オシャレの秘伝

【レザーライダースジャケットの着こなし成功例】メンズファッションの肝である「バランスをとる」という考え方

 

スポーツ、ミリタリー、ロック、ヴィンテージ…
ファッションには実に様々なテイストが存在します。

今回はメンズファッションにおける「バランス」という考え方について。

 

 

スポンサーリンク

 

 

各種存在するテイスト、ジャンル、スタイル

 

あなたはどんなテイストのスタイルが好きですが?

 

撥水性の高い化学繊維を使った未来的な
スポーツスタイルが好きな人もいるでしょう。

 

ボロボロのデニムやスウェットなど褪せた
ヴィンテージスタイルが好きな人もいるでしょう。

 

任務のためにデザインされた必要最小限のウェア、
ミリタリーが好きな人もいるでしょう。

 

スタッズを配したライダースやジョージコックスなど
ロックテイストのスタイルが好きな人もいるでしょう。

 

GORE-TEXを使ったマウンテンパーカーなど
アウトドアスタイルが好きな人もいるでしょう。

 

メンズファッションにおけるジャンル、テイストは実に様々です。
どれが好きかもまた人それぞれ。
そこに優劣をつけることなど出来ません。

 

ファッションはバランスが大事

 

テイストは自由で結構ですが、バランスは大事です。

 

上下ジャージでハイテクスニーカーを履いてしまえば、
それはファッションではなくスポーツ選手のトレーニングウェアです。

 

ボロボロのデニムにボロボロのスウェットにボロボロのGジャンを着れば、
それはファッションではなく「汚い古着」スタイルです。

 

ミリタリーアウターにカーゴパンツにコンバットブーツにヘルメットバッグを持てば、
それはファッションではなく「軍人」です。

 

スタッズのついたライダースにパツパツのボトムを合わせてジョージコックスを履けば、
それはファッションというより「ミュージシャンのステージ衣装」です。

 

マウンテンパーカーにフリースパンツにトレッキングブーツにバックパックを持てば、
それはファッションというより「登山用ウェア」です。

 

全てにおいて同じことが言えますが、

肝心なのは「バランス」です。

 

KnowerMagでは「ドレスとカジュアルのバランス」が重要だと何度も書いています。
メンズファッションの肝はドレスとカジュアルのバランス。

 

テーラードジャケットとシャツとスラックスとレザーシューズでは
それはビジネスかパーティーシーンでしか通用しない「ドレスウェア」になってしまいます。

 

デニムにスウェットにスニーカーを合わせれば、
それは家の近所のコンビニに行くような「カジュアルウェア」になってしまいます。

 

どちらも街着カジュアルとして「オシャレ」とは到底言えません。

 

では街着カジュアルとして「オシャレ」なスタイルはどこにあるのか?と言うと、
ドレスとカジュアルの中間です。

 

テーラードジャケットにスラックス、そこにレザーシューズではなくスニーカーを合わせる事で、
「余裕」が生まれます。「余裕」は「色気」を生みます。
大人っぽいスタイルの中に気の抜けた「余裕」や「色気」が生まれ、
「大人っぽくて落ち着いたカジュアルファッション」となる訳です。

 

誰もスーツで遊びにでかける訳ではありません。
スーツスタイルはメンズの珠玉だと思いますが、残念ながらスーツは「ドレス」です。
リラックスウェアは着心地も良く楽で良いですが、残念ながら「街着」ではありません。

 

「街着」のカジュアルとは、

このバランスの妙にあるのです。

 
 

そしてそれは各スタイル、ジャンル、テイストにも同じことが言えます。

 

ヴィンテージマニアはついついヴィンテージで全身を揃えたくなります。
ミリタリーマニアはついつい購入したミリタリーウェアで全身を揃えたくなります。
スポーツウェアマニアはついつい「動きやすさ」だけで全身を構築したくなります。

 

しかしそれは「マニア」なだけです。
「オシャレ」とは全く別軸に存在するものです。

 

ヴィンテージ好きでも良いでしょう。
ミリタリー好きでも良いでしょう。
スポーツウェア好きでも良いでしょう。

 

しかし全身で合わせては直球になってしまいます。
そこに何らかの他のテイストなどを組み込むことでバランスを綺麗にとることが出来るのです。

 

「ドレスとカジュアル」と同じ。
「テイスト」もバランスが大事なのです。

 

レザーライダースのバランスをとる

 

「レザーライダースってどう着たら良いのでしょうか?」
「どう着てもロックっぽくなってしまいます。」

 

そんな質問を割と多く頂きます。
これも同じことです。

 

ハードな印象に見えがちのライダースジャケットに、
ハードな印象に見えがちのルーズなデニムパンツを合わせて、
ハードな印象に見えがちのコンバットブーツを合わせてしまえば、

それは「ロック」などのハードなスタイルに見られてしまうでしょう。

 

例えば、ハードなレザーライダースを使うなら・・・

ボトムにスラックスを合わせてみたり・・・
全身をすっきりと細身に、かつデザインをシンプルなものでまとめてみたり・・・
タートルネックなどの品の良いインナーを合わせてみたり・・・

 

「ハードな印象」を緩和するために「バランス」をとることが大事なのです。

 
 

レザージャケットの成功例

 

ライダースジャケットのお手本の着こなしを見てみましょう。

 


Photo by matome.naver.jp/

 

全身を細くスッキリと見せて、
かつデザイン的にクセのないシンプルなものでまとめています。

 

チンストラップのついたややハード気味なライダースジャケットとサングラスで
ややハードな印象になりがちですが、
細身スタイルやシンプルなデザイン、
それに小技として「白」をちらりと見せたりすることで
バランスを取っています。

 

黒は「ハードな印象」、白は「都会的な印象」を与えてくれます。
全身黒づくめのスタイルは特に白が首もとや裾だけでもチラリあるだけで
全く印象が変わるのです。

 

この画像の裾の白い部分だけを指で隠してみてください。
かなりハードな印象になるでしょう。
一方白が出ている時は街着らしい、少しルーズな/ソフトな印象になるはずです。

 

全身黒を多用する人は覚えておいて損のない小技です。

裾からちらりのぞかせても良いし、
首もとに白のタートルを入れるでも良いでしょう。

 

 


Photo by menscereb.blog.fc2.com

 

ハードな印象のレザーライダースですが、とても都会的に品良く見えます。

・タートルネックで都会的に合わせている
・モノトーンでバランスよく綺麗に見せている
・細身スタイルで綺麗に見せている
・ライダースが金具をシルバーではなくブラックで統一している

このあたりでバランスを取っていると言えるでしょう。
特にライダースの金具は結構ポイントです。

 

ライダースは金具のシルバーが見えているのと見えていないとで
かなり印象が変わります。
無論金具が見えていた方がハードな印象になります。

 

これはトレンチコートなども同じ。
袖口のベルトがシルバーで艶のあるものなら、ややハードな印象に見えます。

同色でミニマルにまとめると同じライダースなどでもグッとモードな雰囲気になります。
レザー選びの参考にもなるでしょう。

 


Photo by kurumani.com/

 

一番簡単にレザーライダースを綺麗に見える方法がコレ。
スラックスやシャツで「テーラードジャケットを合わせるように」着ると良いでしょう。
細身の良い形のスラックスが無ければスキニーパンツで代用するのも良いでしょう。

 

ドレスライクな黒白のモノトーンコーディネート(レザーはブラウンですが)、
シャツやスラックスなどのドレスアイテム、
以上で統一することでライダースのハードな印象を払拭できます。

 

 


Photo by jp.pinterest.com/lokomokotywa/

 

こんな風にインナーにニットを合わせるのも良いでしょう。
スキニーやブラウンのシューズと相性良く、都会的な印象にまとまっています。

 

 

では具体的に手持ちのアイテムをどう合わせればいいか?

 

街着ファッションはとどのつまり「バランス」です。
ドレスやカジュアル、各ジャンル/テイスト、
それぞれをシルエット、色、デザインなどでバランスをとりながら、
最適値を探す作業が「オシャレ」です。

 

では

「具体的にどのアイテムとどのアイテムを合わせればオシャレになるの?」

「理屈は分かったけど手持ちのアイテムをどんな風に合わせればいいの?」

 

そんな疑問が浮かぶでしょう。
その時は是非 私MBが運営するメルマガにご登録を。
上メニュー「メールマガジンはこちら」から登録ができます。

 

 

スポンサーリンク

 
 

次回11月16日発行予定のメルマガは…

「スタジャンのススメ!スタジャンの着こなし、選び方について!」

「1万円台、2万円台で買える本格スタジャンのご紹介!」

「チャンピオンスウェットの最高峰が見つかりました!」

などを話題としてお届けします。

 

またメルマガ会員様向けにQ&Aサービスも実施。
お問い合わせ頂くと、次回メルマガで回答をもらえるサービスです。
(全てが採用される訳ではありません)

 

月額500円ですが初月無料。
登録月内の解約も可能です。
是非ご利用ください。

 
 
 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. メルマガ告知

    ビーチサンダルはダサいのか?アイランドスリッパやTeva/テバなどのサンダルの着こなし法について【メールマガジン2015年6月7日号紹介】
  2. GUでオシャレになる!

    【GUのニットは最近スゴい!!】MBのマストバイ品「フェアアイルクルーネックセーター(長袖)B」
  3. オシャレの秘伝

    オシャレな人が実践しているのは「腰巻き」じゃなくて「腹巻き」だった!?もう短足と言わせない!!体型隠しの秘技!!
  4. オシャレになる前の基礎知識

    流行のシャワー効果、流行はどこから来てどこへ行くのか。
  5. アクセサリー編

    夏に欠かせない帽子の基礎知識!!ハット・ニット帽・ベースボールキャップ・ジェットキャップどれがオススメ??
PAGE TOP