アウター編

ステンカラーコートやチェスターコートをビジネス用に見せない方法(ユニクロUやイネスのコートなど)

 

スポンサーリンク

 

なんとなく「仕事用のコート」みたいに思えてきちゃった・・・

 


Photo by https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/450/000/000/1/1396/tasclapimage_1396_7_1.jpg?d=20170213154608

 

肌寒くなりロングコートの季節になってきました。大枚叩いて買ったロングコート、着用して鏡の前に立ってみると

「なんか仕事用のコートを着てるみたいだな・・・」
「電車で見かけるオッサンの通勤着みたいな気がしてきた・・・」

と思ってしまった。そんな経験誰しもあるのではないでしょうか。

 


今回はそんなロングコートをビジネス用に見せない方法をお教えしましょう。

 

着こなしや工夫でビジネス用に見せない!

 


Photo by http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/402354/item/09_402354.jpg

 

まずレディースと異なりメンズのコートはシンプルで装飾の少ないものが多いです。そもそも女性と違い男性はファッションに興味がある人がそこまで多くない。コートを何枚も持っている人はレアで、「冬用コートは1枚しかない」という人がほとんどでしょう。

 

そうなると当然デザインで遊びのあるものや、変形シルエットなどを選ぶわけにもいきません。「まずはベーシックなものを」と誰もが思うでしょう、ついついシンプルなものを手に取りがちです。メーカーやブランド側もそれを理解しているので、当然作るコートはシンプルで装飾を省いたものが多くなります。

 

しかしシンプルに徹してしまうとついつい通勤用のコートと間違われてしまう結果に。
ミリタリーブルゾンやダウンジャケットであれば通勤着と間違うこともないでしょうが、フォーマルでも使えるチェスターコートやステンカラーコートなどではシンプルデザインだとどうしても「通勤用のコートを流用しているのかな」と思われてしまいがち。

 

無論だからといって「デザインがバリバリ入ったコートを選びなさい」とか「定番色じゃない派手なものを買いなさい」とか主張するのではありません。「着こなし」や「選び方の工夫」で通勤着に見せない方法がちゃーんとあります。

 

 

一番簡単なのは「大判の柄ストール」!!

 

 

まず一番簡単で現実的な方法は「ストール」です。

 

大判のストールをコートを隠すように垂らしてあげるor巻いてあげればOK。簡単に通勤着的な印象を払拭できます。この時特にポイントは・・・

・襟周りを隠すこと
・大判で柄の入ったストールを選ぶこと

などを意識すると尚良しです。(どちらかでも構いません)

 

そもそも通勤着に見られないためには「通勤着のイメージから離れる」ことが必要です。

通勤着とはスーツに合わせるためのもの、つまり「フォーマルな印象のコート」となります。フォーマルなコートの特徴はどんなものでしょうか・・・

 

・襟が大きい
(スーツや礼服もそうですがフォーマルであるほど襟は大きくなります)

・ツヤがあるシワのない素材
(フォーマルほどツヤを重宝し、カジュアルほどシワを重宝します、スーツとデニムを連想すれば理解できます)

・ジャケットやスラックスや革靴とコーディネートする
(デニムや柄物の服などに合わせるサラリーマンは当然いません)

 

こうした「フォーマルな要素」を一つでも良いので払拭してあげることが重要です。
そこで一つの例が「大判の柄ストール」です。

 

 

柄の入った大きなストールはフォーマルから反するものです。フォーマルであるほど無地を好むため柄の入ったストールなどは対局の存在。巻いてあげるだけで印象は通勤着からグッと離れます。

 

また襟が見えなくなるとフォーマルな印象は一気に消えます。

 

カジュアルな服を思い出してください。Tシャツにパーカーにクルーネックに・・・襟のないものが基本でしょう。

 

しかしフォーマルな服は・・・シャツだのネクタイだのコートだの・・・襟があるものが基本のはずです。(コーディネートのどこかに必ず襟のあるものが入っているはずです)

 

だからこそ「襟を隠す」ことはフォーマルから脱することにつながり、通勤の印象を消すことができるワケ。

 

 

ノーカラーならビジネス用には見えにくい!

 

 


「襟を隠す」と同じ理屈ですが、購入する時に「ノーカラー」を選ぶのも一つの手です。

 

襟のないノーカラーは通常の襟のあるコートから比べて通勤着のイメージがグッと薄くなります。例えば購入したコートをお直しで「ノーカラー」にしてあげるのも手ですね。

 

 

これはユニクロのコートの襟を隠した着こなし。

 

 

同じコートでも襟があるとないとでは全く印象が変わるでしょう。例えば襟を取りノーカラーにするお直しなどは比較的メジャーなお直しの一つであり、そこまで大きな金額もかかりません。(コートの種類やお直し屋さんにも寄りますが2000円~請け負ってくれるところも)

 

 

シワ感を意識するとビジネス用から離れた印象に!

 


Photo by http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/402990/item/32_402990.jpg

 

UNIQLO ステンカラーコート+E 12,900円

 

またもしくは「シワの入ったコートを選ぶ」のも方法の一つです。

今年発売されたユニクロと、世界的モデル「イネス・ド・ラ・フレサンジュ」のコラボラインでリリースされたこちらのステンカラーコート。実にシンプルで襟もある通勤着として間違われそうなこーとですが・・・実は洗いをかけた生地を使いシワ感をつけてあるのが特徴です。

 

フォーマルなコートは「ツルッとしたシワのない風合い」が基本です。スーツなどのフォーマルは基本シワを嫌い、デニムなどのカジュアルは逆にシワを好むものです。

 

そう考えるとシワが適度に入ったコートは適度にフォーマルな印象が抜けており、通勤着として見られにくいでしょう。このイネスコラボのコートはパッと何気なくスラックスに合わせたとしてもあまり通勤時のオッサン風に見られないのが嬉しいところです。

 

 

また持っているコートを一度水洗いしてシワ感をプラスするのも方法の一つです。
「水洗いなんて勝手にしていいのかな・・・」と不安になるかもしれませんが、案外「ドライクリーニングONLY」となっている洋服でも洗える場合が多々あります。洋服屋さんはクレームが怖いもの、クレーム防止のためにやや大げさに洗濯表記をしているところが大半です。綿素材のコートはもちろん素材の種類にもよりますが、ほとんどは水洗いしても問題ないものばかり。

 

私はステンカラーコートなどはカジュアル用に見えるように水洗いをしてギュッとシワをつけてから着ることも多いです。(先ほどのイネスのコートも私は一度水洗いをしてシワをつけてから着用しています)

もちろんモノによっては洗ってはいけないものもありますから、目利きも必要ですが、案外一度水に潜らせた方が雰囲気が出るものも多いんです。

 

 

派手め色を取り入れると良し!ただし「発色良すぎる色」にしないように!

 

 

最後に、通勤着ではありえないような柄や色を加えてあげるのも良いでしょう。

 

例えば今年ならインナーに少し派手めな色を入れてあげても良いでしょう。オレンジとかでも良いですね。

 

「オレンジなんて派手な色、怖くて着れないよ・・・」
と思うでしょうが同じオレンジでも実は素材により発色はまるで変わります。

 


Photo by http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/400327/item/23_400327.jpg

 

UNIQLO ソフトタッチハイネックT(長袖)1,000円

 

おすすめはこちら「ソフトタッチハイネックT(長袖)」。発色は化学繊維など糸が細くハリ感があるものの方が美しくクッキリでるものです。逆に粗めの太い糸だったり、毛羽立ちがある風合いの生地だったりすると同じオレンジでもクッキリとした色にならず、少しくすんだ風合いになるもの。

 

この素材は表面を少し毛羽立たせており、そのため同じオレンジでもくすんだダークな色合いになっています。こうしたくすんだ風合いなら同じオレンジでも落ち着いた印象となり子供っぽく派手なイメージにもなりません。大人が着用するならこうした落ち着いた色合いを選ぶと良いでしょう。「ええ!?オレンジ!?」と色名だけで判断せずに是非実際に見て着て確かめてみてください。案外すんなり受け入れられるはずです。

 

 

以上。「コートを通勤着に見せない方法」でした。メルマガでは他にも冬用コートの論理的着こなし指南を行なっています。気になる人はz施肥登録してみてください。初月無料です。

 

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 連載媒体mine、4月1日より値上げします!!読むなら今がオススメ!!
  2. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. オシャレの秘伝

    【狙うべきはブーツ!!】男同士で居酒屋に飲みに行った時に「コイツおしゃれだな・・・」と一目置かれる方法【褒められるためのファッション講座】
  2. ユニクロでオシャレをする!

    世界最速で「ユニクロU2017-2018秋冬コレクション」全型レビューします。
  3. ユニクロでオシャレをする!

    【UNIQLOU/ユニクロユー】ユニクロとルメールの過去のコラボ内容・オススメ品・評価をまとめてみた。
  4. 流行解説

    アパレルで「ボックスロゴ」が流行っている2つの理由
  5. 雑記

    6月26日のメルマガは夏のオシャレの決定版。基本も応用も網羅した「正しいコーディネートの作り方」を徹底伝授します。
PAGE TOP