GUでオシャレになる!

合計6,460円!?「1万円コーディネート企画」を毎週配信します!

 

スポンサーリンク

 

上下1万円でおしゃれはできるか!?

 

毎週金曜日に「上下1万円でコーディネート」する企画配信を始めました。
Youtube「MBチャンネル」の中で内容配信していますが、こちらKnowerMagではそちらをさらに細かく解説します。

 

今回のスタイルはこちら。
ストリートライクなスウェットスタイルです。ビッグサイズのスウェットを使っていますが、実は実際やってみると意外とこのスタイル「若い」印象がそこまで強くない。もっとも私ももう37歳ですから・・・それでも違和感ないでしょう?ドレスとカジュアルのバランスがしっかり取れていればさほど年齢は気にならないのです。

使ったアイテムはこちら・・・

 

メインアイテムは「ビッグサイズのスウェット」

 

GU
ビッグスウェットシャツ(長袖)Polaroid 990円

 

まずはメインアイテム。GUとポラロイドのコラボスウェットです。
ポラロイドとコラボってまあまあ謎コラボですが、最近こうした「誰でも知ってる有名ブランドとのコラボ」は実はとにかく売れるんです。というのももう「安い・モノが良い・形が綺麗」などだけでは売りにくくなってきているんですね。どこのブランドもどこのメーカーも生産背景をすぐに真似して似たようなものを作ることができるようになってしまった。ZOZOや楽天をみればわかる通りですが、似たようなものばかりがランキングに並び個性もへったくれもありません。そんな中で唯一差別化となるのは悲しいかな「名前」。

以前複数のメーカーさんから聞いた話ですが「全く同じようなTシャツでも”チャンピオン”って名前がついてると売れ方が全然ちがう」そうです。だからこうしたライセンス権を獲得したり、コラボをして名前を借りたりすることで同じような商品でも「あ、これなんか聞いたことある」と手を出してくれるわけです。

本来デザインや素材やシルエットなどで差別化するのがファッションであり「名前で差別化」とはなんとも悲しい限りですが・・・まあ主戦場が通販となった今は画像勝負なところがある。素材もシルエットも画像ならいくらでも誤魔化せますからね・・・どれも綺麗に画像加工し綺麗なモデルさんを使い、そりゃ差別化なんて難しくなりますよ。結果「名前」で戦うしかないわけです。

「ポラロイドコラボ」なんてぶっちゃけなんの意味もないと思いますが(そもそもポラロイドはこの商品に対して何かデザインを手がけているのか。。。)、これもそんなライセンス品が売れる流れなのかと思います。

 

ただしこの商品、案外しっかりと作ってあって名前がなくとも十分差別化できている良品。
裏毛のスウェットですが、ツルッとした高級感のある素材が特徴。「スウェット」と一口に言っても風合いは千差万別色々あります。硬いもの柔らかいもの、毛羽立ちがあるもの毛羽立ちがないもの、ツヤがあるものツヤがないもの・・・このスウェットは裏毛感が程よく少なく厚さはほどほどになっており着膨れ感がありません。スウェットは防寒性を高めようと厚手にするとモコモコと着膨れ感が出てしまいなんとも不恰好な印象になりますがコレはそんなことがない。しかも表面は加工しているかのようにツルッと綺麗なツヤ感がありスウェットっぽく見えません。

 

またデザインもGUがこの手のコラボをやると「こんなとこまでプリントせんでええわい!!」とツッコみたくなるくらい余計なデザインをしちゃうものですが・・・今回はそれがない。程よいバランスでプリントしておりボディはワンポイントのみ、袖に少しプリントを入れたくらいでシンプルです。色味もモノトーンベースでシンプル。これならオーバーサイズのスウェットでも大人も使えます。

 

合わせるアイテムはドレスライクに

 



GU
ワイドストレートトラウザー+E 2,490円

 



UNIQLO
イージーケアジャージーシャツ(長袖) 1,990円

【ユニクロオンラインストア】イージーケアジャージーシャツ(長袖)
上品に見せながら着心地は柔らかくお手入れもラク!カットソー素材の新感覚シャツ。

さてそうは言ってももちろんオーバーサイズのスウェットなので、かなりカジュアルなアイテムです。
そこで合わせるアイテムはやや大人っぽいものを合わせます。

そこでスラックス、シャツをチョイスしてまるでビジカジのようにスウェットを合わせます。秋のビジカジはスラックスにシャツにニットを合わせたりしますよね?そのニットをスウェットに変えてあげるイメージです。スウェットの首元からチラリと白シャツが見えることで少しフォーマルな印象が強まります、下半身にドレスライクなスラックスがあるから同じスウェットでもカジュアルな印象になりません。

こうしてドレスとカジュアルのバランスを組み立てていくわけです。

「カジュアルなアイテムにはカジュアルなアイテムしか似合わない」なんて思ってる人がたまにいますが、その理屈だとスウェットにはデニムやチノしか合わないことになりますが洋服の本場であるヨーロッパの人たちはそうした「カテゴリ分け」を特にしません。Tシャツにスラックスを合わせるし、デニムにドレスシャツを合わせます。もっとも日本もユニクロ始め量販店が随分単価を下げてくれたおかげで、様々な服に挑戦する機会が生まれ、そうしたリテラシーがついてきた様にも思えますが。

 

微調整は小物で行う!

 



GU
バケットハット 990円

 

あとは小物ですね。
これはコーディネートを作る時の秘訣ですが、鏡を見て「どうも野暮ったいな、カジュアルすぎるかな」と思ったら靴と帽子で調整してみてください。

帽子はキャップやニットキャップはカジュアルなもの、黒のハットは元々礼服に合わせるものでフォーマルに見えるものです。バケットハットはアウトドアでも使われるので難しいところですが、ハリのある黒色のものなら基本的にやや大人っぽいものドレスライクなものと認識してOKです(これはまた別の動画で解説します)。

足元は簡単ですね、スニーカーやサンダルはカジュアルなもの、革靴はドレスなものです。もちろん「革靴」と言ってもマウンテンブーツやワークブーツなどはそのそ限りではありませんが。基本はこの通り、覚えてみてください。

 

そして帽子と靴は、頭の先と足の先を彩るアイテムです。
頭の先も足の先も体の先端に当たる視線が止まる部分です。視線が止まるゆえに目立つ箇所であり、ここは小物の中でも最も重要な箇所です。たとえ服がカジュアルでも帽子と靴にフォーマルな印象があれば「無理やりバランスをとる」こともできるわけ。

一通りコーディネートして「なんかカジュアルだな、野暮ったいな」なんて思ったら靴か帽子、もしくはどっちもドレスライクにしてみてください。案外それで解決することも多いですよ。

 

今回この辺を説明するためにあえて少しドレスライクにしていますが・・・スラックスは太めだし、シャツもスウェットもゆったりサイズなのでちょっと服だけだとカジュアル寄りなのですよね。そこで帽子と靴でバランスをとってみたわけです。

 

オーバーサイズのスウェットは大人はなかなか選ばないと思いますが・・・案外こうしてバランスをきちんととってあげると・・・意外とイケるでしょ??

 

合計なんと6460円!?

 

そしてお値段もしっかりクリア(靴はご勘弁…といってもZARAなのでそこまで高くないですが)



ビッグスウェットシャツ(長袖)Polaroid 990円
ワイドストレートトラウザー+E 2,490円
イージーケアジャージーシャツ(長袖) 1,990円
バケットハット 990円

・・・小物を入れても6,460円!
1万円コーディネート余裕で可能です。

 

これ6000円で揃うんだから良い時代になりました。不満がないと言えば嘘になりますが、コスパまで考えるなら大満足レベルです。こんなことを毎週やっていこうと思っております。是非ご期待ください!

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

最も早くオシャレになる方法KnowerMag マガジン|MB|note
毎週日曜18時頃更新!現役メンズファッションバイヤーであり、書籍累計100万部を誇る日本を代表するファッション著者であり、ファッションHOWTOサイト KnowerMag運営者...

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. オシャレの秘伝

    【インディゴデニムの着こなし,合わせ方】デニムを使ったオシャレなコーディネートはこれだ!!日本人が実践すべき着こなしテクとは?
  2. 大学生や初心者のためのファッション講座

    モテる大学生に!夏休みの間にオシャレになれる「買うべき3つのアイテム」!
  3. 雑記

    なんと単品5000円!世界一コスパの良い「究極のセットアップ」を見逃すな!!
  4. やっちゃいけないNGファッション

    エリを立てる着こなしはアリかナシか?【どんな着こなし、どんなアイテムも文脈次第でオシャレになれる?】
  5. 雑記

    MB急病のため明日の関西ショウルームは欠席とさせていただきます(開催はされます!!)
PAGE TOP