アクセサリー編

【MBのカバンの中身は?】一流の男性はデートのお会計時に財布を探さない。「スマートな生き方」のススメ。

 

スポンサーリンク

 

紳士たるもの「スマート」でいたい

 

30代を超えると「スマート」という言葉に何よりも惹かれる様になります。

 

女子との会話でオドオドしたり・・・
お会計の際にゴソゴソとお財布を探してしまったり・・・
外見はおしゃれでも自分の部屋はゴミだらけだったり・・・
格好良いスーツを着ているクセに小粋なバーを一軒も知らなかったり・・・

 

「オシャレ」という外見だけでなく、
そんな「ちょっと残念」なところを一つでも消していきたい、
いつも「スマート」でいたい、と思って生きています。

 

そして一事は万事に繋がるもの。
仕事柄実に色々なご職業の方にお会いしますが、社会的地位がある人ほどこういった人がほとんど気にしない細かい箇所まで丁寧に心配りがされているものです。

 

「一流の男は〜〜が違う」みたいな書籍のシリーズがありますが、
あれも同じような発想かなと。デキる男は全てをきちんとこなしてしまうもの。
もちろん盲目的に部分だけを見て、
「カバンの中を整理して、お会計の時にゴソゴソしない」からと言って「仕事もデキる様になる」・・・
とは言いません。がしかし、「デキる男」の様に一つ一つに丁寧に生きたいとも思うもの。

30代を超えた紳士であるならば、常にスマートな大人でいたいと思うのは私だけじゃないでしょう。

 

 

バッグinバッグで「スマート」な所作を

 

さて今回はそんな「スマートな生き方」のススメ。
先ほども例に挙げた「カバンの中をごちゃつかせない」「会計の時にバタバタしない」というのは一つスマートな所作の代表的な一つ。デートでお会計時に・・・

「ちょ、ちょっとコレ持ってて・・・あれ?おかしいな・・・財布は・・・?」

 

てのは紳士としてなるべく避けたい。
そんなわけで私も鞄の中は常に整理しております。

 

実は昔から「バッグinバッグ」が大好きです。
(私のメルマガ長年読んでいる方なら何度か出てきているのでお馴染みかもしれません)

 

女性は当たり前の様に「バッグinバッグ」を使いますね。
お化粧品をまとめておくポーチだったり。文化として根付いている様にも思います。
(女子はとにかくよく「ポーチ」を買いますし、雑誌の付録でも多いですよね)

しかし男性は雑多にカバンにゴチャッと入れておくだけで、よく中身が引き出しにくくなるものです。
特に近年デジタルガジェットが増えてきて簡易充電器やら変換ケーブルやらまでカバンにごちゃごちゃと入れることとなりました。ひっ絡まって財布と一緒に充電器が出てきたら最悪です。

 

そんなわけで「バッグinバッグ」がオススメ。
メインバッグの中に入れて小物やデジタルガジェットを整理してくれるアイテム。
もーちろん別に高価なものを買う必要はありません。
ポーチ程度の大きさであればさほど高価でもありません。
私もとにかく色々なミニバッグやポーチを持っていますが1万円以上のものは数えるくらいしかありません。

 

a5

 

色々持っていますが最近はこの4セットくらいが多いかな。
カラフルな色合いのものが多いのは「カバンの中で見つけやすくするため」。
くらいカバンの中でイエローやオレンジなどのビタミンカラーはパッと見分けがつきやすく「スマート」に引き出せます。

 

また男性はダークトーンや黒系がどうしても多いもの。子供っぽく見られがちなカラフルカラーはなかなかとり入れるのに抵抗がある人も多いでしょう。特に30代以上の男性にとっては。
しかし「小物」ならばカラフルな色も取り入れやすい。手帳・バッグinバッグ・キーケースなどに関しては少し目立つ色モノを使っても普段見えないものですからあまり抵抗もないでしょう。
スマート紳士がビビッドカラーの小物を使っていると女子は「かわいい!」と反応してくれるものです。

「女子ウケ」という視点においても「スマート」かと思います。

 

 

デジタルガジェットを綺麗にまとめる「PORTER」ミニバッグ

a4

 

こちらは打ち合わせの時は「バッグinバッグ」として使うPORTERのミニバッグ。
主にポケットwifiやケーブル類などデジタルガジェット系を詰め込むために使っています。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f2

 

小ぶりなサイズなのですが案外収納性が高く、ZIPも何個もついています。
mac bookの充電器なども常に入れていますが、パンパンになることなく「スマート」に使えています。

 

またこのミニバッグの良いところは、仕事ではなく「ちょっと買い物」などのプライベート時には「クラッチバッグ」として使えるところ。財布・スマホ・手帳くらいなら問題なく収納できるので普段使いではクラッチとして活用しています。

 

素材や縫製の耐久性はPORTERならでは。
頑丈で長く使えて見た目のデザインもシンプルで文句なしです。

 

フランスの粋を感じながら「時間管理」の達人に。

9

 

使っている手帳は「quovadis/クオバディス」のもの。
美樹本晴彦デザインではありません。フランス生まれのスケジュール帳です。

 

8

 

時間軸を縦で管理するいわゆる「バーチカル」タイプ。
タイムスケジュールを視覚的に一瞬で理解しやすく、「一週間の中で空いている時間量」を「面積」で判断できる。
私含め世の中の多くの人に「ルーティン」は存在していると思いますが、「ルーティン」だけではどうしてもジリ貧になるものです。なにせ同じことをひたすら繰り返すルーティンには創造性が低くなりがち。

大きな進化、発展、イノベーションを促すためには「新しいことに着手する時間」がどうしても必要です。新しいことを一つもやらずに大きな発展する人は稀有ですから。

 

バーチカルタイプのスケジュール管理はこうした「進化に使える時間量」を教えてくれます。サラリーマン時代から愛用していますが、これが便利すぎて手放せません。ちなみにバーチカルタイプの手帳はクオバディス以外にもありますが、実は1952年からクオバディスはバーチカルタイプを導入しており、世界で最も早くこのシステムを使った手帳メーカーとされています。

 

そのため細かな部分まで徹底的に使いやすく開発されています。ここに行き着くまで色々な手帳を見ましたが、機能性から見た目の「デザイン」まで加味するとクオバディス以上のものはありませんでした。
不満点は日曜日欄の狭さくらいかな。フランス人はプライベートの予定を手帳に書き込む文化があまり無いらしく、日曜日は狭いスペースとなっています。勤労な日本人向けにローカライズしてほしいな。

 

ファッションの聖地フランスで開発されただけあって見た目の「スマートさ」も素晴らしい。カラー展開はビビッドなものからビジネスライクなダークトーンまで山ほどありますが、どれもサイズ感といい素材といい発色といい最高にオシャレ。オススメです。ちなみに手帳に使っているペンは「STAEDTLER/ステッドラー」です。製図用に作られたドイツのペン。質実剛健なインダストリアルデザインが無駄がなく男性的な美しさに満ちています。書き心地ももちろん抜群。「高いんだろう?」と思うかもしれませんが、実は1000円程度で買えるものです。

 

レザーだけが「唯一解」ではない。軽量な和紙の魅力。

7

 

こちらは名刺ケースなどを入れておくポーチ。
和紙を使ったケースで軽量で薄い。バッグinバッグだらけで重くなってバッグが膨らんでしまったらそれこそ「スマート」さに欠けるというもの。バッグinバッグやポーチは軽量感も大事です。

「男なら重厚なレザーが全てやろ!」とマッチョな思想も良いですが、機能性やトータルでのスマートさを考えるとナイロンや和紙などの軽量素材もオススメなのです。

 

「和紙」というと「破れやすい上に濡れると終わり」と紙そのものを連想しがちですがそんなことはありません。和紙素材は服にも使われるちゃんとしたテキスタイル。むしろ普通の素材よりも水に強く、破れにくいものも多いので心配は無用です。このポーチも水に濡れても大丈夫、デタラメに使っても破れもしません。でも価格は手頃でセールで1000円くらい。値段もスマートでしょ?

 

見慣れたフライターグはメッセンジャーじゃないポーチ型を

10

 

こちらは会社の書類などを入れておくケース。この撮影時はパスポートが入っています。(チラ見えしているのはパスポートケースです)
これはメッセンジャーバッグでおなじみのスイス「FREITAG/フライターグ」のもの。メッセンジャーを使っている人は多いですがこのミニバッグを持っている人はほとんど見かけません。元々トラックの幌に使っていた素材を再利用でバッグにしているブランド。それだけに耐水や耐久性は抜群。プライベートではこれ単体でクラッチバッグとして使うこともあります。こちらも5000円程度のもの。大して高価なものではありません。

 

 

紳士たるもの仕草や所作までスマートに生きたいもの。
それを助けてくれるのがバッグinバッグです。安価で色々な種類があるので、ハマるとついつい目的を失って「ポーチ集め」に熱中してしまうほどです。女性だけでなくこの楽しくスマートな趣味、男性もいかがでしょうか。オススメです。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと4万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第3位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 流行解説

    おしゃれになりたいなら必読。2017年はトレンド転換の年。
  2. ユニクロでオシャレをする!

    【まとめ記事】ユニクロやGUを「ちょっとした裏技」で高級ブランドに見せる6つの方法
  3. 告知

    9月下旬は東京・大阪で大規模イベントがあります!!
  4. オシャレの秘伝

    夏の地味コーディネートを簡単にオシャレに変えてしまう「肩がけスタイル」の有用性。
  5. アイテムの基礎知識

    【メンズファッションの肝】テーラードジャケットとは?着こなし法は?選び方は?色は黒?オススメは?
PAGE TOP