GUでオシャレになる!

GUの2018年春夏展示会から見るプチ・トレンド情報

 

スポンサーリンク

 

GU2018年春夏展示会にお邪魔してきました。

 

先日GUの展示会に行ってきました。

 

 

ひろーい会場の中でメンズブースはやや小さめでしたが、それでも気合入りまくりのコレクションでした。

GUやユニクロの関係者と話していると・・・「本当に洋服に対して真摯な姿勢を持っているんだなあ」といつも感心します。「スウェットパーカーを作ろう」と決まったら彼らは市場にあるあらゆるブランドからパーカーをかき集めてきて良し悪しを一つ一つ考えます。サンプルは細かな違いで幾つも幾つも作っており、経年変化も1度洗ったもの2度洗ったもの3度洗ったものなどを比べることなどもしています。

 

ぶっちゃけこんなことやってるブランドは世の中にありません。

コレクションに出展する様なブランドでも、こんなに真摯に商品開発を求めたりしません。サンプル制作も基本ファースト(1作目)かセカンド(2作目)で終わります。もちろん予算や求められることに根本的な違いがあるので同じように比べて批判も否定も出来ません。それぞれに役目がありますから。しかし同時に彼らデザイナーズブランドは決してGUやユニクロを馬鹿にすることはできないでしょう。いまだにこうしたファストファッションブランドを低く見て小馬鹿にする関係者がいますが、彼らに接して彼らの努力と知見に触れれば触れるほど、いかにそれが愚かなことか気がつくはずです。

お互いに優れたところがあり、努力している部分があり、またそれぞれ世の中に存在する「役割」があります。それを頭ごなしに「安物だからダメだ」「洋服のなんたるかを分かっていない」と批判はできません。彼らはとことんまで労力をかけて追求し、世の中に本当に必要なものを生み出しています。彼らの存在には大きな意味があるし、広く多くの人に恩恵を与えています。アパレルは規模感を否定する癖がありますが、それはビジネスや業界の発展を否定するのと同義です。否定しがちな関係者はフラットな目線でGUやユニクロを見て見ましょう。我々が長年出来なかったことを、彼らは成し遂げていますよ。特に次の春夏は必見です。

 

ちなみに断っておきますが私は彼らと金銭的な契約が一切ありません。GUスマホサイトに私の不定期連載もありますが、これもノーギャラでやってます。ユニクロの「服着るコラボ」も私はノーギャラです。GUユニクロとは公平な関係を保っていないとコンテンツに良し悪しが書きにくいので、一線を引いてます。極めてフラットですのでご安心を。

 

「KENZO」などで有名なLEXとのコラボは必見

 

んで。肝心のコレクションの内容は・・・

 

 

まずはコレでしょう。
アエロシン-レックス・メストロヴィックとのコラボ。MUSEUM OF MODERNART (MoMA)で展示されている超一級のアーティスト。アパレルならKENZOなどとのコラボで有名です。

すでに一部発売がスタートしていますが、発売日一部店舗では行列?が出来たそうですよ。(GU展示会スタッフ談)

 

ストリートライクなウェアが中心ですが、単色のダークなグラフィックが多く、子供っぽくなっていません。私もスウェットやカットソーなどをGETしました。
今後も展開がまだある様で楽しみです。

 

トレンドは突き抜けてました・・・果たしてこれが受け入れられるのか!?

 

 

んでこちらがインライン(コラボじゃない通常ラインのこと)。

「スポーツやアウトドアを混ぜたカジュアル」と「セットアップなどを集めた品の良いドレス」と「今っぽいアイテムを集積したトレンド」の概ね3軸から成る構成の様でした。

 

個人的に注目して見ていたのはトレンドゾーン。

 

 

海外コレクションなどでも数多く見られるトレンドの「オープンカラー(開襟)シャツ」。胸元が開き、襟が寝ているややカジュアルな印象のシャツ。昨年からユニクロでも無地オープンカラーシャツの展開があり人気を博しましたが、今年は特に「柄のオープンカラーシャツ」が人気。

 

以前も本ブログで解説した通り、今年からは「シンプルなノームコア」にほんの少し柄や色やデザインを足す「装飾性」がキーワード。あまりにシンプルに徹すると「格好良い・・・けど地味」と評価されてしまいがち。シンプルなものばかりが市場にあふれてきてしまったので、その反作用で装飾のあるデザインが好まれています。

無論バキバキに派手なデザイン服を着ろ、というのではなく「ほんの1点だけ」意識すれば十分です。


 

 

例えば私もメルマガ読者だけの限定アイテムとして「ストライプのオープンカラーシャツ」を来年用意していますが・・・こんな感じですね。無地でシンプルなデザインでも、ほんの1点だけ柄や色が入るだけでこなれた都会的な印象に切り替わるものです。「派手」じゃなくても良いので、ほんのちょっとだけ意識してみてください。着こなしが一気に生まれ変わるでしょう。

 

 

意外なことにGUはトレンド最先端を狙ってました。アロハライクなボタニカル柄の入ったオープンカラーシャツなどはハイブランドでも見られるアプローチ。スタッフさんも「今回あえてトレンド突き抜けました」と語ってました。感度高いし早い・・・さあて、でもこれが市場で受け入れられるのか。ちょっとわかんないですけど笑。でもバランス次第でオシャレが捗りそうなアイテムです。コーディネートの腕がなりまっせ。もちろん今後メルマガで取り上げます。刺繍系はちょっと危険かなあ。不必要な遊びのあるデザインはどうしても安っぽく・嘘っぽく見えてしまうので「高級感のある素材」などで説得力つけないと難しいんですよね。GUの素材感で刺繍のオープンカラー・・・だとちょっとツライかもしれない。ボタニカル柄のシャツはレーヨン?素材でシルク調のツヤ感がありきちんと説得力ありました。良い出来です。

 

相変わらずハズレのない「セットアップ」

 

 

一番ハズレがないのは相変わらずセットアップです。

GUのセットアップは年々クオリティUPしています。しかも上下揃えて7000円くらいだったりするので驚異的。「デニムのセットアップ」とか結構チャレンジなアイテムだと思うんですけど・・・7000円なら思い切って挑戦できますよねえ。こういうチャレンジアイテムが手頃な価格設定なのは本当に有難い限りです。

今回はチェック柄やデニム素材のセットアップなどを展開していました。足元の革靴(合皮)もバージョンUPしており期待大。しかもお値段は据え置きの様。GUとユニクロは靴に手を出すのだけは業界的にホント勘弁してほしいですねえ。いくつかのブランドが潰れてしまいそうです・・・。

 

 

ところでレディースはメンズよりも更にトレンドを追いかけていました。
柄使いも素材使いもメンズに輪をかけてさらに突き抜けています。

 

ボタニカル柄は色の組み合わせがもはや海外コレクションの様・・・。こんなのが手頃に買えるなんて・・・ああ女の子になりたい。

 

さてメルマガでは「2018年春夏・選んで間違いない服」と題してトレンド情報をお送りする予定です。終わりかけのトレンド服を選ぶのではなく、早めのトレンドを選んでおいて長く際立ったオシャレを維持しましょう、、、ということで。ご期待ください。年末から年明けにかけて配信予定です。お楽しみに。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. GUでオシャレになる!

    「素材の違いって本当にあるの?」と思う人はGUに行って【ダブルフェイスプルパーカ】を見てみよう
  2. 雑記

    そもそも構造的に販売員はお客様と対立している!俯瞰的に見れば分かる「販売員の活かし方」
  3. ニット編

    「チルデンニット」って何?スーツに合わせてもOK?初心者向けに徹底解説!!
  4. アクセサリー編

    【ハッピーソックス?靴下屋?】メンズはどのソックスを選べばいいの?見せソックスの合わせ方と正解について解説!
  5. メルマガ告知

    NIKE/ナイキ「TechPack/テックパック」「GYAKUSOU/ギャクソウ」などオススメラインナップを解説!!【メールマガジン2015年3月29日号紹介】
PAGE TOP