスは
クラシカルなテーラードジャケットのハズしとして
古着のジャージをインナーに入れる、という着こなしが自然に出来ています。

 

「ドレス・カジュアルのバランス」といった着こなし面においても
防寒面においても
秋アウターを冬にも使えるという機能面においても
文句無しの着こなしですので是非取り入れてみてください。

 

その他の低価格 防寒アウター

 

他、低価格防寒アウターのオススメとしては
「ボア付きGジャン」があります。

 

大抵の「ボア付きGジャン」は手頃です。
普段「アウターは4万〜5万程度」というようなブランドでも
概ね「2〜3万円台」というところが多い。

 

また防寒性も高く、カジュアルアウターとしては非常にコストパフォーマンスが高いです。
なおかつGジャンは、細くてショート丈。
バランス良く見えるものが多いので、どんなブランドでも割とそれなりに見えちゃうのです。

 

画像もデニムブランドLeeのものです。
「Leeのアウターなんて、アメカジシルエットで信用できねえ!」
なんて人もいるかも知れませんが、
このLee定番のGジャンタイプはかなり綺麗。
セレクトショップ ナノユニバースでも当たり品番として毎年別注で展開しています。

 

値段も1万円台とかなりお手頃。
寒冷地などはこの下に先述のジャージなどを入れたりすれば
防寒性は更にUP。
是非実践してみてください。

 

さてさて、今回はそんな感じ。
アウターの参考になってでしょうか?

 

 

また次回をお楽しみに…

MB

 

ad

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 告知

    4月20日18時からアバハウス原宿にて無料トークショーを行います!!
  2. 服を着るならこんなふうに・補足

    男性の正しいスカーフの巻き方は??GUで買えるスカーフもオススメ【服を着るならこんなふうに第40話補足】
  3. 流行解説

    2016年春夏のトレンドは「タッキー(悪趣味)」?柄同士の組み合わせやビビッドな赤などが流行に!
  4. ユニクロでオシャレをする!

    【買っちゃいけない!?】ユニクロU2018年秋冬メンズ全型レポート配信!!!【買うべき!?】
  5. パーティースタイル

    0円で出来る!!結婚式二次会コーデ格上げ術!!
PAGE TOP