ユニクロでオシャレをする!

【オシャレになる最短方法】ユニクロのスキニーフィットテーパードジーンズで着こなしを一気にオシャレに見せる方法【コーディネートの基礎理論】

 

スポンサーリンク

 
 

 

今回は
手頃な価格で海外ファッションスナップに登場する外人の様なスタイルをGETできる、

オシャレへの最短方法を伝授します。

 

初心者にもピッタリの内容。
是非じっくりお読みください。

 

オシャレはどこから作ればいいのか?何からすればいいのか?

 

好きな女の子が出来た・・・
環境が変わって自分を変えたくなった・・・
友達に服装のことで馬鹿にされた・・・
堂々と一人で飲みに行きたい・・・
かっこいい大人になりたい・・・

 

オシャレを始めるにあたって色々なきっかけはあると思います。

しかし・・・
「よし!オシャレになろう!」
といざ一念発起しても、一体何から手をつけて良いのかまるでわかりません。

 

雑誌は専門用語と広告が入り乱れ、一体どれが有益な情報かもわかりにくい構造。
ショップスタッフは売上目線で提案してきて信用できず。

「結局センスがないと無理なのか」
「今からオシャレしてもダメか」
「”イケメンに限る”ってヤツだな」

 

と諦めてしまいがちな状況があると思いますが、
そんなことはありません。

 

本KnowerMagは「オシャレの教科書」を標榜しており、
感覚的な世界と考えられがちなファッションを、
論理的に構築的に語ることをテーマとしています。

 

お金も必要ない。センスすらも必要ない。
必要なのはただ知る(Know)ことだけ。
それがKnowerMagです。

 

▼KnowerMagの概要については下記記事をまずご覧ください。
最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

 
 

さて、これからオシャレを始めようとする人には、
まず何が必要か?を考えなくてはいけません。

 

手持ちのアイテムにはロクなものがない・・・
だからといって・・・
上着から買えばいいのか?
パンツから買えばいいのか?
靴から買えばいいのか?

まるでわからないと思います。

 

しかし回答をズバリ言えば、
一番始めに買わなければいけない、肝心要のアイテムは・・・

「下半身、つまりパンツと靴です。」

 
 

メンズファッションの肝である考え方

 

メンズファッションの最も重要な考え方は、
「ドレスとカジュアルのバランス」です。

 

「ドレス」とはスーツスタイルのこと。
アイテムはテーラードジャケット(背広の上着のこと)、スラックス、シャツ、革靴など。
色はモノトーン(白か黒)。
シルエットは細身。

 

「カジュアル」とはリラックススタイルのこと。
アイテムはパーカー、デニム、スニーカーなど。
色はカラフル。
シルエットはルーズ。

 

「緊張」と「緩和」である「ドレス」と「カジュアル」を
うまく織り交ぜることがメンズファッション最大の肝です。

 

メンズファッションは「大人っぽいスタイル」が好まれますが、
だからといってテーラードジャケットにスラックスに革靴では「キメすぎ」です。
とても街着には見えません。

 

一方で、パーカーにデニムにスニーカーでは「ルーズすぎ」です。
野暮ったさのみが先行し、オシャレ感は出にくいでしょう。

 

テーラードジャケット(ドレス)にスラックス(ドレス)にスニーカー(カジュアル)だったり、
パーカー(カジュアル)にスラックス(ドレス)に革靴(ドレス)だったり、
「緊張」の中に「緩和」がおり混ざることで、
リラックスした街着ながら、大人っぽく洗練された印象を与えることが出来るのです。

 
 

このあたりよくまだ理解できていない方は是非下記記事を先にお読みください。
最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

 
 

オシャレになるには何故先に「ボトムと靴」を買うべきなのか?

 

「ドレスとカジュアルのバランス」が大切という旨は分かったかと思いますが、
では何故それで、
オシャレをするにあたって「先に買うのはボトムと靴だ」と言うのか?
そして具体的には「どんなボトムとどんな靴」を買うのか?

 

まず、もう少し具体的に説明をしますと・・・

「先に買うのは黒いスキニーデニムと黒い靴」です。

 

これは安物で十分です。始めはお金をかけないでください。
(後ほど具体的な商品などもお教えします)

 

何故「黒いスキニーデニム」を先に買うのか?

 

「スキニーデニム」とは細い黒デニムのことです。
スキニーとは「やせこけた」等という意味ですが、
要するにフィットするくらいの細めのデニムのこと。
裾までキュッと細いシルエットのこと。

総じてそれを「スキニーデニム」と呼びます。

 

まずこのスキニーデニムについて考えてみてください。
これは一体「ドレス」でしょうか「カジュアル」でしょうか。

 

09_128444

 

こちらはUNIQLO/ユニクロの
「スキニーフィットテーパードジーンズ+」というアイテムです。

 

140617_men_24-xxm

穿くとこんな感じ。

 

上述の通り「デニム」はカジュアルアイテムです。
しかし、このデニムは「色が黒」、「極端に細いシルエット」という要素を持っています。
こちらも上述の通り、「黒白」「細身」はドレスの要素です。
スーツを思い出せば理解できますね。
多くのスラックスは「黒」であり「細身」です。

 

つまり「スキニーデニム」は、
「デニム」というカジュアルアイテムでありながら、

「黒」「細身」というスラックスの様な印象を持つドレスアイテムでもあるということです。

 

「ドレス」と「カジュアル」両方の要素を持つパンツであるからこそ、
トップスに何を持ってきても柔軟にバランスをとってくれるのです。

 
 

tumblr_n875wq4dNY1r9h64ko1_500
Photo by Tumblr.com
 

誰が見ても野暮ったい印象、「浜田省吾かよ!」と突っ込みたくなる様な、
色落ちが激しいカジュアルなGジャンをトップスに持ってきても。

 

スキニーデニムならば、大人っぽく洗練された印象になります。

 

もちろんこのスタイルは「スキニーデニムでバランスを取っている」というだけではなく、
実に複合的にバランスを取ってオシャレを成立させています。

 

しかし、最も重要な箇所は「スキニーデニムでバランスを取っている」というところ。
Gジャンというカジュアルなアイテムを、スキニーデニムでややドレス寄りに見せている、
というところが肝です。

 

tumblr_mk6me5WLHd1rlwu74o1_500
Photo by Tumblr.com
 

一方でテーラードジャケットの様な「ドレス」なアイテムでも、
スキニーが今度はカジュアル化の要素としてバランスを取ってくれます。

 

いわば「ニュートラル」なアイテムであり、
どんなトップスでも対応できる超万能アイテムなのです。

 

・・・説明を一部端折りましたが、
ただし「ニュートラル」なだけにトップスや小物での微調整が必要です。

 

tumblr_n875wq4dNY1r9h64ko1_500
Photo by Tumblr.com

こちらはカジュアルな印象のGジャン、ニュートラルなスキニーデニムの組み合わせなので、
「ドレスとカジュアルのバランス」としては他アイテムで「ドレス寄り」に仕上げる必要があります。

 

そこでインナーも黒(上述の通りドレス要素)にしたり、
ドレスなアイテム、「キメた」「気取った」印象のあるハットを使ったり、と
他部分で「ドレス寄り」に調整しています。

 
 

tumblr_mk6me5WLHd1rlwu74o1_500
Photo by Tumblr.com

こちらも考え方は同じです。
ドレスな印象のテーラードジャケットに、ニュートラルなスキニーデニムの組み合わせなので、
「ドレスとカジュアルのバランス」としては他アイテムで「カジュアル寄り」に仕上げる必要があります。

 

そこでインナーはシャツではなくTシャツで。
足元は革靴ではなくスニーカーでカジュアル寄りにまとめています。
(色はモノトーンを徹底し、”ややドレス寄り”にまとめていますが)

 
 

「そんな色々なバランスなんて取れないよ!」
「考え方は分かったけど難しそう!!」

そう思うかもしれませんが、

まずは黒スキニーデニムを試してみてください。

 

その上で、鏡の前で普段着ていた上着を羽織ってみてください。
印象がまるで変わると思います。

 

羽織った上着が「カジュアル」なものなら、インナーをシャツなどでドレス寄りに。
羽織った上着が「ドレス」なものなら、インナーをTシャツなどでカジュアル寄りに。

まずはそのあたりから試してみてください。
黒スキニーを使えば、大きく外れることは無いはずです。

 
 

足元は何故「黒い靴」を選ぶべきなのか?

 

では続いて足元。
先ほど「先に買うのは黒いスキニーデニムと黒い靴」と書きましたが、
足元は何故「黒い靴」なのか?

 

これは「足長効果」に見せるためのものです。

 

一般的に日本人は胴長短足です。
ファッションは合わせ方のセオリー/論理で構成されるものだと言っても、
スタイル抜群の外人と
私のように胴長短足よりな日本人とを
同じセオリーで組み上げるのは無理があります。

 

そこで「足長」に見せるセオリーをそこにプラスしてあげて、
外人と同程度にスタイリッシュに見える様に、体型のカバーをするというわけです。

 

先ほど「まず買うべきは黒スキニー」と書きました。
そこで黒靴を合わせます。

 

そうすると何故「足長」に見えるのか、というと・・・
ボトムと靴が同じ色となり、境界線がパッと見で分かりにくくなるのです。

 

この理屈に関しては下記記事で詳しく語っていますので、
是非まず一読ください。
脱短足!脚を長く見せる裏技はコレ!視覚効果で誰でも美しいスタイルに!

 

ボトムと靴が一繋がりに見え、
「どこからが足で、どこからが靴なのか分かり難い」状態を作ることで、
靴の部分まで足に見える様な視覚効果を与えます。

 

こういった視覚効果は女性のメイクなどにふんだんに活用されています。
黒く目の周りにアイラインを引くことで、目を大きく見せることができたり。
チークで顔に影をつけて、小顔に見せることができたり。
女性には感覚的にお馴染みだと思います。

 
 

ユニクロの名作「スキニーフィットテーパードデニム」

 

・ドレスとカジュアルをニュートラルにバランスをとってくれる黒スキニー

・外人と同程度に体型を見せるために黒い靴

 

この二点が理解できたかと思いますが、
では具体的にパンツと靴は何を選ぶべきなのか??

 

09_128444

上述の通り、パンツはUNIQLO/ユニクロの

「スキニーフィットテーパードジーンズ+」でOKです。

 

3,990円程度ですが、シルエットは非常に美しいです。
裾幅までしっかり細くきれいなスキニーシルエット・・・
そして単に細いだけじゃなく「ピチピチ」になりすぎない様に調整されたお尻、腰周り・・・
この価格帯なら他に選択肢は無いでしょう。間違いなくイチオシです。

 

形だけではなく素材も素晴らしい。
改良を重ね、素材は「カイハラデニム」を使用しています。
「カイハラ」とは国内トップのシェアを誇り、ハイブランドのデニムなども手掛ける、
高級デニム素材メーカー。

 

ユニクロはこのカイハラデニム採用を、店頭POPなどでもこれでもかと打ち出していますが、
確かにこの価格で実現できる素材ではありません。
おそらく世界最高峰のコストパフォーマンスを誇るデニムでしょう。

 

また穿き心地も抜群。
ストレッチ性の高い「ポリウレタン素材」は2%の混率ながら、
軽くて伸びる抜群の穿き心地です。
重苦しくゴワゴワする従来のデニムを払拭する完成度の高い素材感です。

 

オシャレ初心者はコレ以外選んじゃいけない、というくらいのマストバイアイテムです。
しかしながら、どこにユニクロでも売っているという訳ではなく、
「大型店舗限定」商品となっているので、近くに大型店が無い場合は通販などが良いでしょう。

 
 

lea_as_hi_blk-mono_c

 

そして靴は「コンバースオールスター」。
オールブラックのモデルか・・・

 

3597774_8_D

 

黒白のモデルか。
このあたりは実は迷うところなのですが、
足長効果を期待するならオールブラックが良いでしょう。

 
 

オールスターは3000〜5000円程度の低価格で買えますが、
フォルムは非常に洗練されています。

 

本当はブーツなどを早く手に入れて欲しいところなのですが、
まずはオールスターでOKです。

 
 

まずは靴とボトムからはじめよう!

 

「靴とパンツ」、コーディネートのベースとなるアイテムを手に入れたら、
手持ちの上着を着てみたり、
その服装でお店に行き、上着を試着してみたりしてください。

 

「あ、なんかサマになってきた!」

と実感できるはずです。

 

黒スキニーと黒靴。
この組み合わせでオシャレのベースは作れます。
ファッションに興味がなかった人は特に。
あなたを驚かせるほど印象が変わる自信があります。

 

是非試してみてください。

 

 

もっと具体的な情報を望む人へ「実践編」のススメ

 

「具体的にどんな合わせをすればいいかもっと知りたい!」
「ボトムと靴だけじゃなく、小物や上着も指示してほしい!」
「もっとオシャレの知識をつけたい!」

という方はメールマガジンをご利用ください。

 

このサイトを「論理編」、メルマガを「実践編」と位置付けて、
より実用性の高い、「すぐに行動でき、すぐにオシャレになるメルマガ」を標榜しています。

 

紹介するアイテムは1000円未満のものも多数。
お金もセンスも必要なく、読んで実践するだけでオシャレになれるメルマガです。

 

月額500円。初月無料。
気に入らなかったら当月解約も可能です。
試しに読んでみてください。
雑誌を月に一冊買うよりも遥かに有益です。

 

毎週日曜日30,000文字程度の超特大ボリュームでお届け。
月産12万文字程度。読み応えがあり、単純に「読み物」としても重宝します。

 

ご登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」からどうぞ。
コンテンツには絶対の自信を持ってお届けしています。
是非ご利用ください。

 

スポンサーリンク

 
 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 告知

    10万円のギフトカード、5万円の好きな洋服などなど。豪華景品山盛りの「第4回コーディネート大会」開催します!!
  2. メルマガ告知

    ファストファッションマストバイ2019夏・後編!!
  3. ユニクロで買えるオシャレアイテム

    2018秋冬ユニクロUメンズ全型レポート【予想編】
  4. 雑記

    アンルート二子玉川店が2018年1月に閉店決定。ありがとうアンルート。君の思い出を語ろう。
  5. メルマガ告知

    疑問質問を一挙解決!!Q&A特集!!「半袖シャツのオススメは何かありますか?」【メールマガジン2015年7月12日号紹介】
PAGE TOP