アイウェア編

ユニクロのメガネ・サングラス全型を徹底比較レビュー!!前編

 

スポンサーリンク

 

<<本記事のまとめ>>

1.初心者にオススメ!誰でも違和感なく着けられるマストなスクエア型!!

2.インパクト大!アクセントが欲しい時に使うボストン型!

3.ブロウ型はスクエアとボストンの良いとこどり!!

 

ユニクロのメガネとサングラス、全型買ってみた。

 

気がついたらなんだかラインナップが増えてましたユニクロのメガネ&サングラス。

実は質が高くて業界では有名なユニクロのメガネ&サングラス。1000円台で出しているにも関わらず日本人の顔(日本人は鼻の開始位置が低い)を意識したモノ作りや、最初から反射しにくいレンズが入っていたり、安っぽく見えない素材使いだったり・・・と何かと高品質。某大手メガネメーカーの関係者さんが「MBさん、あまりユニクロのメガネ取り上げないでくれます?苦笑」とボヤくくらい笑。バリエーションが不足している感はあるものの、クオリティの話だけなら大手メガネブランドでなくともユニクロで十分ではあります。

また知らない方も多いと思いますが、ユニクロのメガネでも度入りレンズにして実用品として使えます。お近くのメガネ屋さんに持ち込んでレンズ交換をお願いすれば対応してくれるでしょう。(もちろん対応してくれない店舗もあるし、値段もマチマチなので事前の確認必須ですが・・・いずれにせよ度入りにすることは可能です。)

 

さてそんなユニクロのメガネ&サングラス。ラインアップが増えていることもあるのでここらで比較検証してみたいと思います。・・・というわけで

フルラインナップ買ってみました笑。

そこで全て体験してみた結論として、今回代表モデルと思しき数型を比較して紹介していきます。
そもそもね、ユニクロのメガネ&サングラス。着用画像がないんですよ。これじゃイメージも湧きにくい。店舗に行ってもわざわざ全部試すのも面倒くさいし、少しくらい指針が欲しいでしょ??そんなわけで私が皆さまに替わり試しております。下記ご参考に。とりあえずレイバンはもう必要ないかな・・・。

 

初心者にオススメ!誰でも違和感なく着けられるマストなスクエア型!!

 

スクエアクリアサングラス 1,500円

【ユニクロオンラインストア】スクエアクリアサングラス
クールに決まるスクエアフレーム。クリアなので使いやすいのもポイント。

 

一番スタンダードなモデルでしょう。いわゆる「黒ブチメガネ」(茶色もあるけど)。一般的なスクエア型のメガネです。長らくラインナップされており、本KnowerMagでも毎週配信しているメルマガでも何度もしつこく登場しているくらい個人的にもお気に入りでございます。

メガネはかけ慣れていない人ほど抵抗感を覚えるもの。特に今までメガネをかけてなかった人が大振りで太めのフレームをかけると言いようのない違和感が襲って来ます。「宮川大輔かよ」なんてツッコミ必至です。

そんな時「初めてのメガネ」「誰でも違和感がないメガネ」としておすすめなのが「細フレーム・適度なサイズ感のメガネ」です。

 

結論メガネで違和感を覚えるのは「普段の自分とあまりにも印象が違う」のが大きな要因。ということは主張の強い太フレームだったり、肌の色とあまりにもかけ離れた色(例えば青とか)のフレームだったり、メガネ自体のサイズ感が大きすぎたりすると「なんか違うなあ・・・」となる可能性が高い。初めてメガネを選ぶ場合のポイントは


<<違和感のない眼鏡を選ぶ3法則>>

1.なるべく細フレームを選ぶ

2.肌色に近いフレームカラーを選ぶ

3.なるべくサイズが小さいものを選ぶ

というのが基本です。しかしながらこれも完璧な説明ではなく・・・例えばあまりにも細いフレームの場合、メガネをかけてもほとんど印象が変わりません。メガネをかけるからには顔の印象を変えたい、知的に見せたい、かっこよく見せたいと考えるわけで抵抗感を恐れすぎて「本来の自分とさほど変わらない」ようなものを選んでしまったらあまり意味がないわけですね。なので「細ければ細い方が良い」というわけでもないのが難しい。

 

星の数ほどあるメガネの中で「抵抗感も少なく、印象もそこそこ変わる」というものは沢山あるわけで、このへんは「好み」にもなるのですが・・・個人的にはもっとも簡単で誰でも試せるのがこの「細身黒ブチスクエア型」ではないかと思います。

コンパクトなサイズ感だけに肌色から浮きやすい「黒」ブチでもさほど気にならない。フレームも細身になっているので抵抗感は少ないはずです。伊達メガネ初心者にオススメ。

 

顔の印象って洋服だけではなかなか変えることが難しい。そこでポイントとなるのがメガネです。

女性のメイクでも使われるメソッドですが、縁を囲むと錯視で目のサイズは若干大きく感じるもの。黒のふち取りをすることで本来の目よりも少しだけ大きく感じさせることができ、また引き締め効果の高い収縮色である黒色を顔の目立つ位置に置くことで若干の小顔効果も期待できます。

またメガネはパッと目につくもの。洋服の変化は気づく人と気づかない人がいるでしょうが、メガネは誰でもすぐに気がつきます。そのくらい人は人の顔を認識するようにできています、脳の構造上そうなっているのです。人は一人じゃ生きられない集団行動をする社会的生物だけに仲間を認識しやすいようにできている。例えば「人面魚」や「人面岩」(ちょっと懐かしいけど)などがニュースになったり月面のクレーターが「人の顔に見える」なんて話があったりするのは、我々の脳の構造が「人の顔」(もしくは人の顔っぽいもの)に注目するように出来ているからなのです。目と口っぽいものがあったらそれについつい注目してしまう・・・「人の顔」を見つけるように脳の作りが出来ているのですね。

だから「顔」は誰もが見てくれています。だからこそメガネなどの変化をつけて「注目してもらう」ことをしてみましょう。例えば特別おしゃれをしてみた日や、「今日はキマってるぜ」なんて時に、メガネを足してみましょう。するとメガネをきっかけに変化に気づいてくれ、その流れで洋服も見てくれるものです。

 

ちなみにこの定番のメガネ。微妙にアップデートされています。
こちらは昨年までのモデルです。(一部店舗と通販ではまだ販売されている様です)

何が変わったのか?と言われると大きくはサイズ感です。以前出ていたものよりもワンサイズ小さくなり、より抵抗感少なめになりました。逆に言えば「もう少し主張が欲しい」なんて人には物足りないかもしれませんが。

 

 

比較画像が大変に難しいのですが、実はサイズが小さくなっただけではありません。

ノーズパッド部分…鼻に当たる部分が新作は盛り上がっています。

 

マイナーチェンジしてサイズが小さくなったことでメガネの位置が下になるわけですね。サイズが小さくなったのだから当然のことです。しかしメガネは下位置にあるほど間抜けな印象になります。

極端に言えばこういうことです。
間抜けな表情になるでしょ??

そして実は日本人ってただでさえメガネの位置が下にズリ落ちやすい顔の作りになっているのです。欧米人がかけるサングラスはあんなにもかっこいいのに、日本人がかけるサングラスは何故あんなにもイケてないのか・・・。それは鼻の開始位置に理由があります。

 

日本人は鼻の開始位置が低く、欧米人は鼻の開始位置が高い。
「外人は鼻が高い」なんて言われますが、実は頂点部の高さはそこまで大きくは変わらない。大きな違いは「全体の高さ」というより「鼻の開始位置の高さ」が違うんです。そして日本人は鼻の開始位置が低いために、メガネがずり落ち、下位置に落ち着きやすい。すると極端に言えば上画像のような「間抜け」な表情になるのです。

 

そこで日本人がメガネ選び、サングラス選びで気をつけて欲しいのはノーズパッドの盛りです。ノーズパッドが盛ってあると低い鼻でもグッとメガネが上位置にくるので欧米風のクールな印象になる。

 

そして今回マイナーチェンジでサイズが小さくなった代わりに、ユニクロはノーズパッドを盛り小さくても上位置に来るように調整しているのです。ユニクロ、これはマジで偉い!!!

 

 

このスクエア型メガネ、是非試してみてください。印象の変化は感じられるけど、抵抗を覚えるほど違和感はない最適なレンズサイズ。鼻の位置が低くてもサマになる、日本人仕様のノーズパッド。1500円でここまで完成度高く顔の印象変えられるなら大満足です。

 

インパクト大!アクセントが欲しい時に使うボストン型!

 

ボストンコンビクリアサングラス 1,500円

【ユニクロオンラインストア】ボストンコンビクリアサングラス
紫外線やブルーライトから瞳を守る高機能レンズ。トーンを抑えたメタルパーツでシックに。

 

続いてボストン型のメガネ。
こちらは先ほどのスクエア型よりも大振りです。

 

 

先ほどのロジック通りですが、当然レンズが大きい方がメガネの位置が上まで到達しやすいので間抜けな印象がなくなり欧米風になります。しかしながらレンズが大きい分違和感や抵抗を覚える方も多いのでこのへんは好みの問題に。先ほどのスクエア型が初心者向けだとすると・・・こちらは抵抗感が若干あるので「最初の一つ」としてはオススメしません。

ちなみに丸顔はスクエアが似合い、面長はウェリントンが似合うなんて説がありますが、極端な例を除きあまり気にしなくてもOKです。私はスクエアもかけるしウェリントンもかけるしボストンもかけます。というか洋服好きでおしゃれな方ほど印象を変えるため色々なサングラスやメガネを持ってるのに、「これが絶対」なんてあるわけがない。もちろん傾向として似合う、違和感を覚えにくい、というのはあるでしょうが、「面長人は絶対ウェリントンしかかけちゃダメ」なんて法則は一切ないのでお気になさらず。

 

それよりもメガネはどこまでも「違和感」との戦いなので、きちんと鏡で見て確認するのは大事。上記の細フレーム、レンズサイズが小さいなどの条件を意識することと、最終的にかけてみて違和感がないか確認することを必ずしてみましょう。ユニクロは通販でも返品が可能ですから、自宅の鏡で見てイマイチだなと思ったら遠慮なく返品。無駄なお金を浪費しないように。

 

そしてこのボストン型メガネ、サイズが大きいから違和感を覚えやすいかと思いきや、フレームがむちゃくちゃ細く華奢なので実際かけてみると意外と馴染みます。無論先ほどのスクエア型よりは若干インパクト強めですが・・・。レンズサイズが大きくてもこうしたフレームが細身のものならまだイケる。また今回ブラウンのフレームを選んでいますが、これは「肌色」に近づけるためです。

肌色の近いフレームの方が比較的違和感がなく馴染みます。肌色から浮くような色の場合はちょっと浮いて感じることがあるので注意です。もっとも他人から見ればそこまで違和感ない場合も多いのですが・・・何より鏡で自分の顔を見て納得いかなかったら自信持って歩けないでしょう??他人を納得させるにはまず自分が納得せねばなりません。逆に自信が生まれれば表情や態度が堂々となり他人の違和感も吹き飛ばせるようになる。

「あの人変なカッコウ・・・だけど多分かっこいいんだろうなあ・・・」となんとなく「勢いに負ける」ことってありません??

実は自信ってどんなブランドよりも何よりも強いスパイスとなります。ユニクロでもギャルソンでもマルジェラでも「自信」が無ければ野暮ったく感じるもの。だから私はKnowerMagやメルマガで「自信」がつくようにロジックを提供しているわけです。「感覚」ではいつまでも確かな自信がつかないものですが、「論理」であれば男性は自信がつくもの。ファッションにおいて最も重要なのは自信です。お金よりスタイルより何より自信です。身長が低くてもブサイクでも量販店の服でもかっこいい人がかっこいいのはそのため。キムタクはあの見た目だから格好良いというのも確かに有るのですが、彼自信に漲る自信があるから比類なく格好良く見えるのです。

 

さてどっちが好きかは人それぞれですが、黒ブチの方がやはり収縮感があり顔がシュッと見えますね。またボストンの方がサイズが大きい分ややインパクトは強めです。黒ブチが初心者向けならば、こちらはある程度メガネを経験して「たまには全く違う印象にしたい」という人向けでしょう。ただ肌に近い茶色を選べば細フレームということもありそこまで違和感は出ないでしょう。チャレンジしたい人向けです。

 

ブロウ型はスクエアとボストンの良いとこどり!!

ブロウクリアサングラス 1,500円

【ユニクロオンラインストア】ブロウクリアサングラス
高機能レンズで紫外線やブルーライトから瞳を守る。ベーシックにこだわったデザイン。

 

メガネ最後はブロウ型。
ものすごく簡単に説明するなら上のスクエア型とボストン型のちょうど中間的存在と言えるでしょう。

スクエア型よりもサイズが大きくインパクトがあるものの、ボストン型より小さく抵抗感は少なめ。
またフレームもスクエア型のよう幅はあるものの上部分だけ。そのため収縮感があり小顔効果も若干あります。

 

こんな感じですね。並べて比較してみましょう。

 

スクエア型(インパクト弱・小顔効果強)

ブロウ型(インパクト中・小顔効果中)

ボストン型(インパクト強・小顔効果弱)

 

こんな感じですね。
格闘ゲームのキャラ選びの感覚で考えても良いでしょう。

スト2で言えば
ブロウ型がケン(万能)で、スクエア型がサガット(コンボ重視)、ボストン型がザンギエフ(ダメージ重視)かな。
バーチャロンで言えば
ブロウ型がテムジン(万能)で、スクエア型がバイパー(スピード重視)、ボストン型がライデン(ダメージ重視)かな。
AV女優で言えば
ブロウ型が椎名そら(万能)で、スクエア型が明日花キララ(スタイル重視)、ボストン型が佐山愛(パイサイズ重視)かな。

 

ただやっぱりメガネは「何をかけて良いのかわからない状態」の人が多いと思うので、一番抵抗感の少ないスクエア型から試してみるのが良いとは思います。慣れてきたらインパクトを少しプラスしていって色々な印象を試してみると良いでしょう。

 

ヨーロッパの人たちは「TPO」に応じて自分のスタイルや印象を縦横無尽に切り替えます。
パーティー文化が確立されている欧米はパーティーシーンに合わせたスタイル作りをします。普段ボサボサの髪をしている若者でもパーティーの時はジェルを使って髪をあげてオールバックにキメていくもの。日本人は何故か「着飾るくらいなら中身を磨け」なんて揶揄されたりしますが、外見は中身の一番外側。中身と外見は繋がっています。

適した時に適した印象のものを身につけ、自分の印象を操作するのが社会においてはメリットとなるでしょう。実際みなさんも仕事の時とプライベートで同じ服装をしているわけじゃないでしょう??だったら「プライベートだからちょっと遊びのあるボストン型で印象を変えよう」とかあっても良いでしょう??そうした選び方をしていると毎日の服選びやメガネ選びが楽しいですよ。しかもユニクロなら1つ1500円で「印象を買える」わけでね。伊達眼鏡も良いものですよ、是非試してみてください。

 

さて後半はサングラス編をお届けします。
サングラス編を読むともう「レイバン」を買えなくなりますよ笑。
後半はこちら!

レイバンはもう要らない!?1500円で買えるユニクロ版レイバン!!

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 流行解説

    2018-19年秋冬メンズファッショントレンド解説1.「スウェットパーカー」
  2. 告知

    8月4日18時、なんばパークスにMBがやってくる!
  3. 告知

    MBチャンネル動画配信&生放送のお知らせ
  4. メルマガ告知

    夏はシャツの着こなしが命運を分ける!?
  5. 雑記

    最近読まれている記事「ファッションで勘違いしがちな10のこと」「ビジネス用とカジュアル用を兼用できるコートはどれ」ほか
PAGE TOP