流行解説

2016年春夏のトレンドは「タッキー(悪趣味)」?柄同士の組み合わせやビビッドな赤などが流行に!

 

スポンサーリンク

 
 

イタリアが誇るハイブランド「ヴァレンティノ」がカムクチュールという新シリーズを発表しました。

 

valentino_camo_01
Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/19845/valentino_camo_01.jpg

 

「ハイブランドがカジュアルな迷彩なんて・・・」と思うかもしれませんが、迷彩柄は今やありふれたファッションモチーフ。ハイブランドで活用されることが珍しいわけでもありません。驚くべきはそこではありません。

それよりも驚くべきは・・・
「ノームコア」の時代がひと段落付き、カムフラージュなどの「総柄」などが新たなトレンドとして台頭しつつあるということです。

 

ノームコアが飽和し、次のトレンドが来る

 

 

メンズレディースで長らく続いた「ノームコア」トレンド。NY発祥のこのトレンドは「普段着をオシャレに着る」というもの。インディゴデニムやスウェットやスニーカーなど日常着として愛用するものを外出着としておしゃれにまとめてしまおうというトレンドです。

 

2000年代初頭の「セレブファッション」などに見られたラグジュアリーブームに辟易としつつあった市場は、ノームコアの「ナチュラル志向」を受け入れました。海外だけでなく日本国内でもこのトレンドは市場を席巻。メンズレディース問わずデニムやスウェットやスニーカーなどがブームとして台頭し、瞬く間に「普通のファッション」が広がりました。

 

※ノームコアについては下記記事をご参照ください。
「ノームコア」とは?一体どこから来たのか?デニムを穿けばいいの?着こなしは?2015年春夏メンズファッショントレンドを徹底解説!!

 

 

トレンドには波があるものです。誤解を恐れず言えば「おしゃれ」とは「差別化」の賜物です。他人と比べて違いがあるからこそ、「おしゃれ」と認識されるわけですね。(そういった意味で「普通の服で差別化する」というノームコアトレンドはとても難しい流行だった様に思いますが。)

 

ノームコアが流行り、市場を席巻すればそれが「普通」になります。おしゃれとは差別化ですから、違うものを求めます。それが次の「トレンド」につながるわけです。

 

おしゃれに対して感度の高い一部の人たちが「これはもう皆が着ているな」と次なるトレンドを探します。スニーカーなどのトレンドもそうですね。去年末あたりのメンズノンノなどを手元に持っている人は是非開いてみてください「NIKEが大流行!」「エアマックスがキテる!」なんて書かれていましたが、今年の初めはスタンスミスが大流行し、その後スーパースターが流行りと・・・どんどん変遷しています。スニーカーは手頃な価格で誰もが気軽に買える分、流行の変遷がとても早いのです。

 

インターネット、SNSなどの影響で昨今の情報伝達のスピードは加速度的に早くなっています。昔は伝達速度が遅く、また「その地方ならでは」のトレンドがありました。東京の流行を福岡の人が感知することはなかなか出来ませんでしたから。雑誌はありますが、雑誌よりも身近でおしゃれなアイコンとなり得る「カリスマ販売員」が流行の伝播役として活躍していました。

 

他の地方では全然流行っていなくても、「何故か〜〜県だけ〜〜が流行っている」なんて現象は多くみられました。それだけにその時代のバイヤー同士の話は面白く、「ウチはあれが売れる」「え?ウチはこれが売れるよ」「じゃあ在庫交換しようよ」なんて話もあったり。今ではインターネットが普及し全国均一のトレンドになってしまいました。都道府県の個性がみられず個人的には少し寂しい気分です。

 

そんな話はさておき。
ノームコアトレンドもそのような形で「一部のおしゃれ感度の高い人たち」が飽きを感じ始めました。海外コレクションなどでは「タッキー(悪趣味な)」というトレンドが見られ始めています。

 

総柄で表現する「タッキー」

 

ノームコアには無い、「総柄」「派手なカラー」「柄と柄の組み合わせ」などが象徴的な「タッキー」トレンド。とりわけメンズファッションでは「迷彩柄」「パッチワーク柄」などがみられます。

 

今回のヴァレンティノのカムクチュールも象徴的なアイテム。モノトーンで大人しい色使いにしているあたりは「ノームコア」と「タッキー」の過渡期を思わせます。

 

今回2016春夏シーズンの展示会周りをしていて「タッキー」が特別印象的だったのが「DRESSCAMP/ドレスキャンプ」のコレクション。

 

DRESSCAMP_2016ss_087
Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/19579/DRESSCAMP_2016ss_087.jpg

 

金箔で加工したきらびやかなダブルライダース。コーディネートやアイテム使いはライダースにデニムにブーツとオーセンティックなものだけど、スパンコールや金箔で彩られたデザインはなんとも「タッキー」です。

 

DRESSCAMP_2016ss_046
Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/19579/DRESSCAMP_2016ss_046.jpg

 

こちらもボーダー柄のジャケットにボーダー柄のインナーを合わせた「柄×柄」のタッキースタイル。ここ数年海外コレクションでもひとつの大きな流れとなっている「ジェンダレス」トレンド。男女の性差なくマスキュリンなレデイース服、フェミニンなメンズ服などの流れですね。このスタイルも「ジェンダレス」を汲んだもの。二つのトレンドを取り入れたショーピース故にやや「ファンタジー」を感じさせますが、ボーダーのジャケットやワンピースなどアイテム単品で見るならばリアルクローズとしても十分落とし込めそうなアイテムもみられます。
(ショーは概ねファンタジーな着こなしでインパクトをもたせます。そのため日常着とは懸け離れたコーディネートが多く存在するのです)

 

valentino_camo_02
Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/19845/valentino_camo_02.jpg

 

スパンコールや柄使い、派手な色目など。「ノームコア」にすっかり馴染んだトレンドの中ではなかなか抵抗がありそうですが、ヴァレンティノの様なモノトーン迷彩ならばすんなりと受け入れられるでしょう。

 

 

ビビッドな赤で表現する「タッキー」

 

もちろん迷彩やパッチワークの様な「タッキー」の提案だけはありません。

ビビッドな色で「悪趣味」を提案するブランドも多いです。

 

ATTACHMENT_2016ssmens_016
Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/19030/ATTACHMENT_2016ssmens_016.jpg

 

春夏にも関わらず黒白グレーのモノトーンを打ち出したコレクションを発表したのはATTACHMENT。「ノームコアトレンド」の中でモノトーンは合わせやすく受け入れられやすい地味なスタイルですが・・・しかし幾つかのスタイルではアクセントカラーとして赤を多用しています。

 

ATTACHMENT_2016ssmens_001
Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/19030/ATTACHMENT_2016ssmens_001.jpg

 

ATTACHMENT_2016ssmens_007
Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/19030/ATTACHMENT_2016ssmens_007.jpg

 

モノトーンと「真逆」の強い色彩であるビビッドな「赤」を用いることで、黒白の落ち着いたトーンを「タッキー(悪趣味)」な配色に仕上げています。次回春夏の「脱ノームコア」は、迷彩やこういったビビッドカラーの1アクセントなどが効果的になるでしょう。

 

 

「トレンド」は全てを受け入れる必要はありません。特に保守的なメンズファッションにおいてはトレンドをやたらと受け入れなくともオシャレは十分に可能です。しかし全く無視するのも勿体無い。「リバイバル」なんて言葉もありますが、実は全く同じトレンドは二度と回ってこないのです。80年代ファッションがトレンドとなった数年前も、本当に80年代の洋服を引っ張り出してきたら違和感を覚えたでしょう。トレンドとはらせん状に微妙な変化を加えながら繰り返していくものなのです。

 

同じことが回ってこないのなら、今のトレンドは今しか楽しめないものです。1,2点、小物でも取り入れて今のファッションを楽しむことも有意義ではないでしょうか。・・・そんなわけで次の春夏は少し「悪趣味」なものをオススメします。

 

 

 
 

あなたの人生をほんの少し楽しくしてくれる「おしゃれ」をマスターするメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、上記の様な具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 

2

 

例えば多くのアイテムがユニクロでもこんな着こなしが出来ちゃいます。お金がなくてもセンスがなくても大丈夫。オシャレはロジックで構築できるのです。

 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第4位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年「まぐまぐ大賞」も受賞。多くの方に支持されています。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 告知

    「まぐまぐメルマガ大賞2017」投票のお願い
  2. 流行解説

    おしゃれになりたいなら必読。2017年はトレンド転換の年。
  3. MBの身体改造日記

    夏までに中年体型を変えてみせる!!MBのトレーニング日記!!
  4. 雑記

    12月のご褒美買いはGUCCI/グッチで決まり!!BUYMA第7弾の連載更新されました。
  5. 服を着るならこんなふうに・補足

    「服を着るならこんなふうに for ladies’」ついに始動します
PAGE TOP