GUでオシャレになる!

GUが本革シューズを発売!本革と合皮で徹底比較してみた

 

スポンサーリンク

 


 

GUからついにリアルレザーシューズが発売されました
本革の靴がなんと3,990円。
これまで2,990円で発売されていた合皮のモデルもありますが・・・正直どっちがどっちかわからないですね。
 

待望のGU本革シューズ!合皮との違いは?

 


GU
リアルレザーダービーシューズ+X 3,990円

リアルレザーダービーシューズ+X | GU(ジーユー)公式通販オンラインストア
新バージョンのダービーシューズが登場しました。アッパーの素材は合皮のように蒸れにくく、はきしわが目立ちにくい本革を使用。使い込んだりお手入れを加えることで、...

 

というわけで最初に結論が出てしまいましたが、今回発売された本革タイプが3,990円。
 


GU
アクティブスマートダービーシューズ 2,990円

アクティブスマートダービーシューズ | GU(ジーユー)公式通販オンラインストア
お客様の声を反映して機能をアップデートしたダービーシューズです。ミリ単位ではき口の形状を調整し、より靴擦れしにくい設計に。2層のクッションを組み合わせたインソ...

 

そしてこちら合皮タイプが2,990円。
 

その差はわずか1,000円ですが、実際本革と合皮ではどれくらい違うのか。
 

 
結論を言うと本革タイプと合皮タイプ、ほとんど変わりません
何度も言いますが本っっっ当に変わりません。
 

この本革と合皮のシューズを比較しようと思い両方とも購入して事務所に置いておいたんですね。
で、朝比較レビューをしようと思って手に取り見比べたら
 

「・・・どっちがどっちだ?」
 

と、わからなくなるくらい。
ちゃんと確認してやっとわかるくらいパッと見はもう変わりません。
おそらくクイズで出されてもどっちが本革でどっちが合皮かわからないと思う。
 

見分けられるポイントはソール。
インソールは色が違い、アウトソールは底のデザインが異なります。
表記がなかったけれど、おそらく本革タイプは中敷きも本革です。
 

中敷きやソールで一応見分けはつくけれど、並べて見ただけではどちらがどっちか本当にわからない
 


<本革タイプ>
 

唯一見た目で違いがわかるのは履き口。
本革タイプの履き口はグッと詰まった形になっています。
これは本革のドレスシューズならではの特徴。
木型が足に沿うような形なので最初に足を入れたときは靴ズレしやすいけれど、履き口がグッと詰まっている方が後からフィット感が出てきます。
 

使い続けることを考えると革が馴染んでフィット感が徐々に高まってくる本革の方が上だと思います。
合皮は使い続ければある程度柔らかくはなるけれど、基本的に経年変化はなく馴染んでくることがないため、履き口をグッと詰まった形にするとずっと靴ズレし続けてしまう。
だから履き口を広めにしておくのが一般的で、その不格好さは確かにあります。
 

ただ見た目の印象としてトゥや外羽根のデザイン、紐の太さや肝心な素材の質感などの違いは正直ほとんどありません。
 

 

では価格の1,000円差がどこに出ているかと言うと、やはり本革タイプは使っていくと足に馴染みます。
一口に本革と言っても、その種類は実に様々。
「本革だから高い、合皮だから安い」と一概に言えるわけではないんですね。
 

バーバリーのバッグで使われている素材はほとんどが合皮で10万円ほどしますが、あれはバーバリーがオリジナルで開発した合皮で風合いがすごく綺麗。
合皮に全く見えず高級感があるし程良くハリがあってなおかつ水にも強く、すごく良い素材です。
 

他方、本革と言えど「これマジか・・・」と思う質感のものもある。
 

だから無思考「本革が最高!」「合皮はダメ」と判断すること自体がおかしい
 

 

ではなぜGUがなぜ本革と合皮、どちらも展開してきたのか。
おそらく以前から本革と合皮、どちらとも要望があったのでしょう。
ただレザーマニアからすると「合皮の靴なんてありえない」ということで、GU側としては「本気出せば本革のシューズだって作れるよ!」と要望に応える形で3,000円台の安い本革シューズを開発したというところではないでしょうか。
 

本当に細かいことを言うと甲の高さなど違いはあると言えばあるけれど、何度も言う通りパッと見では本当にわかりません
 

あと履き心地もほとんど変わらない。
一般的に合皮の靴は履き心地が悪いと言われています。
本革と違って合皮は硬く経年変化がほとんどないため靴ズレも起きやすい。
で、GUはそうした合皮に対するクレームをずっと受けてきたわけです。
 

だからこそGUでは歩き心地に死ぬほどこだわっている
その結果合皮のシューズも合皮とは思えないくらい快適に履けます。
 


 

過去GUの靴で酷評だったのはグルカサンダル。
一部では「血まみれサンダル」と呼ばれるほどすごく痛かった・・・。
足に直接当たるサンダル類で合皮を使うのはなかなか難しいもの。
経年変化もしづらく、足に馴染みにくいためどうしも痛いものが多い。
 

しかしGUではそうした声を受けて翌年には改良版を発売したんですね。
裏地にクッション材をつけて足に直接当たらず痛くならない工夫がされていました。
 

革靴も「仕事用で買ったけれど履き心地が悪くて長時間歩けない」という類のクレームを受けて、今はインソールにものすごくこだわっているんです。
 


<合皮タイプ>
 

クッション性の高いかかと部分とホールド感の強いトゥ部分。
インソールにメリハリがついているので足を入れるとフワフワ浮く感覚があるくらい歩き心地が良くしっかりホールド感もある
合皮はどうしても硬くて靴ズレしやすく履きづらいこともあるけれど、GUの合皮シューズはかなりこだわって作られています。
 

だから正直履き心地に関しては本革、合皮で異なることはGUに関してはないかと思います
 

ただ本革で中敷きやアッパーが自分の足の形に馴染んで履き心地が良くなることはもちろんあります。
だからどちらが歩き心地が良くなっていくかと考えると明らかに本革の方が上だとは思いますが、だからと言って合皮が悪いわけではありません。
 

本革と合皮、結局どっちが買い??

 

そういうわけであとは本革と合皮の1,000円差をどう捉えるかの問題
 

「1,000円の差なら履き心地も見た目も経年変化で少しは良くなるみたいだし、本革にして楽しんでみようかな」
と思うなら3,990円で本革を楽しむのも全然アリ。
 

一方合皮は2,990円。10万円と10万1,000円なら1,000円差なんてほとんど気にならないけれど、3,990円と2,990円の1,000円差は結構大きいでしょう。
しかもおそらくセールにかかれば合皮タイプは1,990円くらいで買えるようになる。
そう考えると1,000円の差はかなり大きい。
だから
「履き心地はそこまで変わらない、見た目もほとんど同じなら合皮でいいや」
というのも1つの答え。
 

今回は本革と合皮、どちらが良い・悪いと言いたいのではないんです。
1,000円差をどう捉えて何を重視するかでご自身に合う方を選んでほしい。
ただ客観的に言えることは履き心地にこだわるならやはり本革の方が良い
風合いもほとんど変わりませんが、あえて言うなら履きこんだときのシワ感が本革の方が綺麗。
 

革靴は履き込んでいくとアッパー部分にシワが出てきますが、このシワが合皮だと不自然に残ることがある。
しかし本革は柔軟性があるから比較的綺麗にシワが残るんです。
ただGUの本革だとそこまで綺麗に残らないかな。
 

あとこの本革ならそこまで気にしなくてもいいと思いますが、雨にはそれほど強くないので濡れたら都度きちんと拭きあげて湿気を取るなど、ちゃんとケアしないとカビが生える可能性もある。
 

そういうわけでシビアに考えるなら本革の方が確かに良いけれど、1,000円プラスして買うかどうか、という話になりますね。
個人的にはどちらでもアリだと思います。
実際に履いてみたところ履き心地もほとんど変わらないし風合いもパッと見ただけではわかりません。
 


<本革タイプ>
 

GU待望のリアルレザーシューズに期待していた方も多かったと思いますが、そういう方はもしかしたら肩透かしをくらっているかもしれませんね。
 

私個人の感想としては本革と合皮でここまで同じようにするくらいなら、もう少し値段が高くてもいいから本格的な本革にしてほしかったかな。
GUのダービーシューズの中でもプレーントゥは優れたモデル。
フォーマルでも日常着としても使える良いバランス。
 

ただ本革と合皮、どちらもやるなら本革をもっとツヤ感の強いものやシボ感のあるかっこいい素材にするなど、3,000円差があってもラグジュアリーで本格的な気合の入った本革シューズの方が差別化できて良かったかなと思いました。
 

それなら3,000円高くてもこだわって作られた本革の方を買うべき、とおすすめもしやすかったけれど・・・1,000円くらいの差だと正直ほとんど違いがない。
 

自分でも靴を作るときにスワッチという素材の見本帳を見て選ぶわけですが、見本帳で見比べても安い本革と合皮って大して変わらないんです。
違いがないなら扱いの楽な合皮の方が良いじゃん、と思ってしまうんですね。
 

そうは言っても本革好きな方も多いし、本革を選びたい気持ちもよくわかる。
だから本革と合皮、どちらとも展開するなら本革の方が7,000円くらいしてもいいから「他のブランドだと2万円くらいじゃないと買えないクオリティですよ」という本格的な本革シューズだと「さすがGU!」となるのにな、とは思いました。
 

というわけでダービーシューズの本革と合皮の比較レビューをお届けしました。
結論としてはそれほど違いはありません
ただ経年変化とわずかな歩き心地は違いがもちろんあるので、その違いに1,000円プラスできるなら本革を選ぶのは全然アリですね。
少しでもお金を節約したい方は合皮で十分だと思います。
 

本当にパッと見ただけでは違いがわからないレベルだし風合いの変化もほとんどありません。
是非実物を触って確かめてみてください。面白いぐらい同じです。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月550円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. メルマガ告知

    ユニクロUを着るならこんなふうに・後編
  2. 雑記

    Apple Store銀座でのトークショー無事終わりました!!ご来場ありがとうございました!!
  3. 未分類

    ワークマンでおしゃれはできるのか!?2019秋冬編
  4. KnowerMagへようこそ

    【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?
  5. 雑記

    週刊SPA!での連載スタート!!一般紙でファッションを語ることの意義について。
PAGE TOP