ユニクロで買えるオシャレアイテム

マフラーなんてユニクロの「1500円ヒートテックマフラー」で十分だよ!巻き方まで教えたるわ!

 

スポンサーリンク

 


 

「冬物いっぱい買いすぎてお金ないんだよな・・・でも最近寒いしマフラー欲しいんだよな、安くて良いのないかなぁ
 

と思っているそこのアナタ!
 

実は1,500円のユニクロのヒートテックマフラーが今年はものすごくパワーアップしてるんです・・・!
 

 

今年のモデルは買い!新生ヒートテックマフラー

 

ということで今回はユニクロの新生ヒートテックマフラーをご紹介します。
 


UNIQLO
ヒートテックマフラー 1,500円


 

長年ユニクロのヒートテックマフラーをチェックしていますが、今年のモデルが1番出来が良さそうですね。
 

すごく良いんです、ユニクロさんが頑張って改良されたことがよくわかります。
 

ヒートテックマフラーは暖かいけれど結局素材感が安っぽくて「イマイチだな」と思うことが多かった。
 

これまでは柄使いも微妙で風合いに合繊感があって何とも言えない印象でした。
 

しかし今年はビー◯スのオリジナルにも負けないくらいすごく良い風合いになっています。
 

ヒートテックとなるとどうしても化学繊維を使ってしまいどうしても安っぽくなってしまうけれど、今回はウールの混率が変わりました。
 

 

ポイント1:ウール混率が35%まで増量、風合いが劇的に進化!
 

去年、一昨年のヒートテックマフラーを持っている方は是非今年のモデルと比較してみてください。
風合いが全然違います。
 

ウールが35%入っていて、ウール100%と見間違えてもおかしくないくらい風合いが綺麗でほんのり光沢感もあります。
 

セレクトショップのオリジナルで9,000円くらいで販売されているマフラーと比べても見劣りしないレベルです。
 

そしてウール混率が上がったことで発色も良くなりました。
天然繊維特有の深みがある綺麗な発色なので今年のタイプはすごくおすすめです。
 

 

ポイント2:膨らみが強くなりボリューム感アップ
 

そもそもユニクロのマフラーは基本的に素材感が薄すぎる。
 

すると使い込んでいくうちに裾がヨレてしまったり、首に巻いても貧乏くさい印象になってしまう。
 

特にカシミヤマフラーはヘニョっとしてしまい布切れを巻いているような印象でした。
 

しかし今年のタイプは厚みがあって、首に巻いてもしっかりボリュームが出るのですごくおすすめです。
 

マフラーはボリュームがないとどうしても安っぽく見えてしまうもの。
 


 

顔周りにつけるアイテムなのでコーディネートの中で最も目立ちます
 

人と話をするときは相手の顔、もしくは顔の周りを見るでしょう。
 

顔周りは最も視線が集まるところであり、その顔周りにつけるマフラーが厚みなく貧乏くさい印象だと最悪でしょう。
 

そんな中今回のヒートテックマフラーに関しては35%ウールが入っていて地厚な素材になりボリュームがアップしたので高級感があります
 

もちろんこのヒートテックマフラー以上に高級なものはたくさんあるけれど、1,500円でこのクオリティに仕上げているのは本当にすごい。
 

正直1万円弱のマフラーと比べても見劣りしないレベルです。
 

 

ポイント3:柄のセンスが劇的に良くなった
 

正直これまでユニクロのマフラーでは「柄全然ダメだな・・・」と思うことがあった。
 

ただ今年のモデルは柄のセンスが良いですね。
 

高級感のある風合いで柄の表現が上手になったと思います。
 

これまではつけるのに躊躇するような変な柄や定番すぎる柄ばかりでしたが・・・
 

今年はスーツでも普段着に合わせても説得力が出るような高級感があるダークトーンなカラーリングですごく使いやすくセンスが良くなったと思います。
 

 

これだけ覚えればOK!マフラーの巻き方3選

 

ここからは巻き方をご紹介します。
まずはミラノ巻きから。
 


 

初めに首に一周くるっと巻きます。
 


 

そのあとくるっと巻いてできた輪っかに手を入れます。
 


 

そしてマフラーの端を引っ張って出します。
 


 

端を引っ張ってできた輪っかに反対側のマフラーの端を通します。
 


 

両端を軽く引っ張れば完成です。
 

 

こうするとボリューム感が出つつ首元も暖かい巻き方ができます。
 

タグが見えてしまう場合は切り落としましょう。
 

首に一周巻くだけでも問題ありませんが、風で飛んでいきやすいし首元が寒くも感じるので、ミラノ巻きにした方がバランスは良いと思います。
 

顔周りにボリュームも出て小顔効果も高まるのでおすすめです。
 

ただあまりキツく絞りすぎると顔の大きさを主張することになるので、首元にある程度余裕を持たせるとふっくらとして顔も小さく見えます。
 

コートやニットを黒で合わせることが多い方は、こうした赤系の少し派手なマフラーなどを合わせると変化がついて地味な印象を払拭できるのでおすすめです。
 


 

黒系のコートに色の入ったマフラーをしてカラーレンズをかけると一気にアパレル感が出る。
 

シンプルなコーディネートでもマフラーとメガネを入れるだけで印象は大きく変えられます
それくらい顔周りの小物は重要なアイテム。
 

アウターをたくさん揃えてもイマイチ思い通りコーディネートができない、と悩んでいる方もいるかもしれませんが・・・実は小物が重要になってくる。
 

シンプルな印象から脱却したいなら顔周りの小物であるマフラーなどの投資してみることをおすすめします。
 

 

マフラーの巻き方はミラノ巻きを基本にしていただいて、個人的には首元に垂らすだけなのも好み。
 


 

首元に引っ掛けて垂らした部分はアウターの中に入れる。
コートのボタンを締める場合でも、首元からチラッと見せるだけでも色気があって良いですよ。
 

「マフラーの柄が派手だから見せすぎるのはイヤ」という方は垂らして首元からチラッと見せるだけでもうまく使いこなせます。
 

 

あとは学生風の巻き方もあります。
 


 

まずマフラーを半分に折ります。
 


 

そして首元にかけて輪っかにマフラーの端を通します。
 


 

一番簡単な巻き方ですね。
急いでいるときはこれでも全然良いですね。
 

ミラノ巻き・垂らすだけ・学生風巻きの3つを覚えておけばマフラーの巻き方には困らないと思います。
 


 

カラーに関しては、個人的におすすめなのはレッドのチェック柄
シンプルな着こなしでも程よくアクセントとなるので良いですね。
 


 

もっと大人っぽくビジネスでも使える柄がいいならブラウンの千鳥格子柄がおすすめ。
 

これは色は落ち着いていますが、大人っぽくてかっこいい印象になります。
 

今回のヒートテックマフラーはヒートテック感がなく、天然素材感が強く柄遣いもすごくセンスが良くなったので是非チェックしてみてください。
 

1,500円でこの風合いのマフラーはなかなか見つからないと思います。
 

 

ということで今回は新しくなったユニクロのヒートテックマフラーをご紹介しました。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月550円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. 雑記

    なんと単品5000円!世界一コスパの良い「究極のセットアップ」を見逃すな!!
  2. メルマガ告知

    ユニクロ含むお手頃ブランドで晩夏〜初秋のコーディネートを作る!【アウターで数千円!?】
  3. オシャレの秘伝

    【洋服は他人のためのもの】下着や部屋着や靴下はどこまでこだわるべきなのか
  4. メルマガ告知

    ユニクロGUでおしゃれになれる!!ファストファッションマストバイ2018秋冬・前編!
  5. ユニクロで買えるオシャレアイテム

    【ユニクロ】知らないと損!お気に入りの服を延命できる最強エアリズムインナー!
PAGE TOP