ユニクロでオシャレをする!

ユニクロのネオレザーダブルライダースジャケットを3万円のブランド品に見せる方法

 

スポンサーリンク

 

ユニクロがメンズでレザーライダースを展開しはじめた!!

 

 

ユニクロがメンズで「レザーライダース」を発売しました。

 

ユニクロオリジナルの合皮素材「ネオレザー」を使ったライダース提案。レディースでは昨年「イネス」とのコラボなどでも展開していましたが、メンズは久しぶりになるんじゃないかな。しかも今回展開店舗数は「大型店限定」ではないので小規模店舗でも見ることが出来そう。

 

 

しかも今回は1型ではなくシングル(襟なし)、シングル(襟あり)、ダブル、スタジャンとネオレザー祭り状態です。かなり力を入れて展開していることが理解できます。

 

正直「レザーライダース」なんてかなりニッチなアイテムだとは思います。スウェットパーカーやダウンジャケットなどと異なり皆が皆持っているor欲しがる様なアイテムではありません。ユニクロがあえてこの売りにくく扱いにくいレザーに再び力を入れ始めたのは何故か?

 


Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/28381/LOUISVUITTON_2017awmens_039.jpg


Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/28587/lanvin_2017aw_007.jpg


Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/28207/ValentinoMEN_2017aw_036.jpg

 

実は昨年からレザージャケットはトレンドアイテムとして注目されています。「ノームコア」と呼ばれる「普通の服装が一番格好良い」というトレンドが数年かけてようやくひと段落し、今は「脱ノームコア」がトレンドとなっています。

 

シンプルなTシャツにデニムにパーカーなどのスタイルから、今は特徴的なシルエットの「ワイドパンツ」や、デザイン性の高い「ライダースジャケット」や、柄を使った「ストライプシャツ」など・・・装飾性が再び注目されるようになっています。

 

もちろん「とにかく派手にしろ」というわけではありません。「地味にならないように少しだけ着飾りましょうね」というくらいの認識でOKです。考えてみれば当たり前の話で・・・他人と違う状態であるからこそ「おしゃれ」と認識されるわけです。トレンドが進み、多くの人に「ノームコアファッション」が浸透してしまえば、「シンプルで格好良い」だったものが「格好良いけどなんか地味」と特別視されなくなるのも当然です。

 

 

「去年までこの服装で満足できていたのに・・・なんか地味に感じるな」
「この前まで褒められていたのに、”地味だね”って言われちゃった」

最近そんな経験をしている人も多いんじゃないかな。これが「脱ノームコア」の流れがさらに浸透されていくとより顕著になってきます。(今回のユニクロも同様ですが・・・ブランドやショップは皆同じ歩調で「脱ノームコア」を展開するわけで、当然そのせいで世間には価値観が浸透していきます)

 

今から少しでも「地味にならないようにほんのちょっとだけ気をつける」ということを意識すると良いでしょう。

 

 

そしてそんな「脱ノームコア」の急先鋒アイテムが「レザーライダース」です。

シンプルなブルゾンやジャケットなどではなく、素材に光沢と表情があり、金具などのパーツも多い装飾性が高い「レザーライダース」。

 

世界的なコレクションブランドではその流れはさらに顕著です。上の写真はルイヴィトン、ランバン、バンレンチノといった2017年秋冬パリコレクションのメインを飾ったブランド達。日本の市場よりも海外コレクションの展開の方がさらにトレンドフルなので、これらは同じような「レザーアイテム」でもさらに装飾性の高い提案をしています。ポケットだったりZIPだったり色使いだったりファーだったりね。

日本においてはまだ「シンプルなライダースジャケット」くらいで丁度良いでしょう。そんなわけでユニクロの「ネオレザーダブルライダース」です。

 

こんなにも早いトレンドのアイテムをユニクロが展開することに驚きを隠せませんが・・・私たち消費者にとってみれば安く手に取れるメリットは大きいですね。

本気のレザーライダースだと国内のブランドでも3万〜10万もするわけでおいそれとは買えません。ユニクロでまず試しに・・・というのも良いでしょう。

 

「ネオレザー」は本革に見えるのか?街で着ても恥ずかしくないのか?

 

 

さてさて今回はユニクロのネオレザーシリーズから特に「ダブルライダースジャケット」をピックアップしました。上述の通りですが「装飾性」のトレンドが強い昨今、どちらかというとファッション的な評価もシングルよりダブルの方が高いです。(ダブルの方が他人との差別化が進むため、おしゃれに感じさせやすい)

もちろんシングルでも全然悪くないのですが、今回はダブルをピックアップしてみます。

 

まず気になるのが「ネオレザー素材」。

 

ずっと以前にユニクロメンズで展開されていたネオレザーははっきり言って「安っぽさの極み」でした。ペラペラ&テカテカであまりにも合皮感が強いものばかり。一部良品もありましたが、ほとんどは安っぽさを隠せない粗悪な印象でした。

 

 

パッと見た印象でも・・・今回はかなり頑張ってます。

あまり意識されない方が多いのですが、実はコンピューターと同じで洋服の世界も日進月歩です。

素材メーカーは日々新しい素材を開発しており年々ファッションの自由度・表現力は高くなっています。中でも「合皮」は顕著で、東レなどが新しいフェイクレザー素材を開発を続けており、今ではすっかり「プロが騙される合皮素材」が多くなってきました。車のシートなどに使われる場合も多いですが、洋服の世界でも着々と「見分けがつかないリアルな合皮」が浸透してきています。

 

 

こちらは私の去年の冬のメルマガ内コーディネート写真。こちらで着用しているブーツは「GU」のフェイクレザーです。これもポリエステルを毛羽立たせたものでレザーではないのですが、かなり注意深く見ても「本革」としか思えません。

 

素材メーカーの大変な苦労で合皮の技術は上がっており、ユニクロの製品がその恩恵を受け、さらに私たちの満足度にも寄与しているわけですね。

 

 

一つユニクロの「ネオレザーダブルライダースジャケット」で評価高いのは「中わた」素材を入れているところ。太字

 

「中わた」とはダウンジャケットなどにも見られるもの。表地と裏地の間に、つまり「服の中」にわたを詰めることで保温性を高める方法です。

 

このネオレザーダブルライダースジャケットは中わたを詰めることが「保温性」以上に重要なメリットに繋がりました。

それは「厚み」です。

 

合皮や安物レザーのほとんどが「ペラペラ」な質感に終始するもの。安酒場の刺身のごとく、ペラペラで肉感ゼロなものが多い。どんなに表面の風合いがリアルでも「ペラペラ」な質感ではどうしたって安っぽくも感じちゃうものです。(もちろん例外もありますが)

 

そこでこのライダースは中綿を入れることでレザーの肉感をつけています。合皮にありがちな「ぺらぺら」感が中綿でカバーされており、そのためさらにリアルなレザーの風合いとなっているのです。

 

ユニクロのネオレザーを、3万円のリアルレザーに見せる方法

 


さてここで「ユニクロのネオレザーダブルライダースジャケット」の価値が

2,3万円くらい上がる方法をご紹介します。

 

 

この2つ、なんか印象が違うでしょう??
写真でも分かると思いますが、実物はこれ以上にまるで印象が違います。

 

 

襟部分のアップ。こちらの方がわかりやすいかな。

 

この違いは、実はレザーライダースにおいて重要な要素、「シワ感」「ヴィンテージ感」をプラスしてみたのです。

「合皮」のものは「本革」ではなく「化学繊維」です。
天然の皮は当たり前ですが不均一な表情をしています。時にシワがあり時にツヤ感が異なり、部分的にちょっと違う表情などがあるからこそ本革であることを示し高級感に繋がるわけです。

しかし化学繊維は化学的に作られた素材ですから基本的には均一な表情をしています。ピシっとシワのない綺麗な風合いは「ドレスシャツ」ならそれで良いですが、本来天然物で不均一であるはずのレザーでやられてしまえばそれは「嘘くさい」「安っぽい」という印象に繋がるわけです。

 

そこで「合皮」をランクアップさせる方法、「ユニクロのレザーライダースの価値を3万円にする」方法として

 


「洗濯機にブチこむ」という加工を推奨します。

 

もう一度上の画像を見てみましょう。

 

 

これが洗濯前。

 

 

これが洗濯後。

 

シワ感が入り、さらに本革らしくなっています。これなら誰も「ユニクロ」とは気がつかないでしょう。

 

実はこの「レザーを洗濯する」という荒技はアパレルの間では割と知られたことです。レザーは水に弱いとされていますが、実はモノに寄ります。そんなヤワなものでもありません。素材と加工を見極めてきちんと選んであげれば洗っても特に問題はありません。

 

洗ってシワをつけてあげて、ピカピカした金具をくすませてあげて、ヴィンテージライクな表情にしてさらに価値を高める・・・私だけじゃなく有名デザイナーさんやスタイリストさんなどの常套手段です。

ただ普通は4万も5万もしたレザーを「洗濯機で洗う」なんて荒技、勇気が必要で出来ないとは思います。しかし合皮なら何も問題ありません。本革じゃなく水にも強いわけで、何も気にせずガンガン洗えちゃいます。

 

私はいつもメルマガ配信のために気になるアイテムは「SからXL」までサイズ別で購入したりするのですが、今回のこのネオレザーダブルライダースも、S、M、L、XLを購入しました。そしてその全てを洗濯機で洗ったのですが、一度たりとも「色がでたらめに落ちちゃった」「素材が破れた」「型崩れした」などの失敗はありません。どうぞ安心して洗濯機にブチこんでください。

 

洗い方は簡単。洗剤は入れずに水洗いするだけ。何も考えずにブチこんでOKです。中綿がある分乾きにくいので風通し良いところで干すのを忘れずに。それだけです。

 

 

洗うと襟部分の表情が顕著ですね。襟部分は顔に近いわけで目立つ箇所です。ここが「ピシッ」と均一な表情なっているフェイクレザーだとどうしても安っぽく感じますが・・・襟の縫い目にそってシワ感が生まれた洗濯後の表情はまるで本革。こうすると「5,990円」のネオレザーライダースが、「30,000円」の本革ライダースに生まれ変わります。超おすすめです。

 

着こなし方は自由自在!!

 

さてコーディネートですが・・・

 

 

こんな風にタイトに着用しても良いし・・・・

 

 

ちょっと大人な雰囲気でユルめに着用するのも良いでしょう。

このネオレザーライダースの着こなし指南は8月のメルマガにてご紹介。メルマガの最大人気のコーナー「ファストファッションマストバイ」にてお届けします。

ユニクロやGUの「これぞ!」というアイテムをピックアップ。論理的な着こなし解説を元に提案します。是非ご期待ください。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?
  2. 連載媒体mine、4月1日より値上げします!!読むなら今がオススメ!!

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. ユニクロでオシャレをする!

    ユニクロのネオレザーダブルライダースジャケットを3万円のブランド品に見せる方法
  2. 告知

    明日のmine更新について
  3. メルマガ告知

    ユニクロルメールが3月4日発売!!レビューと着こなし法を徹底解説!!【メールマガジン2016年2月28日配信予告】
  4. カットソー編

    Curly/カーリーのカットソー?pyjamaclothingピジャマクロージングのTシャツ?一体どの無地Tシャツがオシャレなんだ!?
  5. ユニクロで買えるオシャレアイテム

    ユニクロルメールの名作スニーカー「キャンバススリッポン」を6足購入した速報&感想。
PAGE TOP