おすすめブランド

今、関西がアツイ?関西初のブランドを紹介してみた【talking about the abstraction/トーキングアバウトジアブストラクション】

 

スポンサーリンク

 
 

最近、関西がアツイ。

 

大阪駅直結の総合施設「ルクアイーレ」のリニューアルOPENや、各カテゴリーの一番人気ショップ、ブランドを集結させた超高感度ショッピングビル「京都BAL」などの開業により関西地区が商圏として注目を浴びています。

さらには11月には三井不動産が手がけるショッピングモール「ららぽーと」を核としたテナントで構成する「エキスポシティ」が万博記念公園に開業予定。国内最大規模となる「ポロラルフローレン」や「ロンハーマン」などを高感度ショップをはじめお馴染み「ビームス」「アローズ」「アーバンリサーチ」など国内を代表するセレクトショップを出店予定。年間売り上げ総額は400億円規模となる見込みです。

東西の違いを象徴するディズニーとUSJも関西は好調。ディズニーランドの売上不調が噂される中、USJは「ハリーポッター」の影響もあり3月度の決算では過去最高益を記録。昨今、関西地区の商圏がにわかに存在感を滲み出しているのです。

 

 

そこで今回は「関西初・関西を拠点に活動するブランド」に焦点を当ててみました。ブランドは東京拠点が多いイメージがありますが、意外と関西地区に本社を置くブランドなども多数存在するもの。今回は関西らしい”やや癖のある”ブランドを中心に紹介しましょう。

 

talking about the abstraction/トーキングアバウトジアブストラクション

 

201404191851264
Photo by http://image.rakuten.co.jp/trefac/cabinet/ftp104/201404191851264.jpg

 

転写プリントで一世を風靡したブランド「talking about the abstraction/トーキングアバウトジアブストラクション」。昔はこの長い名前を律儀に書いてた媒体が多かったですが、最近はブランド側のプレスリリースでも「tata」と略していることが多い様に思います。

 

「転写プリントって何?」と思う方も多いでしょうが、上記の画像は実はデニムじゃありません。ジャージ素材のようなパンツにデニムの写真を「プリント」したもの。これが「転写プリント」です。

 

286865
Photo by http://img.rbbtoday.com/imgs/zoom/286865.jpg

 

遠目に見ればデニムとしか思わせません。クラッシュデニムの雰囲気やシワの入り方など実にリアルです。

 

b0139281_12383645-1
Photo by http://pds.exblog.jp/pds/1/200902/10/81/b0139281_12383645.jpg

 

無論「プリント」なので近づいてみれば平面的なことがわかります。触ってもジャージのようなツヤッとした質感なのでデニムでないことが伝わります。(高密度の素材でなければ上手く転写が表現できないのでこういったツヤっとした素材になっているのです)

 

フランスでは「トロンプルイユ(だまし絵)」と呼ばれる技法。海外のトップデザイナーズブランド「マルタンマルジェラ」が発祥だと思われている方が多い様ですが、実はマルジェラの師匠であるジャンポールゴルチエがいち早くファッションの技法として取り入れ市場に広めたものです。

 

028014-1
Photo by http://ic3-a.dena.ne.jp/mi/gr/114/image.rakuten.co.jp/jimu/cabinet/q10/028014-1.jpg

 

アーガイル柄のニットを転写したZIPジャージなど。10年ほど前には「トロンプルイユ」をテーマにしたコレクションなども存在したほど。

 

トーキングアバウトジアブストラクションの転写デニムはリリース以来強烈に支持され、何年も同じ様に展開されています。

 

kZ2TY4N1g42DTwP7
Photo by http://www.apalog.com/daisen/img/510/kZ2TY4N1g42DTwP7.JPG

 

バリエーションも増えていき、レザーやパーカーやGジャンを同じくジャージ調の素材にプリントしたトップスなども生まれました。

 

しかし世間の評価はやはり初期からリリースされているデニムの転写プリントに集中。元来凹凸が出来やすくシルエットが綺麗にみえにくいデニムを、落ち感のあるジャージ素材に転写することで、「シルエットがすとんと落ちる綺麗なデニムパンツ」を表現できたことが功績だった様に思います。

 

pm-2196_1
Photo by http://cdn.thumb.shop-list.com/res/up/shoplist/shp/__basethum900__/luxstyle/crooz/pm-2196_1.jpg

 

本来デニムは生地が硬く、また重量があるため、ゴツゴツとしたシワや凹凸が生まれます。

 

0250052025_vari_1_ll
Photo by http://www.at-scelta.com/img/item/0250052025/0250052025_vari_1_ll.jpg

 

一方でスラックスはサラリとした素材感でシワや凹凸ができにくい。(これを「落ち感がある」といった風に表現するのですが)

 

スーツはシワ感がなく艶が強調されたものが重宝されることから分かる通り、シワ感はなるべくないほうが大人っぽいドレスな印象を与えます。逆にデニムやチノパンなどの凹凸やシワ感のある表情はラフで粗野、カジュアルな印象を与えるものです。

 

メンズファッションにおいておしゃれを実現する大原則はこの「ドレスとカジュアルのバランス」なのですが、ここに関して未読の方は是非一度下記記事を読んでみてください。

「センス」などと感覚的に語られがちなファッションの世界ですが、ファッションは「センス」などと雲をつかむようなものでつくられるものではなく、数学のように論理的に構築的に作られるものです。「方程式」「大原則」を知ればおしゃれが分かります。

是非読んでみてください。

 

※参考記事
【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

 

 

で、そんなカジュアルなシワ感を排除した艶のあるストンと「落ち感」のあるデニムが「トーキングアバウトジアブストラクション」の転写デニム。この綺麗なシルエットは発売当初癖になる人が続出したものです。(私は取扱店舗に一時期籍をおいていたことがあります)

 

 

この「転写プリント」という発想がどこか関西らしいというか。東京には実に様々な人が生きているので一概に語るのもおかしいのですが・・・「東京人はコンサバティブ」「関西人は遊びがある」そんなイメージありませんか?「面白そうやん!」「ええなー!」な遊び感があるというか・・・いやあくまでイメージですよ、関西の方々申し訳ありません・・・。

 

国内ではだまし絵調のデザインといえば東京を代表するデザイナー「ミハラヤスヒロ」も得意としていますが、トーキングアバウトジアブストラクションの方が「遊びがあるデザイン」なのです。関西らしい普通のブランドにはない遊びココロが見ていて楽しいブランドです。

 

 

RYU/リュウ

 

ブランド設立から10年以上が経過している国内老舗ブランド。国内では「芸能人着用!」「雑誌掲載!」などあまり大きく取り上げられることは少ないので名前もそこまで有名ではないかもしれませんが、実は海外で毎期展示会を開催し支持されていたり、デザイナー自身もロシアのデザインコンテストでの受賞経験があったりと海外評価も高く、グローバルな展開を行っているブランドです。

 

image-1
Photo by http://u.jimdo.com/www56/o/s2c5f20b449ad2d65/img/ic7095db2ac327dfc/1423468437/std/image.jpg

 

メンズレディースどちらも展開しています。RYUの服は「古着」のような褪せた朽ちたような風合いのものが多いのですが、ステンカラーやシャツなどのドレスライクなシンプルデザインが多く、「ミックス感」のある独特の雰囲気を感じさせます。

 

詳しくは毎週配信のメルマガなどでも何度か触れているので購読頂きたいですが・・・特徴的で着まわしにくい・・・関西的な「癖のある」洋服もあるものの、中には「え!?これこの値段でいいの!?」と思えるくらい着まわしも、形も、質も良いアイテムも。毎シーズン展示会が楽しみなブランドです。(あとアシスタントの女性がカワイイ)

 

海外展開をしていたり、大手セレクトショップで扱われたり、10年続くのが難しいと言われる国内ブランドで長い年月活動できていたりと、大阪を代表するメンズブランドと言えるでしょう。にもかかわらず拠点を都内に移さずに、展示会も都内と大阪二箇所で行う、都内はデザイナーさん拠点を構えるわけでもなく泊り込みで来るというあたり「地元愛」を感じます。

 

大阪には「cobachi/コバチ」というセレクトショップを構え直営店舗として活動されており、地元密着な温かい雰囲気が伝わるブランドです。

 

 

N4/エヌフォー

 

th_001b
Photo by http://u.jimdo.com/www56/o/s2c5f20b449ad2d65/img/ic7095db2ac327dfc/1423468437/std/image.jpg

 

最後に京都発のブランドもご紹介。「N4」。京都で老舗セレクトショップを運営する会社が立ち上げたブランド「N4」。日本産、とりわけ京都発の織りや染めの技法を多く採り入れ「地元ならでは」の技術力で他にない洋服を作り出すブランドです。

 

こう書くと洋服なのに「和」を感じさせる突飛なデザインのブランドなのかな?とも思うかもしれませんが、非常に知見の広い初代デザイナーさんの打ち立てたブランドコンセプトが秀逸だったのか・・・和の技法を駆使しながらも、ヨーロッパのデザイン、トレンドを強く意識した洗練されたデザインを作ります。

 

10代20代の男性よりも、30代・・・40代50代などの顧客も多いブランド。渋い印象で大人が着るカジュアルブランドです。こちらもメルマガ内にてオススメアイテムは何度か語ったことがあります。気になる方は是非。

 

 

いかがでしたでしょうか。他にも「地方発」のブランドは近年、昔よりも増えている感があります。とりわけ「洋服の生産」は都内ではなく東北地方などで行っていることも多く、そういった工場がデザイナーを招いてブランドを立ち上げるなんて例も多く見られます。私の生まれ育った地元新潟でもニット工業がさかんなのですが・・・とある会社から新宿伊勢丹などで取り扱われるようなデザイナーズブランドが出てきた例もありました。

 

地元愛で洋服を選ぶのが良いか悪いかはとして、身近でブランドが拠点を置いているというのは親近感を覚えますね。関西地区の方は上記3ブランド、試しに見に行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

「おしゃれの正解」を具体的な商品名や着こなしまで教えちゃう!2014年まぐまぐ大賞受賞の人気メールマガジン

 

「具体的にはどの洋服を買えばいいの?」
「全身ユニクロでも、どんな着こなしをすればおしゃれに見えるの?」

そんな疑問はメルマガで解決します。

 

毎週日曜日発行しているメールマガジン「最も早くオシャレになる方法&コーディネート診断」では、詳細な解説付きでおしゃれになる方法を配信しています。

 

また「オシャレの論理」や「オシャレの方程式」はもちろん、
メルマガで紹介されたものをそのまま購入してしまえば即時オシャレになることも可能です。
紹介するものはユニクロや無印良品などのアイテムも多く、お金もかかりません。
実際の着こなし法などを写真も踏まえて紹介するので、より具体的に理解しやすく整えてあります。

 

1309

 

こちらは2015年8月16日配信号の写真。着用しているシャツなどはファストファッションブランドのものです。手頃な価格の洋服でもオシャレは十分可能なのです。

 

さらには読者さんの服装をチェックしてくれる「コーディネート診断」
悩み相談を受け付ける「Q&A」も備えたもの。

量も毎週30000〜50000文字程度の超特大ボリュームとなっています。
(月間20万文字近く!ファッション雑誌を一冊買うよりも圧倒的に多い文字量です。)

 

おしゃれは感覚的なものではなく、論理的に構築可能なのです。
それをメールマガジンでお届けします。

 

また毎週のコーナー「MBの思考」ではビジネスマインドなども語っています。

 

単なる読み物としても十分に満足できる内容です。
毎週展開している「ファッション基礎講座」ではモノの選び方・・・
例えば「テーラードジャケットを買う時はどこを見ればいいか」「どこの何がオススメか?」などもお教えしています。

 

月540円でファッションの勉強が出来ます。雑誌を一冊買うよりもずっと手頃です。
私はこれで日本のファッションを底上げします。
そのくらいコンテンツに自信あり。誰もが納得できる論理的な内容にまとまっています。
初月は無料。
試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第4位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年「まぐまぐ大賞」も受賞。多くの方に支持されています。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?
  2. 連載媒体mine、4月1日より値上げします!!読むなら今がオススメ!!

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. メルマガ告知

    ちょっとしたカスタムや工夫でユニクロをブランド品に見せる方法!!【メールマガジン2016年1月17日配信予告】
  2. 40代50代のためのおしゃれ指南

    50代のメンズファッションは「差別化」にあり。同窓会で「かっこいいね!!」と褒められるためには!?
  3. 雑記

    7月17日17時から夕日をバックに海岸で生放送をします。
  4. メルマガ告知

    どうしても上下黒のコーデになっちゃう人に!!「脱地味」指南編!!
  5. オシャレの秘伝

    日本人は「靴」で損をしている。
PAGE TOP