素材について

今から買うなら「ワッフル素材」。おしゃれの答えはいつも「ミリタリー」にあり。

 

スポンサーリンク

 

MBが最近買ったもの

 

もーーいい加減冬物飽きた!!

 

と言う人は多いでしょう。
もちろん今からアウターを買うのは抵抗があるでしょうし・・・
既存のアウターの雰囲気を変えようと「ストール」を買うにしても今お店で並んでいるのは「ウール素材」などばかり。春先まで使えるものを探すのは少し骨が折れます。

ではせめてインナーを・・・と思うもののこちらもウール素材のものが多く春先まで使えるか心配。かといってコットン素材では防寒性がもっと心配。

 

さてでは今の時期に買うのは何が良いのか。

一つに「ワッフル素材」がオススメです。

 

b7

 

私はこの時期よくありがちなのですが、「ワッフル素材」のカットソーに手を出すことが多いです。

 

b2

 

「ワッフル素材」とは表面に「お菓子のワッフル」の様にボコボコと表情のついた素材のこと。ミリタリーウェアなどでもよく使われる「機能素材」です。
「機能素材」とは通常の素材よりも高機能で「防寒性」「着用快適性」などに富んでいるもののことを指しますが、ワッフル素材に関しては「高い防寒性」「蒸れ防止」の2軸が挙げられます。

 

 

天然の機能素材である「ワッフル」

 

goretex-hang-tag
Photo by https://www.gore-tex.jp/assets/img/goretex-hang-tag.jpg

 

「防寒性」と「蒸れ防止」を両立したアイテムとしてはアウトドア製品などに多い「GORE-TEX」などが代表格。風や水の侵入を防いでくれて、かつ内部にたまる水蒸気などの蒸れは排出してくれる・・・現代テクノロジーで開発された機能素材です。今でこそ当たり前に使われるGORE-TEXですが開発される前はそれはもう大変だったそうです。

 

登山などのシーンにおいて雨や風を防ぐため「ゴム製品」などの合羽を着用するものの、どうしてもゴム製品など防水を高めてしまえば蒸れが発生します。蒸れが発生すると湿気が体温を奪っていきます、これが日常的なシーンなら「体温が下がり風邪をひく」程度で済むかもしれませんが山深いアウトドアシーンでは深刻な状況に陥ることも珍しくなかったそうです。

 

023-92880-i01
Photo by http://shop.vic2.jp/site_data/cabinet/023-92880-i01.jpg

 

「合羽」「雨合羽」と聞くと上の様なデザインを想像されるかと思います。裾に向けてふわりと広がるマント状のデザインが一般的ですね。このデザインにはきちんと理由があって、裾に向けて広げることで蒸れを解消するねらいがあるのです。ゴム製品の持つ最大のデメリットである「蒸れ」を少しでも解消するために大きく広がった裾で通気性を確保し、少しでも水分を外に逃がそうとする工夫の現れがこのデザインです。

 

今ではGORE-TEXがあるので問題ないですが、過去の歴史にはこういった大変な工夫があった様です。オイルを塗り込んで撥水性を良くしたりね・・・。

ただもちろん「GORE-TEX」も万能ではありません。デメリットがきちんとあります、それは「価格」です。高機能素材である代名詞「GORE-TEX」は値段がやはり高いもの。プロスペックのアウトドア品なら10万円以上することもあるのです。しかしその分着用感は最高。寒さをしのいでくれる上、電車ばバスの中でも汗をかきにくい。暖かい日差しが出るようになってくる春先でも問題なく使えるのがGORE-TEX品。一度買うとついついハマってしまうものです。最近では靴製品にGORE-TEXを使うことも多く見られる様になってきました。

 

b1

 

話が少し逸れましたが「GORE-TEX」が科学の昨日素材なら、

「ワッフル製品」は天然の機能素材です。

 

肉感のある風合いは確かな防寒性を確保します。素材次第ではありますが薄手のウールニットならば厚手のコットンワッフル素材の方が暖かいことの方が多いくらい。ガッチリと肉感の強いワッフルは冬でも問題なくインナーに使えるものです。

またGORE-TEXの様に「蒸れ防止」も機能させます。生地表面の凹凸は肌に直接触れる面積を抑える効果があります。また肌と生地の間に空間を作ることで蒸れを素早く乾かせる機能があるもの。GORE-TEXの様な高い機能性は期待できなくとも日常でのシーンにおいてはこれでも十分すぎる機能性があります。またコットンによる天然繊維で特殊な作りでもないため価格も手頃。機能面も価格面も伴っていて嬉しい限りです。

 

Charpentier1IMG_0950
Photo by http://www.rusk-store.com/photo/Charpentier1IMG_0950.JPG

 

またウール素材と違って「毛羽立ち感」がないため冬仕様という印象もありません。そのため春先の一枚着としても使えるもの。今から買ってもニットの様に「冬限定」ということもなく長期間着用できるので無駄がありません。

 

安価でかつ機能性を確保できるためミリタリーのアンダーウェアとしても活用されるのが「ワッフル素材」。この時期に手をだすならワッフル素材が一押しです。

 

またこうした「ファッションの答え」はミリタリーにあることが多いもの。

「ワッフル素材」などの機能的な意味でもそうですが、「デザイン」という意味でもミリタリーは有用。多くのブランドがミリタリー品から着想されてデザインを起こしています。それは世界的なブランドにおいてもそうでマルタンマルジェラやディオールなどでもミリタリーから着想されたものは大変多いもの。オシャレを志すにあたって「ミリタリー」は決して無視できない重要なカテゴリなのです。

 

そんなわけで来月2月のメルマガでは「ミリタリー品のオススメ特集」なども予定しています。ご期待ください。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと4万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第3位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 連載媒体mine、4月1日より値上げします!!読むなら今がオススメ!!
  2. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. メルマガ告知

    2000円台で購入可能なジャケットで「メンズのおしゃれ基本コーディネート」を完成させる!!
  2. メルマガ告知

    コーディネートには順番がある?オシャレな人が実践している「構築型コーディネート」とは?【メールマガジン2015年4月12日号紹介】
  3. 最速でおしゃれに見せる方法

    書籍「最速でおしゃれに見せる方法」発売!!ブログ・メルマガ読者様へ限定特典をご紹介!!
  4. オシャレの秘伝

    「素材」は何を基準に選ぶべきか?洋服上級者でも理解していない人が多い素材の基本である「シワとツヤ」
  5. アイテムの基礎知識

    【アルファ/ALPHA?アヴィレックス/AVIREX?】MA-1のオススメ!! 着こなし法は?買うべきアイテムは?【読み方はエムエーワン】
PAGE TOP