実際にユニクロのワークシャツを30分で「ブランドモノ」にアップグレードしてみた。

2017年1月8日


 

スポンサーリンク

 

ユニクロのGジャンをグレードアップさせる方法を前回KnowerMagにて紹介しましたが、

実際にどのように変化するかを見ながら今回改めて解説します。

 

ユニクロのGジャンを30分で高級品にアップグレードする方法。

 

ユニクロが持つ「不一致感」


 

56_183591
Photo by http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/183591/item/56_183591.jpg

 

使ったのはこちら
UNIQLO ワークシャツ 2,990円

 

ミリタリーでよく見かける両側ポケットのあるカジュアルデザインです。

 

7870159b_22_d_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/159/7870159/7870159B_22_D_500.jpg


 

ブランドモノならこんな感じですね。
こういったミリタリーアイテムはデザインのシンプルさが魅力です。
例えばボタンは生地の色と合わせてカーキにしていたり、無駄な刺繍やプリントなどもなく極めてシンプル、大人っぽい印象です。もちろんそれを狙ってやっているわけではなくてミリタリーの場合は「おしゃれかどうか」ではなく「ミッションを遂行するために必要最小限の機能性」を盛り込んでいるだけなのですが。機能性を求めた結果、シンプル化が進み大人っぽく見える様になり、おしゃれに繋がる・・・というのは面白い話です。

 

この定番ダブルポケットのミリタリーシャツは海外のハイブランドなどでも多くデザインモチーフとして取り入れられており今やメンズファッションを語る上で避けることが出来ないほどの定番デザインとなっています。定番品だけにユニクロが手をつけるのも納得です。

 

しかしユニクロがこういったワークシャツ・ミリタリーシャツに手をつけると困ったことが。

 

3

 

こちら買ってきたものを平置きで撮影したもの。

上のブランド品と比べるとどこか印象が違います。

 

7870159b_22_d_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/159/7870159/7870159B_22_D_500.jpg

 

そうです。
違いの大きなところは「加工感」です。

 

ユニクロの場合、せっかく褪せた色合いや風合いに加工しているのにそれをわざわざ「ドレスシャツ」と同様にアイロンでピッシリプレスして整えて売られているのです。ここに不一致感が生まれて「嘘臭さ」が見え隠れします。

 

ワークシャツやミリタリーシャツはドレスシャツとは違います。
野暮ったい雰囲気だからこそリアルに感じ、カジュアル感が生まれるもの。
ドレスシャツの様にアイロンをかけてピッシリと整えるものでは本来ないため、デザインと加工の不一致が生まれて「嘘くさく」なるのです。

 

ブランドモノの場合は魅力を最大限にしてお客様に渡そうとするため
わざわざ一度「ウォッシュ加工」などと言って洗濯機で洗ってから納品することも多々あります。

そうすることで生地の目がつまりクシャッとシワ感が生まれて
ミリタリーをよりミリタリーらしく、
ワークをよりワークらしく、

完成度の高い状態でデザインを強調するものです。

またそうした完成度に「高級感」が生まれるものです。

 

ユニクロの場合は「シワのまま渡すとは!」とクレームがあるのでしょうか。
ドレスシャツと同様にプレスしてきっちり整えたまま納品してしまいます。そうするとどうしても「古着調なのにピッシリとアイロン跡がある」様な違和感を覚えるのです。

 

「たったこれだけ」で印象は激変する


 

そこで、こういったワークシャツ、ミリタリーシャツ、Gジャンなどのアイテムは
購入して着用する前に、ぜひ一度水洗いをしてみてください。

 

2

 

水洗いをしたのがこちら。


随分印象が変わっているのが理解できると思います。
上で言うところの「ブランドモノ」の印象にかなり近づきました。

 

5

4

 

ボタンや縫製周りが洗うことによりシワが生まれています。
襟周りにもシワが生まれ全体的にクシャッとした古着らしい雰囲気となりました。

 

また生地は洗うことで目がつまり、洗う前よりも少し肉厚になった感があります。
こういった厚手生地あるあるですが、洗うと表情がグレードアップするものです。

 


これが結構驚くくらい印象が変わります。


 

ユニクロの2990円のワークシャツですが、洗った後は1万円のブランド品と比較しても決して見劣りしないレベルになりました。そもそもユニクロは別に「安かろう悪かろう」じゃありません。生地に関しては値段不釣り合いのものを使います。スーピマ、カシミヤ、カイハラデニムなど世界の名だたる高級生地を使うことでもそれは証明されています。このワークシャツも決して悪い生地ではありません。ただ単に「仕上げがまちがっている」というだけ。それならばこちらで洗ってあげれば良いのです。本当にまるで印象違うのでオススメですよ。

 

 



教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ


 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと4万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 


試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第3位となりました。(堀江貴文さんが第2位)


 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 



 

スポンサーリンク