ありがとうラウンジリザード

20年間ありがとう、俺たちはラウンジリザードを忘れない。

 

スポンサーリンク

 

「ラウンジリザード」ブランド休止

 

 

日本におけるスキニーデニムの先駆け的ブランド「LoungeLizard/ラウンジリザード」がブランド20周年を記念する2018年10月10日にブランド休止を発表しました。

 

20代前半の頃に初めて展示会に行ってから公私ともに長くお付き合いしていたブランドでした。
ブランドが20年の歴史の中ほとんど欠かさずに提案し続けていた「スキニーデニム」は珠玉の出来、何本も何本も買い足し愛用させてもらいました。私にとってただならぬ想いがあるこのブランド、今回はそんな「LoungeLizard/ラウンジリザード」について個人的な記事を書いておきます。

 

トレンドがあっても個性は消えない

 

 

「良いブランド」ってなんでしょう。
買い手にとっては「コスパ」でしょうか。「トレンド感」でしょうか。
売り手にとっては「売上高」でしょうか。「取り扱い店舗数」でしょうか。
定義とは視点によって相対的に規定されるものに過ぎません。どんな視点からも絶対的に認められる価値などこの世には存在しません。社会の秩序を守るために不可欠な法律や憲法すらもある特定の人にとっては「悪」と感じられることが往々にして有り得るでしょう。

 

何が言いたいのかというと・・・
どんなブランドだって好きな人もいれば嫌いな人もいるってこと。万人が認めて万人が是とするサービスや商品なんて存在し得るわけがないし、個性のあるブランドならそれはさらに顕著です。

だから私は特定のブランドを盲目的にプッシュすることもしないし、おすすめする時は必ず理屈と論理を前提として提供します。「理屈や論理の前提条件に当てはまる人にはオススメ」という意味であり、決して万人に無条件にオススメという意味ではありません。「好き嫌いなどの個性」が存在して然るべきですから。(このへん理解できない人が多いんだよなぁ…)

 

さて、そんなスタンスでいつも文章を書いているのですが、
今回ばかりは思い切り「私の好み」だけに振り切って書かせてください。

 

ラウンジリザードは本当に良いブランドです。

 

移り変わりの激しいファッションの世界の中で、最後までブレることなく軸を通した提案を続けてくれました。90年代ストリートトレンドの時もブレることなくスキニーの提案をし続けていました。どんなにアメリカンなスタイルが流行ってもUKファッションを提案してくれました。

もちろんトレンドを意識しないのはファッションではありません。移り変わりこそが洋服の本質です。30年前の服をそのまんまのスタイルで着て「カッコイイ」とするのはおしゃれの本質ではないでしょう。人々の価値観は変わっていくからこそ、それをアップデートし追いかけるのがファッションです。川久保玲曰く「ファッションは生物(ナマモノ)」です。

 

ラウンジリザードはブレない提案の中で、サイズ感や素材感、配色やわずかなディティールできちんとトレンドを反映していました。「トレンドがあっても個性は消えない」矛盾するようですが、これを成立させていたのがラウンジリザードだったと思います。いつまでも同じようなスキニーだけど裾の始末が少し変わる。ウエストの位置が変わる。加工の仕方が変わる。風合いや素材感が変わる。コーディネートの提案が変わる。「軸」はあるのに、こうしたトレンドに対する細かい対応が出来ていました。

 

今はどのブランドも同じような服ばかり作っています。イオンやららぽーとに行けば「隣の店と何が違うの?」と思えるようなショップばかり。売れ筋商品の劣化再生産ばかりを続けていよいよバブルが弾け初めているのが今のアパレル。
ラウンジリザードはそんな劣化再生産・コピーだらけの業界の中で懸命に軸を通し続けていたように思います。色々な失敗もあったのかもしれないけど、その本質は「こうした個性の追求こそ、これぞデザイナーズブランドだ」と思うし、学ぶところが多かった。

 

想いの詰まったブランド

 

 

不器用とも思えるような一本筋の通ったモノ作りの理由はデザイナーと会えば一瞬で理解できます。
デザイナーである八重樫さんは男気溢れる職人さんの様な方。スラリと身長が高く男臭いレザーライダースやモッズコートなどのスタイルが多いデザイナーは「八重樫さん今回のコレクション凄い良いですよ!」と褒めても、いつも照れ臭そうに笑うだけ。でも展示会から帰る際には「MB、お互い頑張ろうね」とかならず力強く握手をしてくれました。取引先だった時でも、私が独立して商業的に関係なくなっても、いつまでも変わらず握手してくれて・・・たまにすごく熱のこもったメッセージをくれて、時々朝までテキーラを飲んで・・・。

 

私は「どうしてラウンジは直営オンラインサイトをやらないんですか?」と何度も聞きました。
構造的にブランドは直営通販をやったほうが利益を確保できます。当たり前ですが、メーカー直営もセレクトショップも定価は同じでしょ?ところがセレクトショップの場合はセレクトショップ側の利益を乗せる必要があるわけですよね?なのでどちらかというとメーカー直営で売れたほうが利益が大きいんです。(1万円の商品だとすると、直営の場合は利益が6~7000円くらい。セレクトショップに卸す場合だと利益は3~4000円くらい。倍くらい違いますね。)

 

だから当たり前ですが「直営オンライン」ってやるべきなんです。でも八重樫さんは「それでウチばっかり売れたら卸先がかわいそうでしょ?セレクトショップにも頑張ってもらいたいから、うちはやらない。」と答える人。繋がりのある人にはとことん優しい。取引先や顧客様を家族の様に大事に思ってくれていました。

 

筋を通すブレない提案は八重樫さんならでは。
心のこもった想いのつまった洋服がラウンジリザードにはありました。

 

寂しく感じています

 

 

今回のブランド休止とっても寂しく感じています。
個性を通す不器用なブランドが残ってほしかったし、それを受け入れるだけの余裕がこの世の中に欲しかった。

私がそもそもMBとして活動を始めたのは、「知らずに困っている人のためにファッションをもっと広めたい」という想いもありましたが・・・それとは別に「大好きなブランドが無くならないように」という個人的な意味がありました。

ショップスタッフをして店長をしてマネージャーをして、毎年毎年お客様の数が減っているブランドの規模が縮小していることに気づいていました。とっても良いモノ作りをしているのに、買ってくれた人は皆喜んでいるのに、社会の構造がちょっとズレていて評価されない・・・これじゃ自分の好きなブランドが無くなってしまう。だからこそ私はMBになりました。

ユニクロもラウンジリザードもマルジェラも全部公平な立場で比べて「本当はコレが良いんだよ」という論を打ち出したかった。ラウンジリザードのスキニーはユニクロのスキニーが3990円でも買う価値がある、と伝えたかった。そうして大好きなブランドを正しく評価したかったし評価してほしかったんです。

 

私なんかの動きでは世の中は変えられないかもしれない。だから今多くの人を巻き込んで集団のパワーをつける「MBラボ」を運営しています・・・が、ラウンジリザードは残念ながら休止。奢りの様ですが・・・自分の不甲斐なさも感じています。

 

20年間本当にありがとう

 


 

ラウンジリザードの関わる全ての皆さん、本当にお疲れ様でした。
八重樫さん、岡さん、与那嶺さん、歴代のスタッフの方々・・・
新潟店、福岡店、大阪店、静岡店、仙台店、愛媛店の皆さん・・・

そのうち皆で「ラウンジリザードお疲れ様でした打ち上げ」やりましょう。

 

20年間ありがとうございました!!

ラウンジリザードがなかったらMBはいなかった。本当に感謝です。本当にお疲れ様でした。
クソくだらねえブランドばっかりなアパレルの中で、ラウンジリザードが残した爪痕をヒリヒリ感じながら、
僕も八重樫さんみたいに格好良く生きていきます。

 

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 漫画「トラとハチドリ」

    立ったままTシャツを畳む方法<ショップスタッフ必須テク>
  2. MBの思考

    mine「MBの超思考」更新ミスってました。すみません・・・><
  3. 小物について

    【巻き方を知らなくても大丈夫!】ストールを使わない人は損をしてる?あなたが今ストールを取り入れるメリット
  4. ユニクロで買えるオシャレアイテム

    ユニクロでシャツ買うなら傑作「エクストラファインブロードスタンドカラーシャツ」をチェックしよう!!
  5. メルマガ告知

    ユニクロ、GU、ZARAで作る最強オシャレコーディネート術「ファストファッションマストバイ」!!
PAGE TOP