ユニクロでオシャレをする!

ユニクロとコラボ決定「JWアンダーソン」とはどんなブランドか??

 

スポンサーリンク

 


ユニクロ次のコラボレーションがまさか「JWアンダーソン」だったなんて・・・!!

 

ユニクロが成功させたデザイナーコラボは「ミニマル」がキーワード

 


Photo by http://www.neqwsnet-japan.info/wp/wp-content/uploads/2017/03/j-w-anderson-uniqlo-collaboration-announcement-1-1-300×200.jpg

 

昨年のユニクロUのプレス向け発表会の際にユニクロ取締役の方から「まだ言えませんが次回コラボも凄いものを用意しています」と一言あったので、ルメールの次はなんだろう??と考えていましたが、まさかまさかのJWアンダーソン!!

 

過去ユニクロがコラボしてきたデザイナーは、クリストフルメール、ジルサンダーといずれも「ミニマル(最小限の)デザイン」。ユニクロらしい「削ぎ落としたスタンダードデザイン」とそもそも親和性がよく、ハイエンドシンプルデザインを求めるユニクロらしいデザイナーのチョイスだったと納得できるのです。

 


Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/24475/Lemaire_2017ss_001.jpg


Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/24475/Lemaire_2017ss_003.jpg

おなじミニマルでもルメールは柔らかい色合いやゆったりとしたサイズ感で「カジュアル」寄り。

 


Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/28287/JilSander_2017awmens_015.jpg


Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/28287/JilSander_2017awmens_009.jpg

ジルサンダーはジャケットスラックスやモノトーンなどを多用する「ドレス」寄りのミニマルデザインが強い。

 

ドレスにせよカジュアルにせよ、「ミニマルデザイン」という大きなポイントが共通していました。だからこそユニクロとマッチできたのだとも思えます。そもそもユニクロは「ごちゃついたデザイン」をしたがりません。その辺りはユニクロのデザインをプロデュースしていた滝沢直己(イッセイミヤケ元デザイナー)も明言しています。

 

ユニクロはH&MやZARAと異なり、「長く着用できるベーシック服」を命題にモノつくりを行なっています。H&Mのアイテムは半年もあれば間違いなく店頭から姿を消しますが、ユニクロのフリースは10年間売り続けています。「ショートスパンで短期的に爆発させる服」なのか「ロングスパンで定番となる服」なのか設計思想の違いですね。ユニクロは後者であり、長い開発期間をかけてじっくりと定番品を生み出すことを生業としているわけです。

 

ベーシックとデザインは相反することも少なくありません。ごちゃついたデザインを嫌うのは、ミニマルで長く愛される服を作るユニクロにとっては当然のことです。

 


Photo by http://img02.eshizuoka.jp/usr/n/a/r/narrenschiff/sisenoshatuplanesk4k.jpg

 

またユニクロは素材も縫製も、他ブランドと比較して極めてレベルが高い。ポケット一つ追加する、ステッチングを一本増やすだけでも工賃に反映されてしまうため「本当にこのデザインが必要なのかどうか」を考えるミニマル思考は「可能な限り手頃な値段で提供する」上でも必要なのです。

 

だからこそミニマルを信条とするルメール、ジルサンダーと水が合ったのだと思います。ではJWアンダーソンはどうか??

 

独創的なデザインのJWアンダーソンはユニクロとどう融合するか?

 


Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/28152/JWanderson_2017aw_003.jpg

 

JWアンダーソンはロンドンのブランド。島国であるロンドンは革新的なデザインも多く生み出しています。保守的なミラノとは相反する存在です。JWアンダーソンも例に漏れず独創的なデザインが多い。上の画像は2017年秋冬のコレクションですが、こうした刺激的なデザインが少なくはありません。

 


Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/28152/JWanderson_2017aw_038.jpg

 

デザインだけでなく柄づかい・色使い・レイヤードなどあらゆる面において革新的なアプローチが多い。メンズレディースの垣根が薄く、レディースライクなアイテムをメンズで展開する「ジェンダレス」の流れも特徴的です。

 


Photo by https://www.fashion-press.net/img/news/11309/LOGO-LOEWE.jpg

 

近年のJWアンダーソンの業績の大きなところとしてはスペインの老舗ブランド「LOEWE(ロエベ)」を盛り上げたこと。今雑誌を開くと、高感度のショップに行くと、どこでもLOEWE(ロエベ)を見かけますが、この流れはJWアンダーソンがデザイナー就任してからのもの。イギリスの権威ある「ブリティッシュ・ファッション・アワード」も獲得し、世界的に評価されているトップブランドであることは疑い様がありません。

 

ただいくら優れたデザインが出来ても「ユニクロのミニマルデザイン」にどう対応するのか・・・??JWアンダーソンらしさとユニクロらしさはどんな形で結実するのか。このあたりが見ものでしょう。

個人的にはベーシックを極めたユニクロのインライン品とは別に、JWアンダーソンらしいデザインの入った面白い服を展開してくれればなあと思ってます。今のユニクロの素材使いや縫製のレベルは国内でも屈指のもの。「安っぽい生地のデザイン服」はぐにもつかないものですが、ユニクロの生産背景ならJWアンダーソンのクリエーションを正しくひょうげんできるのではないでしょうか。いずれにせよ今年の秋冬から展開スタート!!今から秋冬が楽しみです・・・!!

 

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第3位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 書籍「最速でおしゃれに見せる方法」

    【お陰様でamazonランキング最高3位!!】MB著書「最速でおしゃれに見せる方法」予約特典申し込みフォーム開設しました!
  2. アウター編

    ステンカラーコートやチェスターコートをビジネス用に見せない方法(ユニクロUやイネスのコートなど)
  3. ジャージ編

    トレンドの大本命は実は「adidasのジャージパンツ」!?
  4. 雑記

    「ジェーンスー生活は踊る」放送アーカイブ聴けます!!
  5. オシャレの秘伝

    テーラードジャケットの合わせ方、着こなし方。着崩すことで適度な艶と色気を出す。カジュアルコーディネートの好例
PAGE TOP