MBの思考

おしゃれは「どの様な思考」から生まれるのか?おしゃれな人は何を考えてどの様な視点で服を見ているのか?

 

スポンサーリンク

 
 

おしゃれな人と、そうではない人の違いはどこにあるのか。

「服装が違うだろ」

と思うかもしれません。いやそれはそうなのですが、「服装」は「思考の結果」であるわけです。数学の答えと式の関係と同様に、「結果」の前には「過程」あります。

 

 

「おしゃれな服装」はどんな「思考」の元に生まれるのでしょうか。

 

 

もちろん要素としては色々ありますが、一つ確かに言えること。

おしゃれな人と、そうではない人は「抽象度の設定」が異なるのです。

 

 

 

「抽象度」とは何か?

 

20140517wht10
Photo by http://domebra.com/wp-content/uploads/2014/05/20140517wht10.jpg

 

「シャツ」と一口に言っても千差万別です。

 

8516947_142_D_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/947/8516947/8516947_142_D_500.jpg

 

チェックシャツであったり・・・

 

390x468x20140725stripe2.jpg.pagespeed.ic.1RRUOY-T_g
Photo by http://domebra.com/wp-content/uploads/2014/07/390x468x20140725stripe2.jpg.pagespeed.ic.1RRUOY-T_g.jpg

 

ストライプシャツであったり・・・

 

4910193B_64_D_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/193/4910193/4910193B_64_D_500.jpg

 

ロングシャツであったり・・・

 

6600351_20_D_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/351/6600351/6600351_20_D_500.jpg

 

ノーカラーシャツであったり・・・

 

「シャツ」という一つの言葉は、実に様々なバリエーションを総括したものであることが理解できます。
これを「抽象的な表現」「抽象度」と表現します。

 

tp1

 

「抽象的」とは数ある「具体的な事例」の中に共通項を見出し、考えやすい様に一つにまとめたものを指します。

多くの人は「抽象的」という言葉の意味を「ざっくり」「おおまか」「だいたい」と捉えていると思いますが、それは細く正しく説明するならば上の通り。繰り返しますが「具体的な事例の中に共通項を見出しまとめたもの」が「抽象的」の意味するところです。

 

例えば「シャツ」という抽象表現においても、上の様に無数に具体例が存在するわけです。

 

おしゃれな人とそうでない人は得てしてこの「抽象度の設定」に違いがあるのです。

 

 

おしゃれな人の物の見方

 

20140517wht10
Photo by http://domebra.com/wp-content/uploads/2014/05/20140517wht10.jpg

 

6600351_20_D_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/351/6600351/6600351_20_D_500.jpg

 

服に関心のない人にとって上の二つのシャツは「同じ白シャツ」であると認識します。しかしおしゃれな人は上の二つのシャツを「襟のある白シャツ」「ノーカラーの白シャツ」と異なるものとして考えます。

この様に「抽象度の設定」に違いがあるのです。

 

これはいかなることにも置き換えることができます。
例えば子供が就寝前などにゲームをやっているとお母さんは「いつまでファミコンをやっているの!?」と怒り出します。しかし子供にとっては「ファミコン」ではなく「プレイステーション」です。抽象度の設定に齟齬があります。お母さんにとってTVゲーム全てを「ファミコン」という単語で抽象表現しており、子供にとっては「ファミコン」と「プレイステーション」は明確に違うものとして抽象化されていません。

 

TVゲーム全般を「ファミコン」として認識しているお母さんはもしかするとゲームをやろうとする時「カセットの差し込み口」を探すかもしれません。プレイステーションはCD-ROMなのに。
ファミコンのロード時間に慣れているお母さんは「NOW LOADING」と表示される画面を見て「壊れたのかしら」と思うかもしれません。

この様に抽象度の設定を間違えると正しい判断が出来なくなる場合があります。

 

モテる男性は場数を踏んでいます。そのため「こういうトークがウケる趣味嗜好の女性」「こんな服装がモテる女性」など抽象度の設定が複雑です。しかし経験の少ない男性は全てを「女性」として見てしまっており対応が画一的になりがちです。

 

おしゃれに話を戻しても同じことです。
おしゃれじゃない人は「白くてパリッとした前がボタンで開く服」を全て「白シャツ」と認識します。抽象度の設定がとてもシンプルです。しかし実際には毎週のメルマガで語っている通り「襟のある白シャツ」と「ノーカラーの白シャツ」では着こなし方がまるで違います。またロング丈かショート丈かでも違います。もっと言えばボタンの色が黒が白かでも違います。

 

熟練されればされるほどに細い部分に目が届く様になり抽象度は複雑化していきます。一流のテニスプレーヤーはサーブの種類を幾つ持っているでしょう。素人にとっては「玉を打って相手のコートに入れる」同じ抽象度の様に感じる行為でも、プロにしてみれば無数の種類があり、またそれに対する打ち返し方も無数にあるでしょう。

 

私は趣味で20年以上ドラムを演奏していましたが、スネアを一発叩くだけでも無数に音の種類があります。素人が見れば「なるほど中央の太鼓を4回叩けばいいのか」と見えるものでも、強弱が異なったりそもそも叩く箇所がヘッドのどこかで音が全く違うのです。

 

芸術は「神は細部に宿る」と表現されますが、

これはまさに「抽象度の違いを知れ」ということ。

 

襟のあるシャツと襟のないシャツ。
全く効能が違う二つのシャツを「同じものであるかの様に」抽象度を設定してしまえば、それはどう頑張ってもおしゃれには成り得ません。この細い部分を分けて感じ取れる力、つまり「抽象度の設定の仕方」がおしゃれかどうかを思考レベルにおいて分け隔てるものなのです。

 

 

だからこそ私が毎週配信しているメルマガは長いのです。毎週大量の文章を書いて配信していますが、可能な限り誤解がないように修飾を多く説明し、抽象度を誤らない様に考えています。
ファッションの細かな違いはとにかく難しい。しかも自分で見ているだけではどうにも会得出来ない部分ばかりです。シャツの黒ボタンと白ボタンの印象の違いなど、気にしたことがないという人が大半でしょう。

これを雑誌の写真だけを見て会得しろ、通販サイトの写真だけ見て成長しろというのはあまりにも無理があるのです。

 

 

そのため私は会話形式の様ななるべく軽めの文章で、抽象度を知らずに会得できる様に考えてメルマガを書いています。可能な限り文字量は減らそうと思っていますが、なかなか減らせないのはそのためでもあるのです。

 

 

自然に体感的に「抽象度」を会得できるように

 

この抽象度はファッションや芸術やスポーツ以外でもビジネスや成功法則や自己啓発などあらゆるジャンルにおいて大きな誤解を生みがちです。
時代は「インデックス文化」。まとめサイトの見出しでニュースを判断する時代となっています。大手ニュースサイトは詳細よりも見出しのインパクトを重視したり、3行で読めるニュースなどを配信しています。こうすることにより時間が短縮され、より多くの情報を吸収できることとなりますが、得てして一つ一つの抽象度の設定を誤ってしまいがちで誤解をうむ可能性も孕んでいます。

 

16-9-15MrMB-0025

 

私が「白シャツを黒スキニーに合わせよう」だけではなく「何故そうしなければならないのか」という説明をするのは、定理法則原則を認識させることにより、抽象度の誤解を防ぐ狙いがあります。

 

インデックスの様に単純明解な答えのみを提示するのは読む側にとっても心地良いものであり、人を集めることもできますが、決して正しい成長に繋がるとも思えません。

 

おしゃれな人の思考フローは「抽象度の設定」に鍵があります。
ここを少し意識してみましょう。

「ここでいう「シャツ」とは、自分が認識している「シャツ」で本当に正しいのかどうか」

 

シルエットが細い・太い
色が黒い・白い
柄がある・ない
襟がある・ない
素材がウール・コットン

これらは全て異なるアイテムであり、効能はそれぞれ違います。
一見難しい様に感じるかもしれませんが、こうしたことを毎週学習して「体感的に判断できるように」身に付けるのがメルマガの狙いです。少し意識してみてくれると嬉しいです。

 

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第3位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 連載媒体mine、4月1日より値上げします!!読むなら今がオススメ!!
  2. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. パンツ編

    【あなたの夏コーディネートに足りないのは「変なパンツ」かも??】夏スタイルを簡単におしゃれに見せる「変なパンツ」のススメ。
  2. 色彩について

    2017年春夏トレンドである「ネオンカラーちょい足し」を理解しよう
  3. 雑記

    LANVINやKolorが破格で手に入る「MBショウルーム」大好評でした!!
  4. 雑記

    モノ消費からコト消費へ
  5. 告知

    文章を書くだけでOK。ラボ内で洋服代を賄っちゃう新企画がスタート!!
PAGE TOP