財布や名刺入れはどんな基準で選べばいいの?レザー小物選び方のオススメ

2016年2月18日



 

スポンサーリンク

 
 

お財布、カードケース、キーホルダー・・・などなど。
普段外から見えない「小物」、あなたはどんな基準で選んでいますか??

 

今日はいつもの「オシャレの方程式」の様な内容ではなく、少し箸休め的な「小物」について。

 

小物は「自由」に自己満足で選んでOK!


 

「小物」って選ぶ基準が明確ではなく、買う際に迷ってしまう方がほとんどだと思います。
例えば洋服であれば、
「今手持ちのアイテムで”大人っぽいニット”が足りないな」
「カジュアルに見せることができる”色落ちしたデニム”が欲しいな」
など、オシャレが組み合わせの論理である以上、何を買うべきかが定めやすいものです。

 

しかし小物は違います。
例えば財布などは常にバッグの中に収納されているものですし、基本的にコーディネートには何の影響も及ぼさないものです。財布を常にクラッチバッグのように脇に抱えて持ち歩くスタイルの方ならまだしも、ほとんどの方はお会計で取り出すときにしか人に見られることはないはずです。

 

「オシャレ」というものを「客観的な見た目の良さ」として捉えるのであれば、小物はほぼ人の目に触れないため「自由に」選ぶことが出来るのです。

 

「いや・・・別に小物だけじゃなくて、洋服も自由に選べるものじゃん」

と思うかもしれませんが、洋服は自由に選ぶものではありません。ある程度「不自由」であるべきです。「客観的な見た目の良さ」を追求したものがオシャレであるとするならば、人に「カッコイイ」「オシャレだね」と評価されるために選ぶとするならば、そこには一定の「よく見える法則」があるはずですね。「オシャレは自己満足」「価値観は人によって違う」などの言葉に引きずられて「洋服は自由に選ぶものだ」と認識している方は多いと思いますが・・・人の目で評価されるものである以上そこに一定のルールは存在するはずです。同じ環境下にいる人間が、価値観が180度まるきり違うということはありえません。「あの人オシャレだよね」「そうだよね」という会話が成り立つくらい「総意」がそこに存在するのです。

 

オシャレは「不自由」なものです。一定のルールや法則を踏まえた、その上で「自由」に選ぶからこそ、オシャレが成り立つのです。ルールも前提もなく「完全自由」に選んでしまうとそれは「客観滝な見た目の良さ」から離れたところになります。・・・例えば赤や緑に色とりどりの配色や、ワッペンやデザインがめちゃくちゃに入ったような服装が「多くの他人から見てオシャレと思われるかどうか」を考えてみれば明白ですね。(もちろん”自己満足”という意味ではそれで良いですが。)

オシャレは「不自由さの中にある自由」で成り立つものなのです。

 



※「ドレスとカジュアルのバランス」に関して未見の方は下記記事を一読ください。メンズファッションの大原則が理解できます。
【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?


 

・・・さて、そんな論理や法則のあるコーディネートとは一歩離れて、小物こそ「自由」なものです。
人の目にほとんど触れないのですから、「9割自己満足」で選んで良いでしょう。

 

しかし「自己満足」とは言え多くの人は自分なりの選定基準を持っているはずです。
多くの方はどんな考えで小物を揃えるのでしょうか。

 

統一感で小物を選ぶ


 

cordovan
Photo by http://ogxjo4.up.seesaa.net/image/cordovan.jpg


 

例えば同じ素材、同じブランド、同じ色、同じデザイン志向などで小物を統一するタイプ。意外とこうして小物を選ぶ方は多いかと思います。茶系の財布に茶系のキーホルダーに茶系のカードケース・・・などなど。

 

ただ案外「統一感」は他人にはなかなか伝わらないもの。
あなたは「あ!あの人財布とカードケースが同じ色だ!」と他人の小物に着目したことがあったでしょうか??なかなかそこまで気がつく人もいないでしょう。

 

自分的にはなんとなく「同じ色で揃えた!」というコレクター的な満足感は刺激されるのですが、それを他人に認めてもらうのは実はなかなか難しいかもしれません。

 

 

とにかく質にこだわる


 

zc006-1
Photo by http://mens-bag.jp/komono/he/img/zc006-1.jpg


 

メンズの場合「小物に質を求める」方は多いかと思います。
というのも財布などは特にメンズのものはシンプルなものが多い。レディースのようにベルトや金具のデザインがあったりブランドのモノグラムが入ったりといったものはさほど見かけません。

 

シンプルなデザインの財布・・・となると他の人と差別化するにはもはや「質」しかありません。洋服は高いTシャツと安いTシャツ「素材」で差別化するのはかなり難しいですが(正直そこまで素材による差別化は生まれにくいです)、レザーならば光沢感や風合いなど「なんとなく」レベルでなら差が伝わるもの。

 

小物も他人と差別化したい、と思うならデザインでも色でもなかなか訴求できない以上「素材」に重きを置くのは妥当でしょう。

 

なお素材も生産背景などを整えることである程度「良質なものでも安価な設定」にできることが多いです。圧倒的に高い老舗ブランドを選ぶのも良いですが、賢く良質のものを手に入れたいならば「ファクトリーブランド」だったりを選ぶのもおすすめです。

 

 




「意外性」で選ぶ


 

1022-500500pas1-1
Photo by https://cdn.hands.net/dimages/ITEM/0000083/1022-500500pas1-1.jpg



inside452-img360x480-1432003340udvqjo23783
Photo by http://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/ra112/users/5/6/9/9/inside452-img360x480-1432003340udvqjo23783.jpg

 

個人的に一番ハッと目が付くアプローチだと思います。
例えばモノトーンのシンプルなファッションの方のバッグから、シルバーの小物やスタッズが入ったお財布が出てきたら「おや?」と目を引くもの。

 

私は名刺交換の際に相手が使っている名刺入れをよくよく確認するクセがあるのですが・・・
ビジネスマンがボッテガベネタなどのレザー名刺入れを出してくるのは超定番でさほど印象に残りませんが、レザーにちょっとしたスタッズが入っていたり、シルバーレザーだったり、すると「あ、スーツじゃ判断しにくいけど、もしかして凄くオシャレな人なのかもしれない」と思ったりします。

 

私は逆にデザイン性の高い洋服を着ることも多いので、名刺入れはあえてド定番に良質レザーのビジネスライクなものを使って「信頼感」をあたえられるように意識しています。アパレル・・・と聞くとどうしても軽薄なイメージをされる方も少なくないのですが、そこでコードバンなどの極上のレザー名刺入れなどをさらりと出してくると「ちゃんとされている方なのかな」と物言わぬ説得力が生まれます。

こういったギャップは相手を「ハッ」とさせてくれて、印象操作に使えます。小物選びのヒントにすると良いでしょう。

 

 

なお毎週日曜配信のメールマガジンでは、Q&Aコーナーにて「30代ビジネスマンなのですが、どんな名刺入れを使うと良いですか?オススメを教えてください」などのご質問を沢山頂いています。こういったパーソナルなご相談にも対応しています。興味ある方はぜひご活用ください。

 

 

 

 

5000人以上が購読している日本最大の「おしゃれ」をマスターするメルマガ


 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 


試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第4位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年、2015年部門別「まぐまぐ大賞」も受賞。なんと5000人以上の読者を抱えています。多くの方に支持され絶賛配信中です。


 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 



 

スポンサーリンク